造園業の仕事に就職するには、求人情報誌やハローワークなどで自分の働きたい型枠大工の求人情報を探すわけですが、事前にどんな募集内容があるのか把握しておくと、とてもスムーズに求人情報を探すことが出来ます。

造園業の仕事が決まったとしても、果たして自分に向いているのか、自分に出来るのか知っておければ、後々思っていたのと違うということにならず、事前に求人情報を把握しておくことは有利になります。

初めて工務店で働く人が疑問に思っている事なども含めて、分かり易く紹介させていただきます。

造園のおおまかな仕事内容

造園の仕事と言うのは、日本庭園などや一般住宅のお庭に植えてある花木を、時期に合わせて見栄え良く健康的な植物が育つように、手入れを行うのが主な仕事です。

時には公共施設の花木の手入れや草むしり、更には桜の花が毎年良く咲くように、公園、河川、山などの桜公園の手入れなども行います。

造園の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

造園求人でよくある募集内容とは?

造園業の仕事の求人では、庭木の剪定や公園の花木の整備、草むしりなどがあります。

他にも仕事に就く時に、気になるのはやはり給与の点ですよね。

給与相場~勤務する場所についてまで、ここから分かり易く紹介させていただきます。

給与相場

造園業の給与相場は各事業所によって違いますが、日給ですと相場は8000円~13000円位で、高額な所ですと1万5千円~2万円位です。

月給ですと15万円~20万円位で、高額な所ですと25万円~35万円位になります。

アルバイトや草刈りの短期雇用ですと、時給850~1000円位です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はAM7:30~PM5:00迄が殆どです.休日は週1日で日曜日であることが多いです。

あとは祝日で、残業は各事業者で違いますが、無い所が多いです。

福利厚生

以前は福利厚生が僅かでしたが、最近は各種取り揃えている造園業会社が増えてきました。

とはいえ小規模の造園業会社ですとまだまだ整っていませんから、そこはよく吟味して、大きな規模で経営されている会社にするのか、小規模の会社にするのか、求人情報から選んでください。

勤務場所

働く現場は、各御家庭のお庭や、公園、公共施設、などで各造園会社によって近場の現場が主な所や、車で1時間の現場の造園会社があります。

それぞれ人によって通勤に対する考え方や体力が違います。

長距離の場合は朝も早く出かけなければいけませんし、いざ仕事に就いてみたら通勤疲れで、もう辞めてしまいたいと思ってしまう人や、1時間2時間の通勤を楽しめる人もいます。

車にカラオケを積んで歌いながら現場まで行く人や、更に早く起きて、釣りを楽しんでから仕事に行く人などもいるくらいです。

造園業に限らず、ガテン系や職人系の仕事に就いている人は釣りを趣味としている人が多いので、同僚や親方などと一緒に釣りを楽しんいでる造園会社も有りますから、釣り好きの人には良い業界です。

造園業の仕事に向いている人の特徴

どんな仕事でも、その人に向いてる仕事、向いていない仕事とがあります。

ここからは造園業の仕事に向いている人の特徴を、いくつか紹介させていただきますのでご参考にしてください。

植物の好きな人

日本庭園では様々な木花木花を植えますから、植物や樹木に興味がある人は、向いていると言えます。

植物に興味があったり、ハイキングや登山、山でのバーべキュー、キャンプが好きな人も、やはり樹木や花木に近いことを楽しめる人ですから、造園業の仕事などさせてをしてみると、覚えが早いことが多いので、向いているかもしれません。

樹木を並べて作りますから、植物の好きな人の方が向いていることは確かだと言えそうです。

虫が得意な人

松の木やサルスベリなどの、花木を扱いますから、それに伴って、虫とも普通に近づきます。

かなり苦労してしまいますから、虫が大の苦手な人には厳しいですね。

蜂などの危険昆虫が気にならない人が良いでしょう。

蟻や毛虫、アブラムシに芋虫と、多様な生き物が庭の中には住み着いていたり、飛来してきたりしますから、人によって向き不向きが出てきます。

花木の手入れをする仕事は枝、葉を剪定するだけでなくて、多様に住み着いてる虫の中には害虫がいるので、花木を守るために消毒作業もしなければいけません。

ですからそのような点も考慮して決めてください。

毛虫でも蛾でも、何でも触れる人は造園業の仕事に非常に向いています。

アウトドア派の人

造園業は外での仕事が全てですので、アウトドア大好きな人が向いています。

山登りが好きな人はこの仕事を大いに楽しめるでしょう。

大自然の中で森のすぐそばで過ごしてる訳ですから、インドアの人よりも花木になじみやすく外仕事も慣れやすいでしょうし、造園業の仕事に向いています。

必要なスキルや資格、経験

特別な資格が無くても造園業は出来ますが、自動車免許はあった方が良いでしょう。

仕事の作業現場である、お客様の御宅の場所によっては、車で1時間~2時間の場所まで行かなければならず、車の免許はあった方が良いと思います。

造園のおすすめ求人のポイント

造園業で働く為に、仕事の求人を探す訳ですが、最近では求人情報も多様なメディアから調べる事が出来ます。

ですから調べる事には困りませんが、色々なアピールコメントが書かれていますから造園会社の求人を選ぶのも迷うこともあるでしょう。

ここからは造園業の求人情報の中から、この点がおすすめポイントですという点を、分かり易く紹介せていただきます。

面接時の学歴

造園業の会社ですと、最近は高卒者以上の学歴を求める造園会社もありますが、まだ多くの造園会社では中学卒業の学歴があれば雇ってくれます。

何故なら本人のやる気が最も大事だからです。

給与

造園業の仕事は外で働く重労働ですからもらえる給料の額も多くなり、おすすめです。

最初、始めた時に頂ける給料は、日給ですと1日1万円以内ですが、造園業の場合は資格を獲得する事によって、ぐんと額が上がりますから努力のし甲斐が有ります。

資格の有無

高い所での作業や知識を必要とする作業もありますが、資格を持っていなくても雇ってくれます。

仕事をしながら資格を獲得するのが通常なので心配いりません。

もちろん、仕事に就く以前に資格を獲得してから仕事をすれば、それにみあう給料の金額を設定してくれますから、獲得しておくのも良いでしょう。

車の免許は持っていた方が便利です。

毎日同じ会社に通勤するサラリーマンやOLの人たちと違って、作業現場によって通勤する場所が違いますから、無いと通えない事もないですが、大変です。

自分にあった造園業の求人選びの注意点

造園業の仕事に就く際には、できるだけ自分に合った仕事内容の造園会社に勤めたいはずです。

ここからは、造園業の求人選びの際に、注意しなければならないことを紹介させていただきます。

現場までの距離

せっかく造園業の仕事に就いても、現場までの距離がとても長くて朝起きれなく、通勤するのが辛くて辞めてしまいたいという事にならないように求人選びの際には注意して下さい。

今回は西に車で1時間、次は東に1時間半、今度は山奥の村まで車で2時間、仕事が少なくて県外まで行かなくては!と言った具合です。

人によっては長い通勤が楽しくてしょうがないと、車で大はしゃぎしながら現場まで通うものですから、毎日楽しくてしょうがない人もいます。

自分の性格や体調面を考慮して、造園業の求人を選んでください。

造園会社の規模

大手のような造園会社は、働いている職人さんの人数も多く頂ける給料の額も多いです。

福利厚生もしっかりしていて、安心です。

小規模の造園会社では、職人さんの人数も少なくて、家族や、知り合いで仕事おしており、福利厚生の方もあまり整っていない所が多いです。

しかしながら小規模な造園会社では、職人さんの数が少ない分、直接親方から仕事を教えてもらえます。

小規模の造園会社は家族経営や知り合い同士で仕事をしている会社が多く、馴染んでしまえば楽しく仕事出来ます。

仕事量

造園業の仕事では、冬場の仕事が有りませんから、冬になった時の仕事は有るのか無いのか、面接の際にしっかりと確認しておいて下さい。

冬場の仕事と言えば雪国においては、雪の除雪作業や住宅などの建物の屋根の雪下ろし作業になります。

大雪の年は忙しく、猫の手も借りたくなるほどで、仕事に追われます。

造園求人についてよくある疑問

造園業の仕事に就いた事も無く、知り合いにも経験者がいない場合、知りたい情報を探すのは大変ですよね。

ここでは、造園業の仕事について良く分かるように、造園業の疑問点をお答えしたいと思います。

造園業の求人はハローワーク以外にありますか?

造園業に就職したい方は、ハーローワークで仕事を探しても良いですし、求人情報誌から探しても良いでしょう。

身近に造園業を営んでる人がいれば、直接尋ねてみたり、知り合いをたどってみるのも良いでしょう。

まったくの未経験ですが働けますか?

まるっきりの素人の人でも大丈夫です。

植物の好きな人は自分で何かしらの植物を育てる際に、剪定作業を経験しているかもしれませんが、植物を育てた経験が無くて、草むしり一つした事のない人でも、剪定バサミの持ち方から教えてくれます。

まず最初は、先輩職人の剪定して落ちた枝や葉っぱを片付けたりと、雑用から始まります。

その雑用の仕事をしながら、先輩職人の方たちの仕事を見て、覚えるチャンスが有りますから、良く良く仕事の仕方を盗み憶えて下さい。

そしてとにかく大事なのは、面接時のやる気です。

資格は必要ですか?

造園業に有効な資格は幾つか有りますが、最初に就職する際に資格は必要ありません。

仕事をしながら、徐々に資格獲得に向けて勉強し、後からスキルアップの為に、獲得すると良いでしょう。

造園業の仕事は花木の選定だけですか?

造園業の代表的な仕事内容は花木の剪定ですが、それだけではありません。

冬支度の囲い作業が有ります。

木の板を、庭に植えてある花木の周りに打ち付け、雪が積もって枝が折れるのを防ぎます。

春になると、冬前に囲った木の板を外す仕事、囲い外しの仕事があります。

他にも公園や空き地などの、草むしり作業があり、施設サイドや役所側から仕事を頂きます。

短期のアルバイトを頼んだりもしています。

小規模の造園業では安定的に仕事があるのか不安です。

造園業の仕事をしている会社では、通年通して花木の選定作業や公園の整備の依頼があるわけではないので、会社によっては屋根の塗装をしたりします。

屋根の塗装は高い所での危険な作業ですから、同じく高い所で仕事をする、造園業の職人さんが本来の仕事である、庭の手入れの仕事が無い時に、屋根の塗装をします。

また、造園会社によっては、ダムの工事や、橋の点検などを、仕事の無い時に応援に行く会社もあります。

さらには、会社の業種が造園業だけでなく、違う業種の介護関係や農業関係と、一つの会社で複数の業種を行っている会社も有ります。

まとめ

ここまで造園業の募集内容や求人おおすすめポイント、疑問に思っている点についての解説などをさせていただきました。

初めて働く人にとっては、造園業での花木の剪定といった仕事は、とても大変なのではないか、自分に出来るのだろうかと、不安に思う人も多いと思います。

給料は良くても、もっと楽な仕事にした方が良いかな?など、造園業の仕事に後ろ向きになる人もいます。

しかしながら、実際に働いてみると思っていたより務まりそうだと思う人も少なくないです。

確かに最初は大変な部分も有りますが、人間関係の面倒な事が少なかったり、社長さんや親方、先輩職人のユニークな面、人情深い面、慣れてくると給料も良いですから、資格など保有するようになればどんどん仕事が面白くなります。

資格を持つと、後々の人生の中で長期にわたって仕事するのに有利ですし、手に職を持つという事は、年老いてから暇を持て余さずに済みます。

それに、日本に住んでいる訳ですから、花木の手入れを仕事とする造園業は需要が多く、長期にわたり仕事が有る事になります。

昨今の自然との共生社会の推進が盛んですから、とても意義もありやりがいのある仕事だと思います。

もし少しでも挑戦してみたいというお気持ちがある場合は、是非とも造園業のお仕事に、就いてみては如何でしょうか。