不動産管理の求人は、定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があります。

ただ、どんなお仕事なのか、いまいちピンとこない人も多いですよね。

今回は仕事探しで不動産を希望している方に向けて、具体的な業務内容や、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。

また、雇用形態の違いについても触れていきますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「不動産管理」の仕事例をチェック

不動産管理のおおまかな仕事内容

まず、不動産管理とはどんな仕事なのでしょうか。

仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。

おおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容は、簡単に言えば不動産の管理になります。

不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。

複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、一つだけを担当して常駐することもあります。

不動産管理はどういう役割を求められる?

会社での役割も不動産管理ですが、加えて、不動産を所有する人と他の人との懸け橋になることも重要です。

例えばマンションの住民であったり、マンションを修理する業者であったり、その他様々な人との懸け橋になります。

また不動産を所有する人になるべく手間が掛からないように調整するのも役割です。

不動産管理の求人ではどんな種類の仕事が出ているの?

不動産管理の求人にはどのような種類のものがあるでしょうか。

いくつかあるので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

不動産管理の募集でよくある施設や事業形態のパターン

不動産管理会社に所属する不動産管理

よく見られるのが不動産管理会社が行っている不動産管理の人員というパターンです。

賃貸物件を得意とする不動産管理会社は、物件の所有者から空室が出た時の募集や物件の管理を任されて収入を得ています。

そのため、物件の管理をする人間が必要です。

この場合であれば、不動産管理会社が抱えている複数の物件をまわって異常がないかをチェックしたり、それぞれの住人からの問い合わせなどに対応します。

中には分譲マンションの管理を担っている会社もあり、その場合であれば一つの物件に派遣されて常駐で管理をするパターンもあります。

不動産の所有者と直接契約の不動産管理

所有者が直接不動産管理をお願いする場合もあります。

大きなマンションを経営している会社との直接雇用もあれば、個人でアパートを経営している人が管理人を探している場合もあります。

これらのケースであれば、基本的にはその所有者が持っている不動産一つだけを担当します。

複数人で担当する場合もあれば一人だけのこともありますが、大きな不動産であれば多人数になるのが普通です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

不動産管理の求人でよくある募集内容とは?

不動産管理の求人ではどのような募集内容が多いでしょうか。

求められる人物像なども記載していますので、ぜひ確認してみてください。

給与相場

求人にもよりますが、正社員求人が多く、年収としては低くない傾向にあります。

高めの給与で募集されているところは大きなマンションで常駐という形のところが多く、マンション管理員などの資格を求められたり、あるいは資格が優遇されていることが多いです。

マンションの管理会社がその他の部署と区別なく募集している場合もあり、その場合には営業職なども含むので給与が分かりにくくなっていることもあります。

そのような管理会社は多くの場合、部署異動もあるので注意しましょう。

勤務時間や休日、残業

これも会社によりますが、賃貸管理が主の管理会社勤務の場合は水曜定休の日中勤務のところが多いです。

こういった会社は残念ながら残業が多いところもよく見られる上、給与に見込み残業代を取り入れているパターンもあるため注意が必要になります。

また、不動産管理は時に休日や夜間でも緊急の呼び出しがあります。

他に多いのはシフト制です。

特に大きなマンションに常駐する場合はシフト勤務が多く、休日や勤務時間がシフトに左右されます。

こちらであれば常にシフトで誰かが勤務しているので、休日出勤や夜間の駆り出しはほとんどありません。

福利厚生

正社員であればしっかりしていることが多いです。

社会保険など基礎的な福利厚生は受けられる傾向にあります。

ただし、個人の不動産所有者との直接契約の場合は、ほとんどの場合でしっかりとした福利厚生を受けることは難しいでしょう。

また、中小企業も多いのでその場合は各種手当が手厚くないところもあります。

勤務場所

管理会社勤務の場合は、管理を担当する部署に長時間居るケースがよく見られます。

ほとんどの時間はここで事務作業や電話対応、家賃計算などの対応をして、定期的に不動産を見て回ったりということを行います。

常駐の不動産管理の仕事であれば、ずっとマンションなどにいて窓口のような役割をしたり見回りを行ったりします。

マンションなどの内部に管理人室があってそこで待機することも多いです。

求められる人物像

不動産管理の仕事をするにあたって求められる人物像はどのようなものでしょうか。

例えば以下のような人は向いていると言われるので、参考にしてみてください。

責任感のある人

不動産管理は一人で行動することも多い仕事です。

例えば不動産の共有部分を見て回ったり、清掃を行う際には基本的に単独で対応します。

そんな時でもサボることなくきちんと仕事ができる人が求められます。

特に見回り・チェックは不動産の劣化にいち早く気づいたり不動産価値を下げないように規律を正すためには重要な仕事ですが、毎日行うのであれば単調で退屈な作業です。

どんな仕事も重要性を理解して責任持ってこなせる人は、不動産管理に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力の高い人

地道な仕事も多いですが、コミュニケーション能力も必要になるのが不動産管理の仕事です。

住人トラブルの仲裁に入ることもありますし、退去立ち合いの際に修復費について話し合うこともあります。

分譲マンションであれば積立金の使用方針など、住人との話し合いの先頭に立つこともあります。

不動産の持ち主との信頼関係を築くのも大事な仕事です。

不動産は大きければ大きいほど沢山の人が住んでいて、その分沢山の人が関わります。

様々な人とコミュニケーションが取れるスキルが必要です。

清潔・整理整頓の好きな人

不動産管理の重要な仕事の一つに清掃があります。

共有部分を片付けて綺麗にしておくと不動産の価値が保たれます。

また、共有部分が荒れている不動産は泥棒など犯罪被害の温床になりやすいとも言われており、管理者として清潔・整理整頓を保つことはとても重要な役割になります。

もともと清潔にするのが好きという人は重宝されるでしょう。

日々のチェックも大切なので、細かいところに気が付く人も向いています。

人の役に立つ仕事が好きな人

不動産管理は基本的に裏方の仕事だと言われます。

普段から目立つということはなかなかありません。

しかし、沢山の人が暮らしている不動産を守る重要なお仕事です。

行っている仕事の責任の割に評価されないこともあるかもしれませんが、それでも人の役に立つ仕事がしたいという人が求められています。

必要なスキルや資格、経験

多くの求人で普通運転免許が求められます。

資格は不問のところが多いですが、一部マンション管理員などの資格を持っている人の募集も見られます。

経験は特に問われないでしょう。

ただし経験者優遇の求人は多いです。

不動産管理のおすすめ求人のポイント

不動産管理の募集は多いですが、どのような求人が良いのでしょうか。

おすすめしたいポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

常駐でシフト制の不動産管理

勤務可能な時間が細かく決まっている方には難しいかもしれませんが、常駐で尚且つシフト制の求人はおすすめです。

シフト制なので基本的に残業がありませんし、不動産管理会社で勤務するより業務が煩雑でない傾向にあります。

また、夜間勤務の際には大抵手当が付きます。

長く勤めればリーダーになれるケースも多く、おすすめです。

福利厚生の記載がしっかりしている

どのような手当があるかなどしっかり記載されているところもおすすめです。

特に資格手当があり、採用された後の資格取得を推奨しているところはおすすめです。

会社が資格取得を応援してくれますし、金銭面でも助けてくれることが多いです。

福利厚生がしっかりしているところは働く上でのストレスも比較的低い傾向にあります。

雇用主が大手企業である

不動産管理の仕事は雇用主が様々です。

倍率は高い傾向にありますが、できれば大手企業を選ぶと待遇が良かったり、安定が得られやすい傾向にあります。

また、中小企業に比べると残業が少なかったり残業があっても残業代の支払いがしっかりしているなどのケースが見られます。

不動産管理の雇用形態による違い

不動産管理は正社員が多いですが、パートやアルバイトの募集もあります。

違いとしては、パートやアルバイトは多くが短時間の勤務で且つ出勤曜日が決まっているため、多く稼ぐのは難しいことが挙げられます。

ただ、パートやアルバイトだとほとんど残業がないので、働く希望時間と合致するのであれば働きやすい環境になるでしょう。

責任も正社員に比べるとぐっと少ないことがほとんどで、チェック表などにチェックするだけという仕事も見られます。

また、住民などと直接やりとりする機会も少ないです。

不動産管理求人についてよくある疑問

不動産管理の求人について記載してきましたので、最後によくある疑問を解説します。

気になるものがあれば確認しておきましょう。

応募方法は?

連絡の上履歴書送付、その後面接という形が一般的です。

多くの企業と特に変わりありません。

ただ、個人の不動産所有者のところに応募する場合は、通常の求人サイトなどには載せていないこともあります。

その場合は紹介者を通しての応募になるでしょう。

面接でよく訊かれることは?面接合格の秘訣!

不動産管理の求人の面接でよく訊かれるのは今までの職歴と、それを不動産管理の仕事にどう活かすかです。

不動産管理の仕事内容をもう一度よく見直すと共に、求人募集の欄にあるそれぞれの会社の仕事内容に合わせて回答をしましょう。

マンション管理は様々な人と関わる分、沢山活かせる能力がある仕事です。

今までの経験でどんな仕事ができるのかをよくまとめておく必要があります。

未経験でも応募できる?

大抵の場合で応募可能です。

一部経験者を求めている求人もあります。

経験者優遇の記載があることも多いですが、未経験で入ってくる人が多い業界ですからあまり気にしなくとも大丈夫ですよ。

会社の雰囲気は?

不動産管理専門の人たちは静かなタイプの人が多い傾向にあります。

コミュニケーション能力も必要ですが、管理の仕事が主のためコツコツとした仕事が得意な人が入ってきやすいようです。

不動産管理会社勤務の場合は様々な部署がありますしお客さん対応も多いので、明るい人も多くなります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

会社にもよりますが、あります。

派遣社員は少なめな傾向が見られます。

正社員で募集しているところが多いです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員の責任が重いのが特徴ですから、その他の雇用形態よりも正社員の給与が良い傾向にあります。

パートやアルバイトだと勤務時間が限られることが多いこともあって、時給制が取られているところが多いです。

残業って多いの?

シフト制でない限り多くなる傾向にあります。

突発的な対応もよくありますし、家賃の管理までする場合だと滞納者への対応のために本人が在宅している夜間に電話などをかけなければならないこともあります。

書類仕事も多いです。

大きな会社の方が残業は少ない傾向にあると言われています。

資格って必要なの?

必要な求人もありますが、ほとんどの場合で必要ありません。

マンション管理士やマンション管理員の資格は持っていると手当が出る会社も多いです。

入社してから資格を取ることを求められる場合もあります。

まとめ

不動産管理の仕事についてまとめましたがいかがでしたか?

不動産管理は沢山の人が住んでいる場所を守るとても重要な仕事です。

裏方の仕事も多いですが、様々な人と意見をすり合わせたり話をする機会もあり、やりがいのある仕事です。

少しでも気になっている方は応募してみるのはいかがでしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

不動産求人

不動産管理求人についてもっと深堀りした情報を見る

不動産管理会社の仕事内容は?役割に分けて業務内容をご紹介!やりがいはこんなところ!

不動産の仕事は、売買や賃貸など様々な種類があってよく分からないと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?今回は、不動産の仕事の中でも、オーナー様が所有している物件を管理する「不動産の管理会社」の仕事内容についてご紹介します。不動産の仕事に興味がある方や不動産の管理会社に就職を検討している方は、求人情報を見る前に仕事内容を把握しておきましょう。仕事内容を理解することでより具体的に仕事のイメージが湧きやすくなるので、是非この記事を読んで参考にしてみてください。不動産管理会社の大まかな仕事内容オーナー様から管理料を頂いて、オーナー様が所有している物件の管理を行います。物件の種類はアパートやマンション

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人も募集していて、しかも正社員で給与も低くないことが多いのが、不動産管理の仕事です。転職を考えている人なら目に留まることもありますよね。しかし、不動産管理関係の仕事に転職するなら、いくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5つのことまずは、不動産管理の仕事に転職するにあたって、注意したほうが良い点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員は、いくつかの物件について管理している状況ですから、その