医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。

他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。

よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。

資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。

医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

私はこんなところで医療事務の仕事をしていました

私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。

内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事は毎日同じとなります。

業務的には一緒なのですが、ただ他の科と比べるとそこまでの忙しさはありませんでした。

基本的に残業などはなかったですが、常に精神をすり減らすほどの緊張感が必要だったため、医療事務以上の事をしていたのではないかと思います。

医療事務の仕事の年収の相場はどのくらい?

現在通常の給料ではなく、年棒制という制度を取っている病院も増えてきています。

この年棒制度というのは通常の給料の支払いとは異なり、最初から給料が設定されているものです。

その年棒の中に夜勤手当や残業手当も含まれていると考えて下さい。

ただし耳鼻咽喉科のように花粉症やインフルエンザのように、シーズンによっては長い残業を余儀なくされることもあるので、年棒制度が使えない所もあります。

一般的な医療事務の仕事の年収の相場はどのくらいか、私の経験も含めてお伝えしていきましょう。

正社員

正社員は社会保険や年金も含まれている状態になりますので、大体初期給料で15万前後だと思って下さい。

病院によっては前職の給料はどのくらいもらっていたかによって変化してきます。

これたまに聞かれることがありますよ。

普通に生活してある程度困らないという感じですね。

正社員は同じ額なのか?と言われるとそうでもないです。

同期が2名ほどいましたが、年齢が若いだの経験不足だのという事で、全員給料の値段は違いました。

初期給料は低くても、自分の働き方や病院に貢献しているかどうかによって変わってきます。

大体初期では300万以下と考えて下さい。

パート・アルバイト

パート・アルバイトの働き方はそこまで大差があるものではありません。

基本的にはアルバイトよりも、パートの方が多いでしょう。

パートで働く女性はたくさんいます。

何故医療事務をパートとして働く女性が多いのか?

それは働きやすさが影響しています。

特に小さいお子さんがおられる方は融通が良いのですよ。

どちらかというと病院よりも、クリニックで働く方が多いですね。

クリニックの場合は午前診療、午後診療と分けられているため、どちらかで働くというやり方もできます。

子供さんが大きくなると、曜日限定で働く方もおられますよ。

大体月5万~10万くらいでしょうか。

扶養制限枠の108万以内で働けるため、医療事務として働く方もいます。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は院長が設定しています。

そのため賞与はどの程度か微妙な所ですね。

基本的に夏と冬の2回ですが、私が働いていた所では年に3回ボーナスが分けられていました。

大体のボーナス時期は6月、12月となります。

金額に関しては院長の気前の良さに関係してくると考えて下さいませ。

職員の働きを評価してくれている院長であれば、賞与は高いです。

しかしケチな院長であれば、賞与は少ないですよ。

私の賞与は2回分合わせて20万もありませんでした。

こればかりは中に入ってみないと何とも言えません。

昇給

昇給は年に1回ある形になります。

昔は1年務めていたら、当たり前のように昇給はありました。

しかし現在では昇給が当たり前にあるとは思わないで下さい。

医療機関内でも査定があるからです。

年度末である3月に査定が行われる形となります。

直属の上司、院長と個人面談をして昇給が認められるかどうか決定されるのですが、こればかりは働きによるものなので自分の行い次第です。

いかにクリニックや病院に貢献出来たかかキーになるため、普通に働いていれば昇給はあるでしょうが、そこそこしかもらえない事も少なくありません。

反対に色んなミスを連発してしまった方は、その年は昇給が一切ないケースも考えられます。

普段の自分の行いはちゃんと見られているため、注意しておいた方が良いですよ!

各種手当

各種手当となると残業代や保険に関してでしょうか。

基本的に残業代や保険は支払われます。

ブラックな企業ですと残業代はないと所が多いですが、医療機関は残業代はちゃんと支払われるので安心して下さい。

ただし私が働いていたクリニックでは、ノー残業をモットーとしていました。

よっぽどな事がない限りは、残業代は出なかったです。

ありえないと思うかもしれませんが、裏を返せば仕事を残さず早く帰りなさいという暗示を示しています。

透析施設の医療事務は、時間内で上手くやりくりすればできない仕事ではありませんでした。

急ぎの仕事を優先的に終わらせてさえいれば何とかなるものも多く、急ぎの仕事でないものは翌日に回すようにしていたくらいです。

ノー残業をモットーとしていたのは、肉体負担を減らすためでした。

普通のクリニックよりも朝が早かったため、その上で残業をすると体調を崩してしまう方も多かったからです。

残業をしている方も中にはいましたが、その方は仕事ができない方だと見なされてしまいます。

患者さんがいる状態であれば、残業は当然ありますので本当にクリニックにもよりますよ!

給与が高い人は何が違うの?

給料が高い人は何が違うか、それは資格や役職、そして勤続年数だけではありません。

資格は持っていない方が圧倒的に多いので、経験の方が有利ともいえるでしょう。

役職は誰にでもなれるわけではありませんので、一番はスキルですね。

他のメンバーにないスキルを持っていると強いですよ。

スキル

医療事務だけではありませんが、スキルというのは個々に必要なものとなります。

言われてこなすだけであれば、誰にでもできる仕事ですからね。

スキルというのはパソコンスキルももちろんですが、それだけではありません。

私が医療事務として勤めていた時、色んなスキルを持った方がたくさんいました。

オールマイティーになんでもこなせる人、WordやExcelだけではなくパソコンなどの機械系に強い人、判断能力や経験などを生かして仕事する人、人が面倒くさがるような仕事を率先してこなす人、どんな人とでもコミュニケーションをとれるコミュニケーション能力が高い人物などです。

スキルとは資格だけの問題ではなく、向上心のある人物であると考えておくと良いでしょう。

一番重宝されていたのは、やはりパソコンなどの機械系に強い方ですね。

他の部署でも大活躍されていたので、この人がいないと無理だと思うようなスキルがあれば強いです。

資格

資格はあくまでもあって損はありません。

別になくても問題はないとも言えます。

確かに資格手当というのはありますが、その人が生かし切れていなければただの宝の持ち腐れとして終わるでしょう。

反対に元々持っていなかった方で、就職後に資格を持つというのはありです。

実際に元同僚で勤めてから2年後くらいに医療事務の資格を取ろうと勉強をしていました。

そういう場合、追加で医療事務の資格手当を付ける事が出来ると上司から聞いた事があります。

病院にもよりますが親切な所であれば、資格を取るための費用を負担してくれる所も存在しますよ。

気前が良いというよりかは、病院に貢献するための資格だと判断してもらえれば自分の負担が減ります。

役職

役職を持つ事が出来ればやはり強いですね。

反対にそれだけ負担や責任がのしかかってくるので微妙ではあります。

どんな役職かと申しますと、事務長やサブマネージャーという感じです。

大きい病院には2人ほどお偉いさんがいます。

正式な役職を持っている方は少ないでしょう。

医療事務はサラリーマンのような役職を持っているわけではありません。

勤続年数

一昔前までは勤続年数があればあるほど、昇給は当たり前でした。

今でもそれはあるのですが、現在は改善されている事も多いです。

何故かと申しますと、大体の人は勤続年数が上だと大体何をしても許されると思っている方もいるんですよ。

ちゃんとしている方はしているのですが、怠惰な方だと仕事の手を抜いたり、後輩に嫌がらせしている方もいます。

勤続年数が長ければ長いほどそういう考え方をされてしまうようで、他の人から見てもいい気はしません。

そういう人ほど自分がいなければこの病院は成り立たないと思っているみたいですが、案外そうでもなかったりします。

真面目に勤めている方であれば、病院側からも認めてもらえますのでしっかり働く事が前提です。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

医療事務で年収をあげるためにやるべき2個のこと

医療事務で年収をあげたいのであれば、スキルアップを行いましょう。

今の勤務先が気に入っている、転職したくはないと思うのであれば、やれるだけの事はやってみて下さい。

世の中には無駄な事なんて1つもありません。

何をどうすればよいかわからない時は、他の人を見てみましょう。

今の勤務先でできること

今の勤務先で出来る事を考えてみましょう。

自分には何が足りないか、他の方と比べたら自分はどんな立ち位置にいるのか、冷静に判断する事も重要です。

どれだけクリニックに貢献できているのか、またクリニックは何を必要としているのか、その理念も理解しておかなければなりません。

スキルアップを図るのも良し、資格を取るのも良し。

前向きな姿勢を取っている事で少しずつ変える事も出来ます!

スキルアップを図る

医療事務として必要なスキルは医療知識、判断力、パソコンスキル、コミュニケーション能力でしょう。

病院の顔と言われるほど、医療事務はコミュニケーション能力は重要となります。

コミュニケーション能力がないと、患者さんだけではなく病院側の空気が悪くってしまうのです。

たまに和を乱す人とか、中に派閥を作る人とかいますよね?

現在病院ではそういう事はありません。

派閥を作ってしまうと空気が悪くなってしまうので、禁止されています。

いじめやハラスメントなども厳禁です。

普段失敗が多い方はスキルアップも大切ですが、まず失敗をなくす事から始めていきましょう。

まだ紙カルテ管理の病院は多いですが、ほとんどは電子カルテに移行されています。

パソコンは必要最低限のスキルになってしまうので、出来て当たり前だと思って下さい。

WordやExcel以外にパワーポイントを使いこなせるかどうかも良いですね。

資格を取る

医療事務の資格も必要ですが、それ以外というとやはりパソコンスキルや筆記などの資格があると強いですよ。

資格があるというのはそれが出来る人物である事を示しているため、病院側も信頼がある人間だと判断されます。

どうでも良い資格を取っている方もいますが、変わった所では接客の資格などを取るというのもありですね。

資格は1個だけではなく、何個でもあった方が良いです。

経験者が教える、実際に年収がアップしたのはこんなとき

給料が変わったかどうか、判断できるのは年度末を過ぎた時でしょうか。

年収は源泉徴収票を見なければなんとも言えませんが、普段の給料や賞与は明細を見れば変化に気が付かれるでしょう。

明細は捨てずに手元において下さいませ。

アップ時期

査定が2月か3月くらいにあり、新しい年度になった時に給料が変化していた事があったので、本当に分かりにくいです。

ただ昇給というよりも、賞与にのみアップされていた事があるので、半年後になって気が付いたというケースもあります。

何がどうアップするのかは、普段の仕事内容を見られているため自分では気が付く事が出来ません。

大きい病院や経営がしっかりしているクリニックでは、査定が当たり前のようにあると考えて下さいませ。

場所によっては11月か12月に査定を行う所もあるそうですよ。

「医療事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

年収というで考えてしまうと微妙なラインです。

資格を取っている方が有利ではありますが、医療事務の資格はなくても普通にいけます。

この考えは他の企業でも同じ事が言えると思いますが、その病院になくてはならない人物であると相手に思わせる事が出来たら年収アップは認められるでしょう。

しかし普通の人と同じ働き方であり、仕事をなあなあとしていたり、ミスを連発するような人物には飴を与えられる事はありません。

自分の実力次第で変わってくる事も多いので、一生懸命にやっていれば認めてもらえますよ。

特に医療現場は意見がはっきりしているので、上司がしっかりしていれば給与形態の改善は考えられます。


関連キーワード

医療事務求人

医療事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務とはどんな仕事?その仕事内容や仕事においての役割、なり方など詳しく解説します!

病院に行くとまず目に入るのは、制服を着た医療事務員です。医者や看護師の傍らで仕事をしている医療事務員に憧れて、将来病院の仕事に就きたいという方もいらっしゃると思います。以前私は、大学病院とクリニックで医療事務をしていました。医学系の学校に通っていたこともあり、様々な病院や施設で実習体験もしてきました。それらの経験から、医療事務とはどんな仕事なのか?資格や充実度などの情報も交えながら紹介します。医療事務とはどんな仕事?医療事務とは、病院やクリニックにおいて医療に関する事務を行う仕事のことです。病院によっては、経理部門を一般事務と呼んだりします。同じ医療関連の事務職でも、病院やクリニック・薬局・老

医療事務の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

医療事務の仕事をするにあたって、向き不向きは多少なりとも関係してくると思います。仕事のスキルというより性格上の話になりますが、向かない人にとっては大変だと感じることもあるでしょう。おおざっぱな性格の人などは、業務をするにあたってミスが増える可能性があるかもししれません。しかし、自らの努力次第で改善することは充分可能であると思います。医療事務はどんな仕事?医療事務の主な仕事としては、レセプト業務の他にもカルテ出しやカルテのデータ入力・管理、会計処理や、患者さんへの対応の、その他雑務などがあります。沢山の仕事がありますが、繰り返し日々の業務を行うことで問題なくこなせるようになるでしょう。しかし、慣

医療事務正社員求人で働くメリットとは?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

正社員の医療事務で働くメリットは、一般的に給与や福利厚生などの面が、他の雇用形態より恵まれている点にあると言えます。では、医療事務の正社員で働くメリット・デメリットとは何か、派遣社員やパートとはどのような違いがあるのかを詳しく解説していきましょう。医療事務の正社員で働くメリット医療事務の正社員で働くメリットの一つが、社会保険に加入できる点にあります。パートやアルバイトでも加入はできますが、雇用条件にもよります。社会保障に関しては、やはり正社員の方がメリットが大きいでしょう。経済的に安定している医療事務の正社員は一般的に給与面や福利厚生面がしっかりしているので、目指す人は増えています。退職金に関