憧れのマイホームを建てるために訪れるのが住宅展示場。

今回はそんな住宅展示場の事務仕事である「住宅事務」の求人募集内容についてや、仕事内容・おすすめの求人チェックポイントをご紹介していきます。

住宅事務のおおまかな仕事内容

ハウスメーカーや工務店などの住宅展示場には、営業さんだけでなく事務仕事をしている人もいます。

そんな事務仕事はどんな仕事内容なのか、どういった役割なのかをまずは順番に見ていきましょう。

おおまかな仕事内容

集計をする

営業さんがお客さんと打ち合わせした結果ややりとりの内容、進行状況などを営業さんに聞き取り、パソコンで入力して表にまとめていきます。

契約や打ち合わせのノルマが決まっているので、誰がどのくらい達成しているのか、みんなが見てわかりやすいように、パソコンで表にして印刷し、貼り出します。

お客さんの情報をまとめる

営業さんが取ってきたお客さんの情報をデータ化します。

データ化してパソコンに残すことで今後の打ち合わせに役立てるため、細かく入力して保存していきます。

チラシを作成・折り込み・詰める

営業さんが使用するチラシや書類を作成することもあります。

作成したチラシは印刷してお客さんに発送したり、ご自宅に伺ってお留守の際には直接ポストに投函するため、封筒に宛名を準備したり、投函しやすいようにポストに入るサイズに折ったりします。

これは何百枚もあるため、印刷するのに時間がかかります。

早めに作成して準備しておかなければ、営業さんの仕事に支障をきたしてしまう業務です。

土地情報をまとめる

不動産屋から土地情報が送られてきます。

場所や値段や大きさなどが記載された用紙が、FAXで送られて来たりパソコンでデータで送られてくるので、営業さんやお客さんが見やすいようにまとめます。

電話対応

お客さんや取引先などから電話がかかってきます。

主に営業さん宛てなので取り次ぎをします。

受付・呼び込み

これは、展示場やモデルハウス勤務で、受付と兼任の場合です。

住宅展示場はお客さんが見学しに来場します。

お客さんが来たらまず最初に対応して受付をします。

受付を済ませたら営業さんに引き継ぎます。

展示場にお客さんが来ない場合は、玄関先などでお客さんの呼び込みをします。

呼び込みをすることで展示場に来てくれるお客さんが増えるので、大切な仕事です。

お茶出し

営業さんと打ち合わせをするお客さんや、取引先の方にお茶を出します。

お茶を出すだけですが笑顔で明るく接します。

展示場内の掃除・整頓・飾り付け

毎日お客さんが訪れる展示場は、いつもきれいにしておかなければなりません。

埃が落ちていてはイメージダウンなので、掃除・整頓をします。

またイベント時には飾り付けも行います。

住宅事務は会社でどういう役割を求められる?

事務は営業さんのお客さんの管理もしているため、頼りにされることが多いです。

全体のことを把握して、頼りにしてもらいやすいように明るく振る舞いましょう。

受付と兼任の場合は、お客さんの対応をすることも多くなるため、笑顔でハキハキと話し対応します。

住宅事務にはどんな種類があるの?

住宅事務といっても、住宅展示場だけが勤務場所ではないのはご存知でしょうか。

求人募集でよく目にする職種についても詳しくご紹介していきますので、順番に見ていきましょう。

住宅事務の募集でよくある施設

住宅展示場

ハウスメーカーなどが集まっているハウジングセンターにある住宅展示場。

展示場の中にある事務所で働きます。

事務仕事以外にも受付や案内をします。

ハウスメーカーが集まっている場所でお客さんも多いため、玄関先で呼び込みをしたりもします。

事務的な仕事だけでなく、お客さんの対応もかなり多めになります。

事務所

展示場やモデルハウスといった、お客さんが直接、商品である家を見に来る場所ではないため、お客さんの対応は少ないです。

事務仕事がメインで、パソコンを使った仕事や雑務をこなします。

営業さんと打ち合わせをするために来られるお客さんや、取引先の方がいらっしゃることがあるので、来客時にはお茶出しをします。

本社

一般事務の他に、総務や経理など事務仕事が集まっている場所です。

他の展示場や事務所に指示を出したり結果を集めたりと、主に総括する場所です。

他の事務所の営業さんや事務員から頼りにされることもよくあり、逆にお客さんに対応することはめったになく、事務仕事がメインで仕事量も多いです。

同じ事務仕事でも勤務場所の違いによって、上記のように仕事内容が少しずつ変わってきます。

接客も好きといった場合もあれば、事務仕事をメインでしたいという場合もあるかと思うので、自分に合った勤務場所を選ぶのがおすすめです。

住宅事務の求人募集でよくある職種

求人を見ていると事務仕事にも様々な種類がありますが、住宅事務の中でも事務仕事の職種はどのように違うの?

と疑問に思うことがあると思います。

では違いはなんなのでしょうか?

受付事務

事務仕事の中でも受付が中心の事務仕事です。

受付をメインにするということなので、お客さんの対応が多くなります。

勤務場所が展示場の場合だと、来場されたお客さんの受付をして案内をしたりします。

事務所などの受付だと、訪れたお客さんや取引先の方を営業さんに取り次ぎます。

お茶出しをしたり電話対応をしたりと接客が多いですね。

お客さんが来ない時間帯には事務仕事もします。

パソコンを使って書類を作成したりと仕事の幅が広いですね。

一般事務(OA事務)

主に事務仕事がメインになります。

営業さんのサポートのため必要なものを作成したり、印刷や商品の発注、郵便物の発送や電話対応などをします。

雑務をこなしたりお茶出しをしたりと、「事務員」というイメージが強めな仕事内容かと思います。

CADオペレーター

図面や設計図をデータ化してパソコンで操作する、という事務作業がメインの仕事です。

紙に書かれた設計図を図面としてデータに起こしたり、パソコン上で図面の修正をしたりと、専用のソフトを使って仕事をします。

営業さんや設計士の方など、会社内の人から仕事を依頼されることがほとんどです。

職種別で見るとこのように仕事内容が違いますが、住宅事務の求人の場合、一般事務と記載されていても、受付事務やCADオペレーターと兼任のような仕事内容の場合が多いです。

職場によっては、接客が入っていても一般事務と書かれている場合もあるので、面接や見学した際に確認するのが良いですね。

住宅事務の求人でよくある募集内容とは?

ハウスメーカーの事務員募集と記載があっても、実際どこを重視してチェックすれば良いかわかりづらいこともありますよね。

住宅事務のお給料の相場や、どんな人が求められるのかなど、チェックポイントや向いている人のご紹介をしていきます。

給与相場

お給料は他の事務仕事とあまり変わりなく、正社員の場合おおよそ17万円くらいからが多いです。

経験や勤続年数などを考慮してお給料が決まるかと思いますが、賞与も合わせると年収250万円から300万円くらいが多いのではないでしょうか。

パートや派遣の募集という場合も多いですが、これも一般的な事務仕事とあまり変わりない給料のところが多いです。

勤務時間や残業

住宅展示場などは、大体10時に開店して17時に閉店する場合が多いです。

それに合わせて準備や片付けなどをしなければならないので、9時~18時が勤務時間という場合が多いですね。

ですがお客さんの打ち合わせが入っていればお店を閉めることはできません。

お客さんに対応するのは営業さんなので、事務員は決まった時間に帰れる場合が多いですが、事務の仕事量が多ければ、閉店時間を過ぎても仕事を終わらせるために残業をしなければならない場合もあります。

これは店舗によって様々なので、残業がどれくらいあるかは面接時に確認しておきましょう。

休日や有休

お客さんにたくさん来てもらうために、住宅展示場は主に土日にイベントなどをしてお客さんを呼び込みます。

そのため土日祝日は出勤日で、平日が休みということになります。

とくに住宅業界は火曜水曜休みの場合が多いですね。

ほとんどが週休二日制ですが、中には交代で休日も出勤しなければならない会社もあるため、しっかりと求人情報をチェックしましょう。

有休を取る場合も、できるだけ長期休暇や土日祝日は避ける方が、周りに迷惑をかけません。

お正月やゴールデンウィーク、お盆休みなどは休みたいところですが、出勤しなくてはならない場合が多いです。

福利厚生

社会保険や厚生年金が完備されているといった場合が多いですが、しっかりとチェックしましょう。

また、事務員は制服が用意されている場合が多いです。

その他に交通費や手当、昇給や賞与があるかどうかも確認しておきましょう。

勤務場所

住宅事務といっても、展示場や事務所などによって仕事内容が変わってきます。

接客が好きな人なら直接お客さんの相手をする展示場が向いていますし、パソコンがメインの事務仕事となると、事務所や本社勤務などが良いですね。

住宅事務の求人といっても勤務場所によって内容が異なるので、大切なチェックポイントです。

求められる人物像

上記でご紹介したように、事務員といっても住宅事務の場合、勤務場所によって仕事内容が異なる為、「会社が求めている人材」と「自分が思っていた職場じゃない」というように、両者の希望が一致しない場合があります。

では住宅会社は、どのような人物を求めて求人を出しているのでしょうか?

パソコンの操作ができる

事務ということで基本的なパソコン操作は必須です。

未経験歓迎と記載されていても「WordとExcelはできて欲しい」というのが、求人を出している側の本音かと思います。

ですがこれは自分でも勉強できることなので、事務仕事をしたくて求人を探しているけれど、パソコン操作が分からないといった人は、まずはWordとExcelの基本操作だけでも学んでおくのが良いかと思います。

明るく笑顔で接客ができる

お客さんに対応しなければならない場合は、明るく笑顔でハキハキと喋れる人を求めています。

例えば展示場で受付をする場合、お客さんが最初に話すのが受付の人ということになるので、いわば住宅会社の顔ということになります。

良いイメージを持ってもらうためにも笑顔で接することが大切です。

気配りができる

お客さんや取引先の方にお茶を出したり、営業さんの事務仕事をサポートしたりと気配りができる人が良いですね、これはなかなかアピールしづらいポイントですが、自分の長所としてアピールするのが良いかと思います。

このように会社が求めている条件に当てはまる人であれば、未経験であっても採用される可能性が高いです。

さらに、家という大きな買い物をお客さんにしてもらうため、言葉遣いやマナー、身だしなみがきちんとしている人が、より良い印象を与えますね。

住宅事務のおすすめ求人のポイント

求人情報を見ていると、様々な条件や詳細が載っているかと思います。

住宅事務で求人情報に載っている中で、チェックするべきおすすめの求人ポイントをご紹介していきます。

アットホームな職場

住宅事務ということで、仕事中でも家に関する話をすることが多い為、家族の話になったりとたわいもないことを話すことも多いです。

そんなアットホームな環境でする事務仕事はとても楽しいです。

「人と関わることが苦手だから事務仕事を希望しているのに」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、周りには営業さんが多いので、トークも上手くおしゃべりしながら仕事が出来るかと思います。

楽しく仕事ができるなんて素敵ですよね。

残業がない

事務といっても、お客さんを対応していたり電話に出ていたりすると、残業になってしまうこともありますが、残業なしと記載されている場合、基本的には定時になればさっと帰れる職場だと思います。

また事務仕事は自分のペースで進められるところも多く、期日は決まっていますが、自分で調整しながら、「次の日にまわせる仕事は次の日にする」と決めて、きりの良いところで帰ることもできるのが、事務仕事の良いところですね。

休日・有休

住宅事務は、基本的に土日祝日や長期休暇は出勤しなければなりません。

ですが、お正月などの長期休暇は交代で休みを取ったり、平日には有休を使えるので、自分なりに平日の休日と有休を使って連休にすることも可能です。

長期休暇は応相談と記載されていれば、交代で休むことが出来るかと思います。

どうしてもイベントがあり土日に休みたい場合は、休めるのかを面接時に確認するのも大切ですね。

住宅事務の求人についてよくある疑問

働いてみたいけど自分にできるだろうか、経験や資格は必要ないのかなど、不安や疑問があると、求人を見つけてもなかなか応募できない人もいるかと思います。

そんな人の為に不安や疑問を解決していきましょう。

未経験でも大丈夫?

事務仕事なのでパソコンを使います。

WordやExcelができると良いですが、基本的なタイピングが出来れば、あとは教えてもらえることが多いです。

また、決まったフォーマットが存在していて、フォーマットに入力していくというスタイルが多いです。

住宅事務の経験がなくても、仕事をしていくうちに慣れて覚えられるでしょう。

なので事務仕事の経験がなくても、向上心がある人であれば採用を考えてもらえるかと思います。

仕事内容に受付が入っている場合はとにかく明るく、笑顔ではっきりと丁寧に話すことが、良い印象を与える重要なポイントです。

必要な資格は?

必ずいる資格というのはない場合が多いです。

ですが事務経験があったりパソコン検定を持っていたりすると、就職活動の際に有利になることは間違いありません。

資格を持っていなくても、WordやExcelが使いこなせるのであればそれがアピールポイントになります。

また、住宅業界ならではの資格ですが、インテリアコーディネーターという資格を持っていると、住宅に関して興味があるんだなと印象付けることもできるので良いですね。

ですが資格を持っていなくても働ける場所なので「これから覚えていきます!」というように向上心をアピールするのが大切です。

家についての知識がなくてもできる?

住宅事務といっても家を作ったり売ったりするわけではないので、知識がなくても仕事はできます。

まったく知らなくても、住宅関係の用語や単位を使う事になるので、仕事をしていくうちに家に関する知識は増えていくかと思います。

わからないことは必ず聞くように徹底すれば、知識がまったくなくても仕事はこなせます。

このように、住宅事務で働くには経験や資格は必要なく、誰でも始められるお仕事です。

笑顔で明るく向上心を持って面接に挑めば、やる気がある子だなと相手にも伝わり、採用の可能性もアップするかと思います。

求人を見て興味があるお仕事であれば、資格などがなくてもできるので、まずは応募したり見学に行ってみるのがおすすめです。

まとめ

住宅事務の求人情報について詳しく見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

仕事の種類や募集内容、求人のおすすめポイントなどをご紹介しましたので、ぜひ参考にして今後の就職活動に役立ててみて下さいね!


関連キーワード

事務求人