自分の就職先で不動産業界を考えている方もいると思いますが、業界などのことを知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?

世間一般ではあまり良いイメージもありませんし、怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。

それでも宅建士などは未だに資格の中でも人気があり、多くの方が不動産の仕事に興味を持っていることも事実です。

そうした中で、自分が不動産業界の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのか、ということにも興味が出てくると思います。

そこで今回は、実際に不動産で働いていた筆者が、不動産業界で多くの人を見てきた経験者からどのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話していきたいと思います。

自分の中で迷いがある場合など、このように考えていけば仕事をスムーズに進められるなどのちょっとしたアドバイスを兼ねてご説明していきます。

楽しみながら読み進めて頂ければ幸いです。

それでは不動産の仕事内容と向いている人の特徴、メリットや今後のキャリアについてご紹介していきます。

自分に「不動産の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

不動産の仕事とはどんな仕事?

まずは不動産の仕事というからには、土地や建物の売買という分野があります。

ここでは主に不動産会社の人間が仲介役となり、土地などを売りたい人から買いたい人へ紹介するという仕事になります。

また、アパートなどの建物を所有している人と契約を結び、賃貸物件の管理をするという仕事もあります。

アパートなどを借りる時に不動産屋に行くと沢山の物件を取り扱っていますので、一般的には賃貸管理のイメージの方が強いかと思います。

これらの仕事は、単に売りたい人から買いたい人への橋渡し役や賃貸物件を任せられるという内容ですので、方法を覚えれば誰にでもできることでもあります。

不動産と言うと堅苦しいイメージがありますが、実際には業務的にもそれほど難しいわけではありません。

また、これとは別に、不動産を売りたい人や買いたい人を探す仕事もあります。

皆さんのイメージとしては、この不動産営業というものがかなり印象にあるのではないでしょうか?

こちらは不動産の仕事でも少し特殊な内容となっていますので、上の二つとは異なる仕事と思うことが大切です。

それではこの三つの仕事内容についてご説明をしていきます。

不動産の大まかな仕事内容

まずは土地建物の売買に関する仕事ですが、簡単に言えば代理人として動くようなイメージです。

土地を売りたい人がいれば、買いたい人を探し、相手と交渉をして、両者が契約・引き渡しを完了するまで仲介を行うことで報酬が発生することになります。

そして、賃貸物件の管理ですが、これも代理業務のようなイメージで、アパートなどのオーナーから依頼を受けることで管理業務をしていくことになり、来店したお客様や他の不動産会社などへ紹介を行うことになります。

最後に不動産営業についてですが、土地でも建物でも価格自体が高額なものを扱うため、会話をしていく上では専門的な知識も必要となりますし、宅建士の資格なども持っていることが望ましいと言えます。

不動産会社の役割

不動産の業務の種類は「売買」「賃貸」「管理」そして「それらの仲介」があります。

会社の規模によって、そのすべてを行っている会社、「売買だけ」「賃貸と管理」「仲介のみ」などの組み合わせで行っている会社もあります。

売買

土地や建物の売り買いをすることで、売主と買主の間に立って契約を成立させることが「仲介」となります。

賃貸

土地や建物の貸し借りをすることで、貸主と借主の間に立って契約を成立させることが「仲介」となります。

管理

賃貸用の土地や建物を所有するオーナーに代わって、借主や入居者を募集して契約をしたり、入居後の家賃の回収、クレーム処理、退去後のリフォームの手配などの管理業務を行ないます。

自分に「不動産の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

不動産の詳しい業務内容

大きく分けて「営業」と「事務」ですが、不動産会社の大半は零細中小企業で、小さな不動産会社ではひとりでその両方を行うことが多いです。

営業の6つの業務

物件の紹介

来店されるお客様のニーズに合わせて、その希望に沿った物件をご紹介します。

物件は不動産会社が加盟している物件情報会社が配布するチラシ広告や、インターネットを使った情報登録会社のサイトから取り寄せることが出来ますので、その中から探してご紹介します。

100%希望にあった物件はそうそうあるものではないので、譲れない条件は何か(価格・場所・間取り・環境など)を伺って、出来るだけ納得頂ける物件を探します。

物件へのご案内(内見)

基本的には自社の車でご案内します。

但し、お客様の希望によっては現地で待ち合わせをすることもあります。

現地でその物件のメリット・デメリットやお客様がその場所にあまり土地勘がない時は、周辺の状況(交通機関や商業施設、教育機関へのアクセスなど)を説明出来ると喜んで頂けます。

物件申込み

ご紹介した物件を気に入って頂けたら「申込み」をします。

その物件を所有または管理している会社で専用の申込用紙がありますので、そこに必要事項を記入し申込みを行ないます。

物件の申込みをしてはじめて、その物件を押さえることが出来ます。

人気のある物件などは、悩んでいる間に他の希望者に先を越されてしまうことも多々あります。

また、申込みをした物件をあとからキャンセルするようなことがあると、一度止めた情報を再度流し直して再び募集をかけなければならなくなり、大変な迷惑をかけることになるので、お客様の気持ちをよく確認して行う必要もあります。

契約の立ち会い

売買の場合、売主と買主双方の予定を合わせて契約を行います。

たいていの場合、契約時に手付金を支払い、残金を支払った時に所有権の移転手続きをします。

賃貸の場合、ほとんどの場合貸主ではなく、その管理会社の担当者が契約を代行します。

こうして契約が終わり、物件の引き渡しが完了すると一組のお客様に対する仕事はひとまず完了です。

電話応対

これは事務の人も対応することが多いですが。

お客様からのお問い合わせ。

物件の空き状況やリフォーム状況の確認。

物件の修理・修繕の手配、等々。

物件の「管理」を行っている会社であれば、家賃滞納者への催促の電話もあります。

当然のことながら、管理物件をたくさん持っていて入居者の数が多ければその数に比例して電話の掛かってくる本数も多くなります。

その多くは「困ったこと」の連絡・相談です。

クレーム対応

特に賃貸物件を管理していると、入居者から、時には賃貸物件のオーナーからと多岐にわたったクレームがあります。

物件の設備の不具合に対することもですが、クレームで一番厄介なのは「音」と「臭い」です。

「音」いわゆる「生活騒音」、「臭い」はつまり「異臭」ですが、それらは感じ方に個人差があり完全な解決策がなく、どこを妥協点とするかが難しいところだからです。

ある時こんな相談がありました。

賃貸マンションに住むひとり暮らしの若い女性から、夜中に工事現場のような大きな音がして眠れない…というものでした。

しかし、同じマンションの入居者に確認しても、そんな音はしないと言います。

けれど、その女性は音がうるさいと言って譲らない。

そこで、マンションの中の空き部屋で夜中に検証してみることにしました。

音がするという時間帯にマンションへ行き耳をすましていましたが、それらしき音は聞こえて来ませんでした。

そしてそのことを伝えると、しばらくして女性は「音はしなくなった」と連絡して来ました。

これは特異な例ですが、どんなクレームであってもまずは真摯に向き合って、その人に寄り添って対応することが必要なのではないかと思います。

この女性も「夜中に音を確認しに来てくれた」という対応にとても驚いて、感謝してくれたから解決となったのです。

「管理」物件の営業の1つの業務

管理をさせてもらう物件を探し、オーナーへの交渉を行います。

オーナーからの管理費が収益となりますから、管理を専門とする会社は管理物件を増やすことが重要です。

そのためには、普段からその土地の名士と呼ばれる人たちや、土地を持ってる地主、賃貸物件を多く所有している人たちとコミュニケーションを図り、信頼関係を築いておくことが大切です。

その人の大事な資産である土地や建物を任せていただくのは容易いことではなく、また金銭の額だけで決まることでもありません。

自分や自分の会社をどこまで信用してもらえるか…「不動産」を介していますが、結局は人と人との結びつきで成り立っている仕事なのかもしれません。

事務の5つの業務

零細や中小企業の多い不動産業界の会社での事務は、単純にデスクワークだけとはいかないことが多く、場合によっては営業の代わりに物件の案内へ行ったり、オーナーへ時候の挨拶へ行ったり、物件の見回りも来客者へのお茶出しも…とさまざまな役割をこなすことが多いです。

ここでは主な仕事を紹介することにします。

契約書類の作成

契約時に必要な書類は主には「契約書」と「重要事項説明書」です。

これはフォーマットがありますので物件の情報を書き込んでいけばいいのですが、売買の場合の「重要事項説明書」はまさに重要で、曖昧なことは許されません。

間違った情報を書き込んで買主が損害を被ることになれば裁判や損害賠償といった事態になることもあります。

ですから、役所へ行き、現地を確認して、きちんと調査した上で作っていきます。

物件図面の作成

賃貸物件を探したことがある方なら見たことがあると思いますが、家賃・最寄り駅・住所・間取り図などが載せてあるチラシで、よく不動産会社の窓などに外からも見えるように貼ってあったりしますね。

間取り図はパソコンの間取り図ソフトを使って作ることが多いですが、絵心のある人であればあえて手書きというのも個性があっていいと思いますし、会社ごとにデザインを統一していたり、文字もフォントを決めていたりということはありますが、作り方に特に決まりはありません。

インターネット関連

賃貸物件の入居者募集をオーナーから依頼された時には、その情報を広く公開する義務があります。

インターネットの情報機関へ物件情報の登録、変更があれば遅滞なく修正しておかねばなりません。

そうした物件情報の管理やホームページの管理をすることもあります。

家賃の確認

オーナーに代わって家賃の管理をしている会社であれば、入居者からの支払い状況の確認、遅延のある場合はその入居者への催促、そしてオーナーへの送金といった金銭管理の仕事です。

家財保険の手続き

賃貸物件への入居の条件として家財保険への加入は今や必須条件です。

入居者本人の家財を守ることはもちろんですが、他にオーナーへの賠償責任や第三者への賠償責任も含んだ保険となっていることがほとんどです。

賃貸物件でボヤを出してしまった、水漏れで階下の入居者へ迷惑を掛けてしまった…というような時に対応するものです。

たいていの不動産会社は保険会社の代理店となっていて、賃貸契約の時に合わせて手続きをしますが、その準備や手続きも仕事の一部です。

宅地建物取引士との仕事内容の違い

国家資格である「宅地建物取引士」を持っている人と持っていない人との仕事の違いは、契約の時にあります。

売買でも賃貸でも契約の中で一番重要なのは「重要事項の説明」ですが、この重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印、契約書への記名押印は宅地建物取引士でなければ行うことが出来ません。

説明を行う前に、免許証を提示し、宅地建物取引士であることを契約者に知らせてから説明することが義務付けられています。

それ以外の仕事はほとんど資格に関係はありませんから、資格を持っていなくても不動産の仕事は出来ます。

ですが、宅地建物取引士は従業員の5人に1人の割合で設置しなければならない資格なので、就職するのであれば持ってる方がグッと有利には違いありません。

宅地建物取引士の資格を得るには、年に一度行われる試験にパスしなければなりません。

受験するのに制限はなく、経験も学歴も要りませんし、年齢も性別も関係なく誰でも受験できる国家資格です。

その合格率は15~17%と決して簡単な試験ではありませんが、その試験内容(法律や税金など)から、不動産業だけでなく、住宅メーカーや保険・金融関係といった業種の人たちも取得する人が多く、色々な業種から必要とされる資格です。

不動産の仕事はどんな人に向いている?

まずは不動産の仕事ですが、常に誰かとコミュニケーションをとっていることになりますので会話が苦手という方はあまり向きません。

事務的な口調で話す人も中にはいますが、お客様やオーナーの方と話す際には、親しみや信頼感を持ってもらえるような口調や行動が必要だということを理解しておいて下さい。

それでは実際に不動産の仕事に向いている方の特徴を挙げていきますので、自分が就職を考える際の参考としてみて下さい。

コミュニケーション能力の高い人

コミュニケーション力というものはどういった仕事でもある程度は必要となりますが、不動産業界の仕事でも大きなポイントとなる能力です。

不動産営業の場合はもちろん、賃貸管理の仕事などでも、来店する人とのコミュニケーションが上手にとれなければ契約まで結びつかないかもしれません。

基本的には、賃貸物件を探しているお客様が店に来た場合には、そのお客様の希望する物件を紹介し契約するということが大切ですので、会話の苦手な人はこの仕事にはあまり向かないと言えるでしょう。

ストレス耐性のある人

この仕事は人との付き合いが大切になってくるため、多くの方との会話が必要となります。

しかしながら、これは特に売買に関する営業マンたちが感じることになりますが、扱う金額が大きくなっていくと相手も慎重になったり、ナーバスになったりするので、時には口調なども荒くなってしまうこともあり、ストレスを抱える場合も出てきます。

また、不動産会社にはノルマや目標数を設定している会社もあり、プレッシャーを常に感じることもありますので、ストレスを溜めこみやすい方や落ち込むことの多い方では務まりません。

その場で笑いに変えてしまえるほどに肝が据わっているような人物が望ましいと言えますので、この点はご注意下さい。

トレンドに敏感な人

不動産業界の仕事をする上で、一番重要な要素はトレンドを意識するということです。

現在首都圏では多くの新築マンションなどが建設されていますが、これは東京オリンピックを意識した動きとなり、かなりの数の売買物件が出てくることとなります。

こういったトレンドを意識した動きは会社の利益に結び付くアイデアにもなってきますので、トレンドに敏感な人は不動産の仕事にも向いていると言えます。

自分に「不動産の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

どんな会社で不動産の仕事ができるの?

1. 住友不動産販売株式会社

住友不動産販売株式会社は、全国に280以上の拠点を持っています。

個人向け、法人向け、富裕層向けの売買仲介に分かれています。「スペシャル・キャリア制度」によって、中途入社でも昇進スピードが上がるチャンスが用意されています。

こちらの会社での募集は、タイミングによっては終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 東急リバブル株式会社

宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどの資格取得サポートがあります。

接客業の経験者で普通免許があれば、未経験でも中途採用を行っています。「キャリアチャレンジ制度」があり、公募されたポジションに自らエントリーをして挑戦するチャンスがあります。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他の不動産の仕事募集は?

上記の会社以外にも不動産の仕事は沢山募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

不動産業界の仕事で活かせる経験や知識

不動産の知識というものは、自分自身の経験ともなり、多くの場面で活かせるようになってきます。

自分での独立も可能ですし、収入の多い営業職にチャレンジすることもできますので、あらゆることを考えた場合には、様々なことを勉強できる環境が整っていると言える仕事となります。

まずはこの仕事で最も役に立つであろうことがこちらになります。

営業経験

この営業経験というものは、自分にとっての大切な財産となるほど重要なことになってきます。

不動産の仕事は会話などが中心の仕事となるため、お客様との話のリズムを自然に学ぶことができますし、次へのステップにもなってきます。

特に役立つものとして、不動産の仲介の仕事から不動産の販売などの営業職へ転職をした際には今まで培ったコミュニケーション力が活かされることとなり、収入のアップも期待できることとなります。

接客経験

接客ということもビジネスをしていく上では絶対に身につけたいものですが、不動産の仕事では常に接客をしている状態ですので、この接客経験も自然に積むことができます。

普通の事務職のような仕事内容であれば電話での対応などが中心となってきますが、不動産の仕事では来店するお客様を相手にしなくてはいけません。

この為に、賃貸管理のような現場であっても接客の知識や能力は自然と上がっていくのです。

これは後々の自分を大きく助けてくれる能力にもなりますので、将来的にはこの経験を活かした仕事ができるようにもなってきます。

法律知識

不動産の仕事では、土地建物を扱う為に多くの法律知識が必要となってきます。

これは民法なども含まれますし、建築基準法なども出てきます。

こういった法律知識は、自分が転職をする際にも活かされますし、知っておくことは決して無駄にはなりません。

この他にも、不動産の仕事は多くのことを覚えられる環境ですので、自分が興味のある法律についての勉強もできますし、将来的にも役立つ力となるでしょう。

それでは、不動産業界を仕事として選ぶ時にはどういったメリットがあるのかを見てみましょう。

自分に「不動産の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

不動産の仕事の良いところ

ここでは、不動産会社の仕事のやりがいや、面白さについて解説していきます。

やりがいを感じるポイント

お客様と一緒に喜びを分かち合える!

お客様の条件をクリアして、良い物件をご紹介出来た時の達成感・満足感は経験した人しか味わえない格別なものです。

お客様の喜んだ顔を見ることが出来、その上で自分も報酬を得ることが出来る仕事です。

自分の知識も増えていく!

物件のことを調べることでその周辺の環境に詳しくなったり、建物のことを知ろうとすることで建築の分野のことがわかるようになります。

その他にも金融関係のこと、税金のこと、仕事をすればするほど、さまざまな分野の知識が増えていきます。

面白いポイント

お客様から友人へ

住まい探しにしても、店舗や事務所探しをするにしても、建物を「買う・借りる」ということはそうそう何度もあることではないので、やはり慎重に吟味するので決まるまでにそれなりの時間がかかります。

当然お客様と接する時間も長くなります。

気心の知れた間柄になると、無事に物件をご紹介出来たあともお付き合いが続いて友人に近い存在になることもあるのです。

時には億単位の仕事も

お客様の要望によっては、億単位の金額が動く仕事になることもあります。

責任が重大ですが、そのプレッシャーを意気込みに変えることが出来たら、成約となった時の達成感と大きな金額を動かした自分に優越感を感じることが出来るでしょう。

不動産業界で働くメリットとは?

不動産業界で働く場合に考えていきたい一番のポイントは収入面です。

これは募集内容によっても変わってきますが、一般の仕事よりも比較的給与が高いという傾向があり、この点に関しては大きなメリットではないかと思います。

また、次のようなメリットも発生してきますので就職などを希望する方は理解を深めていくようにして下さい。

規模の大きな商品を扱える

土地にしても建物にしても金額がかなり高額となってきます。

こういった規模の大きな商品を扱っているので間違いなどは許されず、緊張感を持って仕事に取り組めるということになります。

また、こういった規模の大きな商品のやり取りをリアルで経験できるのも不動産の仕事ならではのことで、お客様との会話などを直接見聞きすることは、他の業界ではあまりないかと思います。

このような仕事の経験は将来の自分にとっても大きな財産となってきますので、大きなメリットであると言えます。

若くても実力次第でキャリアアップが見込める

不動産業界では実力主義ということが多くあり、年功序列のようなものはかなり少ない業界でもあります。

その為に若い方でも努力次第ではかなりのキャリアアップが見込める場所でもあり、収入の大幅なアップも狙える仕事となっています。

賃貸管理などから営業職へ移る人もいますので、接客や会話に自信がついたのであれば自分なりの方向転換をしても良いでしょうし、仕事の自由度が高くなるので様々なキャリアを積むことも可能となります。

その後のキャリアについて

不動産業界を仕事として選んだ方は様々な方向転換をすることもできますので、その後の仕事についても多くのものを望める環境となってきます。

法律にも携わることができますし、接客といったビジネスの基本も身につけることができれば仕事を選ぶ自由度が高まってきますよね?

また、こういった知識を増やしていくことで自ら資格を持てるようになれば、独立した事業展開も考えることができます。

それでは、不動産業界で仕事をした場合のその後のキャリアについても見ていくことにしましょう。

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

まず初めに不動産業界に携わったのであれば、自分での独立を考えることもできます。

ここで大切なことは、良い人間関係を作っていくことです。

就職先の社長や同僚にしても、良い関係でなければ独立することは難しいので、自分の敵を作らないということが第一条件となります。

そうした努力を積み重ねていくことで自分の会社を持てることに繋がっていくので、不動産業界の仕事は、独立を希望する人にとってはかなり恵まれた環境での仕事とも言えます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

自分の仕事がどういったものであれ、不動産業界の仕事では接客などの基本的なものは身についた状態ですので、ハウスメーカーの営業マンなどもかなり優遇されることになります。

この場合には歩合制となることがほとんどですが、年間の契約本数次第で1000万円以上の収入も可能となってきますので、不動産業界の経験はとても役に立つと言えます。

それでは最後に、自分が不動産業界の仕事を希望する場合の求人の選び方を見ていくことにしましょう。

自分に合った不動産業界の求人の選び方や注意点

まずは自分の性格などを考えていく必要があります。

コミュニケーション力を上げるところから始めたいという場合には、賃貸管理や仲介といったことを中心とした求人選びとなり、とにかく稼ぎたいと思えば迷わずに営業職を選ぶようになってきます。

この場合では次のようなことにも注意が必要ですので、選ぶ際に気をつけるようにして下さい。

【選び方①】雇用形態から探す

まずは雇用形態ですが、賃貸などを主体とした場合には正社員とパートと分かれた会社が多いです。

賃貸の紹介などは宅建士を持った女性などが多くなることから、男性の場合は需要が少ない店舗も出てきます。

ここでは正社員となれるものを選んでいきたいですし、自分の持っている資格などでも影響してきますので、しっかりとした会社選びをするようにしましょう。

【選び方②】給与や雇用条件などから考える

不動産業界で仕事で選ぶ場合には、給与や雇用条件に対しても注意が必要になります。

給与の高い会社から順に応募することも良いですし、交通費などもしっかりと出る会社を選ぶようにして下さい。

こういった条件が悪い所は業務実績もあまり良いとは言えない会社が多く、給与に関しても入社してから変わってくるかもしれません。

社会保険などの福利厚生もきちんとしている会社選びが大切になってきますので、何も記載されていないような会社への応募は確認することが大切です。

【選び方③】会社の業務規模から考える

不動産会社と一口に言っても、街の身近なお客様を顧客とする会社が多くある一方、三井不動産などの大手の会社も選択肢の一つとなってきます。

大手ではかなりの経験を積めることにもなりますが、自由度としては高いとは言えません。

こういった規模の大きすぎる会社では、自分の実力を充分に発揮できないこともあり得ますので注意が必要です。

まとめ

自分が不動産業界の仕事をやりたいと考えた時に一番大切になることは、将来的な目標があるかどうかということです。

将来的には自分で独立をする、または収入を増やすために営業の勉強と法律を覚えるといった願望などを持った人が成功への道を進んでいることが多いです。

この業界は本当に収入の格差というものも大きく、若い世代でもかなりの金額を手にすることが可能ですが、その分の苦労やストレスもあります。

しっかりとした目標がない場合には厳しいとも言えますので、将来の夢などを持った方であれば不動産業界への就職はおすすめでもあります。

この仕事は他の業界では絶対に経験できないようなこともあり、それは自分だけの財産にもなります。

そういったものは、転職する場合でも次の仕事の知識として役立ちますし、独立を目指す上でも必要となることです。

他の業種などでは得られないことを学べる場所ということも考え、将来の生活を不安なものにしたくないのであれば、不動産業界は様々な未来を持っている業界となります。

不動産業界への就職を選択肢の一つとして考えていくことを強くおすすめします。

自分に「不動産の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

不動産の会社に就職したい人は、こちらも参考に

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。



不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

不動産管理会社の仕事内容9個の業務。経験者が教えます!

「不動産の仕事は、売買や賃貸など様々な種類があって、よく分からない」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか?今回は、不動産の仕事の中でも、オーナー様が所有している物件を管理する「不動産の管理会社」の仕事内容についてご紹介します。不動産の仕事に興味がある方や、不動産の管理会社に就職を検討している方は、求人誌を読む前に仕事内容を把握しておきましょう。仕事内容を理解することで、より具体的に仕事のイメージが湧きやすくなるので、是非この記事を読んで参考にしてみてください。不動産管理会社の大まかな仕事内容オーナー様から管理料を頂いて、オーナー様が所有している物件の管理を行います。物件の種類はアパートやマ

不動産営業事務の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「不動産の営業事務の仕事って、どんな仕事をするの?」「事務をやりながら営業をするってこと?」営業事務はどのような仕事なのか、疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。不動産の営業事務の仕事は、主に営業担当のサポートを行うことです。営業をすることはほとんどありません。営業担当の代わりに電話をするようにお願いされることがあるかもしれませんが、高いレベルを求められることもなく、それ程責任を問われることがないので安心してくださいね。営業がいかに利益を上げられるかが、会社にとって重要です。つまり、営業担当が仕事をしやすい環境を作ることが営業事務の役割なのです。ところで、営業担当のサポートとは具体的に

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスターとも呼ばれてい

不動産営業の仕事がおすすめな6個の理由。経験者が解説します

不動産営業というと、皆様はどのような仕事をイメージされますか?給料が良い、ノルマが厳しい、休めない・・・など様々なイメージがあると思います。私は不動産営業として6年間働いてきた経験があり、現在はその経験を活かして別の仕事をしています。不動産営業はどちらかと言うと良いイメージより悪いイメージを抱いている人のほうが多いのではないかなと思います。しかし、不動産営業を6年間やってきた私としては、不動産営業は良い仕事であり、おすすめできる仕事だと思っています。ここでは、不動産営業がなぜおすすめなのかということについて、私の経験から感じたことを紹介していきます。不動産営業のおおまかな仕事内容とは?不動産営

デベロッパーの仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる6つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

何もない場所を何でもある場所へと変えていくことができる、デベロッパーの仕事。大きなものを動かしていく仕事には、大きなやりがいが伴います。今回は、デベロッパーの仕事のやりがいについて、ご紹介いたします。デベロッパーの仕事ってどんな仕事?デベロッパーとは、商業施設の建設や、リゾート開発等、土地や街の開発をする不動産業のことを言います。地域に貢献し、その土地の価値を上げていくことを使命としています。今回はそのなかでも、生活に身近な大型商業施設のデベロッパー業務についてご説明いたします。商業施設のデベロッパーの仕事は、商業施設の開発、その中に入るテナントの誘致、テナントの売り上げの促進、商業施設の管理

不動産営業の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

不動産営業は一般的に高い年収が望める点が魅力と考えられています。不動産営業にも様々な種類がありますが、高い年収を望むのであれば「売買仲介営業」が良いでしょう。そこで今回は、不動産売買仲介営業の給与の相場感や昇給などについて、筆者自身の経験に基づいてお伝えしていきたいと思います。不動産営業の給料の相場はどのくらい?一般的に高収入が望めるというイメージをお持ちの方が多い不動産営業ですが、実際に給料(月給)の相場はどのくらいなのでしょうか?会社によっても当然差がありますが、一般的に不動産営業の基本給は低く設定されていることがほとんどです。不動産業界は「売ってなんぼ」の世界であり、売れない営業マンが高

不動産営業の仕事を辞めたい…と感じる人の4個の理由と乗り越え方とは?

不動産営業について皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?一般的にはネガティブな、大変ノルマの厳しいイメージをお持ちの方が多いと思います。実際にはどうなのかと言うと、厳しい世界であり甘くはありません。その為、長く働き続けている方が少なく、比較的離職率の高い業界と言えます。しかし、高い収入が得られる可能性のある仕事でもある為、魅力的な仕事であるとも言えます。今回は、不動産営業をやっていて辞めたいと感じる理由と、その乗り越え方について書いていきたいと思います。不動産営業を辞めたいと感じる人の4個の理由とは?営業ノルマが厳しい不動産の営業ノルマは本当に厳しいです。高い収入が望める営業の仕事には

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

デベロッパーの仕事内容12個の業務。経験者が教えます!

みなさんはデベロッパーという仕事をご存じでしょうか。デベロッパーとは、土地や街の開発をする不動産業のことを言います。地域の発展に貢献し、土地の価値をあげていくデベロッパーという仕事は、日本の経済を支える、なくてはならない仕事です。今回は、そのデベロッパーの中でも、私たちの生活に密接に関係する、大型商業施設のデベロッパーについて、具体的な仕事内容や、この仕事のいいところは何なのか、ご紹介いたします。デベロッパーの仕事は大きく5個の役割に分けられる開発商業施設を建設する土地を決定し、どういった施設にするのか、コンセプト等を考える役割です。デベロッパーが建設する商業施設は、どれも地域の特性を生かした

注文住宅営業の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

注文住宅の営業は、わかりやすいところで言うと「住宅展示場で接客する人」というイメージを持っているかもしれません。もちろん接客は業務内容のひとつではありますが、実際の仕事はほかにもかなりたくさんあります。休日出勤や残業など、仕事の拘束時間が長いというイメージもあり、何がそんなに忙しいのか?と疑問に思われるかもしれませんが、それでは実際にどんなことをしているのか、仕事内容の例をご紹介していきます。注文住宅の6個の業務新規顧客の開拓まず営業の一つ目の仕事で、これが一番大変なことかもしれません。新卒でも転職者でもベテランでも誰もがしなければいけないことで、新規顧客の開拓=お客様を見つけられるかどうかが

注文住宅営業とはどんな仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

引っ越しや住み替えなどで不動産会社に行ったり、家を見たりすることはありますが、「家を建てる」という経験はなかなかすることがないので、注文住宅と言ってもどのようなものなのかいまいちピンとこないかもしれません。そもそも住宅系の営業は、求人は多く見かけますが一体どのような仕事なのか、良い面だけでなく悪い面も気になると思います。それでは、注文住宅に関わる営業の仕事はどんな仕事なのか、ご紹介していきたいと思います。注文住宅営業とはどんな仕事?注文住宅の営業は、「家が古くなったので建て替えたい」「土地があって、間取りや設備を自由に決めて家を建てたい」という人に、設計や建築をする「ハウスメーカー」「工務店」

住宅営業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある4個の原因と対策。

住宅業界は離職率や転職率が高いと言わることも多いですが、そんな住宅業界の中でも特に営業は大変な仕事ではないかと思われているのではないでしょうか。「家」を扱う仕事なので、それだけ取引金額が大きいのでミスも許されません。また、「家」という人生にそう何度もない大きな買いものであるだけに、お客様に要求されることも厳しく、大きな責任とプレッシャーがかかります。この記事では、住宅営業を辞めたいと思った時の対策について紹介していきます。住宅営業を辞めたいと感じてしまう4個の原因と対策とは?住宅営業は、精神的にも身体的にも負担も感じることが多く、それだけ「辞めたい」と思ってしまうことも多いようです。契約がバン

不動産営業の仕事内容10個と向いている人・向いていない人の特徴・キャリアについて経験を踏まえて教えます!

不動産営業ってキツいだけの仕事?資格がないとできないのかな?と思われがちですが、実はそんなことはないのです。不動産営業と一口に言っても様々な仕事内容があるので、未経験者でも時間に制限のある人でもやる気と覚悟があれば誰でもできる仕事なのです。不動産営業の知識は、その後の人生に必ず役立つ知識となるので、不動産営業の知識を身につけるということは人生を豊かにすることにも繋がります。そんな不動産営業の仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴、その後のキャリアについて紹介していきますね。不動産営業の仕事は大きく4つの役割に分けられます。不動産の仲介不動産流通事業会社に勤務して、一戸建て住宅やマンション

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人も募集していて、しかも正社員で給与も低くないことが多いのが、不動産管理の仕事です。転職を考えている人なら目に留まることもありますよね。しかし、不動産管理関係の仕事に転職するなら、いくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5つのことまずは、不動産管理の仕事に転職するにあたって、注意したほうが良い点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員は、いくつかの物件について管理している状況ですから、その

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給

注文住宅営業の年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

営業は実力次第で高収入を得ることができます。特に住宅系の営業の場合、契約件数や売り上げによって歴然とした差が出てきます。ほとんどが正社員で、未経験でも経験者でも関係なく、待遇に差が出るということはありません。実力がすべてなので、誰にでも高収入を得られるチャンスのある仕事なのです。注文住宅は何度も打ち合わせをし、設計段階から建築、引き渡し後までお客様と密な関係を築いていくので、満足度も高く、それだけ難易度ややりがいも大きい仕事です。それでは、注文住宅営業の給料と高収入のための転職術について、ご紹介していきます。注文住宅営業の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合注文住宅の営業は、そもそ

不動産の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

不動産業界で転職をお考えのあなた。どうやって転職先を探していますか?転職サイト、ハローワーク、転職エージェント、知人の紹介など色々あると思います。その中でも、不動産業界での転職なら転職エージェントをおすすめします!そもそも転職エージェントがどんなものかや、転職エージェントを転職活動をすべき理由、おすすめのエージェントの選び方、注意点などを解説します。転職エージェントとはどういうもの?あなた専任の担当者があなたに合った求人を紹介してくれるサービスです。転職エージェントに登録すると担当者(キャリアコンサルタント)から面談についての連絡が来ます。面談では、転職エージェントのオフィスにて転職したい理由

不動産売買の年収はどれくらい?相場感や歩合での給料の決まり方など経験者が解説します

不動産に関わる仕事がしたい、営業力を鍛えて高額取引をしてみたいなど、不動産売買の仕事を目指す動機は様々かと思いますが、この職業の特徴でもある歩合給制の会社に入って高収入を得ることが目標という方は多いのではないでしょうか。しかし、同じ不動産売買でも、企業や雇用の形態によって給与体系や年収は全く異なります。今回は、実体験も交えて、不動産売買の収入面を解説していきます。不動産売買の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の不動産売買の給料相場給料相場としては、固定給部分が、都市部の大手不動産会社の営業職でおおよそ月20万円~24万円、地方の不動産会社の営業職で月17万円~20万円程度がよく見

住宅展示場受付とはどんな仕事?その仕事内容や住宅展示場においての役割、なり方など詳しく解説します!

住宅展示場の受付は、きれいなモデルハウスのなかで仕事をするため、華やかな印象を持っている人も多いはず。具体的にどんな仕事をしているのか気になりますよね。そんな住宅展示場の受付の仕事について、詳しく解説していきます。住宅展示場受付の仕事とはどんな仕事?住宅展示場のモデルハウスに来たお客様を一番最初に対応します。マイホームを検討している人にアンケートを取得したり、モデルハウスの中を案内したりと、接客に近い仕事です。また、モデルハウスの管理や事務処理などの仕事もおこないます。住宅展示場の受付は、家を売ることではなく、お客様に家について知ってもらうためのサポートをする仕事といえます。住宅展示場受付の仕

注文住宅営業が向いている人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「営業」と聞くと、ノルマがあって辛い、仕事の拘束時間が長いなど「大変な仕事」というイメージを持ってしまう人が多いかもしれません。確かに転職者も多く、なかなか契約が取れなかったり、残業が続いたりすることもあるので、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。しかし、「注文住宅営業」は人生でそう何度もない「家」を建てるお手伝いをする仕事であり、お客様から感謝されたり、「家」という大きなものの計画から完成するまでの過程を一番近くで関わることができるので、間違いなくやりがいを感じることができます。営業は「どうしたらこのお客様を攻略できるか」というゲームのような感覚がある職業とも言えます。更に、自由度が高く

不動産売買の転職を成功させよう!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

土地や住宅などの不動産について売買の仲介や販売を行う不動産売買の営業職。売主・買主の募集から売買契約、不動産調査やローン申請のお手伝いまで幅広い業務をこなす不動産売買のプロフェッショナルです。そんな不動産売買の営業職について、転職事情や必要な心構え、求人の選び方などをご紹介します。不動産売買営業で転職する人は多い?転職率は高く、社員全員が中途採用という不動産会社も珍しくありません。実力主義で、高額な歩合給の代わりにノルマも厳しいことから離職率が高く、そのことが同業他社への転職率の高さにつながっているようです。なお、会社によって歩合給の額やノルマの量、営業スタッフのバックアップ体制にはかなり幅が

不動産賃貸営業の転職ノウハウ。狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

不動産賃貸営業の仕事は、アパートやマンションなどの賃貸物件を紹介・案内し、契約から入居の段取りまでを行います。一年を通して求人の多い不動産賃貸の営業職ですが、会社を選ぶ際のポイントや注意点、転職の際の心構えなどをご紹介します。不動産賃貸営業で転職する人は多い?他の業界に比べて人の出入りの多い不動産業界。不動産賃貸の営業職も人の出入りは比較的多いですが、離職率は会社の方針によるところが多いです。会社によってはチームワークを重視してノルマはありながらもお互いにカバーしていく職場もあり、そういったところは離職率が低いようです。逆に個人の営業成績を重視し、歩合給等で差をつけていく会社も多く、そういった

不動産売買の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

不動産売買の営業スタッフは、営業スキル、不動産知識、法律知識、金融知識など幅広いスキルや知識が求められる仕事です。また、実力主義の仕事ですので、若くても売上を上げることができれば、高収入を得ることができます。難しそうな仕事だけど挑戦してみたい、だけど仕事が合わなくてすぐやめることになるかも、など色々と考えて悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな人のために今回は、不動産売買の仕事内容や向いている人の特徴、活かせる経験などを紹介します。不動産売買の仕事はどんな仕事?基本的には、土地や住宅、事業用施設などの不動産の売主と買主を見つけ、その売買契約から代金のやり取り、ローンを組むお手伝

不動産売買求人でよくある募集内容や狙える年収・おすすめ求人のポイントなどを解説します

土地や建物など不動産の売買を仲介する不動産売買の営業マンは、実力次第で高年収を実現できる魅力的な仕事です。その反面、取引額は大きく、取り扱う商品も不動産という大事な資産。不動産は買う側はもちろん、売る側にとっても一大事のため、営業マンかかるプレッシャーも大きなものとなりますが、その取引を成功させればそれに見合った報酬もあります。今回は、不動産売買の仕事内容や募集内容、おすすめ求人のポイントなどをご紹介します。不動産売買求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅や土地を売りたい人と買いたい人をつなぎ、売買を成立させるのが不動産売買の営業マンの仕事ですが、そこに至るまでにはいくつかのステップが

不動産賃貸営業の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

不動産関係の仕事を探すとまず目につくのが不動産賃貸営業の仕事です。不動産業界未経験でも応募可能で求人数も多く、また給与が一部歩合制になっていることが多いのもこの仕事の特徴です。今回は、その不動産賃貸営業の仕事内容や向いている人の特徴などをご紹介します。不動産賃貸営業の仕事はどんな仕事?不動産会社に来店すると、営業スタッフが部屋の紹介や気になった部屋の案内をしてくれます。その他にも、契約書の作成や、保証会社が必要な場合はその申し込み手続き、部屋情報のチラシ・雑誌などへの掲載も不動産賃貸営業の仕事です。不動産賃貸営業の大まかな仕事内容ここからは詳しく不動産賃貸営業の仕事内容をご紹介します。部屋の紹

不動産賃貸営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験者応募可の求人が多く、働いているうちに営業力が身につく不動産賃貸営業。基本的にカウンターセールスで、来店した客様の部屋探しをお手伝いする仕事です。今回は、その不動産賃貸営業の求人情報についてご紹介します。不動産賃貸営業求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容不動産賃貸の営業スタッフは、来店したお客様から希望の条件を聞き取り・紹介して、お客様と不動産オーナーの賃貸契約を仲介します。具体的には電話での内覧受付やスケジュール・必要書類の連絡、来店したお客様の接客、契約書の作成と重要事項の説明などが仕事となります。その他には、ポータルサイトやチラシ、雑誌などに部屋情報を掲載して、お客様の集客を

不動産賃貸営業が向いている人の6個の特徴や必要なスキルとは?

アパートやマンションなどの部屋を借りるとき、不動産会社に行くと部屋を紹介・案内してくれるのが不動産賃貸の営業スタッフ。不動産賃貸の営業スタッフの仕事は、来店したお客様の対応のほかにも、不動産オーナーの開拓、不動産情報の雑誌やサイトへの掲載、契約書の作成、入居の段取りなど様々です。今回は、そんな不動産賃貸営業の仕事をご紹介していきます。不動産賃貸営業とはどんな仕事?不動産賃貸営業にとって、お客様は大きく二つに分かれます。一つは、不動産を探すお客様です。住む部屋を探す個人の方や、事務所や店舗を探す法人がお客様となります。また法人自身が契約主となって、自社の社員の住む部屋を探すケースも多いです。もう

不動産屋の仕事内容18個の業務。経験者が教えます!

不動産会社と言うと、難しい仕事のイメージがあるかもしれません。一級建築士、宅地建物取引士など難しい資格を必要とするので、未経験者はもちろん、転職などもあり得ないと思われるかもしれませんが、実はそんなこともないのです。職種も様々ありますし、未経験者でも活躍している人も多く、やる気と覚悟があれば誰でもできる仕事です。しかも、その後の人生にも大きく影響する知識も身につけられるのです。今回は、そのような知られていない不動産屋の仕事内容をご紹介します。不動産会社の仕事は大きく、5つの役割に分けられる営業(宅地建物取引士)販売や賃貸したいマンションや戸建て、土地について、事前に広告やチラシなどで宣伝し集客

住宅展示場受付の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

住宅展示場は、マイホームを検討している方に夢を与える場所です。そこで働く住宅展示場受付の仕事に注目をしてみました。具体的な仕事内容からその仕事に向いている人の特徴や、その後のキャリアまでご紹介します。住宅展示場受付はどんな仕事?住宅展示場に来場されたお客様と営業を繋ぎ、満足のいく家をお客様に購入していただくサポートをする仕事です。家を売ることではなく、マイホームを検討するお客様の疑問や知りたいことを読み取り、それに合った対応することが求められます。住宅展示場受付の大まかな仕事内容受付と言っても仕事内容は多岐にわたります。主にお客様の接客やアンケートの取得、お茶出し、掃除、顧客へのDM発送、パソ

住宅展示場受付求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

普段、求人情報であまり見かけない住宅展示場の受付についてご紹介します。住宅展示場受付求人の募集内容や仕事内容、募集するにあたってのポイントなどの情報が満載です。具体的にどんな仕事をしているのか、採用されやすいポイントはといった疑問も合わせてお伝えします。住宅展示場受付求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容お客様を玄関までお出迎えをして、今住んでいる家の情報やどんな目的で来場したのかなどのアンケート記入をしていただきます。そのあと、展示場の家の中を軽くご案内する流れです。お客様の来場がない場合は、事務所でパソコンを使った事務処理、家の中や庭などの掃除を行います。その他にも、顧客へのDM発送や

不動産の就職を成功させるためにやるべき4個のことや人気な職種や業界を教えます!

不動産の仕事は、契約を沢山とっていたら格好良さそう!お給料も良さそう!と、憧れる仕事ですよね。憧れるけど一体どんなことをするの?就職は難しそうだな、なんて思いませんか?そんな不動産屋に就職を決めるためのポイントを、紹介していきたいと思います。不動産にはどんな仕事があるの?不動産の仕事には大きく分けて二つの仕事があります。一つは営業職、そしてもう一つは事務職です。営業職は賃貸物件や売買物件を紹介して契約する仕事ですが、事務職は事務作業と営業補佐の仕事をする会社がほとんどです。ただ、大手の場合分業していることが多いので、事務職は事務作業だけをしていることが多いです。営業職はお客様に物件を紹介して賃

不動産営業求人でよくある職種や募集内容、転職者が気になる疑問について答えます

皆さんの中にも不動産の営業へ転職したいと思う方がいるかもしれません。収入面でも良さそうなイメージがありますし知識があれば尚更チャレンジしてみたい分野にもなってきます。不動産関係の仕事が長くなれば接客といった営業の基礎知識というものも身についていますし、お客がどういった話題を求めているのかもある程度は知り得ているはずです。また、全く違った業種からの転職ということを考える人も出てきます。その理由の多くは年収の高さに魅力を感じるからとなります。営業職でも不動産の業界は需要も多くあり、他の業界よりも仕事がしやすいと感じる方も多いかもしれません。そういった状況で自分の今の年収に満足できない人が営業という

不動産の転職で注意したほうが良い4個のこと

不動産業界への転職を考えている人は、様々なことに対しての注意が必要となることをご存知でしょうか?単に給料などの待遇が良いからと決めてしまうと後悔する場合もありますし、自分の考えていた世界とは全く違った、ということにもなってきます。せっかく転職をしたとしても、間違った選び方をしてしまっては時間の無駄でもあり、自分の為にも良いことはありませんよね?不動産という業界へ転職するのであれば、失敗しない方法をとって、自分の将来を明るいものとしたいものです。ここではそういった方の為に不動産業界へ転職する時の注意点をまとめてありますので、参考にして下さい。不動産業界の転職で注意したほうが良い4つのこと不動産業