大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。

大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。

観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。

住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。

大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。

大阪の不動産求人の特徴とは?

大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多くの企業が人材を必要としています。

不動産会社の営業の場合は、特別な資格やスキルを必要としていないため、未経験でも始めることができますし、管理の仕事をしたい場合は、資格を取得することで収入アップが見込めます。

ここでは大阪の不動産求人の特徴についてまとめてみました。

未経験でも歓迎されやすい

不動産の求人で特に営業職は、未経験でも歓迎されます。

管理の仕事の場合は、宅地建物取引士の資格を取得していることで仕事がしやすくなりますし、契約書の重要事項の説明はこの資格がないと仕事ができません。

それに比べて営業の仕事は、宅地建物取引士の資格があれば基本給に資格手当がプラスする会社がありますが、営業の仕事は完全に実力主義なのでどれだけ契約を取ってきたかで評価されます。

言い換えると契約を取るという結果でしか評価されないので未経験であっても受け入れてもらえます。

学歴不問でもOK

こちらも営業職の場合は、学問を問わない会社があります。

営業の仕事は基本的に学歴や特別な資格を必要とせず、実力や成果を評価するため、未経験であっても学歴がなくてもチャンスをもらえることができます。

月収が低いところから高いところまでピンキリ

大阪の不動産で収入格差が大きいのは営業の仕事です。

月収が低いところから高いところまである理由としては成功報酬として支給されるインセンティブをもらっているかもらっていないかになります。

よくある雇用形態

大阪不動産でよくある雇用形態は次に紹介する3タイプです。

正社員

正社員の仕事は、不動産の営業、企画・開発や賃貸など様々な職種があります。

契約社員

会社によっては営業の仕事を契約社員として採用しているところがあります。

中には正社員登用見込みの契約社員として採用しているところもあります。

アルバイト・パート

アルバイトやパートの場合は、経理や事務系の仕事のケースがほとんどです。

会社によっては営業事務をアルバイトやパートの人に担当させるところもあります。

必要な資格やスキルやあったら優遇される資格

次に紹介する資格は、不動産会社に入社するにあたり持っておくと役立つ、得する資格です。

会社によっては資格手当を支給してくれるので基本給にプラスアルファすることができます。

宅地建物取引士

契約時に契約書の重要事項を説明しなければならないのですが、宅地建物取引士の資格を有する人しか説明をすることができません。

普通自動車運転免許

物件を内覧する際に事務所から物件まで社用車でお客様を連れて回ることがあります。

その際、車を運転するために自動車免許を持っていると役立ちます。

不動産に携わった時の仕事の種類

不動産と一言で言ってもどんな仕事があるのか知りたい人も多いか思います。

ここでは不動産に関わる仕事にどういうものがあるのか紹介していきます。

営業

不動産の仕事といえばでまず名前が挙がる職種は営業です。

ノルマは厳しいですがインセンティブをもらうことで収入が高くなるため、花型の職種の一つです。

企画・開発

あまり馴染みのない人が多いかもしれませんが、不動産業界にも企画と開発もあります。

企画・開発の仕事は、建物を建てるための土地を調査したり、建設中の建物の進捗をチェックしたり、内装メーカーなどと詳細を確認しながら作業指示をすることもあります。

管理

管理の仕事は、代表的な仕事として賃貸管理があります。

大阪不動産の収入の相場

大阪不動産の収入相場は、不動産関連の仕事をしようと考えている人とってとても気になる情報です。

大阪不動産の収入相場はどのようになっているのでしょうか?

端的にお伝えするとインセンティブ次第では高給取りになることができます。

インセンティブ次第で大きく差が出ることもある

大阪不動産の営業は、物件を1件成約するごとにインセンティブをもらうことができます。

不動産の営業がノルマは厳しいけど高い収入が見込めるのはこのインセンティブがあるからです。

逆に言うとインセンティブがなければ基本給だけなので同僚でも先輩後輩の関係に関わりなく、収入格差が生じます。

大阪不動産の仕事の基本勤務時間や休日

大阪不動産の仕事は勤務時間や休日がどうなっているか大阪不動産に就職したい人にとっては知りたい情報です。

ここでは大阪不動産の仕事について基本勤務時間や休日などの情報を紹介します。

不動産って忙しそうだけど休みは取れる?

不動産の仕事は、忙しいことを知っている人は多いかと思います。

大阪の不動産の仕事は休みがしっかり取れるのでしょうか?

答えは担当する仕事や会社によります。

なぜなら不動産の営業の場合は、住宅販売や賃貸どちらも個人を対象にしていることが多く、個人のお客様の場合、休みが土日に集中していたり、平日なら夜遅くのケースが多い傾向にあります。

加えて大阪に限らず不動産営業の場合は、ノルマの達成が必須になりますのでノルマが未達の場合は、休みを返上して仕事をしなければならないこともあります。

有給など使って長期休暇取得は?

大阪不動産だけでなく不動産の仕事は、有給をとって長く休めるかどうかは会社次第になります。

例えば、最近の賃貸管理会社の場合、緊急対応用の担当者を交代で設けて、休みを休みでしっかり取れる体制を整えている会社が増えてきました。

そのような会社の場合は有給がとりやすくまとまった休みも取得可能です。

一日の労働時間は?残業はある?

大阪不動産の1日の仕事は、業務によって異なります。

例えば、事務職の場合は、9:00-18:00のケースが多く、繁忙期以外は残業がほとんどありません。

営業の場合は、みなし労働なので出勤時間が決まっていません。

直接お客様のところへ直行して1日がスタートすることもありますし、夜、お客様の接待や面会があるケースもあるため、打ち合わせの時間次第により終わる時間も異なってきます。

求人の選び方のコツ

大阪不動産の仕事を探すために求人を選ぶコツがあります。

求人を選ぶコツはどういうものがあるのかここで紹介していきます。

給与形態をどのような形態が希望か、基本給に歩合制を選ぶか基本給のみを選ぶか

大阪不動産の求人では、営業の仕事であると基本給に成功報酬としてインセンティブがもらえます。

保険の営業とは違い完全歩合制はなく、基本給は基本給で設定されています。

ただ、1件の成約金額が不動産の場合は、大きいため、インセンティブも高くなります。

希望の雇用形態もあらかじめ設定しておく

大阪不動産の求人には、正社員、派遣社員、アルバイト・パートがあります。

どの雇用形態で働きたいのかをあらかじめ決めておくことで求人を探したり、就職活動をするにあたりスムーズになります。

スキルアップをしたいなら福利厚生も重要

不動産求人には福利厚生の中に資格取得手当があります。

例えば、賃貸管理や住宅販売で働くためには特別な資格を必要としませんが、契約の際に重要事項を説明するのには宅地建物取引士の資格が必要になります。

この宅地建物取引士の資格を取得するために支援してくれる会社があるので自らのスキルアップのためにも社員に対して資格取得などのサポートをしてくれる会社を選んでみましょう。

入りたいと思った会社の口コミなどをネットで確認する

不動産に限らず、求人募集を検索しているときに気になる会社があればその会社の口コミをチェックすることが会社について知るための近道です。

中には感情的なコメントが書いてあったり、逆に胡散臭いくらい褒めているコメントがあったりしますが、口コミ全てを信じるのではなく全体的評価を口コミ介して見ることでどういう会社かイメージをすることが可能になります。

売買仲介料が安いところは避ける

売買仲介量が安いところは消費者として嬉しい話ではありますが、実際に担当する側としては嬉しくないことです。

売買仲介量が安ければそれだけ会社に入るお金が少ないことになり、会社に入るお金が少ないことは給料に還元される収入が少ないことになります。

良い営業マンがいる会社に目をつける

不動産の仕事を探す際に求人募集に掲載されている不動産会社について調べることがあります。

その際、会社によっては営業パーソンの紹介をしている会社があります。

大手不動産などは社内の優秀な営業パーソンに対して表彰をしたり、社内資格を与えたりしています。

評価の高い営業パーソンがいる不動産はそれだけ顧客からの信頼度があるという証明になるため、優秀と評価されている営業パーソンのいる会社に注目して求人を探してみましょう。

大阪で不動産の仕事をするメリット

大阪で不動産関連の仕事をするためのメリットは何なのか知りたいところです。

大阪の不動産で仕事をするメリットについてまとめてみました。

大阪は3大都市の一つ。家が沢山あるので仕事が無くならない

大阪は、日本で第二の都市で西日本最大の都市であるため、企業が多く、地方から就職や就学に来る人も絶えません。

大阪市内は特に10年以上家賃が下がらない人気のエリアからリーズナブルに暮らせるエリア、下町のエリアなど住宅エリアがたくさんあります。

大阪市内の中心部は再開発も進行しているため、住宅需要は安定しています。

言い換えると家やマンションの売り買いや賃貸の需要と供給は常に共存しているため、なくなることはありません。

求人が多いので一度会社選びに失敗してもすぐに他を探せる

大阪には地元密着の不動産からチェーン店・フランチャイズ店と様々な不動産会社が存在しています。

ほとんどの不動産会社は経験者だけでなく未経験者も受け入れてくれるため、転職しやすいのが特徴です。

また、転職しやすいということは転職に失敗してもまたすぐに次に転職するだけのチャンスがあるということです。

若くても頑張り次第で高年収を狙える

不動産の仕事、特に住宅販売や土地開拓の営業は、学歴ではなく完全実力主義です。

営業の報酬は、基本給に加えて、どれだけ住宅を販売したか、土地開拓をできたかによってノルマを達成し、ノルマを達成することでインセンティブを得ることができます。

インセンティブは実績に応じてもらえるので年齢や学歴は関係ありません。

つまり、実績を上げれば上げるだけ年齢や経験に関係なく高収入を見込むことができます。

お客様に感謝してもらえる

家売ったり、賃貸の仕事をしているとお客様から感謝してもらえます。

自分の城を構えることができたお客様や自分が探していた理想の部屋が見つかるとお客様から「ありがとう」と言ってもらえる機会があり、お客様と信頼関係を築くことができるため、知人や友人を紹介してもらえ次につながるケースもあります。

平日休みのところが多いので、休みの日のお出かけはそこも空いている

不動産業界の休みは日曜日と水曜日のところが多い傾向にあります。

中には土日は仕事で平日に休みが集中しているところもあります。

そのため、一般的な休みと異なることがあり、遊びに出かけたり、ショッピングを楽しむのに週末や祝日は行列を為すところや人が多くて混雑しているところもスムーズに楽しめることができます。

特にテーマパークや遊園地に行くのは平日の方が断然空いている可能性が高いので得した感じがします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大阪不動産の求人には色々なものがあることが分かって頂けたかと思います。

大阪不動産の求人は、継続的に住宅や賃貸の需要のある大阪では安定した就職先で、かつ、実力主義の現場であることから未経験者であっても、年齢が若かったとしても稼ぐチャンスは十分にあります。

一方で不動産業界は保険や証券の営業同様、ノルマがきつくて厳しい労働環境に置かれることでも有名です。

ただ、実力は正当に評価してもらえるため、実力主義の現場で力試しをしたい人や収入を増やしたい人などはチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

不動産求人

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人情報や転職情報を調べていると、不動産やなど住宅関係の営業の募集をよく見ることがあると思います。「未経験者歓迎」などもあり、「就職しやすい?」「もしかして自分にもできる?」と、前向きに考えている人もいるのではないでしょうか。数ある住宅関係の仕事の中でも、「注文住宅の営業」はどんな仕事なのか、求人のポイントなどをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業のおおまかな仕事内容注文住宅の営業の仕事は、大きく分けて下記の5つに分けられます。建て替えや注文住宅の建築を検討している新規顧客の開拓お客様の希望をヒアリングし、建築予定地の調査や金額の試算をする作成した図面と金額をお客様にプレゼンし、契約に結

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給

注文住宅営業の年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

営業は実力次第で高収入を得ることができます。特に住宅系の営業の場合、契約件数や売り上げによって歴然とした差が出てきます。ほとんどが正社員で、未経験でも経験者でも関係なく、待遇に差が出るということはありません。実力がすべてなので、誰にでも高収入を得られるチャンスのある仕事なのです。注文住宅は何度も打ち合わせをし、設計段階から建築、引き渡し後までお客様と密な関係を築いていくので、満足度も高く、それだけ難易度ややりがいも大きい仕事です。それでは、注文住宅営業の給料と高収入のための転職術について、ご紹介していきます。注文住宅営業の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合注文住宅の営業は、そもそ