皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?

一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。

世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。

不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。

不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。

不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスターとも呼ばれています。

コンサルタントという呼称は一般的なものである為、不動産コンサルタントや、コンサルタントという肩書きを名刺に記載している人はたくさんいます。

求人などで、不動産コンサルタント募集と書かれていても、よく内容を確認しないと実際にはどのような業務に従事するか分からないことが多いです。

単なる不動産営業を不動産コンサルタント募集という表記で募集をかけているケースも多くあります。

ここでは、不動産コンサルタントとは本来どんな仕事なのか、また、不動産コンサルタントとして転職する際に注意した方が良いことなどを実体験に基づいて書いていきたいと思います。

「不動産コンサルタントの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産コンサルタントとは?

不動産コンサルタントと名乗ることは誰でも可能です。

しかし現在、正確な意味で不動産コンサルタントとは、コンサルティング技能試験に合格し、不動産コンサルティング技能登録証の交付を受けた人のことを指します。

不動産コンサルティング技能士、不動産コンサルティングマスターは同義です。

それではまず、不動産コンサルタントとはどのような仕事をする人なのかについて書いていこうと思います。

簡単に説明すると、不動産の専門アドバイザーです。

不動産知識を豊富に持つ専門家として、顧客の不動産に関する困りごと、悩み事、調べごとに対し、客観的なアドバイスを行っていくことが不動産コンサルタントの仕事です。

そうしたアドバイスや情報提供の対価として報酬を得ます。

不動産を持つ人、これから購入しようとする人、相続に悩む人に対して、不動産の利用や取得、不動産の維持管理、処分、活用投資などの面で顧客が選択しうる最善の選択をアドバイスしていくことが仕事です。

単純に不動産のことを知っていて資格試験に合格すればよいというものではなく、不動産に関する深い知識が求められます。

その為、受験資格として、宅地建物取引主任者資格登録者で、現在宅地建物取引業の仕事をしている方、または今後働こうと思っている方、もしくは、不動産鑑定士で、現在不動産鑑定士として仕事をしている方、または今後従事しようとしている方、または一級建築士として建築設計業、工事管理業の仕事をしている方、または今後従事しようとしている方という受験資格が定められています。

宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、一級建築士いずれかの資格を持っていないと不動産コンサルタントにはなれないのです。

コンサルタントとは本来誰もが名乗れる呼称である為、世の中には○○コンサルタントが溢れています。

不動産の世界でも、自らが売買などを行う当事者がコンサルティングといいう名で顧客のメリットではなく、自社に都合のよいアドバイスを行っている不動産会社もあります。

そういった状況の中、知識の乏しい一般顧客が不利益を蒙るようなことがないよう、消費者保護の観点で作られた資格が不動産コンサルタントです。

この資格を持つ不動産コンサルタントであれば中立的なアドバイスを得ることができるという安心感を持つことが可能です。

購入予定の土地や建物の査定や、不動産の売買において取り交わしを行う契約書や重要事項説明書等のドキュメント類作成、購入予定物件の引渡し前の検査など、対応する領域は非常に広範囲に渡ります。

その為、この仕事をしたら××円といった定価料金はなく、依頼内容に応じて報酬を定め、契約締結を行います。

民間資格ではありますが、国土交通大臣認定資格でもあり、資格取得者は年々増加しています。

不動産コンサルティング制度検討委員会報告書に定義されている内容は、「依頼者との契約に基づき、不動産に関する専門的知識や技能を活用し、公正、かつ、客観的立場から、不動産の利用や取得、処分、管理、事業経営や投資などについて、不動産の物件の調査・分析等を行い、顧客が最善の選択、意思決定を行えるようにサポートし提案する業務といった内容が書かれています。不動産コンサルタントとは正確には、不動産コンサルティングマスターという資格を持ち、専門家としてアドバイスを行う人のことを言うのです。

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個の注意点

最初に本当の意味での不動産コンサルタントとはどのような人のことを指すのかについて書きましたが、求人を見ると不動産コンサルタントの求人は非常に多く溢れています。

不動産コンサルタントとして転職を検討する時に、注意した方がよいポイントを書いていきます。

過剰に高額な給与設定

不動産コンサルタントとして募集されていても、過剰に高額な給与設定がされている求人には要注意です。

「24歳(2年目)年棒1,500万」、「30歳(1年目)年棒1,800万」といった求人です。

まず間違いなく歩合制の不動産売買仲介営業です。

業務内容に不動産に関する専門的な提案やお客様の相談対応などともっともらしく書かれていても、実態は厳しい不動産営業です。

会社のホームページ

会社のホームページを応募する前にきちんと確認しましょう。

真面目に不動産コンサルティング事業をやっている会社なのか、不動産の売買仲介をメインとしてやっている会社なのかは全然違います。

不動産の売買仲介をメインとしてやっている会社のホームページは売買物件の情報や不動産買いますといった情報が溢れる作りになっています、逆に不動産コンサルティングをやっている会社のホームページは、不動産相談事例や、解決した事例詳細などを載せていたり、不動産に関する相談対応がメインの作りになっています。

ホームページを見れば一目瞭然です。

募集要件

ここまで書いた本当の意味での不動産コンサルタントの募集であれば、求人の応募要件に「不動産コンサルティング技能登録証」をお持ちの方など資格名が必ず明記されています。

それがなければ、業務内容を事前に問合せ、認識に相違がない状態で応募することにしましょう。

「不動産コンサルタントの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産コンサルタントでの転職を成功させるためには何をすれば良い?

不動産コンサルタントとして転職する際の注意点について書きましたが、では不動産コンサルタントとして転職し成功する為には何をするとよいのかについて書いていきます。

やるべきことは2点です。

不動産業での経験を積むこと

成功する為にやるべきことは一つです。

ずばりですが、不動産業で経験を積み、不動産に関する知識、経験をたくさん積むことです。

単純に不動産を売って、買うだけの業務ではなく、土地活用相談や相続対応など、なるべく多くの経験を積むことが最もやるべきことです。

資格を取得すること

記載してきました通り、不動産コンサルタントになるには不動産コンサルティング技能士という資格試験に合格しなければなりません。

また、不動産コンサルティング技能士試験を受けるには、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、一級建築士の何れかの資格を保有していなければなりません。

まずは資格を取得することが必要です。

難易度としては宅地建物取引主任者試験がお勧めです。

不動産コンサルタントで持っていると良い資格とは?

不動産コンサルタントとしてやっていく為に持っていたほうがよい資格について書いていきます。

不動産コンサルタントの試験を受けるには、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、一級建築士の何れかの資格を持っていることが必要になりますので、その3つが挙げられますが、その他にも業務上持っているとよい資格があります。

まずは、司法書士、行政書士です。

不動産コンサルティング業務を行うには様々な契約書類や手続き上の書類を作成し、精査する必要があります。

文書のエキスパート資格である、司法書士、行政書士資格があると尚良いでしょう。

また、次に税理士資格です。

相続対応などを行うこともありますし、不動産と税制は切り離せません。

ちょっとやそっとでは取得できない資格ですが、税理士資格があると信頼感も飛躍的に増すことは間違いありません。

もう一つ、不動産コンサルティング業を行う上であると良い資格として挙げられるのが、フィナンシャルプランナーです。

一般の方のお金についてアドバイスを行う資格ですが、不動産コンサルティング業と非常に相性の良い資格だと言えます。

不動産コンサルタント以外に、これらの資格、特に国家試験資格を持っていると信頼感も増し、顧客へのアドバイスの幅も大きく広げることが可能です。

転職するに当たっての必要な心構え

不動産コンサルタントとして転職する際に持っておくとよい心構えについて書いていきます。

一獲千金を求めないこと。

これは間違いなく言えます。

不動産業は一獲千金を狙って野心でギラギラした人が転職してくることも多い業界です。

しかしながら、不動産コンサルティングはアドバイス業ですから、少額な案件も多いです。

地道に顧客の相談対応を継続した先には高額な報酬を得られることもありますが、いきなり高額案件を対応することなどはまずあり得ません。

報酬以外のやりがいを持っている人にしかお奨めできないです。

もう一つは、自身の不動産知識を誰かの為に役立てたいというホスピタリティーを持つことです。

そうではなく、お金のことばかり考えているような不動産コンサルタントには誰も相談しなくなります。

自らの儲けより顧客のことを最優先できる心構えを持つことも重要です。

不動産コンサルタントでよくある転職理由

不動産コンサルタントとして転職する人の転職理由としてはどのようなものがあるのでしょうか?

よくある転職理由をいくつか書いていきたいと思います。

独立開業

不動産コンサルタントとして転職する人の転職理由は独立開業が最も多いです。

不動産業界で長く働き、様々な経験を積んだ方が、単純な売買仲介を行うだけではなく、もっと自らの不動産知識を有効に活用したいと考え独立するのです。

独立開業をするような方は、不動産売買の営業としても成功していて、多数の人脈を持っている方が多いです。

知識が豊富で独立開業したとしても、人脈、コネクションゼロでは食べていくのは難しいからです。

単純に売買仲介に飽きた

背景としては様々あると思いますが、不動産営業はシンプルに売り物を見つけて、買い手をみつけ、仲介して手数料を得る仕事です。

お客様との付き合いもワンタイムで終わることが多く、顧客に感謝することは多いですが、本当の意味で顧客から心よりの感謝をされるということは以外に少ない仕事です。

その為、更に一つステップアップしたいという意識で不動産売買仲介営業から転職をする人も多いです。

厳しい営業ノルマに疲れた

不動産に関する知識は豊富であり、営業成績も悪くない方が、ノルマに追われるのに疲れ、別な働き方を模索し不動産コンサルタントとして転職するケースなども多いです。

不動産業界は一般的に非常にノルマの厳しい世界であり、そういったノルマをクリアするために活動し続けることは非常に大変です。

ある程度の年齢になってくると、自分は何歳までこの働き方を続けられるのかと不安になってきます。

そうした不安を持つ方が不動産コンサルタントとして転職するケースも良くあります。

「不動産コンサルタントの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

不動産コンサルタントとはどういう仕事なのか?

また、不動産コンサルタントとして転職する際の注意点などを書いてきましたが参考になりましたでしょうか?

不動産コンサルタントになる為には、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、一級建築士の何れかの資格を持っていることが必要ですが、不動産コンサルティング技能試験自体は一級建築士試験や弁護士、中小企業診断士などの国家資格と比べるとそれほど難関ではありません。

しかし、不動産コンサルティング業を事業として成り立たせるには、集客、様々な士業との連携、人脈などが必須です。

不動産業界で長く働いた経験があり、更に高みにステップアップしたいと考える方には非常に適した資格であり、奥の深い仕事と言えます。

事業として成り立たせるのは簡単なことではありませんが、自らの知識や経験を活かして顧客の持つ悩みを解決し、その対価としての報酬を得ることができるやりがいのある仕事です。

不動産コンサルティングを続けることによって築くことができる人脈なども非常に貴重な財産となっていきます。

やりがいのある非常に良い仕事です。

不動産業界での経験が豊富で、更に一段高みを目指したいと考える方は是非チャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

不動産求人

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給

注文住宅営業の年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

営業は実力次第で高収入を得ることができます。特に住宅系の営業の場合、契約件数や売り上げによって歴然とした差が出てきます。ほとんどが正社員で、未経験でも経験者でも関係なく、待遇に差が出るということはありません。実力がすべてなので、誰にでも高収入を得られるチャンスのある仕事なのです。注文住宅は何度も打ち合わせをし、設計段階から建築、引き渡し後までお客様と密な関係を築いていくので、満足度も高く、それだけ難易度ややりがいも大きい仕事です。それでは、注文住宅営業の給料と高収入のための転職術について、ご紹介していきます。注文住宅営業の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合注文住宅の営業は、そもそ