自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?

世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。

それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。

そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。

そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。

自分の中で迷いがある場合など、このように考えていけば仕事をスムーズに進められるなどのちょっとしたアドバイスを兼ねてご説明していきます。

楽しみながら読み進めて頂ければ幸いです。

それでは不動産の仕事をざっくりとご紹介していきます。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産の仕事とはどんな仕事?

まずは不動産というからには土地と建物の売買という分野が出てきます。

ここでは主に不動産の人間が仲介役となり土地などを売りたい人から買いたい人へ紹介するなど様々なことをしていくことになります。

また、アパートなどの建物を所有している人物などと契約を結び賃貸物件の管理者としての仕事も出てきます。

アパートなどを借りる時に不動産屋にいけば沢山の物件を取り扱っていますので一般的には賃貸管理のイメージの方が強いかと思います。

大まかにわけるとこの二つのことになり、業務内容としてもさほど難しいわけではありません。

単に売りたい人から買いたい人への橋渡し役や賃貸物件を任せられるという内容ですので誰にでも出来ることでもあるのです。

不動産と言うと堅苦しいイメージがありますが実際には業務的にもそれほど厳しいわけではありません。

また、これとは別に売りたい人や買いたい人を探す仕事もあるのですが皆さんのイメージとしてはこの不動産営業というものがかなり印象にあるのではないでしょうか?

こちらは不動産の仕事でもかなり特殊な内容となっていますので全く別の仕事と思うことが大切です。

それではこの3つの仕事ないようについてご説明をしていきます。

不動産の大まかな仕事内容

まずは土地建物の売買に関する仕事ですが、簡単に言えば代理人として動くことになります。

土地を売りたい人であれば買いたい人を探して代理として契約を行ったりすることで報酬が発生することになります。

そして、賃貸物件の管理ですがこれも代理業務の一つとなりアパートなどにオーナーから依頼を受けることで管理業務をしていくことになり来店したお客への紹介業務などを行うことになります。

この業務自体はそれほど難しいわけではありませんし、専門的な知識というものもそれほど必要とはしない仕事となります。

最後に営業業務ですが土地でも建物でも価格自体が高額なものを扱うために給料などについては優遇されていますが、仕事の内容はかなりハードなものとなります。

専門的には知識も会話をしていく上では必要となりますし宅建士の資格なども持っていることが望ましいと言えます。

求められる役割とは?

不動産屋に求められる役割ですが、取引のスムーズさが大きな鍵となってきます。

どういった要望を持つ人でも不動産屋に依頼したことは早期での実現を望んでいることが多いので、その為に必要となるのは人間関係を構築する力となってきます。

依頼をうけて早い段階で契約が終了すればお互いに気持ちの良い取引が出来ることになり、どちらも良い関係を保つことができますので、不動産屋の役割とは人と人とを繋ぐパイプ役として貢献するということを意識することが大切になってきます。

このような仕事内容ですがどういった人が向いているかも気になる部分ですよね?

自分が不動産への就職や転職を考えていた場合には役立つものとなりますので、実際に当てはめてみることも大事となってきます。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産の仕事はどんな人に向いている?

まずは不動産の仕事ですが、常に誰かとコミュニケーションをとっていることになりますので会話が苦手という方は向きません。

事務的な口調で話す人も中にはいますが社員として働くのであれば、そういった方は求められていないということを理解しておいて下さい。

それでは実際に不動産に向いている方の特徴を挙げていきますので、自分が就職を考える際の参考として下さい。

コミュニケーション能力の高い人

コミュニケーション力というものはどういった仕事でもある程度は必要となりますが、不動産関係の場合でも大きなポイントとなる能力になってきます。

賃貸管理のような作業でも来店する人とのコミュニケーションが上手にとれていなければ契約まで結びつかないかもしれません。

基本的には賃貸を探している人が店に来た場合には契約するということが大切ですので話の苦手な方はこの仕事には向かないと言えるでしょう。

ストレス耐性のある人

この仕事ですが人との付き合いが大事になってくるために多くの方との会話が必要となります。

しかしながら、扱う金額が大きくなっていくと相手の口調なども荒くなってしまうことが多く、大きなストレスを抱える場合も出てきます。

これは特に売買に関する人や営業マンたちが感じることになりますが、ストレスを溜めこみやすい方や落ち込むことの多い方では務まりません。

その場で笑いに変えてしまえるほどに肝が据わっているような人物が望ましいと言えますのでこの点はご注意下さい。

トレンドに敏感な人

不動産の場合における向いている人で一番重要な要素なのはトレンドを意識するという事です。

現在首都圏では多くの新築マンションなどが建設されていますがこれは東京オリンピックを意識した動きとなり、かなりの数の売買物件が出てくることとなります。

こういったトレンドを意識した動きは会社の利益に結び付くアイデアにもなってきますので、トレンドに敏感な人は不動産の仕事にも向いていると言えます。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社で不動産の仕事ができるの?

1. 住友不動産販売株式会社

住友不動産販売株式会社は、全国に280以上の拠点を持っています。

個人向け、法人向け、富裕層向けの売買仲介に分かれています。「スペシャル・キャリア制度」によって、中途入社でも昇進スピードが上がるチャンスが用意されています。

こちらの会社での募集は、タイミングによっては終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 東急リバブル株式会社

宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどの資格取得サポートがあります。

接客業の経験者で普通免許があれば、未経験でも中途採用を行っています。「キャリアチャレンジ制度」があり、公募されたポジションに自らエントリーをして挑戦するチャンスがあります。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他の不動産の仕事募集は?

上記の会社以外にも不動産の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「不動産売買」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

不動産の仕事で活かせる経験や知識

不動産の知識というものは自分の経験ともなり多くの場面で活かせるようになってきます。

自分での独立も可能ですし収入の多い営業にチャレンジすることも出来ますので色々なことを考えた場合には、様々なことを勉強できる環境が整っていると言える仕事となります。

まずはこの仕事で最も役に立つであろうことがこちらになります。

営業経験

この営業経験というものは自分にとっての大切な財産となるほど重要なことになってきます。

不動産は会話などが中心の仕事となる為にお客との話のリズムを自然に学ぶことが出来ますし次へのステップにもなってきます。

特に役立つものとしては不動産から本当の営業職へ転職をした際には、今まで培ったコミュニケーション力が活かされることとなり収入の大幅なアップが期待できることとなります。

接客経験

接客ということもビジネスをしていく上では絶対に身に着けたいものとなりますが、仕事上では常に接客をしている状態ですのでこの経験というのも自然に身についてくることとなります。

普通の事務職のような仕事内容であれば電話での対応などしか考えられませんが不動産の仕事では来店する人などを相手にしなくてはいけません。

この為に賃貸管理のような現場であっても接客の知識や能力は自然と上がっていくのです。

これは後々の自分を大きく助けてくれる能力にもなりますので、将来的にはこの経験を大きく活かした仕事が出来るようにもなってきます。

法律知識

不動産では土地建物を扱う為に多くの法律知識が必要となってきます。

これは民法なども含まれますし建築基準法なども出てきます。

こういった法律知識は転職をする際にも自分の大きな役立つ知識として活かされますし知っておくことは決して無駄にはなってきません。

この他にも多くの事を覚えられる環境となりますので、自分の興味のある法律についての勉強も出来ますし将来的に役に立つ力にもなってきます。

それでは不動産を仕事として選ぶ時にはどういったメリットがあるのかを見てみましょう。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産で働くメリットとは?

不動産で働く場合で考えていきたいのが収入面が一番大きくなってきます。

これは募集内容によっても変わってきますが、一般の仕事よりも比較的給与が高いという傾向があり、この点に関しては大きなメリットではないかと思います。

また、次のようなメリットも発生してきますので就職などを希望する方は理解を深めていくようにして下さい。

規模の大きな商品を扱える

土地にしても建物にしても金額がかなり高額となってきます。

こういった規模の大きな商品となってきますので間違いなどは許されず緊張感を持って仕事に取り組めるという事にも繋がってきます。

また、こういったやり取りをリアルで経験できるのも不動産ならではの事で、お客との会話などを直接聞くことは他の業界ではあまり出来ません。

このような仕事の経験は将来の自分にとっても大きなものとして役立ってきますので、大きなメリットであると言えることになります。

若くても実力次第でキャリアアップが見込める

不動産では実力主義ということが多くあり、年功序列のようなものはかなり少ない業界でもあります。

その為に若い方でも努力次第ではかなりのキャリアアップが見込める場所でもあり収入の大幅なアップも狙える内容になっています。

賃貸管理などから営業職へ移る人もいますので接客や会話することに自信がついたのであれば、自分なりの方向転換をしても良いでしょうし仕事の自由度が高くなるので色々なキャリアを積むことも可能となります。

その後のキャリアについて

不動産を仕事として選んだ方は色々な方向転換をすることも出来ますのでその後の仕事関係についても多くのものを望める環境となってきます。

法律にも携わることが出来ますし接客といったビジネスの基本も身につけることが出来れば、仕事を選ぶ自由度が高まってきますよね?

また、こういった知識を増やしていくことで自ら資格を持てるようになれば独立した事業展開も考えることが出来ます。

それでは、不動産で仕事をした場合のその後のキャリアについても見ていくことにしましょう。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

まず始めに不動産に携わったのであれば自分での独立を考えていくことも大切になります。

ここで大切なことは良い人間関係を作っていく事がとても大事になってきます。

就職先である社長や同僚にしても良い関係でなければ独立することは無理でもありますので自分の敵を作らないということが第一条件にもなります。

そうした努力を積み重ねていくことで自分の会社を持てることにもなっていくので不動産への就職は独立を希望する人にとってはかなり恵まれた環境での仕事とも言えます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

自分の仕事がどういったものであれ接客などの基本的なものは身に付いた状態ですので、ハウスメーカーなどの営業マンなどもかなり優遇されることになります。

この場合には歩合制となることがほとんどですが年間の契約本数で1,000万円などの収入にもなってきますので不動産の経験はとても役に立つと言えます。

それでは最後に自分が不動産の仕事を希望する場合の求人の選び方を見ていくことにしましょう。

自分にあった不動産の求人の選び方や注意点

まずは自分の性格などを考えていく必要があります。

人との会話が苦手な場合には賃貸管理や紹介といったことを中心とした求人選びとなり、とにかく稼ぎたいと思えば迷わずに営業職を選ぶようになってきます。

この場合では次のようなことにも注意が必要ですので選び際に気をつけるようにして下さい。

【選び方①】雇用形態から探す

まずは雇用形態ですが賃貸などを主体とした場合には正社員とパートと分かれたものが多くなってきます。

賃貸の紹介などは宅建士を持った女性などが多くなることから男性などの場合は需要が少ない店舗も出てきます。

ここでは確実に正社員となれるものを選ぶ必要がありますし、自分の持っている資格などでも影響してきますのでしっかりとした会社選びをするようにしましょう。

【選び方②】給与や雇用条件などから考える

不動産を仕事で選ぶ場合には給与や雇用条件に対しても注意が必要になります。

出来れば一番給与の高い所から順に応募することも大切ですし交通費などもしっかりと出る会社を選ぶようにして下さい。

こういった条件が悪い所は業務実績もあまり良いとは言えない会社が多く、給与に関しても入社してから変わってくるかもしれません。

社会保険などの福利厚生もきちんとしている会社選びが大切になってきますので、何も記載されていないような会社への応募は避けることが大切になってきます。

【選び方③】会社の業務規模から考える

不動産といっても街の身近な方を顧客とする会社や三井不動産などの大手の会社も選択肢の一つとなってきます。

大手ではかなりの経験を積めることにもなりますが、自由度としては高いとは言えませんしキャリアアップに関しても難しいかもしれません。

こういった規模の大きすぎる会社では自分の実力を十分に発揮できない事もあり得ますので注意が必要です。

まとめ

自分が不動産の仕事をやりたいと考えた時に一番大切になることは、将来的な目標があるかないかという事です。

将来的には自分で独立をする、または収入を増やすために営業の勉強と法律を覚えるといった願望などを持った人が成功への道を進んでいることが多くなっています。

この業界は本当に収入の格差というものも大きくなり若い世代でもかなりの金額を手にすることが可能ですが、その分の苦労なども出てきます。

しっかりとした目標がない場合には厳しいとも言えますので、将来の夢などを持った方であれば不動産への就職はおすすめでもあります。

この仕事ですが他の会社では絶対に経験出来ないような事もあり、それは自分だけの財産にも成り得ることも出てきます。

そういったものは転職する際でも仕事の知識として役に立ちますし独立を目指す上でも必要となる事です。

他の業種などでは得られないことを学べる場所ということも考えていき、将来の生活を不安なものにしたくないのであれば、不動産は色々な未来を持っている業界となります。

なので選択肢の一つとして考えていくことを強くおすすめ致します。

「不動産の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産の会社に就職したい人は、こちらも参考に

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

不動産求人 仕事

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給