「医療事務は働きやすい」「医療事務は女性に優しい仕事」等という文句を聞いたことはありませんか?

確かに医療事務は女性が続けやすい仕事です。

しかし、医療事務の仕事でも大変なことは当然あります。

今回は医療事務の悩みで多い5個のこと、その悩みの解決法、それでも医療事務をおススメする方法を解説していきます。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の悩みで多い5個のこと

医療事務はとても魅力的な仕事ですが、悩みを抱えている人も多くいることが現実です。

では、具体的にどのような悩みを抱えているのか5個に分けて解説していきます。

人間関係が複雑

医療事務はカレンダー通りの休みがとりやすいこと等から、比較的家庭との両立がしやすい仕事です。

それゆえ働いている人は女性が多い傾向にあります。

保育士や看護師等と同様、女性が多い職場でつきものなのが人間関係の悩みです。

表面上仲良くしているように見せて陰で悪口を言っているというところもあれば、無視をしたり強い口調で理不尽なことを言われたりするところもあるようです。

もちろん、アットホームで職員全員仲が良いという職場がないわけではありません。

しかし、女性が多いという特徴ゆえ、人間関係で悩んでいる人は数多く存在しています。

体の不調を感じる

医療事務は勤務時間のほとんどが座りながらパソコンを使用しいているという状況です。

そのため、事務職全体に言えることかもしれませんが、体に不調を感じる人が多いようです。

主な不調としては目の疲れ、腰の痛み、冷え、むくみ、肩こり等が挙げられます。

酷い人は病院に通ったり、薬を飲んだりする場合もあるようです。

根本的な解決方法はパソコンを扱う時間を減らしたり、こまめに体勢を変えたりすることですが、仕事柄完全に解決することは難しいようです。

給料が安い

医療事務は休みがとりやすく、プライベートも充実させやすいというメリットがあります。

しかし、その分、給料が低いというデメリットもあります。

独身であれば生活していけると思いますが、余裕がある生活は難しいようです。

そのため、医療事務として働いている人は独身女性や主婦の方が多い傾向にあり、一般的に家族を養っていく立場の男性は給料の低さ故にほとんど働いていません。

医療事務は責任が重く人間関係も複雑な職場が多いため、労力のわりに給料が見合わないと感じている人も多いようです。

また、休みが確保出来ても給料が安いため、買い物をしたり出かけたりすることが出来ず、余暇の充実が図れないという人もいるようです。

医療事務の給料は、こちらの記事を参考に!

常に新しい知識を必要とされる

医療事務は診療報酬やレセプト等の知識が必要とされます。

医療は日進月歩しているため、これらは定期的に見直され、内容が変わります。

そのため、覚えたと思ったら改正され、また覚えないといけないという場面も多々あります。

医療事務が処理を間違えてしまうと病院の収入に影響したり、患者の自己負担額が変わったりしてしまうため、責任は重大になります。

一度覚えたら良いという仕事ではなく、覚える量も膨大であるため、負担に感じてしまう人も多いようです。

場合によってはクレーム処理をしなければならない

大きな病院であれば事務のみという職場もあると思います。

しかし、クリニックであれば受付対応や電話対応も医療事務の仕事であるというところがほとんどです。

そのため、時にはクレーム処理もしなくてはなりません。

例え自分のミスではなくても病院の代表として対応しなければならないため、ストレスに感じる人も多いようです。

また、冬場等、待ち時間が長くなっている時は、患者がイライラしてしまい、「あと何分くらい?」「いつまで経っても呼ばれないからもう帰る」等、強い口調で言われてしまうこともあります。

そのため、ストレスが溜まりがちになる傾向があります。

悩みを解決する5個の方法

前の項目で紹介したように医療事務の仕事も悩みは多々あります。

しかし、悩みや大変なことがあるというのはどの仕事でも同じことです。

大切なのことは悩みをなくそうとすることではなく、どうやって悩みを解決していくかということではないでしょうか。

では、前の項目で挙げた悩みをどのように解決していったら良いのか解説しいていきます。

早く仕事を覚えて文句を言わせない。それでも変わらなければ退職して自分に合った職場を見つける

仕事は生活の中で大きな割合を占めるため、人間関係の悩みはとても辛いものがありますよね。

人間関係が原因で辞めてしまう人も少なくはありません。

しかし、考えてみてください。

嫌味を言われたり、風当たりが強くなったりするのはなぜでしょう。

それは仕事が出来ない状態だからではないでしょうか。

誰しも最初から仕事が出来たわけではないのですが、悲しいかなそのことを忘れ強く当たってしまう人は沢山います。

そんな辛い状態から抜け出すためにはぐっと歯を食いしばってさっさと仕事を覚えることが一番です。

メモを見直したり、書籍やインターネットを利用したりして出来る限り早く仕事を覚えましょう。

一人前になれば仕事に対しての文句は言われる筋合いはありません。

それでも理不尽なことを言われた時は思い切って辞めてしまうことも一つの方法でしょう。

医療事務は女性が多いため妊娠・出産等で辞めたり、職場に馴染めず辞めたりすることが多いため、求人は数多くあります。

ましてや経験者なら引く手あまたです。

どこの職場でも良い点、悪い点はありますが、自分が我慢できる範疇かどうかは異なります。

日々重たい気持ちで鬱々と働くのではなく、自分に合った職場を見つけ、生き生きと働きましょう。

体の不調軽減させるための工夫を行う

事務職は長時間同じ姿勢でいなければならないため、身体的な不調が出やすくなります。

そんな時は不調に合った対応を行いましょう。

  • 目の疲労 → ブルーライト対応の眼鏡をかけたり、休み時間や帰宅時に目を温めたりする。
  • 肩こり → 湿布を貼ったり、毎日入浴剤を入れた湯舟に使ったりする。
  • むくみ → マッサージを行ったり、着圧ソックスを履いたりする。
  • 冷え → 温かい靴下を履いたり、ブランケットを利用したりする。

もちろん各職場でどこまで出来るかという点は異なると思います。

出来る範囲の対応をして少しでも体の負担を軽減させましょう。

それでも改善しない時は病院を受診する、マッサージに行く、サプリメントを飲む等して更に負担を軽減することが出来ないか試してみてください。

スキルアップを図り転職も含め、より評価してくれる場所で働く

医療事務が全体的に給料が低いのは残念ながらどうしようもないことです。

医療事務もかなり専門的で責任の重い仕事なのですが、その専門性は保育士等のように見直しをされていないのが現実です。

そのため、給料を上げるためにはスキルアップを図り現在勤めている会社での評価を高めるか、もっと条件の良い職場に転職するかのどちらかを行う必要があります。

スキルアップとしては資格を取得することが一番の近道です。

医療事務には診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務検定試験、レセプト点検業務検定試験、診療情報管理士等、様々な検定や試験があります。

病院によってはこの資格を取得したらこれだけ加算される等、規定を設けているところもあるかもしれません。

働いている職場や分野で活かせる資格を取得してみてはどうでしょうか。

また、医療事務業界では資格だけでなく経験も大きな武器となります。

沢山資格を持っている未経験者よりも無資格の経験者が有利をなることも多々あります。

そのため、辛いと思っても一定期間は勤務する方が転職の際には有利になるでしょう。

資格と経験、どちらも兼ね備えていれば転職成功間違いなしです。

早めに情報をキャッチし、コツコツ覚える

医療は日々進歩しています。

それに伴い、診療報酬や請求の形もどんどん変わっていきます。

正直、これに対する確実な対処法はないかもしれません。

ただ、自分の担当する診療科に関連する部分はしっかり覚えなければなりませんが、改正された内容全てを把握する必要はありません。

また、改正された時には資料や書籍等も発売されます。

分からない時にはそれらで確認したり、インターネットで調べたりすることも出来ます。

とても大変なことですが、医療事務の仕事をしている以上避けては通れないことですので、自分のペースでコツコツを覚えていきましょう。

苦情解決の研修に参加したり、福祉や心理の勉強をしたりする

クレーム対処は職場によっては避けては通れない道のひとつです。

クレーム自体をなくすことは出来ないため、患者さんに納得してもらえるような対応が出来るよう、また、自分自身の精神的ながダメージを軽減出来るようどう対処したら良いかを考えることが賢明です。

一番簡単なのは苦情解決の研修会に参加することです。

特に医療事務を対象とした研修会に参加すれば、より実践的な知識やスキルを身に付けることが出来るでしょう。

また、時間的・金銭的な余裕のある方は福祉や心理の勉強をすることもおススメします。

苦情を言う人はどのような心理なのか理解したり、ストレスを感じた時にどのような思考で処理したら良いのか学んだりすることによって、仕事はもちろんプライベートでのストレスも軽減することが出来ます。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

悩みもあるけれど、医療事務の仕事をおススメする理由

医療事務に多い悩みを聞いて不安になった方も多いのではないでしょうか。

でも心配はいりません。

メリットとデメリットは表裏一体なのです。

医療事務には大変なことはありますが、それ以上の魅力も沢山あります。

最後に悩みはあっても医療事務をおススする理由について解説していきます。

長く続けることが出来、転職がしやすい

医療事務の仕事は経験が重要視されますし、肉体労働ではありません。

また、クリニック等では残業が少なく、休みも確保されているtところが多いため、長く続けやすい傾向にあります。

女性は妊娠や出産、夫の転勤等の理由で、どうしても仕事を休んだり、辞めたりせざるを得ない場合があります。

しかし、病院は都会から田舎まで全国どこでも必ずあります。

医療事務は女性が多いため、先述の理由等で入れ替わりが激しい業界です。

そのため、求人は数多く存在します。

求人多いということは住む場所が変わっても就職しやすい、子育て落ち着いた後等、自分のタイミングで復帰しやすいと言えます。

まさに女性にうってつけの仕事だと言えるでしょう。

また、経験さえあれば転職も比較的容易に出来ます。

労働環境が合わなかったり、職場の人間関係がどうしても上手くいかなかったりした時は、比較的低リスクで転職することが可能であるため、精神的な安定材料のひとつとなります。

コミュニケーションスキルが身に付く

医療事務の仕事で大変なこととしてクレーム対応を挙げました。

しかし、患者さんとのコミュニケーションはやりがいのひとつでもあります。

機転を利かせた時にとても感謝されたり、定期的に来られる患者さんに対応を褒められたりした時は喜びを感じます。

また、受付業務は対人の仕事ですので、基本的なビジネスマナーや接客接遇のスキルも身に付きます。

それに加え、複雑な傾向にある医療事務の人間関係の中で自然とストレスを溜めない考え方が身に付いたり、喜ばれる気配りの仕方が分かったりすることがあります。

人間関係が複雑な傾向にあるということはデメリットのように感じますが、少し考え方を変えるとコミュニケーションスキルを向上させる良い機会との言えるかもしれません。

医療的な知識が身に付く

医療事務は当然ながら医療業界の仕事です。

そのため、専門用語や医療用語を覚えなければいけません。

また、処方箋内容を入力する等の業務を行っている場合、薬の知識も身に付けることが出来ます。

ここで身に付けた知識は実生活でも生かすことが出来ます。

自分や家族が処方された薬がどのようなものなのか分かったり、医師の説明をより理解出来たりと良い面が沢山あります。

まとめ

今回は医療事務に多い悩み5個とその解決法、それでも医療事務をおススメする理由を解説していきましたが、いかがだったでしょうか。

医療事務も他の仕事と同様大変なこともありますが、特に女性にとっては魅力たっぷりのお仕事です。

プライベートも充実させやすく、転職も低リスクな医療事務の仕事。

ライフワークとして、是非目指してみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務は病院に直接雇用されるだけでなく、派遣という働き方を選択する人も少なくありません。その理由の一つに、派遣の時給の高さがあります。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていた時期がありますが、実際病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも、派遣社員の方が高い報酬を受け取っているケースは少なくありません。実際に時給の高さを理由に、派遣の医療事務で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には大量の派遣会社があるため、医療事務として派遣で働きたいと考えた時に、どの派遣会社を選べばいいのか迷ってしまう、というのは割とよく聞く話です。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者とし

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に入るとまず目にするのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師さんなどの患者さんの診察をしたり、治療をしたりする傍らで、よく目にする医療事務員に憧れて、将来病院の仕事につきたいという人もいます。そのような医療事務を目指す方達へどんな仕事なのか?や資格と充実度なども交えてその役割をお伝えしたいと思います。ちなみに私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。その他でも、医学系の学校に通っていました。そこで、いろいろな病院や施設で、体験学習などもしてきました。「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →医療事務とはどんな仕事?医療事務は、主に病院で働く医師や看護師の他で、病院

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事で向き不向きはかなり大きく左右されます。スキル云々の話なので、これは性格上の問題になりますね。本当に向かない人は向かないです。おおざっぱな性格がアバウトな人だと、間違いなく医療事故を連発するレベルでしょうね。ただ改善は出来ますので、自分次第だと思って下さいね!「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →医療事務はどんな仕事?医療事務の仕事はレセプト業務、会計処理、カルテのデータ入力や管理とカルテ出し、患者さんのお世話、そして雑務などがあります。やることはいくつかあり慣れてくれば問題はないのですが、気を抜くと本当に危ないです。医療事務のミスが患者さんの治療方針に影響してく

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員で働くメリットは多いですが、金銭面に関してと思って下さい。待遇などについては基本的にバイトでも重視してくれるので、そこまで差はありません。何故正社員の方が良いのか、派遣やバイトとの差はあるのか、どうすれば正社員になれるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットとは何か、社会保証などもバイトでもつけれる事は付けれますしかし退職金や金銭面については当然正社員の方が上だと思って下さい。ただ以外は特に変わりません。経済的に安定している正社員で働く事は経済的に安定するのは当然ですが、基本的にどこの医療業界もボーナスや福利厚生はしっかりし


医療事務求人に関するコラム

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務が向いてない人の6個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

医療事務には向き不向きが存在します。国家資格ではないため、嫌な言い方をすると誰でも出来る仕事でもあるのですが、医療事務ほど明確に向き不向きが出る職業はないでしょう。バイト感覚でいるような方は危険であるという認識をお持ち下さいませ。この記事では、医療事務が向いてない人について紹介します。医療事務の仕事とはどんな仕事?医療事務の仕事は患者や業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。仕事に関しては毎日ルーティーン作業になるため、同じ事を繰り返す作業ですね。慣れてくれば単調に思えるかもしれませんが、医療事務

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療現場というのは人間関係でストレスを抱える事が多いとされています。看護師の性格が悪いとか何とかという話を耳にした事がある方もたくさんいるようですが、実際は半分正解であると思って下さいませ。一昔前までは派閥のある所ばかりとされており、女性ばかりの職場であるためいざこざが絶えなかったとされておりました。しかし現在では患者へのホスピタリティを重視しているため、派閥などのいざこざなどは禁止するようになった病院やクリニックも多いんですよ。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまう部分というのは、スタッフ間や患者、極まれに業者などでしょうね。業務的な部分なので、いじめなどではありません。医療事務のおおま

医療事務の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

医療事務の仕事はやりがいや福利厚生などはしっかりしていますが、その反面かなり大変だと思って下さい。肉体的にもしんどい時はあるのですが、どちらかというと精神的につらく感じる時があります。医療事務というよりも、医療関係に勤めているものであれば誰でもそうではないでしょうか。何科にもよりますが、色んな意味で堪えるかもしれません。私はこんな病院・クリニックで働いています私は透析施設のあるクリニックで働いていました。病院と比べるとクリニックの方がまだ人の多さ的にはマシかもしれません。クリニックというのはその地域に住んでいる方が来る、病院は日本全国から来院されるという違いがある感じでしょうか。まだ地域限定で

医療事務は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

医療事務の求人を見ていると、結構経験者や資格ありの所が多い気がしませんか?未経験は難しいの?と思うかもしれませんが、未経験でも大丈夫ですよ。本来国家資格が必要な職業ではありませんの、未経験でも問題はありません。医療事務の仕事に関して、医療事務という職業はどんな人に向いているか経験者としてお伝えしていきましょう。医療事務の大まかな仕事内容医療事務の基礎的な仕事内容は4つあります。患者の対応、カルテ入力、レセプト業務、院内の環境整備です。病院に行った事がある方が圧倒的に多いので、何となくイメージしやすいのではないかと思います。レセプトという言葉は意外とご存知の方もいるようですが、正確にはどういう業