未経験の人も募集していて、しかも正社員で給与も低くないことが多いのが、不動産管理の仕事です。

転職を考えている人なら目に留まることもありますよね。

しかし、不動産管理関係の仕事に転職するなら、いくつか注意も必要です。

転職を成功させるための選び方なども記載していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「不動産管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「不動産管理」の仕事例をチェック

不動産管理の転職で注意したほうが良い5つのこと

まずは、不動産管理の仕事に転職するにあたって、注意したほうが良い点を見てみましょう。

残業や休日出勤が多い

シフト制の不動産管理員ならまだしも、求人の多くは不動産管理会社の社員です。

不動産管理会社の社員は、いくつかの物件について管理している状況ですから、その分家主・借主両方の顧客からの相談も多く、また書類関係の作成などの事務仕事も多くなります。

家賃や補修費に関わる仕事もありますし、営業部署と連携してチラシを配ったりポスティングを行ったりすることも通常業務に数えられるところが多いでしょう。

住人からのクレームや火災など突発的なことも多いので、残業や休日出勤は少なくありません。

また、営業の兼ね合いで、駅前でチラシ配りをするなど早朝出勤もあり得ます。

土日休みではない

不動産業界は土日休みではありません。

マンション管理員として勤務する場合には時折土日休みというところも見られますが、募集としては少ない傾向にあります。

休日中の呼び出しも起こり得ますし、休日でもいつでも動けるようにするため、日に2回定時連絡を入れなければならないという会社も存在します。

プライベートの時間が奪われやすい業界だということは知っておきましょう。

同業他社との繋がりがある

会社が合わなかったら辞めて他の会社に行く、ということがしにくいのも不動産業界の特徴です。

他の管理会社・不動産関係の会社と連携して動くことが少なくないので、横の繋がりが強く、社員の情報も交換される場合があります。

特に大きなミスなどを起こした場合、近い業種に就くのが困難になる可能性があるので注意しましょう。

大きな金銭の絡む仕事が多い

不動産は売買だけでなく、マンションの積立金や家賃、修理費にしても大きな金額が動きます。

そのため、当事者にとっては簡単には済ますことができない場面が多々あります。

不動産管理の仕事は、不動産に住んでいる人と家主との仲立ちをしたり住人同士の間に入ったり業者を紹介したりと、仲介役になることが少なくありません。

そこにお金が絡んでくると大事になりやすく、不動産管理の仕事をする人の責任は大きくなります。

また、不動産管理をしていて取り扱う書類の中には、契約書など重要書類も多いです。

小さなミスが大きな損失を招くこともある仕事です。

営業の仕事を兼ねる場合がある

不動産管理の仕事をする場合でも、営業の仕事を手伝う、お客様の案内をするなど、時期によって営業の仕事をする可能性があります。

特に不動産管理会社のようなところだと、営業ができないという人はいらない、というスタンスの会社も多いです。

事務仕事だけをしたい場合は、あまり向かないかもしれません。

特に小さな会社の場合は、管理と営業の仕事の垣根が低いところが多いでしょう。

管理の仕事だけをしたいという場合は、一つのマンションに常駐するタイプを選ぶなど工夫が必要になります。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

注意点もありますが、給与が良い点ややりがいが大きい点など不動産管理の仕事には良い点も沢山あります。

転職を成功させるためには、注意点を踏まえた上で自分に合った会社選びをすると良いでしょう。

例えば以下のようなことに留意してみてください。

転職先は管理会社にするのか、不動産管理員になるのかを考える

よく目にする求人は、不動産管理会社が出しているものです。

また、同様に少なくないのが不動産管理員の仕事です。

二つにはいくつか違いがあります。

前者は売買や賃貸借契約のための営業も受け持っていて、不動産管理の部署に入ったとしても仕事が多岐にわたります。

書類仕事が多いのも特徴です。

後者は不動産管理が主な仕事で、派生するとしても営業などは基本的に入りません。

一方、修繕などを業者に頼まず自分たちで行うこともあります。

書類仕事は日報などはありますがそれほど多くなく、見回りや住人対応などが主な仕事になります。

どちらも不動産管理という名前で募集のかかる仕事ですが、自分が就きたい仕事はどちらなのかよく見極めましょう。

給与の内容に注意する

募集にはよく月収が記載されています。

基本給と、手当が付いたときのおおよその金額が載っていることが多いです。

ここで注意したいのが、管理会社勤務の場合は営業職ではよく見られる「見込み残業」という形が取られていることがあるということです。

見込み残業は基本給は高めになりますが、そこに残業代が既に含まれているため残業をしてもプラスアルファが出ません。

そのため、残業が多いとモチベーションに大きく関わります。

また、不動産関係は取れる資格が数多くあります。

資格手当が付くなどステップアップできるかは見ておくと良いでしょう。

「不動産管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するにあたっての必要な心構え

不動産管理の仕事に転職するにあたって、必要な心構えはあるでしょうか。

いくつか挙げてみます。

ほとんどの場合、普通免許が必要になる

普通免許要の会社が多いので注意しましょう。

また、お客様を乗せて移動するという業務が発生する可能性が高いです。

ペーパードライバーや運転に不安がある人は、お客様を乗せられるようになるかどうかきちんと見極めてください。

営業の会話をしながら運転するという場面もあり得ますし、家主などの送迎が発生する場合もあります。

楽な仕事という認識は間違いの可能性大

不動産管理の仕事の中で、マンション管理の仕事は楽だという意見が見られます。

これには理由があり、以前は見回りや簡単な受付だけで良いという仕事があったようです。

しかし、家主さんと個人的に契約するような管理人さんの仕事でもない限り、こういう仕事だけで済むことはなかなかありません。

募集されているものの多くが、これに当てはまらないので注意しましょう。

コミュニケーション能力は必要になる

不動産管理と聞くと、不動産を見回ったり書類作成をしたりと、管理をするだけで静かな仕事を想像しがちです。

しかし実際は、コミュニケーション能力を求められます。

住人・業者・家主など様々な立場の人と関わりますし、周辺住人からのクレームを受けることもあります。

電話は受けることもかけることもよくありますし、場合によっては家賃の取り立てやペット不可物件でのペット目撃情報などで直接住人のところへ向かうこともあります。

話はしなければならない仕事だと覚えておきましょう。

転職したからといって問題が全て解消されるわけではない

転職を考えている人ならば、何か問題があって今の会社を辞めたいと思っているかステップアップがしたいかのどちらかでしょう。

もし前者である場合は、転職すれば全て解決するわけではないことはよく考えておきましょう。

今の問題が引き継がれることもありますし、新たな問題が出てくる可能性ももちろんあります。

不動産管理の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

ステップアップを考えている、今よりもっと年収を上げたい、という人は不動産管理の転職の際にすべきことはあるでしょうか。

給与の高いところを狙うことはもちろんですが、他にも以下のようなポイントがあります。

福利厚生のしっかりした会社を選ぶ

特に、現在基本給以外に手当などがあまりないという場合は、福利厚生が良い会社に転職すると年収アップが狙えます。

住宅手当や家族手当は大きいところも少なくありませんし、他にも様々な手当が付くところがあります。

月に数万円変わってくる場合も多いので、福利厚生はよく確認しておきましょう。

ボーナスや賞与の実績を確認する

ボーナスや賞与も重要です。

賞与支給実績などを見れば、ボーナスが出ているかが分かる場合が多いので、求人情報をよく確認しましょう。

不動産業界は景気に左右されやすいので、それでも毎年ボーナスが出ているところは底力があって安心できる会社の可能性が高いです。

手当の付く資格を取る

不動産管理の仕事では、特定の資格を持っていれば毎月手当が出るという会社が少なくありません。

例えば宅地建物取引士やマンション管理士、フィナンシャルプランナーなどはよく見られます。

手当の支給対象の資格は会社によって異なりますし、会社が支援している場合もあるので入社してから取る人もいます。

「不動産管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

不動産管理の転職で狙い目なのはどんな会社?人気なのは?

実際に不動産管理の仕事をするなら、どんな会社を選べば良いのでしょうか。

不動産管理会社

賃貸マンションやアパートを扱っているところが多いです。

不動産管理事務などの肩書で募集していることが多く、正社員募集が基本なので給与が安定しています。

管理会社の事務所内での仕事が多いです。

人気な理由

未経験可、学歴不問なども多く、募集の数も多いことが人気の理由になっています。

よく耳にする大手の不動産管理会社の募集もよく見られます。

事務仕事が多めで座り仕事を求めている人にも人気があります。

マンション管理員

不動産管理員、あるいはマンション管理員、という形で募集していることが多いです。

基本的には、一つのマンションを受け持ってそのマンション内で仕事をする形がよく見られます。

シフト制のところもあります。

会社によっては不動産の修繕と管理を両方請け負っているところもあり、そういったところでは修繕の技能が必要になります。

人気な理由

シフト制のところであれば特に残業が少なめなこと、日常業務にそれほど難しいものがないことが人気の理由になっています。

一つのマンションに留まるので、周辺の不動産の知識などもそれほど必要とされません。

実際にマンション管理の求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

直接雇用の管理人

募集を見かけることは少ないですが、マンションやアパートの家主が直接契約してくれる管理人を探していることがあります。

条件は家主さんそれぞれで、仕事内容も変わってきます。

一つの物件について管理することが多いようです。

人気な理由

雇用主と家主が一致しているため、相談などが持ち掛けやすいこと、仕事内容はそれほど多くないところなどが挙げられます。

ただ、個人との契約なので社会保険などの福利厚生はあまり期待できません。

自分に合った不動産管理の求人の選び方や注意点

不動産管理の求人は多いので、選び方も迷いますよね。

多くの会社からどう絞り込んだら良いか分からないという人は、ぜひ以下のようにして探してみてください。

【選び方①】雇用形態から探す

希望する雇用形態は決まっているでしょうか。

正社員募集だけでなく派遣やパートもありますので、自分に合った働き方を選びましょう。

【選び方②】職種から探す

先にも述べた通り、マンションの管理会社にするのか、マンション管理員としての仕事なのか選択しましょう。

マンション管理員の場合は、修繕を行うか行わないかはよく確認します。

【選び方③】シフトから考える

基本的には残業がよくある業界ですから、残業はあまりしたくないという場合は、シフト制のところを選ぶと良いでしょう。

完全なシフト制であれば、休日出勤の心配も少なくなります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件はやはり大切です。

基本給だけでなく残業代やボーナス実績なども踏まえて、自分がどのくらいの年収になるのかよく計算しましょう。

営業手当が出るところもあります。

【選び方⑤】エリアから考える

通いやすいエリアを選ぶ、ということも大切ですが、特に不動産管理会社に勤務する場合はよく知っている土地を選んだ方が有利になります。

営業として車でお客様を案内する場面もあり得ますし、ポスティングなどで回る可能性もあります。

管理にあたって、周辺の建物について暗記するケースも多いです。

まとめ

不動産管理の仕事についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

不動産業界は条件の良い会社も多いですが、転職にあたっては注意すべきことも多いです。

中小企業も沢山ありますから、よく調べてから会社を決めると良いでしょう。