工務店の仕事とは一体どのようなものなのか仕事に就く前に知っておきたいですよね。

また、工務店求人によくある募集内容についても、働く事を希望されてる人向けに、分かり易く紹介させていただきます。

工務店のおおまかな仕事内容

一般住宅やアパートなどの建築施工を請け負うのが、工務店の仕事です。

建築物の設計を行い、基礎建築終了後に、木材で施工主から依頼された住宅などを完成させます。

工務店求人でよくある募集内容とは?

工務店でよくある募集内容とはどんな内容なのか、分かり易く紹介させていただきます。

給与相場

工務店の給与相場は、大小、企業規模の大きさと地方で建築施工している工務店と都心近郊の工務店で、大きく違ってきます。

勤務時間や休日、残業

工務店の勤務時間は通常AM7:30~PM17:00くらい迄です。

休日は、日曜日と祭日になります。

福利厚生

福利厚生は、整っている工務店と福利厚生があまり整っていない工務店に分かれます。

求人情報を選ぶ際には、要チェックです。

勤務場所

工務店によって施工現場が近い所と、遠くに現場がある工務店とに分かれますから、自分に合った工務店を選ぶ必要があります。

小規模の工務店では地域に密着した工務店が多く、近場での施工が多い規模の大きな工務店は、施工現場があちらこちらに散らばっている事が多いです。

求められる人物像

工務店の仕事は外での重労働で、高所作業も含む危険な仕事です。

比較的学歴など就職する際のハードルは低いですが、それでも各工務店では「このような人が来てくれたら良いのにな」と思う人物像があります。

日差しが得意な人

外での仕事になりますから、太陽の強烈な日差しが大好きな人、アウトドアを楽しめる人には向いています。

力のある人

重い建材を運ぶため、力が有るに越したことは有りません。

学生時代にスポーツで体を鍛えている人などは向いていると言えるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

工務店の仕事をする際に、必要な資格は幾つか有りますが、就職する時に何かの資格や経験が必要な訳ではありません。

しかしながら、車の免許は施工現場に通勤しなければいけませんので取っておいたほうが良いでしょう。

工務店のおすすめ求人のポイント

工務店の求人広告で、自分に合った求人を見つけるために、ぜひ確認して貰いたいポイントを紹介させていただきます。

学歴が無くても良い

ほとんどの仕事の求人では、学歴が必要とされています。

高校卒業以上の学歴が必要とされていますが、工務店の求人では学歴を必要としているところは少ないです。

本人のやる気さえあってそれが伝わればきっと採用していただけますから、お勧めです。

履歴書が必要無い工務店もある?

仕事に就くのに大きな壁が採用面接で、履歴書を提出しなければいけませんが履歴書もタダではありません。

履歴書に貼る証明写真の撮影にもお金がかかります。

そう考えると履歴書の提出が必要なければとても楽です。

人によってはせっかくのやる気が履歴書の提出や面接でのストレスを考えるだけで、やる気が失せる人も少なくないです。

やりたい!働きたい!やる気が出ているときに即決即断採用していただければ、無職の人にはありがたいですから、工務店の面接を受けてみる事をお勧めいたします。

特別な資格が無くても良い

工務店の仕事には幾つかの資格が有り、獲得するのも簡単な訳ではありません。

しかしながら工務店で働き始めるにあたって特別な資格はいりません。

最初のころは基本的な事から教えてくれますから、徐々に仕事を覚えていって、資格を獲得するための勉強をして獲得すれば良いのです。

給料が良い

コンビニなどの仕事は屋内での仕事ですから、冷房の効いたお店で涼しく働けます。

一方工務店の仕事は外での重労働ですが、頂ける給料の額はかなり良いと言えるでしょう。

初めてお給料を頂くと、大概の人は笑みがこぼれるものです。

あの何とも言えない高揚感は、それまでの苦労が消えていくような気持になります。

一部の仕事においては給料の賃上げもあまり良くありませんが、工務店ですと資格を取ったり勤労年月が積み重なると、ググッと給料が増えますし、仕事を覚えて一人前になり熟練してくれば、親方として独立も出来ます。

お店などテナントを借りるとなると、自分のお店に大金をかけて建てたり、テナントとして大型ショッピングモールに入れば、テナント料を支払わなければいけません。

しかし親方ですと、フリーとして独立することで、特段事務所を構えなくても済みます。

もし事務所が欲しければプレハブだけで出来ますから、準備金が少なく済みとてもお得です。

自分にあった工務店の求人選びの注意点

せっかく工務店の仕事に就く事が出来ても、いざ仕事をしてみると思っていたのと違い、自分に合っていないなどの理由ですぐに辞める事になってしまってはもったいないですよね。

ここからはそんな事にならない様に、自分に合った工務店の求人選びの注意点について紹介させていただきますのでご一読ください。

建築施工会社の特徴に注意する

建築施工会社の中で働いている人の中に、事務や経理の業務をしている人がいる規模の所では給料や福利厚生もしっかりしています。

小規模の家族経営の工務店では給料がが低く福利厚生もあまり整っていないため、注意が必要です。

そして工務店の求人選びでは給料や福利厚生の他に、社長さんの人柄や事業方針などに注意をして選ぶ事を、お勧めします。

なぜ注意をしなくてはいけないかと言うと、社長さんの仕事の理念が自分に合わないと、せっかく工務店で働ける事になってもストレスで長続きしません。

ただでさえ外での重労働ですし、高い所での作業などによって危険を伴いますから、自分と合った社長さんの所で働く事をお勧めします。

最近では女性の社会進出に伴って工務店で住宅施工の仕事をする人も増えてきています。

ですから女性の職人は、自分が勤めようとしていいる工務店の社長さんが、女性の働く環境の整備にどれだけ配慮出来ているかをかくにんすることががとても重要です。

この点の確認を怠ると、後々大きな問題につながります。

まだ男社会である部分も多いこの業界ですから、女性の皆さんは特に慎重に工務店の求人選びをして下さい。

社長さんとの相性

工務店での仕事を楽しく勤めるには、気の良い社長さんの経営している工務店を選ぶ事が、かなり重要です。

工務店の仕事は住宅などの建築施工をする上では、危険な作業がどうしても出てきます。

高い所での作業ではそれこそ、落ちるような事があれば重大な怪我になります。

特に木材を設計通りに切断する作業などは、電動のノコギリで切断しますからとても危険です。

まず初心者のころは触らせてもらえません。

かといって下での作業も安心できませんが。

そして危険な作業自体は担当していなくても夏には日射病の危険も大です。

まさに命がけの仕事です。

ですから同僚や先輩職人との信頼関係が無くてはいけません。

信頼の置けない職人さんと仕事をしていれば気が散り、お互いに怪我のもとです。

特に社長さん、親方との信頼関係は特別重要です。

例えば、他の職人さんとギスギスしたとしても、親方、社長さんを信頼する事が出来ていれば、仕事の集中力も維持できるからです。

工務店の求人についてよくある疑問

初めて工務店に勤めようと思っている人は、色々と疑問に思うことが有ると思います。

いざ、仕事に就いてから慌てなくて済むように、ここからは工務店の求人について、皆さんが疑問に思う事を分かり易く紹介させていただきます。

近くに工務店が有る

工務店の求人では、ハローワークでなくても近くに工務店を営んでるお宅が有れば直接訪問、又は知人に紹介させてもらうのも良いです。

知り合いのつてで工務店で働く人も結構いますから、これぞと思ったら行動あるのみです。

小規模の工務店では人手が不足していても求人広告を出していなかったりしますから、黙っていては仕事に就けません。

未経験だけど大丈夫か?

釘一つ打ち付けたことの無い全くの未経験の人でも、全く心配ありません。

真面目に素直にやる気が有れば、誰でも歓迎されます。

全ての工務店がそうというわけではありませんが、人情深い工務店の社長さんや親方が多いのも事実です。

何も資格が無い

工務店での仕事をする上で、資格を持っていれば給料も多く貰えて資格の無い人より待遇は良いですが、だからと言って資格のない人がダメな訳では決してありません。

誰でも最初は未経験の素人ですから。

働く本人が真面目でやる気が有れば、歓迎されます。

人間関係が苦手

営業の仕事や接客業などの、人間関係に悩みが多い職場と違って、工務店は厳しいながらもさっぱりした人情深い人が多いです。

見た目がいかつくても気は優しく、面白い職人さんが多いですから、人間関係で悩んでる人や苦手な人、仕事に就いて無い人には工務店で働くのはお勧めです。

体力が無いけど出来ますか?

確かに工務店の仕事は力仕事ですが、就職する最初の時点で自分の体力、出来る事出来ない事、自分のペースを社長さんに説明すれば、その人その人に会う配慮をしてくれる工務店も有りますから、1社だけでなく数社の工務店の求人を見て、複数面接を受けてみる事が大事です。

短期間だけ働きたい

働きたい人の中には、短期間だけ働きたいけど数日だけでも出来るでしょうか?といった疑問を持っている人もいます。

給料の基本は月給払いですが、もちろん短期の仕事も有ります。

日給換算が1日8000円からの工務店が多いです。

仕事の内容は難しい仕事は無く、建材などを運んだり単純な力作業が多いです。

資格保有者の人であれば、それに見合った賃金にしてもらえます。

日払いでお金お貰いたい

働いた後すぐ、その日の分の賃金を貰えれば、気の短い人はモチベーションが保てます。

求人広告に初めから日払い可と記載されてる会社も有りますし、記載されていない工務店でも自分の希望を話せば、日払いにしてもらえる工務店も有ります。

前借は出来ますか?

仕事をする際にお金に困っている人もいます。

前借と言うとあまり聞こえは良くありませんが、求人広告に記載している工務店も有りますから、遠慮せずに社長さんに相談してみると良いでしょう。

その時にはただ給料の前借を、お願いするのではなくて、どんな訳でお金が必要なのかを説明する事が大事です。

断られたた時は嫌な顔をせず、分かりましたと気持ち良く返事しましょう。

女性でも働けますか?

昨今では急速に女性の社会進出を推し進めていますから、当然女性でも何の問題も有りません。

すでに工務店などの重労働の職場で仕事をしている女性は、多くいます。

興味の有る人は是非、働いてみて下さい。

何度も転職しいてるけれど採用されますか?

これまで、幾多の職場を渡り歩いてきたという人も最近は多くなりました。

人間関係や、自身の問題で、仕事を変わる人もいます。

工務店の場合は、就職の門が会社の規模によって違います。

大手の工務店ですと難しい所も有りますが、小規模の工務店ですと驚くほど以前の経歴には寛容で、面倒な事は聞かずに採用してくれる所が多いです。

冬の間は仕事は有りますか?

工務店の仕事は建築物施工、特に住宅の施工が主な仕事ですから冬の間はどうしても建築物の施工は少なくなります。

冬場にどうするかは、工務店の規模によって違いがあります。

規模の大きい会社や仕事が回ってくる工務店では冬場も少なからず仕事はあります。

また、冬場の間でも雪の降らない地域の工務店は、当然ながら建築物施工の仕事は通年通して有ります。

小規模の工務店ですとガラッと仕事の内容が変わって、除雪作業をする工務店が多いです。

除雪作業を仕事のメインに切り替える会社ですと、その年の気象状況に大きく左右されます。

雪が安定的に降れば結構長く仕事が有りますから、有り難いです。

降雪が少ない年ですと仕事が全く無く、収入が無くなります。

それでは生活が苦しくなりますから、冬場の時期だけ他の仕事をする人もいますし、他の工務店の助っ人をする人もいます。

まとめ

女性の肉体労働への積極的な参加も有って、以前より華やかさが進んできています。

男女共に、今回の記事を参考にしてより良い求人情報を探して頂ければ幸いです。