医療事務という仕事は普通の事務とは異なります。

普通の事務と何が違うのかと申しますと、パソコンを扱っている点では同じかもしれません。

医療事務とはどんな仕事をするのか?

受付から先生や看護師のサポート、患者の世話そしてその他の事がたくさんあります。

医療事務になりたい方、もしくは考えておられる方、是非ともどんな仕事なのか参考までに見て頂きたいです。

医療事務とはどんな仕事?

医療事務の仕事を簡単に言いますと、受付業務、カルテ入力、医師や看護師のサポート、備品や薬剤などの発注、レセプト業務、その他雑用だと考えて下さいませ。

受付業務というのは、病院やクリニックに行った事がある方であればご存知でしょう。

一番最初に対応するのが、医療事務なのです。

分かりにくい部分で言うと医師や看護師のサポート、その他雑用でしょうか?

医師や看護師のサポートに関してですが、医師や看護師から指示を受けて医療事務が動くというものです。

例としては他病院への紹介状や予約の手配、書類の準備など電話応対などになります。

雑用に関しては待合室や病院の中の清掃業務、来客が来た時のお茶くみなどですね。

清掃業務に関しては病院やクリニックにもより、清掃員を雇う所もあります。

よく事務がお茶くみしているイメージを持っておられる方も多いようですが、医療事務もそうですよ。

業者や医師の来客に対してお茶を用意しなければなりません。

凄い所ではお茶の淹れ方を本格的にされる所もあるようですが、私が勤めていた所は近くの業務スーパーに行って炭酸飲料を買ってくるでした。

医療事務の仕事の役割とは?

医療事務の仕事の役割というのは、医師や看護師、そして患者のサポートにあると思って下さい。

誰でも出来る仕事と思うかもしれませんが、細やかな気配りや注意力が高い人であればあるほど向いています。

受付業務、カルテ入力、レセプト業務に関しては、一般の方でもご存知の方が多いようですね。

私は透析施設のクリニックで働いていたため、普通の医療事務とは異なるかもしれませんが、仕事の役割に関してお伝えしていきましょう。

サポート

医療事務というのは看護師や医師と異なり、国家資格を持っている人間ではありません。

そのため治療行為に携わる事は出来ないのです。

役割としては看護師や医師のサポートを行う事ですね。

医療事務なんて誰でも出来ると思っている方もいるでしょうが、この辺りは判断力が必要となります。

サポートとして働く分、看護師や医師と対立していてもどうしようもないです。

何でも屋

事務作業から雑用係まで何でも引き受けておりました。

医療事務という仕事は、本当に何でも屋に近いですね。

電話応対、患者の世話や対応、その他の雑務などなんでもありだと思って下さい。

臨機応変に対応できる能力があれば、医療事務に向いていますね。

結構予期せぬ事が起こる事もあるので、ありえないなんて事はあり得ないと考えておいた方が良いでしょう。

医療事務の具体的な仕事内容とは?

医療事務の具体的な仕事内容は、受付事務、カルテ入力など、詳しく知らない方でも何となくイメージを持っている方もおられるようですね。

イメージ通りのもので間違いありません。

ただし病院によっては紙カルテの所や、電子カルテを導入しているかによって、大きく仕事内容が変化したりします。

古いクリニックですと、大半紙カルテの所が多いですね。

具体的な仕事内容に関して細かく説明させて頂きます。

受付業務

病院、クリニックに来院された患者や業者への対応を行います。

まず最初に診察券、保険証を預かり、問診票に記載してもらう所から始まります。

病院に行かれた事がある方であれば、誰でもされた経験をお持ちでしょう。

帰院の際は診療代や処方箋の会計を行います。

この辺りは普通の病院と大体同じですね。

透析施設の場合、来院される患者は決まっているため、保険証を預かるのは月に1回ある診療代・薬代の請求日のみでした。

カルテ入力

カルテ入力というのは、保険証や患者のデータを電子カルテに入力する事を指します。

新患が来院された時、データを入力しなければいけません。

データ入力以外にも、患者の処置や何の血液検査をしたかなどによって、診療代が大きく変化してくるので、そういう点数を付けるのも医療事務の仕事となります。

基本的にそれ以外は医療事務が触る事はありません。

強いていうのであれば、医師の所見チェックや薬の処方チェックくらいでしょうか。

所見というのは、医師が患者と話をして治療方針や容態に関して書き込むものです。

これはデータとして残るため、所見は記載しなければなりません。

医療事務側で何故所見を見るのかという事ですが、次回来院時に検査や薬処方など重要な事が書き込まれているからです。

所見に関して気になる事があれば、看護師にも伝えないといけないのですよ。

看護師はカルテを見ている訳ではないため、医療事務側から伝えないといけないケースも存在します。

薬処方に関してのチェックもとても必要ですね。

医師が薬処方をするのですが、こちらに関しては正しい処方内容かどうかの確認をしなければいけません。

慣れていないとわかりにくいのですが、漢方薬の場合食前で服用しなければいけないのに、食後で服用するように記載されていた場合、医師にチェックをしないといけないのですよ。

細かな部分でもあるのですが、実際提携している薬局からよく突っ込まれた事があります。

また何錠というのも必要になってくるため、カルテ入力はかなり神経を使いますね。

備品や薬剤などの発注

細かな発注に関しては、全て医療事務側で行う事が多いです。

医療系の方あればご存知かと思いますが、よくアスクルというという所でネット注文を行っていました。

備品に関してはアスクルでしたが、薬剤などの細かな発注は各事務が担当して発注していたのです。

薬剤と言っても種類がたくさんあり、また用途によっては頻繁に頼む所も多かったので、結構マメに行っていましたね。

医療事務なのに薬剤を発注できるのか?という疑問を持たれた方もいるでしょう。

薬剤の発注に関して、担当の看護師に指示を伺い数を決めてもらいました。

私は発注に関してミスを起こした事はありませんでしたが、他の事務が発注ミスを起こしていた事もあり、看護師から注意を受けた事が何度かあります。

発注自体は難しくないのですが、頼み過ぎてもいけませんし、少ないと問題が起きてしまうので注意が必要ですよ。

その他の雑務

医療事務というのは、看護師や医師そして患者の雑用係であると思った方が良いでしょう。

基本的に医療事務は何でもしなければいけません。

お茶くみや清掃業務もそうですが、パソコンの発注やその他の機材などの管理、エレベーターや火災探知機などの点検業務に付き合ったりしなければいけないため、本当に時間を取られる事も多いです。

雑務に関しては基本的に医師や看護師の指示を受けて動くのですが、自分から進んで行わないといけませんからね。

正直医療事務をしていた時、これもやらないといけないのかと思った事があります。

それは電球の交換でした。

別に交換をするのは嫌ではないのですが、医療事務は全員女性ばかりだったので、脚立を使用しても届かない事があったほどです。

仕事の流れ

仕事の流れに関しては受付業務、カルテ入力、雑務といった感じですね。

医療事務の仕事というのは、基本的に同じ仕事の繰り返しとなります。

いわゆるルーティーン作業というものです。

ルーティーン作業ではありますが、決して単調なものとは考えないで下さい。

日や月によって異なる

仕事の流れは変わりはしませんが、いつもの作業より+しているものがあると思って下さい。

例としては、毎週水・木には患者の紙カルテを用意するという作業を行っていました。

レセプト業務なんかは毎月10日までにしあげなければいけないというものでしたしね。

他にも10月・11月にはインフルエンザ予防接種の準備を行うなどもありました。

ほとんど変わりはしませんが事前準備でバタバタしますので、特にインフルエンザ予防接種のある所はワクチン確保にバタバタするでしょう。

医療事務の給料事情は?

医療事務の給料はそこそこですね。

大体15万前後だと思って下さい。

この金額は保険などを引いた金額となります。

はっきり言って給料はそこまで高くはありません。

私の所は経営コンサルタントを取り入れていましたので、給料に関しては全員不満を持っていました。

経営コンサルタントのせいで、コスト削減とか勤務年数制度が一切なしになりましたからね。

実力給だったため、無理だと思った人は辞めていった方もいます。

ただし他の病院では普通にしている所も多いので、ある程度は期待できるでしょう。

福利厚生、ボーナスなどは当たり前にあるので、その点はブラックではないです。

医療事務のやりがいに感じること

医療事務はとても大変な仕事ですし、自分には合わないと感じる方もたくさんいるでしょう。

しかし医療事務の仕事は、自分を成長させてくれる仕事でもあるのです。

頑張れば頑張るほど成果は出ますし、覚えておいて損はないとも思いましたね。

特に人相手の仕事ですので、時々患者から感謝される事があったのがとても嬉しかったです。

人から感謝される事って少ないですが、医療系は感謝をしてもらう事が多いですよ。

医療事務のやりがいは、こちらの記事も参考に!

医療事務の仕事で大変なこと

やりがいを感じはしますが、医療系の仕事というのは本当に大変です。

やる事は多いですし、期限付きの仕事もあります。

暇ではないので良いかもしれませんが、時には息をつく暇すらなくなりますよ。

慣れてくればそこまでですが、正直大変な方が多いですね。

医療事務の仕事の将来性は?

医療事務の仕事の将来性は、当然ながら他の仕事以上にあるでしょうね。

現在オートメーション化、AIが発達しておりTVでもよく特集されている事があります。

飲食店であるラーメン屋では人件費削減のために給仕の数を減らし、ベルトコンベアを使用して配膳を行うというシステムを導入している所があるとテレビで見ました。

当然味のみは人間の手で何とかしなければいけないのですが、給仕のみはただ運ぶだけなので上手く機械を活用すれば人間がいらなくなる必要性を示していると考えて下さい。

この先単純作業の仕事は、いずれ職がなくなると思っておくと良いでしょう。

しかし医療系に限っては機械に任せる事が出来ませんので、医療事務の仕事も将来性は安泰です。

ずっと働き続けられる

クリニックの場合は医師の跡継ぎがいないと継続は難しいですが、病院勤務であれば仕事を続けられる事が可能です。

女性の場合は結婚して子供が出来た際、産休制度や育児などの施設が完備している所を求めますからね。

クリニックは難しいかもしれませんが、病院は産休制度などが認められているので、継続して働きやすいですよ。

ただクリニックでも場所によりますが、産休制度を導入しつつある所もあります。

あくまでもリーダー格のレベルの人間であるので、難しい部分かもしれません。

潰れる事がない

喫茶店や会社などは経営難になると倒産したり、潰れてしまうという事はよくある事です。

現在は景気が悪いため、粗悪な所はすぐに店が潰れてしまいます。

しかし医療系に関しては、潰れるなんていう事はありえません。

何故なら人間にとって必要な所だからです。

クリニックが閉鎖している所もありますが、院長が年を老いてしまい継続が不可能になってしまった程度でしょう。

そういうクリニックはとても多いですが、流行らなくなったとかそういうのは考えにくいですね。

喫茶店やショップなどとは違い、病院というのは体調が悪くなってから行くものですし、診療代もそこそこかかります。

世代交代

病院は色んな医師がいますが、クリニックは医師が1人のみです。

医師が年老いた場合、自分の子供に世代交代するケースというのはよくある話ですね。

ただこの世代交代ですが、やり方が大きく変わる事が多いため、それを嫌がる方も少なくありません。

例としては前の先生ならやっていた事を、今の先生ではやらなくなったため、患者からクレームが入る事もあるのです。

そういう面では将来性が感じられないかもしれないですね。

まとめ

医療系の仕事というのは他の業種と事なり、未来永劫あるものだと考えて下さい。

病気は進化していますし、治療も開発が進んでいます。

ちょっと前と異なり少子化だと言われていましたが、今は少しずつマシになりつつある状態です。

どの科も同じですが人間が生きている限り、医療系はずっと存在します。

人の命や体調に関係してくる仕事ですが、他の仕事よりもずっとやりがいに感じる事ができますよ。


関連キーワード

医療事務求人