銀行で事務に従事する人たちは、どんな能力を持っているのでしょうか。

お堅いイメージもある銀行員ですが、真面目さや几帳面さ、数字が得意、などといったスキルのほかにも、意外な能力が銀行事務員に向いています。

意外な能力や旧準情報の選び方まで、経験者が解説していきます。

銀行事務職の仕事はどんな仕事?

銀行事務職のお仕事は基本的に2つに分かれます。

預金業務と融資業務です。

預金業務であれは主に、お客様の預金の管理が仕事で、融資業務であれば、融資に関する申し込みや審査がお仕事になります。

銀行事務職の仕事の種類

銀行窓口の仕事

銀行業務の中で最も基本的でわかりやすのが、窓口業務だと思います。

基本的には後方で数年間経験を積んだ若手の職員が抜擢されます。

来店したお客様に一番最初に接する、銀行の顔とも言えます。

業務内容的には、通帳や伝票をお預かりし、お客様の預金の入出金や、通帳の記帳などを行います。

印鑑の紛失や変更、両替、記念硬貨の販売、住所などの各種変更なども承ります。

後方事務

銀行のデスクは、基本的に、お客様に向かって何列かに分かれ、事務処理を行っています。

後方では主に、窓口でお預かりした処理の確認や精査を行っています。

銀行では現金や大量の個人情報を取り扱いますので、窓口担当者ひとりで、業務の完結をすることはあり得ません。

後方は窓口担当者から預かった伝票などを精査し、処理に誤りがないか確認します。

その後担当役席に伝票を回付します。

担当役席は処理に問題がなければ現金の出金などを行い、窓口担当者に渡します。

融資業務

銀行事務というと預金関係ばかり想像しがちですか、融資に関連するお仕事もあります。

融資は、資金を必要とするお客様の申し込みを受け付け、審査する業務です。

銀行事務の融資部門の担当者の主な仕事は与信審査です。

申込書や関連資料を基に、申込者に返済能力があるかどうかなどの判断を行い、行内の規定に基づいて与信審査をし、担当役席に承認を得ます。

承認後融資可能となれば、お客様に実際に融資金の振り込みなどの手続きを行います。

その後返済開始となりますが、返済が滞り延滞してしまった顧客に対し、督促の業務なども行っています。

銀行事務職の仕事はどんな人に向いている?4つの特徴

銀行事務職に就くにはどんな人が向いているのでしょうか。

まじめで几帳面な人

毎日数字とにらめっこ。

お客様の大切な預金をお預かりし、入出金や振り込み手続きをとる銀行事務員は、まじめで几帳面な人が向いています。

一日に何枚もの伝票を処理しますが、当然、1円の狂いも許されません。

テレビドラマなどで、「1円合わないだけで帰れず、職員全員で1円玉を探す」などのシーンがありますが、あれは本当の話です。

そんな絶対的な正確さを求められる仕事ですから、「まあいいや」という”どんぶり勘定”の方よりも、細かい作業が好きで、普段から几帳面と言われるタイプの方のほうが向いているといえます。

一日業務を終了した後は、伝票をまとめます。

伝票は、数年間保存されます。

大量の伝票が、美しく整然と並ぶ倉庫は圧巻です。

そういった処理も含め、やはり几帳面さは求められるお仕事と言えます。

数字・計算に強い人

電卓が商売道具で、来る日も来る日も相手にするのは数字です。

算数・数学が好き、得意な方は銀行事務に向いているといえます。

一円の狂いも許されない訳ですから、常に正確な計算ができる事が求められます。

また、融資部門では、住宅ローンの借り換えなどの相談も承ります。

そんな時は、お客様に尋ねられ、金利の計算をすることもありますので、その場でササっと計算し、プランのご提案などをしなければなりません。

パソコンの自動計算機能や、電卓が当たり前に普及した現代ではありますが、限られた時間の中でお客様に回答しなければならないので、計算式が頭に入っていて、素早く、しっかりと対応できれば、お客様からの信頼にもつながります。

協調性がある・コミュニケーション能力がある人

先述で少し触れていますが、銀行では、ひとりの担当者が、ひとりきりで業務を完了することはあり得ません。

一つの伝票の処理に、何人もの担当者が絡んで業務しています。

常に忙しい銀行ですが、そんな中でも、空気を読み取り、伝票の精査をしてもらわなければなりません。

この人苦手だな、とか、忙しそうだななんて考えて、モジモジとしている時間はありません。

そういった周りとの協調やコミュニケーションが得意な方は向いているといえます。

預金部門と融資部門は、部門は別々でも、業務では密接につながっています。

預金窓口に来たお客様がついでに融資関連の相談をしたりすることはよくあります。

そんな場合も、普段から職員との協調性があれば、業務はスムーズです。

メンタルの強い人

常に現金や大量の個人情報を取り扱う銀行員。

ストレスの多そうな仕事でもよくランクインする職種でもあります。

毎日一円の狂いなく、正確に処理をしなければならず、常に個人情報を取り扱い、漏洩には細心の注意を払わなければならない。

上下関係は割と厳しく、営業に関する仕事も多い。

営業店目標や、部門目標といった数字にも常に縛られている。

業務はいつも忙しく繁忙。

残業は多い。

そんな業務を乗りこなすには、やはり、メンタルの強さが大いに求められます。

「メンタルの強さ=どんなストレスも乗り越えられる力」というよりは、「仕事のストレスを引きずらず、切り替えられる人」が最も向いていると思います。

人間ですからミスをしてしまうことはあります。

ほとんど全員の職員が、多かれ少なかれ、必ずミスはします。

目の前でお客様に怒られたり、勘定が合わないようなミスであれば、支店の職員全体に迷惑が掛かってしまうこともありますが、そこで考えすぎ、落ち込みすぎてしまうと、長続きしません。

ミスは反省し、次回は怒らないようにし、”誰でも通る道”と切り替えられる能力があると銀行事務のお仕事は長続きすると思いますよ。

業務経験者として、メンタルの強さは、銀行業務に就くうえで最も重要視すべき意外な能力だと思います。

銀行事務職の仕事に活かせる経験やスキルとは?

専門知識を持っている人

いくつもの資格試験がある銀行事務職。

一年に何度も試験があり、そのたびに上司からプレッシャーをかけられてしまいます。

銀行員なのにこんな資格が必要なの?

最初はそんな風に思いましたが、銀行で昇格を目指せる資格は様々です。

銀行によって詳細は変わりますが、「銀行業務検定」「ファイナンシャルプランナー」「生命保険募集人」「宅地建物取引主任者」などは、銀行業務に役立ち、昇格を目指せます。

人とのコミュニケーションに長け、場の空気を読める人

何度もこのキーワードが出てきますが、銀行事務職に就くうえで、コミュニケーションはやはり重要なスキルと言えます。

人の懐に入るのが上手で、世渡り上手で、なんでも問題をスルリと解決してしまうような人っていますよね。

そんな人は銀行事務にはぴったりだと思いますよ。

みんながみんな忙しい銀行の現場では、基本的に自分の事で精一杯で、後輩の面倒を見るのもやっとです。

でもそんな現場の中で、場の空気を読み、周りの職員たちとうまく絡むことができる人は、何でもそつなくこなし、周りから頼られる存在になります。

接客業経験のある人

専門的知識が求められるからと言って、銀行事務職に応募する際、必須資格というのはありません。

これまでの職歴で、接客業など、現場経験のある方も、採用に有利と言えるでしょう。

例えば、ホテルでの接客やおもてなしの精神などは、銀行窓口業務で大いに役立ちます。

銀行には企業の事務員さんのほか、ご年配の方まで様々な方がご来店されます。

限られた時間の中でお客様のニーズにこたえ、的確にさばいていく対応力というのも、銀行事務職への転職に有利と言えるでしょう。

銀行事務職の仕事で得た力を活かせる仕事は?

では今度は、銀行事務職からの転職をする場合に役立つスキルを武器に、活かせる仕事を見ていきましょう。

信託会社・信販会社

お客様の財産の管理を行う信託会社、金銭を取り扱い、融資業務を行う信販会社は、やはり転職には有利と言えるでしょう。

それぞれ、専門的知識は新たに身に着ける必要はありますが、おおまかな仕事内容としては変わりません。

金融関係の仕事は、文句なしで、銀行事務職で得た力を生かせる仕事です。

企業の経理・会計担当

メガバンクなどでは、子会社の経理部長に出向などというのはよくある話です。

一般企業への転職を考える場合、経理や会計部門への転職は有利です。

コンサルティング・企業再生関連業務

例えば、融資部門で何年も経験を積んだ職員であれば、コンサルティング業務への転職も有利と言えるでしょう。

コンサルティングや事業再生には、顧客が抱える問題点を探り、突き止め、解決する力が求められます。

融資部門で何年も経験を積めば、与信審査能力が身に付きます。

与信審査は、企業の内情を知り、問題点を探り、事業計画を考える業務です。

企業をコンサルタントする仕事に向いているといえます。

自分に合った銀行事務職の求人の選び方や注意点

では次に、数ある銀行事務職の求人情報から、どのように選べばよいかのポイントを探っていきましょう。

【選び方①】職種から探す

銀行事務職の職種内容は、部門別に言えば、「預金係」と「融資係」にわかれます。

そしてそれぞれの部門に、「窓口」と「後方事務」があります。

配属係や窓口か否かによって、業務内容は変わってきます。

いずれも窓口業務ならば、お客様と直接相対する仕事です。

預金後方ならば預金管理、金銭の入出金関係の取り扱い。

融資後方は融資案件の与信審査が主な仕事内容です。

【選び方②】雇用形態から探す

正職員または準職員、パートアルバイトなどに分かれます。

正職員であれば、他の雇用形態に比べ、給与や福利厚生の面で優遇される分、職務も繁忙です。

預金係から融資係へのジョブローテーションも組み込まれるでしょうし、残業ももちろんあるでしょう。

準職員はそれに準ずるものであり、給与面等では正職員に比べ劣るものの、業務内容はパートアルバイトよりも高く求められるなど、銀行により立ち位置が様々です。

例えば、正職員に転勤があっても、準職員にはないなど、銀行により様々ですから、しっかり確認しましょう。

パートアルバイトの場合は、決まった時間内でお仕事したい人に向いています。

正職員経験があり、出産後、復職を目指す方なども多く活躍しています。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

銀行=安定収入というイメージも強いと思いますが、地銀や信用組合など、銀行事務職と言っても勤務先は様々です。

例えば地銀の中途採用の正職員の場合で約18万円からです。

パートアルバイトでは平均的に時給1500円程度です。

最終学歴や経験などで給与は変わってきます。

休日は基本的に土日休みが多いですが、最近では休日も、「ローン相談会」などと称して営業する銀行もあります。

その場合、振替で平日にお休みをもらえるなど、個人的には良い面もありました。

休日の面もしっかり確認しましょう。

【選び方④】エリアから考える

銀行事務職であれば、基本的に銀行の営業店へ配属されます。

銀行の営業店は、駅チカにあることも多いですが、地銀や信組などでは、地域密着型で、住宅街の中にあることも珍しくありません。

一旦配属されると何年も務めることになる銀行事務ですので、長く勤めても負担にならないかどうか、交通手段などもしっかり確認しておきましょう。

【選び方⑤】福利厚生から考える

銀行の福利厚生で、個人的に一番メリットを感じたのが、「住宅ローンの金利優遇」です。

私の勤務していた銀行では、正職員に限り、職員自身が住宅ローンを組む場合、金利の優遇がありました。

職員であれば当然のような気もしますが、住宅ローンですからね。

一生に一度の大きな買い物で優遇があれば、かなり大きな違いといってもいいかもしれません。

銀行により様々ですが、ぜひ確認してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

銀行事務職というお仕事について、興味をお持ちいただけたでしょうか。

「銀行=お堅い」なんていうイメージもありそうですが、意外にも、コミュニケーション能力があり、場の空気を読み、仕事の失敗を引きずらない、「世渡り上手なタイプ」が、最も適していると個人的には思います。

正職員からパートアルバイトまで、雇用条件は様々で、自分のライフスタイルに合ったお仕事を探すことができます。

あなたの転職や生活にお役に立てれば幸いです。


関連キーワード

事務求人

事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

大学事務の転職を成功させるためにやるべき3つのことと、上手な転職方法を解説します

みなさんは「大学事務」と聞くと、どのような仕事内容を思い浮かべますか?学生の履修相談を行ったり、申請された証明書を発行したりする窓口業務オープンキャンパスなどの行事で、大学をアピールする「学校の顔」としての役割毎日の講義が円滑に行われるよう準備する調整役時には学校の顔役としてフロントに立ったり、学生や教員が学問を探求できる環境を整えるために裏方に徹したり。大学事務の仕事は縁の下の力持ちとして、教員と連携して大学運営の中枢を担うやりがいのある仕事です。担当する職務によっては、学生と接する時間が多かったり、海外でのプレゼンテーションに参加したりと人との出会いが多く刺激のある仕事です。今回は大学事務

大学事務求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

少子化の影響で大学への進学者数が減少している昨今ですが、大学事務の仕事は人気が落ちていないようです。どんなところが人気なのか、実際に仕事をするとどんな感じなのか、面白い点や不安に感じる点も解説していきます。大学事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容大学事務の仕事は、おおまかに二つの内容に分けられます。法人関連業務法人としての大学を動かしていくための業務を中心に行います。学長や役員クラスの秘書、対外的な業務を一手に担う公報、卒業生を対象としたイベント等を運営する校友関連、運営のための寄付を募る業務…と大学によって様々ですが、基本的には在学中の学生とは関わらない業務がメインです。対象が学校法人

大学事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3つの特徴やキャリアについて解説します

決して華やかではないけれども、人気職種としてあげられるのが、大学事務です。派遣会社にも案件はありますが、なかなか合格にこぎつけられないのが実状です。大学事務は、その名の通り、大学内での事務なので、交通の便を含めた環境がとても良く、生徒の授業時間に合わせたはっきりした勤務時間で、働きやすい環境といえます。資格なしで始められるのも利点です。そのため、他業種から転職したスタッフも多くいます。しかしながら、誰もが好きになることができる仕事というのは、この世にはありませんよね。大学事務の仕事を得意とする人は、どういった人なのでしょうか。大学事務が誇りの仕事にできる人を調査してみたいと思います。大学事務の

特許事務求人でよくある募集内容や雇用形態やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは特許や知的財産権という言葉を聞いたことがあるかと思います。この特許や知的財産権はどうやって保護するか知っていますか?特許や知的財産権を守るためには特許庁に特許を申請しなければなりません。では誰がやるのか?特許庁へ特許申請や知的財産権の保護を申請するのは弁理士の役割です。ただ、特許申請などに関しての書類作成は弁理士ではなく特許事務が取り扱っています。特許申請に必要書類を作成と聞くと特許事務の仕事は難しい仕事や必要な知識がなければチャレンジすることができない仕事のイメージがあります。実際は未経験者でも特許事務の仕事をすることが可能です。今回は特許事務の求人に関して色々とまとめてみました。

学校事務の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

学校事務の仕事に向いているのがどんな人なのか、どんな経験が活かせるのかを解説します!逆に学校事務の仕事には向いていない人についても詳しく解説しています。また、学校事務の仕事をする中で得た経験やスキルを活かしてキャリアアップした仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?そもそもどんなスキルが活かせるのかということも、しっかり見ていきます。学校事務の仕事内容とは?具体的な仕事の内容を見ていきましょう。学校事務の仕事の内容を大きく分けると、その分類は2種類の仕事になるといえます。その2種類とは、学校ならではの仕事と、そこが学校であってもなくても同様の事務職であれば発生する仕事です。2種類の分類に沿っ

金融事務求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

金融事務は雇用元が金融機関であるという安心感から、事務職の中でも人気の仕事です。金融事務の求人もよく見かけますが、どういう仕事内容なのかよく分からないという方も多いかと思います。そこで今回は、金融事務の仕事を検討している方や求職中の方に向けて、金融事務の仕事について解説していきます。金融事務のおおまかな仕事内容金融事務といっても、具体的な仕事内容は想像しづらいもの。この章では、金融事務のおおまかな仕事内容や、求められる役割について紹介していきます。おおまかな仕事内容金融事務の仕事内容は、銀行と証券会社で異なります。まず、銀行は窓口業務とバックオフィス業務が主です。銀行の窓口業務では、口座の開設

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

住宅事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

憧れのマイホームを建てるために訪れるのが住宅展示場。今回はそんな住宅展示場の事務仕事である「住宅事務」の求人募集内容についてや、仕事内容・おすすめの求人チェックポイントをご紹介していきます。住宅事務のおおまかな仕事内容ハウスメーカーや工務店などの住宅展示場には、営業さんだけでなく事務仕事をしている人もいます。そんな事務仕事はどんな仕事内容なのか、どういった役割なのかをまずは順番に見ていきましょう。おおまかな仕事内容集計をする営業さんがお客さんと打ち合わせした結果ややりとりの内容、進行状況などを営業さんに聞き取り、パソコンで入力して表にまとめていきます。契約や打ち合わせのノルマが決まっているので

貿易事務派遣求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

派遣の貿易事務に応募したくても、いざ求人を見るとなかなか決められないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは自分に合った仕事を探したい人のために、派遣の貿易事務について待遇や仕事内容を解説します。派遣の貿易事務はどんな仕事?派遣の貿易事務は海貨業者やフォワーダーなど、輸出入を担う業者で通関書類を整えて船舶等を手配したり、商社やメーカーなどで関連業者と連携しながら輸出入書類を作成し、物の流れや請求、支払いなどのお金の面を管理する仕事です。貿易事務は派遣社員の需要が高い分野で、初心者でも補助業務を見つけやすいですし、キャリアを重ねて必要なスキルを身につけて行けば、年齢に関わらず働き続け

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、


事務求人に関するコラム

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

IT事務の仕事内容5個の業務や仕事の良いところ。経験者が教えます!

IT事務と一言でいっても、様々な仕事があり会社の規模や事業内容などによっても大きく変わってくると思います。この記事では、BtoBのソフトウェア製品の販売に携わるIT事務の仕事内容についてご紹介致します。BtoBの為、製品購入前に適切なプログラムにて契約を結んでいただき、その後様々な変更や発注ができるようになります。その流れの中で事務はどのようなことをしているのか、できるだけ具体的に説明していきます。IT事務の仕事内容の5個の業務契約書の確認契約書の確認をする際は事前に契約番号、社名、書類バージョン、署名日などいくつかのチェックポイントが決められており、それらの点に集中して不憫がないか確認します

会計事務の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

事務のお仕事は、とても人気の職業です。女性にはもちろん、男性にも人気があります。人気があるにも関わらず求人数が非常に少ないため、求人広告が出ると応募が殺到してすぐに締め切られてしまったりなど、非常に競争率の高い職業でもあります。そんな大人気の事務職ですが、「事務職」と一言に言っても、一般事務やOA事務・経理事務・営業事務など実に様々な種類の事務のお仕事があります。また、具体的な仕事内容は会社の事業内容や配属先部門などによって、それぞれ大きく異なってきます。ただし、全ての事務のお仕事に共通するのは、会社の利益に直接影響する業務ではないものの裏方として他の社員の皆さんのお仕事がスムーズに進むようサ

事務の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

仕事を決める時に自分は何の仕事が合っているか悩むことも多いかと思います。やりたいことがなければまずは「自分にできること」から探し始めるのが一番近道になります。では、自分にできることがパソコンを使う仕事の場合、選択肢は「事務系」の仕事に絞られてきます。「事務」の仕事は実際どのくらいの給料でしょうか。今回は自分の周囲の相場や、事務の仕事をするならどうやって給料を上げて行くか、などをご紹介させていただきます。事務の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合事務職と言っても、色々な業種や会社の規模によりますが、新卒で正社員として入社した場合、都内だと月額約20万円前後が一般的な給料です。以下はあ

建設会社事務の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

建設会社の事務の給料はどのくらいなのか、紹介していきたいと思います。建設会社事務の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の建設会社事務の給料相場2016年11月17日に厚生労働省が発表した「平成28年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況」によると、全産業12業種中、建設業は235,200円と、情報通信業の238,000円、教育・学習支援業の235,400円に次ぐ第3位に位置づけされています。なので、新卒者の賞与を含めた年収は200万円台の後半あたりでしょうか。一方、一般社団法人日本建設業連合会(日建連)が会員各社宛てに通知した「 改めて労務賃金改善の 推進について」(2017年9月2