医療事務の仕事は、人によって向き不向きがあります。

国家資格ではないため、極端な言い方をすると誰でも出来る仕事ではあります。

そのため、医療事務は比較的向き不向きが出る職業と言えるのではないでしょうか。

バイト感覚の様な気持ちでは、想像以上に大変だという認識を持っていた方が良いでしょう。

この記事では、医療事務の仕事が向いていない人について紹介します。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務の仕事とはどんな仕事?

医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、電話対応、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、カルテ入力、環境整備、その他の雑務が主な仕事となります。

仕事に関しては毎日ルーティーン作業のため、慣れてくれば単調に思えるかもしれませんが、医療事務の仕事は他の仕事以上に精密度が必要だと考えておいて下さい。

ケアレスミスが1つでもあれば、患者さんの体調や命に関わる可能性もあるからです。

医療事務の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

医療事務が向いていない人の6個の特徴

医療事務に向いている人の特徴というのは、比較的どこでも仕事が出来るような人ばかりとは限りません。

実は自分に向いていないのでは、と感じて辞めてしまう人も少なからずいます。

向いていない人というのは幾つかにまとめると、大雑把すぎる性格、物事を先送りにしてしまう傾向がある、報連相が出来ない、注意力が足りない、コミュニケーションが苦手、積極性がない、などでしょうか。

本人が自分の内面に気が付き、向き合う事ができたら問題はないでしょう。

しかし医療事務という仕事は、チームでやる仕事でもあるのです。

チームワークが必要となりますので、誰か1人でも連携を乱してしまうとチームの輪が乱れてしまいます。

私が挙げた特徴は全て医療事務の仕事をする上で改めた方が良いよいと思われることであると考えていただきたいです。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

怠け者である

残念ながら仕事への意欲がない人は医療事務には向いていないでしょう。

意欲がないというのはどういう事なのか?

やる気がないという言い方が正しいですね。

最初の内は誰でもやる気があるものですが、慣れてきた3ヶ月くらいからやる気をなくしてくる方もいます。

簡単な業務であれば良いのですが、医療事務という仕事は色々と覚えなければいけない事が多いです。

パソコンの使い方、細かな作業、頻繁に指示を受ける検査の種類や病気の種類などは覚えておかなければなりません。

なぜ検査や病気の種類などを覚えておかないといけないの?と思うかもしれませんが、私は以前サブリーダーからこの様なことを言われました。

どういう検査を受けるのかによって、この人はどのような症状があるのかという判断をするようにしなさい、その検査の数値によって準備が必要になったりすることもあるから、仕事の先読みをしやすくなるということを教わったのです。

常に調べるということも医療事務の仕事の一つなのかもしれません。

教え方にもよる

教え方に関しては、多少考え方の相違もあるかもしれません。

私はサブリーダーにこうなるからという説明をしてもらったため、意欲を出すことができました。

これをやることでどの様な意味があるのか、それを教えるのも仕事の一つです。

きちんと指導しないと新人が仕事を覚えられずに困るよ、と言われたことがあるので、その様な部分も兼ねて指導していました。

教え方も人によって様々なので気を付けてほしいのも事実ですが、残念ながら仕事への意欲が出ない人は少なからずいます。

まだ若い内であれば気持ちに柔軟性もあるのですが、年齢が上がってくるにつれ性格を変えることはなかなか難しいと感じるかもしれません。

物事を先送りにしてしまう

物事を先送りにしてしまう癖がある人というのは、意外と多いと思います。

例えば、夏休みの宿題を毎回最終日にまとめてやってしまうという様なことがそうですね。

物事を先送りにしてばかりでは、医療事務としては向いていないと考えた方が良いかもしれません。

業務を行う上で物事を先送りにするのは良くないことである、という意識を持つようにしましょう。

医療系の場合は物事を先送りにしてしまったら、いざその時になってスタッフや患者が全員困ってしまうケースに陥ることもあります。

物事を先送りにすると言っても、すでに手配済みであるものであれば問題はありません。

期限ギリギリに書類を提出したりする方もいるのですが、予定はあくまでも予定であるため、早めに行動しておいて損はないのです。

実際そういう事が何度もあったくらいです。

事前準備ができるものであれば、早めに準備しておいて損はないでしょう。

これは看護師や医師から直接注意を受けてしまうことが非常に多いため、物事の先送りは避けるべきです。

後々自分が困る羽目になってしまいます。

事前準備をする

私も最初の頃は後で良いという考えを持っていたのですが、そのせいで看護師や医師から直接注意されてしまった事があります。

それ以降は少し過剰かもしれませんが、指示を受けたらすぐに医療事務スタッフに報告を行い、何をするかをスケジュールに記載していました。

医療事務の仕事は非常に多岐にわたるため、内容によっては先送りにしてしまうことは多いものです。

スケジュール管理ができているかにもよるのですが、物事を先送りにしても良いかは自分が決めることではなく、指示をする看護師や医師の判断となります。

私が働いていた場所は透析施設のあるクリニックでした。

透析施設の場合、他の医療クリニックよりも更に慎重にならなければいけません。

透析患者は普通の方よりも弱っているため、風邪を引くと長引いてしまったり、最悪の場合は治らず他病院で入院してしまうケースもありました。

そのため慎重に行わなければいけなかったので、精神をすり減らすような感覚で物事を先送りにしないように、事前準備はしっかりとしていました。

徹底して行っておかないと、医師や看護師長からこの前指示を出した件はどうなっている?と都度聞かれることもあったくらいです。

報連相ができない

報連相というのは、社会の基本である報告・連絡・相談の略ですね。

チームで働いている以上、報連相は欠かしてはなりません。

特に医療関係の仕事をしている方であれば、報連相は必要不可欠だと思った方が良いです。

自分一人で完結する仕事ではないからです。

私は報連相をマメにするようにしていましたが、昔一緒に働いていた同僚が報連相があまりできない人物でした。

その同僚は物事を忘れやすいというところがあったため、悪い人ではなかったのですが多くのスタッフが困っていました。

そんな状況の中、病院内である出来事がありました。

ある時看護師長から、同僚に依頼していた件について何か聞いている?現在の状況を教えてほしい、と言われました。

私は何も聞いていなかったため、他の事務に確認を取ったのですが、全員から知らないと言われた時はゾッとしました。

薬発注の場合は業者に電話をしてどういう状況であるか、また休みの日は直接本人に電話をしたりしていました。

当然看護師長や医師からは注意を受けたのですが、医療事務が疲労困憊でした。

周りが注意する

本来であれば自分が管理しなければいけないのですが、他のスタッフが報連相ができないケースも考慮しておいた方が良いかもしれません。

誰か一人に仕事を任せないということはできないので、で他のスタッフ達と一緒に、なるべく連携をとれるようにしていました。

みんなでカバーすれば問題ありません。

そんな人は必要ないのではないのか?と思うかもしれませんが、表に出したところでチーム全体の輪が乱れるのは必然です。

患者さんから見ていても気分が良いものではありません。

雰囲気というのはどうしても周りに伝わります。

また自分が同じミスをした時、そんな事をされてしまったら悲しい気持ちになります。

誰か1人でもカバーできるようになれたら問題はありません。

注意力不足

注意力不足というのは誰にでもあることです。

しかし医療系に関しては、休憩中やトイレ以外でもなるべく周りに気を配っておく必要があります。

何故ならちょっとした油断が、思いもよらないミスを引き起こしてしまうからです。

注意力散漫になってしまう状態とは、周りの状況が見えなくなってしまっている時です。

例として保険証や薬を渡し忘れてしまうというようなことです。

家に届けたら良いのでは?と思うかもしれませんが、保険証や薬をすぐ使用する場合もあるので、そうなってしまうと相手に迷惑をかけてしまいます。

健康な方や家族がいる方であればクリニックまで取りに来ていただくことも可能なのですが、もし自分が患者さんの立場であれば大変だと思いませんか?

医療事務の仕事というのは、目の前のことだけではなく周りにも気を配らなければいけないのです。

臨機応変に対処できるようにしておく

医療事務の仕事は臨機応変に対応できるようにしなければなりません。

意識を常に他の事にも向けておく必要があります。

視野を広くしておかないと、何度も同じようなミスをしてしまう事になると思って下さい。

状況によっては自分1人しかいない事もあるので、自分1人でもこなせるように気を張っていなければなりません。

臨機応変に対応できるようになるのは、正直簡単な話ではないでしょう。

私自身臨機応変に対応できるか?と言われると難しかったです。

そういう時こそ、事前準備をしておくことで上手く解決しました。

できる事はある程度準備しておくと、まだスムーズに動けます。

周りが見えなくなってしまっている状態の時ほど、緊急性の高い場合もあるので、困惑してしまうのは無理もありません。

困った時には誰かに相談するのも良いでしょう。

コミュ障

コミュ障というのはネットスラングの一つで、重度のコミュニケーションをとれない人物のことではありません。

他者と普通に話をするのが困難や苦手という方を指します。

医療事務の仕事は患者さんや業者の応対、スタッフ全員の連係プレイが必要です。

それ故にコミュニケーションが不足していると、チームの輪を乱すだけではなく、患者さんからクレームを受けてしまうことも考えられます。

患者さんは優しくフレンドリーな方もいますが、中には気難しい性格の方もいるのです。

コミュニケーションをきちんと取れないと、気難しい患者さんからクレームを引き起こされてしまって何も言えません。

コミュニケーション能力の向上

コミュニケーション能力を向上させるしかありません。

とは言え、特別に難しい事は必要ないと思います。

相手に対して笑顔を向けたり、きちんと挨拶ができれば問題はないでしょう。

コミュニケーション能力を問われるのは主にこういうところですね。

他のメンバーと連携が取れないと、高確率で仕事のミスを引き起こしてしまう可能性があります。

何故かと申しますと、コミュニケーションを取れない人物というのは、誰かにものを訪ねたり協力してもらうことができない傾向にあるからです。

どうしても相手に悪いなと考えてしまう為、動くことができなくなってしまうのです。

そうなってくると自分1人で仕事をする羽目になってしまうので、結果として他のメンバーにしわ寄せがいくこととなります。

積極性がない

別に消極的であることが悪いという意味ではありません。

消極的な方でも、やらなければいけない事はやっているものです。

問題は積極性がないという事でしょう。

何に対して積極性が必要かと申しますと、当然業務に対しての意欲です。

プライベートで積極的であろうが消極的であろうが問題ないでしょう。

しかし仕事において積極性がないということは、病院側から意欲がない存在であると判断されてしまいます。

単に業務を行うだけであれば、他のメンバーでも出来ることはあります。

仕事への意欲を出す

医療事務の仕事はやればやるほど、知識や成果が認められる仕事です。

近年査定のあるクリニックや病院もあるため、給料をアップさせたいのであれば、そういう所から変えていく必要があります。

多少失敗しても一生懸命頑張る人間の方が、周りから認められるというものです。

どこの職場でもそうですが、重宝される人間というのは「特殊なスキルを持った人間」か「仕事に対する意欲がある人間」だと考えて下さい。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

医療事務に向いていない人は、実際少なくないでしょう。

むしろ最初から何でも出来るような方の方が凄すぎます。

最初の内は慣れるまで時間がかかりますし、慣れてきた頃に悪い癖というのは見つかります。

自分の悪い癖を自覚するというのも重要です。

自覚していてもそれを頑なに否定してしまう方も少なくありません。

向いていないと思うのは誰でも一度はあることです。

それは医療事務に限った話ではなく、他の仕事でも同じことが言えると思います。

向き不向きというよりも、自分がその環境に合わせて適応するしかないのです。

どこの職場でもそうですが、自分を待っていました!なんて所はないので、自分から合わせていく努力は必要となるでしょう。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に入るとまず目にするのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師さんなどの患者さんの診察をしたり、治療をしたりする傍らで、よく目にする医療事務員に憧れて、将来病院の仕事につきたいという人もいます。そのような医療事務を目指す方達へどんな仕事なのか?や資格と充実度なども交えてその役割をお伝えしたいと思います。ちなみに私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。その他でも、医学系の学校に通っていました。そこで、いろいろな病院や施設で、体験学習などもしてきました。医療事務とはどんな仕事?医療事務は、主に病院で働く医師や看護師の他で、病院の経営に携わる事務の仕事です。病院によっては、病院の経

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事をするにあたって、向き不向きは多少なりとも関係してくると思います。仕事のスキルというより性格上の話になりますが、向かない人にとっては大変だと感じることもあるでしょう。おおざっぱな性格の人などは、業務をするにあたってミスが増える可能性があるかもししれません。しかし、自らの努力次第で改善することは充分可能であると思います。医療事務はどんな仕事?医療事務の主な仕事としては、レセプト業務の他にもカルテ出しやカルテのデータ入力・管理、会計処理や、患者さんへの対応の、その他雑務などがあります。沢山の仕事がありますが、繰り返し日々の業務を行うことで問題なくこなせるようになるでしょう。しかし、慣

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

医療事務の正社員で働くメリットは多いですが、金銭面に関してと思って下さい。待遇などについては基本的にバイトでも重視してくれるので、そこまで差はありません。何故正社員の方が良いのか、派遣やバイトとの差はあるのか、どうすれば正社員になれるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットとは何か、社会保証などもバイトでもつけれる事は付けれますしかし退職金や金銭面については当然正社員の方が上だと思って下さい。ただ以外は特に変わりません。経済的に安定している正社員で働く事は経済的に安定するのは当然ですが、基本的にどこの医療業界もボーナスや福利厚生はしっかりし


医療事務求人に関するコラム

医療事務の魅力を徹底紹介!あなたも医療事務として働いてみませんか?

病院の経営を行う中で欠かせない存在である医療事務の仕事。よく女性におすすめの仕事として挙げられる医療事務ですが、具体的にはどのような点が女性におすすめなのでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事の大まかな仕事内容や魅力、医療事務の仕事を考えている人に伝えたいことについて解説していきます。医療事務の大まかな仕事内容とは?医療事務の大まかな仕事内容としは3つ挙げられます。1つ目は受付業務です。受付業務は来院した患者から保険証を預かり確認、症状の聞き取り、カルテの作成や記載、電話対応、必要に応じて患者の手助け等の業務を行います。受付業務は病院の顔とも言える仕事です。そのため、事務だけでなく接客スキルも

医療事務の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う5つの理由

女性に人気の高い医療事務の仕事。実際に家族や友人が医療事務の仕事をしているという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな医療事務の仕事内容はもちろん、将来性にも焦点をあてて解説していきます。更に実際に医療事務の仕事をしていた経験のある筆者が、自身の経験を基に医療事務の仕事をずっとしていきたいと思う理由についてもご紹介したいと思います。医療事務の仕事内容は?医療事務の仕事内容は受付、会計、レセプト業務の3つが主に挙げられます。受付業務では保険証の確認、症状の確認、カルテへの入力等を行います。それだけでなく、体の不自由な人には手助けをする、子どもが泣いていたらあやす等、状況に応じた気配りをや臨機

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。医療事務とはどんな仕事をするのか?受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。医療事務とはどんな仕事?医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。一番最初

医療事務の悩みで多い5個のこととその解決法。

「医療事務は働きやすい」「医療事務は女性に優しい仕事」等という文句を聞いたことはありませんか?確かに医療事務は女性が続けやすい仕事です。しかし、医療事務の仕事でも大変なことは当然あります。今回は医療事務の悩みで多い5個のこと、その悩みの解決法、それでも医療事務をおススメする方法を解説していきます。医療事務の悩みで多い5個のこと医療事務はとても魅力的な仕事ですが、悩みを抱えている人も多くいることが現実です。では、具体的にどのような悩みを抱えているのか5個に分けて解説していきます。人間関係が複雑医療事務はカレンダー通りの休みがとりやすいこと等から、比較的家庭との両立がしやすい仕事です。それゆえ働い

医療事務の人間関係でストレスに感じる5個のこと。その解決方法も合わせて解説します

医療施設というのは人間関係でストレスを抱えることが多いと言われています。看護師からの対応が厳しいという話を聞いたこともあると思いますが、実際はそのような方ばかりではありません。女性が多い職場であるため、以前は派閥やいざこざがあったと言われていました。しかし最近では患者さんへのホスピタリティを重視しているため、そのようなことはあまり見られなくなりました。医療事務の人間関係でストレスを抱えてしまうというのは、スタッフ間や患者さんとのコミュニケーション不足なのかもしれません。対応が厳しいのは業務に関することであり、決して個人的に攻撃しているわけではないのです。医療事務のおおまかな仕事内容とは?医療事