病院に入るとまず目にするのは、制服を着た医療事務員です。

医者や看護師さんなどの患者さんの診察をしたり、治療をしたりする傍らで、よく目にする医療事務員に憧れて、将来病院の仕事につきたいという人もいます。

そのような医療事務を目指す方達へどんな仕事なのか?や資格と充実度なども交えてその役割をお伝えしたいと思います。

ちなみに私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。

その他でも、医学系の学校に通っていました。

そこで、いろいろな病院や施設で、体験学習などもしてきました。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務とはどんな仕事?

医療事務は、主に病院で働く医師や看護師の他で、病院の経営に携わる事務の仕事です。

病院によっては、病院の経理部門になると、一般事務と呼んだりします。

また、それに伴う、患者さん側の手続きや窓口となるクラークという仕事もあります。

また、医療事務の中にも病院、薬局、老人ホーム、介護の分野に分かれていて、それぞれに医療事務、調剤薬局事務、老人介護施設事務などがあります。

医療事務の中には、ヘルパーや看護助手ではなく、外来クラークや入院クラーク業務があり、直に医師や看護師とコミュニケーションをとり、患者さんや外部の窓口となる仕事もあります。

それらは、受付や外部企業とのやり取りもするので、秘書に近い仕事でもあります。

医療事務の仕事に就くためにはどうしたらいい?

医療事務の仕事は、資格がなくても、事務の経験や一般職の経歴や知識があれば、仕事についたあともつづけられる率も高いようです。

また、医療事務専門の資格もあります。

その資格を取る方法も人それぞれの方法で、選択肢もたくさんあるので、まず、自分の身近な場所にある資料や学校、仕事先などから、資料請求などをします。

取り寄せた資料には何らかの説明会や資格、学校の情報がのっていますので、それを参考にされると良いと思います。

医療事務と呼ばれる職業は、受付、事務、会計の他にレセプトと呼ばれる仕事があります。

これは、カルテより診療報酬の計算をするもので、特殊なので資格を有することを求められます。

最近では、ニチイなどの通信教育で、医療事務の範囲で、特殊な技能が出来る評価基準を設けて、多角的に評価して、資格が取れるような学校もあります。

医療事務の仕事に就職するために

新卒で、病院に医療事務として就職する場合は、学校からの推薦等がありますので、専門の学校に通うとよいです。

一般職から転職して、医療事務になる場合は、一般職の経歴等が就職に有利になるので、職歴は就職に欠かせません。

その他は、医療事務になりたいという思いを大切にして、資料に目を通したり、説明会に参加したり、資格試験を受けたり、学校で勉強するなどをして、対人、接客のスキルやマナーを身につけることが大切です。

医療事務は、病院のみの仕事ではなく、薬局調剤事務、老人介護施設事務もありますので、どの分野が得意かと言う適性診断や相談なども選択ミスをしないためにしておくべきことです。

資格は必要?

資格が必ず必要というわけではありません。

ただ、医療事務の仕事の中に、レセプトという特殊な診療報酬を扱う仕事もありますので、資格を取っておく必要性はあります。

必要なスキルとは?

パソコンの入力、コピーやファックス、スキャン、カルテの読み取り、エクセル、電話対応、帳簿や計算のスキルが必要です。

その他は、高齢者の受給者証と介護保険の知識など診察券を扱う時に必要です。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の役割とは?

受付(総合、初診、外来、入院)

患者さんが病院にいらっしゃったときに、受付の窓口がはじめにあります。

病院には、大学病院、総合病院、個人病院、クリニックなど規模によって、受付の数も違います。

呼び方には、主に、総合受付、初診再診受付、外来クラーク、入院クラークです。

患者さんが、病院へ診察に来て、治療や薬を受け取り、会計を済ませて帰るまでの手順も患者さんにお伝えします。

会計

診療報酬表に基づきレジ会計を行います。

1日の売上計算も行います。

その他、未納患者さんのチェックもします。

月末にレセプト計算の作業も行います。

地域医療連携

紹介状を取り扱います。

また、地域のブラックリストなども把握しています。

DV被害に関しても気遣いをしています。

その他、会計相談などもしています。

医療事務の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

受付

問診票、保険証、受給者証、診察券に基づき入力し、カルテの表紙を作りファイリングします。

受付票をお渡しします。

順番をみて診察室へご案内します。

また、初めて受診される患者さんが、どこの科を受診すればよいか?などの相談を受けます。

会計、レセプト

診察が終わった患者さんの会計と精算をレジで行います。

病院診察時間終了後に1日の総額を数えて、記録します。

月末は、レセプトの処理を行います。

短い期間、短時間で、たくさんの枚数のレセプト処理を行うために、スピードが求められます。

電話の予約やクレーム対応、救急対応

患者さんから問い合わせの電話が来ますので、その対応をします。

具体的には、予約制の病院ですと、その問い合わせと予約方法などを説明します。

また、救急対応の電話も来ますので、対応可能な有無などの確認をします。

その他は、病院へのアクセス方法や苦情対応をします。

仕事の流れとは

受付

午前
  • ①出勤後、制服に着替えて身支度をする。
  • ②職場へ入り、電気をつけ、PCを立ち上げる。
  • ③受付開始の準備で、1日の依頼表を表出して、カルテの準備をする。
  • ④朝礼などある場合もある。
  • ⑤表札等を出して受付を開始する。
  • ⑥PC入力、患者さんからの伝言を医師と看護師へ伝える。受付表や受付番号を渡す。
午後
  • ①午前中で診察が終わることが多いため、午後からは、ファイリングや電話、外部企業からの対応や紹介状の開封へ移る。
  • ②次の日の診察の準備と表札を変える。
  • ③受付の窓口を閉める。

会計

  • ①出勤後、制服に着替えて身支度をする。
  • ②PCの電源を入れる。
  • ③仕事前の挨拶。
  • ④業務開始。
  • ⑤会計レジを1時間交代制で回す。
  • ⑥休憩。
  • ⑦会計レジ…。(繰り返し)
  • ⑧業務終了。

電話、接客対応

午前中に診察終了
  • ①午後より電話のスイッチを入れ、外部からの受け入れ態勢。
  • ②救急外来や対応の相談、病院の診療方法、場所等の電話対応。
予約制の病院の場合は、患者さんからの予約を取る。
  • ①かかりつけの患者さんの安否や紹介状を、外部や警察から医師へ相談してくる対応窓口等の電話対応。
  • ②電話待ち時間、空き時間、診療終了時間前までに、医師から預かった書類などをスキャン、保管、管理。
  • ③病院診療時間と同時に電話をオフにする。
  • ④診療終了表札を出して終了。

医療事務の仕事の給料事情は?

給料は、仕事を選ぶ際に説明会などの資料で、知ることができます。

インターネットでも調べることが出来ます。

それらの資料にのっていいる給料体制は、わりと高めに設定されています。

現状、仕事をしてみると、私の場合ですが、(例)フルタイム(月~土)で、月17万円でした。

だいたい、昔のOLの給料が、18~19万円だと、それよりも少し低いくらいですよね?

現代の正社員ですと、月20万円超えるくらいの職場もあると思います。

しかし、看護師さんや一般企業の社員よりも、医療事務は、それに届かない月給だと、内心思う方も多いと思います。

一般企業に勤めていたかたなら、結婚して退職後に医療事務に転職するというケースが多いようです。

医療事務の直接雇用として入社する正社員の体型ですと、ボーナスもあるので、月々の給料23万円×12か月+ボーナスで、年収300万以下くらいです。

その他、医療事務の派遣会社より、病院に入職して、パート社員としての形態で働く方法もあります。

そちらですと、派遣会社の時給の設定になりますので、時給が高い派遣会社ですと、月収19万円くらいが相場です。

しかし、ボーナスはありません。

派遣会社によっては、時給が低く設定された会社がありますが、一般の派遣会社でも人材を派遣させる側ですので、経験者や資格保有者や能力などで、見極めて案内するケースが多いので、極めて低い時給にあたったことはない人が大半だと思います。

また、医療事務の職場が、病院、薬局、老人施設などでも、多少、給料の差があります。

薬局が、その中でも、多少、高めの給料体制だったように思います。

病院でも大学病院、総合病院、以外に個人病院やクリニックもあります。

上記は、大学病院を例にしました。

他ですと、そこまで差はないと思いますが、医療事務の給料に関しても様々です。

医療事務がやりがいを感じること

医療事務でやりがいを感じることは、継続を通じて部署やポストや職域が決まることです。

それをはじめに選択してくれるのは、病院の医師や看護師長さんたちです。

働いている中で、推薦や抜擢などもあります。

医療事務から医療秘書になる場合もあります。

そのような、人間関係を通じて安定性が得られることもやりがいにつながります。

クリニックの受付などは、綺麗な病院で、クラッシックの曲が流れていました。

絵画やお花も飾られていて、そこで安定して医療事務の仕事が出来ることがやりがいを感じます。

また、医師の傍らで、資料をまとめたりする仕事も経験が長いと頼まれたりします。

クリニックの医療事務は、経験者を優遇して採用します。

そのために、以前は、大学病院で医療事務の経歴があり、転職してクリニックの医療事務になるという場合は、以前の経験を生かしてクリニックでも活躍していけるというメリットもやりがいとなります。

医師や看護師のそばで、医療従事者として手助けしたり、関わりや必要とされる存在になるとそれもやりがいにつながると思います。

綺麗な職場で働ける

お昼は、社員食堂も社員レストランも使えて、メニューもシェフも充実していました。

また、病院内にはお花や絵画も飾られていました。

医師や看護師さんなどのいる明るい職場で患者さんの受付や対応が出来る

名医のいる病院で一緒に働けることは、医療事務員にとって名誉もありますし、楽しい会話もできますので、毎日の通勤も楽しみになります。

カルテや書類、帳簿を扱うことが好き

紹介状やカルテを見る機会もあります。

枚数を数えたり、連絡をメールや電話、ファックスを使う、保険証の番号をチェックするなどの簡単ではありますが、きちんとしたマナーが必要な業務体制が整っていて、働きやすいです。

医療事務の仕事に向いている人のタイプは?

親切で丁寧な心配りで仕事が出来る

患者さんの対応が必ずある仕事なので、対人関係にも心配りが出来て、苦痛ではないタイプが、健全で、医療事務の仕事に向いていると思います。

積極的に行動する

病院は、命を助ける場でもありますので、突然具合が悪くなるかたをみたときでも、対応と行動できることが必要です。

責任感がある

たくさん来る患者さんの同数の書類と情報を扱います。

書類を失くしたり、情報を破棄したり、不正流出する行為があってはいけません。

病院職員の一員となり、責任感を持てるタイプが医療事務に向いています。

「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の仕事で大変なこと

病院などの職場には、医療機器がたくさん置いてあります。

きれいな職場ではありますが、そういう医療機器にぶつかったり、壊したりしないように気を使う職員のかたわらに医療事務員はいます。

落ち着ける環境を作ることは、医療事務の主な仕事内容になります。

それも、内部の医師などと関係性が出来ないと、そのような環境づくりもうまくいきません。

医療事務の仕事で大変なことは、共に働く医師や看護師に認められたり、気にいられることが、重要な要素になるので、職場の人間関係が、一番大変なことだと思います。

しかし、それが、一定期間うまく続くと仕事も長く続くことが一般的です。

学歴の高い医師との関係性

職場の人間関係がうまくいくと医療事務の要望にも応じてくれ、問題点の解決が出来ます。

立ち仕事が多いこと

事務の仕事と言っても、行動量が多く、立って仕事をすることが多いです。

それに加えて、お休みも少ないということがあり、体力がないと疲れることがあります。

レセプト期間は、残業がある

月末に集中してレセプト処理作業があり、スピードが必要で、残業がつきものです。

レセプトは資格を持っている医療事務員がやりますが、稼ぎ時でもあり、そういう部分で月給の差が出るようです。

医療事務の仕事で大変なところは、こちらの記事も参考に!

医療事務の仕事の将来性は?

医療事務の仕事の将来性については、友達と話し合ったりします。

そうすると、意見は2パターンくらいにわかれました。

男性の意見と女性の意見は、男性は、医療事務の仕事の将来性はない、で、女性は、医療事務の仕事の将来性はあるでした。

男性にとっては、給料的に不満だとか低いと考えますが、女性は、出会いがあったことなど交友関係も広がる仕事で、将来性があるようです。

たくさんの資格もあるので、資格取得をしたり、勉強を深めると病院の管理者のほうに昇進することもあります。

事務の仕事だけではなく、病院経営者になるという希望を持つと良い

医療事務の将来性を築くには、人間関係を深めたり、広げたりすることからです。

事務の技能もしっかり持っていれば、昇進制度なども整っているので、将来なりたい経営者にもなれると思います。

子育ての合間や家計の助けとして医療事務の仕事を選ぶ人もいる

女性が多い職場なので育児休暇なども取りやすい環境です。

看護師さんや医師と友達になれる

友達などが増えると、自然にそのような医師や看護師さんの他の場面でも職域が広まり、医療事務の経歴より転職して別の職場でもうまくいくという将来性もあります。

介護職に転職したりすることもあります。

まとめ

医療事務の仕事は、資格がなくても誰でもやる気があれば出来る職業です。

是非、興味を持っていただければと思います。


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務は病院に直接雇用されるだけでなく、派遣という働き方を選択する人も少なくありません。その理由の一つに、派遣の時給の高さがあります。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていた時期がありますが、実際病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも、派遣社員の方が高い報酬を受け取っているケースは少なくありません。実際に時給の高さを理由に、派遣の医療事務で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には大量の派遣会社があるため、医療事務として派遣で働きたいと考えた時に、どの派遣会社を選べばいいのか迷ってしまう、というのは割とよく聞く話です。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者とし

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事で向き不向きはかなり大きく左右されます。スキル云々の話なので、これは性格上の問題になりますね。本当に向かない人は向かないです。おおざっぱな性格がアバウトな人だと、間違いなく医療事故を連発するレベルでしょうね。ただ改善は出来ますので、自分次第だと思って下さいね!「医療事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →医療事務はどんな仕事?医療事務の仕事はレセプト業務、会計処理、カルテのデータ入力や管理とカルテ出し、患者さんのお世話、そして雑務などがあります。やることはいくつかあり慣れてくれば問題はないのですが、気を抜くと本当に危ないです。医療事務のミスが患者さんの治療方針に影響してく

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員で働くメリットは多いですが、金銭面に関してと思って下さい。待遇などについては基本的にバイトでも重視してくれるので、そこまで差はありません。何故正社員の方が良いのか、派遣やバイトとの差はあるのか、どうすれば正社員になれるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットとは何か、社会保証などもバイトでもつけれる事は付けれますしかし退職金や金銭面については当然正社員の方が上だと思って下さい。ただ以外は特に変わりません。経済的に安定している正社員で働く事は経済的に安定するのは当然ですが、基本的にどこの医療業界もボーナスや福利厚生はしっかりし