営業事務と言えばどのようなイメージがありますか?

裏方や、派遣がやるお仕事、そして地味……などなんとなくそんなイメージがあるものの、実は営業事務については詳しくないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年では営業事務の需要は高まっており、正社員としての募集も多くあります。

そこで今回は、営業事務が人気な仕事の理由や向いている人はどんな人かどうかの具体的な特徴、そして仕事の面白さも紹介していきます!

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務ってどんな仕事?

営業事務は、一般的にはその名の通り「営業担当者の補佐として事務作業を行う仕事」という定義になります。

しかし、会社や職種によりその任される範囲は大きく異なります。

契約書作成や、顧客とのメールや電話でのやりとりまでを任される営業事務もいますし、データ入力や売上管理のみという営業事務もいます。

また、部署や支社などの営業マン数人~十数人に対し1人の営業事務と言うこともあれば、営業マン1人ずつに営業事務1人がつきペアで仕事をするということもあります。

仕事内容で多いものとしては、書類作成、売上管理、データ入力、プレゼン資料作成、スケジュール管理、契約書や社内資料の作成、データベース更新など多岐に渡り、「営業マンの秘書」というイメージがあっているかもしれません。

営業事務が人気な5個の理由とは?

それでは、そんな営業事務が人気な理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

以前であれば、派遣社員や営業になれない人がやる仕事といったマイナスなイメージもあった営業事務ですが、近年人気が高まったことには時代背景も大きく関係しています。

特に、20代から50代まで年代を問わず、女性からの「営業事務で働きたい」という人気が高まっているように感じます。

その理由について見ていきましょう。

女性の社会進出に伴い、事務職の人気が高まっている

女性も働くのが当たり前という風潮が高まっています。

結婚しても共働きで働いているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、いくら女性も働く時代とはいえ、肉体労働や、長時間労働は難しいという女性も多くいます。

そこで、女性でも能力を発揮することが可能な事務職へのニーズが高まっています。

細かい作業や、営業マンの管理をしつつ作業をするマルチタスクが求められる営業事務は、女性に向いているともいえます。

ワークライフバランスを重視する方にとっては営業事務は理想

子供を産んでからも職場復帰をして働く女性が増え、ワークライフバランスを重視しながら働く女性が多く存在します。

そんな「働くママ」たちは、営業として時間の読めない業務にはあまり就きたいと思いませんし、不可能なことが多くあります。

そこで、しっかりと定時で退社することが可能な営業事務は理想的な働き方であるといえます。

もちろん、「働くママ」でない女性たちも、結婚したので仕事をセーブして残業のな仕事がしたい既婚女性や、仕事以外の趣味や副業に力を入れたい女性など、ワークライフバランスを重視したい方には営業事務の仕事はとても人気があります。

転勤の心配がない

営業マンや開発担当は、全国に支社や工場を保有する企業であれば転勤の心配があります。

しかし、営業事務は基本的に転勤の心配がなく、男性でも転勤はしたくないという方からの人気が高まっています。

もちろん、営業事務も異動や別支社での営業事務の仕事を行なう可能性などがないとは言い切れないのですが、大きな企業ほど「事務の女性は転勤がない」「派遣社員だから転勤はない」という昔からの名残が残っていることも多く、ほとんど転勤はありません。

小さな会社であればそもそも転勤自体がありません。

ノルマを課せられることがない

営業マンや事業部など予算やノルマを抱える職種であれば、切っても切れないのが「毎月ノルマに追われる」というストレスです。

営業に関わる仕事はしたいけれど、自分自身がノルマに追われることは嫌だ、と考えている方にとって、営業事務は自分自身への数字を課せられることがなくストレスフリーなところが魅力です。

パソコンスキルの高い人が増えている

事務の仕事は、以前であればパソコンが得意な人にしかできない仕事でした。

優秀な派遣社員を見つけて……たまたま社員の中にパソコンスキルが高い人がいて……と配属されることも多く、それ以外は営業として勤務していたけれど体調を崩した間の業務として割り当てられているなどが多かったです。

しかし、近年ではパソコンに慣れ親しんだ世代も増えてきており、そもそものパソコンスキルが高い人が増えています。

そこで、そのパソコンのスキルを活かして働きたいと考えている方も多く、単純に事務仕事の人気が高まってます。

そこに加え、景気が良くなり営業の人数を増やす企業が増えたため、そのサポートとなる営業事務の求人も増えており、注目が集まっている背景もあります。

営業事務に向いている人ってどんな人?

そんな人気の営業事務に向いている人というのはどういう人のことをいうのでしょうか。

具体的なタイプでご紹介いたします。

先回りして物事を考えることができる人

営業事務はただオフィスで指示や依頼をされるのを待っていれば良いというものではありません。

最初はそういう方も多いのですが、徐々に慣れてくると、「きっと営業マンのAさんは今日契約を決めてくるから、帰社次第すぐに渡せるように契約書の作成準備を進めておこう」など、ある程度先回りして仕事をしておくことが求められます。

そうすることで営業マンの仕事を迅速にする手助けもできますし、自分自身の残業を減らし効率よく働くことにもつながります。

指示をされて動くことに抵抗がない人

とはいえ、営業事務は営業マンからの「あれをやっておいて」「これをやっておいて」といった指示が多いのは事実です。

特に業務の線引きはありませんが、自分も社内にいる日なのにもかかわらず「コピーとって」と言われると「今日は自分も社内にいるのだから自分でやってほしい」と思う方もいるかもしれません。

そのような人は営業事務としてはストレスを抱えてしまうことも多く、あまり適していないかもしれません。

指示をされて動くことにもあまり抵抗がない方が、営業事務としての業務は円滑に進みます。

地味な単純作業が苦にならない人

営業事務は同じような資料作成や事務作業、そして資料を100部ひたすらホッチキスで止める……といった単純作業を行うこともあります。

そればかりではありませんが、単純作業や似たような業務も多いので、そういった仕事も楽しんでできる方であると望ましいでしょう。

デスクワークが苦にならず、淡々とこなせる人

デスクワークは眠くなってしまうので苦手で、外回りなどの方が性に合っているという人もいます。

一方で、デスクワークの方が好きで、ひたすら社内のデスクで淡々と仕事をこなすのが好きというタイプの方もいます。

そんなデスクワークが好きな方であれば、営業事務に向いていると言えるでしょう。

細かいことでも確認を怠らず、ミスのない人

営業事務には、細かい確認作業や、営業マンの見落としのチェックなども必要とされます。

特に契約書や売上管理などの場合、細かな条件や数値などが間違っていないかの確認はとても重要です。

さらに、ミスをしない正確性も求められるため、素早く2度チェックするスキルなども必要とされます。

細かいものもしっかりとミスなく確認することができる人は適しています。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業事務の仕事の面白さって?

それでは、営業事務の仕事の面白さはどこにあるのでしょうか。

人によっては毎日おなじようなルーティンワークをこなすことが面白くないのでは、と疑問に思うかもしれません。

しかしイメージとは異なり、営業事務はそこまでルーティンワークでもなく、また言われたことをやるだけというわけでもないのです。

具体的に面白さについてご説明していきましょう。

営業マンの個性に応じて対応を分ける必要がある

営業事務は、営業マンが最大限その能力を発揮し、売上の最大化を図ることができるためのサポートはとても大切な仕事です。

しかし、営業マンによって、人それぞれ仕事の仕方やスタイル、そして指示の出し方や資料のデザインや書式の好みが異なることもあります。

会社としてフォーマットややり方が決まっていないのであれば、営業マンそれぞれのスタイルや性格、個性などに合わせて対応方法や作成するアウトプットを作り分けることができればより多くの営業マンから感謝されます。

さらに、「Aさんが契約できる!と言って出て行った日は絶対に契約してくるから契約書を作成しておこう」「Bさんは15時以降に急な業務を依頼してくるから午前中にできるだけ急ぎの仕事を終わらせておこう」などそれぞれのやり方に合わせて行動することで、その読みが当たった時には「よっしゃ!」という密かな達成感があります。

やる気があると先が読めるようになり、先回りして動くことができる

上記のように、慣れるまでは営業マンそれぞれの個性ややり方などがわからず苦労することもありますが、慣れてくれば対応を変えることでより効率をあげることができること、そしてやる気をもって常に周囲を観察していれば、業務自体の先読みが可能となります。

たとえば、「このペースであれば今月中にあと100枚営業先に持参する資料が必要となるから、余裕のある今日100枚印刷してホッチキスで止めておこう」など、先回りして動くことができると周囲からも一目置かれるようになります。

なんとなく言われたことだけやっていると、忙しいときに限って「営業先に持参する資料がもうないから急いで印刷してホッチキスで止めて!」と言われてからパニックになってしまい、着手していた急ぎの仕事の手を止めて対応するはめに……なんてことにもなってしまいます。

やる気を持ってガッツリと本気で取り組めば、かなり優秀な営業事務として重宝される存在になれるのです。

先回りして用意しておいたことが感謝されると嬉しい

そのように、自分の経験や観察により、先回りして動いておいたり、用意しておいたことに営業マンが気づいてくれることがあります。

そして、「やっぱり○○さんがいてくれてよかった!いつもありがとう!」と感謝の言葉をかけてもらうことができると、とても嬉しいものです。

これはなんとなく事務をやっていてはなかなか感じることのできない達成感と喜びです。

営業ツールの改善を行い営業マンが仕事がしやすくなるとやりがいを感じる

営業事務は、営業マンが営業先に持参するツールの作成や、新人営業マンの教育資料の作成や、教育自体を行なうこともあります。

一定期間ごとに、そのツールや資料のみなおしを行ない、営業マンの使い方や動きなどをもとに、より仕事がしやすいように見直しと改善を行う業務にはかなりやりがいがあります。

自分はただの裏方ではなく、営業マンのニーズに合わせて売り上げが上がりやすい仕組みづくりをしているんだ、という使命感や、実際にその改善をしたツールで仕事がしやすくなったと営業マンから言ってもらえると、とてもやりがいがあります。

より効率の良い働き方を考え、仕事が早くなっていくと達成感がある

営業事務は、営業ツールの改善などのように変えることができるものと、ツール自体を変えることができないものがあります。

しかし、ツール自体を変えることができないものであっても、効率よく対応する方法を考えたり、やり方に工夫をすることでより自分自身のこなすスピードが速くなれば、かなりの達成感があります。

そのように、自分で工夫し働き方をよくしていくことが可能なのは、営業事務の醍醐味といえることでしょう。

「営業事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は、営業事務が人気な仕事の理由や向いている人はどんな人かどうかの具体的な特徴、そして営業事務の仕事の面白さについて紹介しました。

地味で単調なイメージの営業事務が、実は営業マン達を影ながら支えていたということがご理解いただけたでしょうか?

先回りして物事を考えることができる、指示をされて動くことに抵抗がない、地味な単純作業が苦にならない、デスクワークが苦にならずこなせる、細かいことでも確認を怠らずミスがないなどの適性に当てはまった方はぜひ営業事務を目指してみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

営業事務求人