病院やクリニックで勤めている医療事務とはどんな仕事なのでしょうか。

つらい、大変と言われる医療事務ですが、具体的に何がつらいのか、どんなやりがいがあるのか、医療義務についてまとめてみました。

医療事務のおおまかな仕事とは?

医療事務は医療機関に勤める事務職のことを言います。

病院やクリニック内で、受付や会計業務、レセプト、カルテの管理を中心とした医師や看護師のサポートを行うのが仕事です。

医療事務の役割

医療事務が持つ役割は、大きく二つに分かれます。

一つ目は、病院やクリニックに来院した患者さんが、速やかにストレス無く、医師の診察を受けることができるように、病院側の環境を整える役割です。

もう一つは病院やクリニックの経営を担う、正確なレセプト業務を行うことがあげられます。

医療事務の具体的な仕事内容

受付業務

患者さんが来院したら、診察券を預かり、何科を受診するかの確認をとります。

毎月月初には保険証の確認を行ったり、急患の受付を行うのも業務です。

カルテ出し・カルテ回し

電子カルテの普及はまだまだで、紙カルテを使っている病院やクリニックがまだまだ多くあります。

そのためカルテ出しや、カルテ回しが医療事務の役割としてあり、速やかに診療を進めるために、迅速に間違いなく行う必要があります。

診察の前に書庫から、カルテを出すのがカルテ出し、出したカルテを各科に持って行くのがカルテ出しです。

カルテ回しは、一日に複数の診察を受ける場合はそれぞれの診察科、診察終了時には会計に回します。

会計業務

診察が終了した患者さんの会計を行います。

医師から処方箋がでた場合は会計時に渡し、診察券も一緒に返します。

レセプト業務

一般的に健康保険証を持って病院を受診すると、患者さんは医療費の3割を負担します。

他の7割はどこに請求するかというと、健康保険の保険者に診療報酬として請求するのです。

この保険者に、診療報酬を請求する業務のことを、レセプト業務といいます。

入院手続き

主に入院にかかる費用の説明を行います。

各種書類の作成依頼

成年後見制度を利用したいと考えている時や、介護保険の申請・更新などには、医師の意見書が必要です。

家族から依頼を受けた医療事務が、主治医に意見書の記入を依頼します。

記載された意見書に病院の印鑑を押し、介護保険関係の意見書は病院から医療事務が、役所の担当部署に送付するのです。

電話応対

病院にかかってくる患者さんや家族の問い合わせに対応します。

各担当部署や担当あてに、かかってきた電話を取り次ぐことも、医療事務の業務です。

医療事務が大変だと思う6個のこととは?

医療事務の求人は、無資格でも未経験でも可というものが多いです。

そのため、誰でもできる簡単な仕事と思い飛びこんでみたら、思った以上に大変であることに気づきます。

無資格、未経験の求人が医療事務に多いのは、やる気がある人は育てていこうという意識の職場が多いからです。

職場は専門家ばかりで常に勉強する必要がある

医療事務が扱う保険だけでも、健康保険、国民健康保険、難病指定、労災などたくさんの種類があり全て取り扱いが違います。

それぞれの特徴を覚えて業務を行う必要があるのです。

患者さんから質問を受けることもあり、しっかり答えるためには業務をシステム的に覚えるだけではいけません。

とにかく医療事務は覚えることも、勉強することも多い職業です。

具合が悪い患者さんや気難しい患者さんの対応が大変

風邪がはやっているときの内科や、整形外科、人気の医師の外来など、病院は混み合うことがあります。

そんなときは、早く来院しても一時間以上待たされる患者さんがおり、待たされることに憤り窓口に苦情をいう人もいるでしょう。

医療事務はそのような苦情の対応を行うこともあります。

病院は入院中の費用について患者さんとトラブルになることがあり、それは退院手続きの精算時に起きるのです。

会計は医療事務の仕事なので、会計を担当した医療事務の職員が苦情を受けることになります。

衛生管理や体調管理に気を遣う

当たり前のことですが病院は体調が悪く、医師に診てもらうために訪れる場所です。

中には強い感染力を持った疾患で受診する人もいます。

そのような患者さんが来院した場合、医療事務は待合室などで、他の患者さんと接触しないように配慮しなければなりません。

そして、患者さんと接触することのある自分自身が感染したり、菌を媒介することがないように気をつける必要があります。

病院は病気によって体力や免疫力が落ちている患者さんが来院することが多いです。

健康体であれば、あまり問題のない病気であっても、体力や免疫力の落ちた患者さんがうつると重篤になる場合があります。

風邪をひかないようにする等の、健康に関する自己管理が必要です。

仕事内容に間違いがあってはいけない

医療事務の業務には会計業務もあり、毎日の来院者の会計や入院中の会計業務も行っています。

一つ間違えてしまうと会計の金額が変わってしまい、患者さんに迷惑がかかってしまうのです。

医療事務の仕事は、全般的に間違いは許されませんが、その中でも会計業務は絶対に間違ってはいけない業務といえるでしょう。

気が強い人が多い職場なので傷つくこともある

もともとの性格なのか、忙しいからなのかわかりませんが、医療事務をしている人は気の強い人が多いです。

はっきり意見をいい、言い方もきついですが、本人は気にしていません。

私も入りたての頃、ちょっと聞いただけなのに、思ったよりも強く返され傷ついたことがありました。

しかし、相手に悪意があるわけではありません。

医療事務をしている人は、実は仲間意識の強く、面倒見の良い姉御肌の人が多いようです。

そのため、気が強い印象を与えるのでしょう。

忙しい

医療事務はカルテの管理、初診の人への対応、毎月の保険証の確認など、毎日やることがありとにかく忙しいです。

忙しいだけでなく、急患の受け入れや時間外の受け入れなど、ランダムな仕事が多いのも特徴といえます。

毎日がルーティンワークの忙しさではなく、臨機応変な対応が必要な忙しさのため、慣れるまでは本当に疲れる仕事です。

医療事務で私が感じるやりがいとは?

忙しい、大変な割に給料が安い、職場が意地悪など働く人や、働いていた人からの評判が良くないのが医療事務の仕事です。

しかし、医療事務の仕事は働いてみると、メリットがとても多い職種であるといえます。

実際に働いてみると子育て主婦には、本当に働きやすい環境であることが実感できるでしょう。

私生活に活きる知識が身につく

医療事務をしていると、病気のことや薬のことなどの、医療知識が自然と身につきます。

その他、自分が事故にあった時や、会社や通勤途中で事故にあった場合など、もしもの時の知識を得ることもできるのです。

忍耐力や正確さが身につく

医療事務はいろいろな知識を持ったプロ集団です。

業務中は少なからず緊張感があり、時には厳しい指導がなされます。

そのため、働いているうちに、自然と忍耐力や仕事の正確さが身につく環境となっているのです。

社会的に意義のある仕事

国民の健康的な生活を守るために、病院やクリニックはなくてはならない施設です。

病院やクリニックの存在意義を考えると、自分の仕事に誇りを持って仕事することができます。

患者さんや家族に感謝される

患者や家族が来院すると、医療事務は窓口として関わります。

そして診察が済んで、最後に会計の時に再度関わるのです。

時々、会計後に患者さんや家族から、直接感謝の言葉をかけてもらえます。

そんな時は事務ではありますが、人に感謝される仕事をしている実感を得ることができるのです。

基本的に土日休み

勤め先が病院やクリニックである場合が多い医療事務は、基本的に土日が休みです。

最近は土曜日診療を行っている病院もありますが、午前中のみの診療となっていたりします。

土曜日は交代で勤務になっていました。

しかし、子育てをして子供が小さい人は、希望しない限り土曜勤務から外されることが多かったです。

病院は看護師も含め、働く人の女性の比率が高くなっています。

看護師の雇用確保のために、女性が働きやすい環境作りがなされており、その影響が医療事務にも現れているのです。

女性職場のため、子育て世代に理解がある

医療事務の職に就いている人は、圧倒的に女性が多いです。

幅広い年齢層の人たちが働いています。

私が働いていた病院では、子育てを終えた女性が「自分も助けてもらったから」と話、シフトを変わってくれました。

職場の雰囲気が子育て世代に理解があり、休みもとりやすかったです。

医療事務はこんな人に向いている

想像以上に高度な仕事である医療事務の求人が、無資格、未経験でも可となっているのはなぜでしょう。

基本的に医療事務は、真面目で勉強熱心な人が向いているのです。

そのため、無資格でも未経験でも採用するのでしょう。

では真面目で勉強熱心以外には、どんな人が医療事務に向いているのでしょうか。

調べながら仕事をすることができる人

医療事務はとにかく覚えることが多いです。

日々はじめての対応や、分からないことが出てきます。

そんな時、いちいち先輩に聞かなければならないようでは、業務が滞ってしまうでしょう。

業務の滞りは、患者さんに迷惑をかけることになります。

自分で調べながら仕事を進めていけることも、医療事務には大切です。

早く正確に仕事をこなせる人

体調の悪い人や、調子の悪い人の対応をするのが医療事務です。

早く医師に診てもらいたいでしょうし、会計を早く済ませて自宅で休みたいと患者さんは思っています。

迅速に正確に仕事を行うことが大事です。

自主的に動ける人

医療事務は業務の幅が広いため、役割分担されていることが多いです。

一日の流れを理解し、自分とは違う業務を行っている人の状況を見ながら動く必要があります。

自主的に他者と協力しながら業務を行えることは、医療事務にとって大事なことです。

基本的なPCスキルがある人

PCスキルは医療事務のみならず、事務系の仕事をする人には必須といって良いです。

働く職場にもよりますが、患者さんの情報管理はセキュリティーの問題で、一台のパソコンで管理されています。

業務が重なってしまったときは、その一台のパソコンを代わる代わる数人で使う場合があるのです。

PCの基本スキルはもちろんですが、操作が早いことも求められます。

記憶力がいい人

医療事務は忙しいため、教えてもらったことを何度も聞くようではいけません。

いろいろなことを、日々覚えなければいけないのが医療事務の仕事です。

できるだけ一回で覚えられる記憶力の良い人は、医療事務の仕事がやりやすいといえます。

数字が好きな人

会計業務やレセプト等の請求業務は数字が好きでなければ難しいです。

医療報酬は点数計算で算定されるので、医療事務は必ず数字と関わることになります。

状況をふまえた対応ができる人

受付・窓口業務は医療事務の大切な仕事といえます。

体調が悪く来院した人が、病院ではじめて顔を合わせるのが、受付業務の医療事務職員です。

体調が悪いときに異常に明るい対応も気に障ります。

しかし、暗い対応もされたくありません。

状況を考え適度に明るく対応できる人は、医療事務に向いています。

向いていない人

職種によっては向いていなくても、なんとか勤めていける仕事も多いです。

医療事務はどうでしょうか。

実際に勤めた上で私は医療事務は、向いていない人が勤め続けるには、かなりつらい仕事であると言い切れます。

おおざっぱな人

事務の仕事は大抵そうなのですが、医療事務は事務の中でも飛び向けて細かいです。

診察券を置いておく場所、置き方など、業務の中で決まりごとがたくさんありました。

おおざっぱな私には、かなりのストレスだったことを覚えています。

人とのコミュニケーションが苦手な人

医療事務は窓口として、患者さんと医師を繋げます。

入院の時は相談員と、外来は外来看護師、病棟では病棟看護師と連携をとって仕事をしていくのです。

常に人と関わる仕事なので、コミュニケーションが苦手な人は向いていません。

計算が苦手な人

私は数字が苦手です。

会計業務では当たり前ですが、数字が関わってきます。

ソフトがやってくれるとはいえ、計算もあり、数字が得意でない人にはつらいでしょう。

まとめ

医療事務は女性に人気の職業です。

女性にとって働きやすい環境であることは間違いありません。

勉強することや、少しきつい言われ方をしても大丈夫な人にはおすすめです。


関連キーワード

医療事務求人