引っ越しや住み替えなどで不動産会社に行ったり、家を見たりすることはありますが、「家を建てる」という経験はなかなかすることがないので、注文住宅と言ってもどのようなものなのかいまいちピンとこないかもしれません。

そもそも住宅系の営業は、求人は多く見かけますが一体どのような仕事なのか、良い面だけでなく悪い面も気になると思います。

それでは、注文住宅に関わる営業の仕事はどんな仕事なのか、ご紹介していきたいと思います。

「注文住宅営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

注文住宅営業とはどんな仕事?

注文住宅の営業は、「家が古くなったので建て替えたい」「土地があって、間取りや設備を自由に決めて家を建てたい」という人に、設計や建築をする「ハウスメーカー」「工務店」と呼ばれる建築会社の商品である「家」を売る仕事です。

新規顧客の獲得、プレゼン、契約、打ち合わせなど、かなりたくさんの業務があります。

特に注文住宅は設計から引き渡しまでの期間も長く、自由度が高くてお客様のこだわりも強いので、営業はひとりのお客様と長い期間関わることになります。

注文住宅営業の役割とは?

お客様と会社をつなぐ橋渡し

最も大きな役割は、会社とお客様をつなぐ橋渡し役であるということです。

連絡は営業を通して行われ、設計や工事に関係することもすべて把握しておかなければなりません。

特に注文住宅の場合は、契約をもらったら終わりではなく、設計や工事期間、引き渡し後も長期間にわたってひとりのお客様とのお付き合いが続くことになります。

会社の業績を左右する

いくら優秀な設計士がいても、営業が契約をとってこないと会社の業績にはつながりません。

会社の最前線で勝負する重要なポジションなのです。

「注文住宅営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

注文住宅営業の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

新規顧客の獲得

住宅展示場の接客や、現場周辺の訪問などで、建築を検討しているお客様を見つけることが営業のまず始めの仕事です。

建築を検討しているお客さまへのプレゼンと契約

建築を検討しているお客様にプレゼンをおこない、契約をもらうことが営業のもっとも重要な仕事です。

契約後のお客様のフォロー

設計の打ち合わせに同席したり、工事期間中や引き渡しをするまですべての応対や連絡などをおこないます。

仕事の流れ 

それでは、仕事内容の項目と重複するところがありますが、具体的な仕事の流れを追っていきましょう。

接客したお客様に建て替えや新築の提案とヒアリング

住宅展示場や現場見学会の来場者や、問い合わせがあったお客様に建て替えを検討している人がいれば、間取りや設備などの要望をヒアリングします。

建築予定地の調査

建築をする予定の土地がどのような法規制があるかを役所で調査したり、現地の状況を確認します。

間取りの提案と建築にかかる金額のプレゼンから、条件が折り合えば契約

ヒアリングした内容と調査した結果をもとに設計士に図面を作成してもらい、その内容と建築にかかる金額をまとめてお客様にプレゼンします。

間取りの要望や金額が折り合えば、契約となります。

設計の打ち合わせの同席

契約後は設計士と詳細の打ち合わせが始まるので、連絡をとったりオプションの金額を提案したりします。

工事開始後の連絡など

設計が終わったら工事が始まるので、工事担当者との連絡や工事期間中の現場周辺のフォローなどを行います。

引き渡しとその後のアフターメンテナンスなどのフォロー

建物が完成したら引き渡しをし、その後も訪問したりします。

注文住宅営業の仕事で良い面とは?

大変な仕事との印象も強い営業ですが、良い面はどんなことがあるのかご紹介していきます。

給料が高い

基本給はほかの仕事とも大差ありませんが、営業のため基本給とは別に歩合給があります。

契約を取ればとっただけ歩合給が上がるので、その点でほかの職種よりも平均年収が高い傾向にあります。

成果主義

社歴や年齢は関係なく、新卒でも転職者でも契約を取るなどの結果を出せば評価されます。

未経験者でもできる

特別な資格や経験は必要なく、未経験者でもできますし、未経験者歓迎の求人も多くあります。

やりがいがある

まずは家を一棟売るということはそれだけ扱う金額も大きく、一件の契約に大きな達成感を得ることができます。

数ある営業職の中でも、注文住宅の営業は接客時から設計、工事、引き渡し後までお客様と長いお付き合いとなります。

「家」という何度もない買い物に関われることで、完成時には感謝されることも多く、大きなやりがいを感じられる仕事です。

仕事のやり方が自由

営業の方法にはマニュアルがなく、どのような方法でお客様にアプローチするかは個々の営業のやり方次第です。

仕事中の時間の使い方も自由です。

注文住宅営業の仕事で悪い面とは?

どんなことを「大変」「辛い」と感じるかには個人差がありますが、悪い面ではどんなことがあるのかをご紹介していきます。

ノルマが課されるプレッシャー

営業なので、ノルマが課されることは必須です。

常にプレッシャーを感じますし、何か月か達成できないことが続くと、精神的につらいことも多くあります。

残業や休日出勤がある

お客様相手の仕事なので、時間外の打ち合わせや休日出勤をしなければならないことがあります。

休みが平日のことが多いですが、平日は建築現場は動いているので、電話などが入ってくることはしょっちゅうあります。

幅広い知識が必要

注文住宅の場合、賃貸住宅や分譲住宅の営業以上に建築に関する知識が必要になります。

他にも、税金や銀行ローンなどのお金に関することなど、幅広い知識が必要です。

個人成果主義でまわりはライバル

同じ社内やチームのメンバーでも、営業という立場ではライバルになります。

注文住宅営業の仕事に就くためにはどうしたらいい?

注文住宅の営業は、未経験者でもできますし転職者も多いのでそれだけ多くの求人があります。

この職業を仕事とするためには、どのようなことに注意をすればいいのでしょうか。

注文住宅営業の仕事に就職するために

求人はたくさんありますが、だからと言って「一番給料が高い会社」などと安易に決めず、まずは「大変」と言われる営業の仕事ができるのかをもう一度自問しましょう。

それでも営業を選ぶのであれば、給料だけでなく会社や社員の雰囲気や残業の多さなどを確認し、自分に合った働き方ができる会社を選ぶようにしましょう。

注文住宅営業のその後のキャリアは?

注文住宅の営業は高額商品である「家」を売り込む仕事なのですから、言ってしまえば営業職なら、その他どんなものでも売り込むことができるのではないでしょうか。

お客様を相手とするので、接客業も向いていると思います。

家に関する知識や経験も増えますので、設計士やリフォーム、インテリアなど住まいに関係する仕事もできるでしょう。

「注文住宅営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

どんな仕事にも良い面・悪い面がありますが、その仕事を選ぶにあたっては、仕事をする自分自身が良い面にどれだけの魅力を感じ、悪い面についても頑張れると思えるかがカギとなります。

注文住宅の営業は大変な仕事ではありますが、やりがいや達成感をとても感じられる仕事です。

これを読んで、この仕事のことをより理解していただけたならうれしく思います。


関連キーワード

注文住宅営業求人

不動産求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪不動産求人の特徴や、種類・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

大阪は日本で第二の都市にして西日本で最大の都市になります。大阪城やUSJ、通天閣などの観光地を始め、大阪梅田や天王寺、新大阪など再開発で街が様変わりしてきています。観光地でもありながらビジネスの商業都市でもあり、様々な表情を持つ大阪は、常に人が出入りしているため、新たに家が建ったり、空いた家に人が入ったりと住宅や賃貸需要が絶えません。住宅を販売した理、家の賃貸を扱うのは、不動産の仕事です。大阪の不動産の求人にはどのような特徴や職種があり、給料相場がどうなっているのか、求人の選び方などについて紹介していきます。大阪の不動産求人の特徴とは?大阪の不動産求人は豊富にあり、大手企業から中小企業まで多く

不動産バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

「バイトとはいえ、不動産の仕事は難しそう」「知識や経験が無いのに応募できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?ところが、不動産のバイトは、資格も必要ありませんし、未経験でも応募可能です。最初は、たくさん覚えることがあって大変ですが、仕事をしながら知識も身に付きますし、主な仕事内容は営業スタッフのサポートをすることなので、仕事内容は難しくありません。それでも未経験の方には不安な気持ちがあるでしょう。そこで、今回は皆さんの不安を解決するべく「どんな仕事なのか?」「どんなスキルが身に付くのか?」「バイトの時給はいくら?」などの疑問にお答えします。不動産バイトはどんな仕事?不動産バイトは、

不動産賃貸の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

不動産賃貸の仕事は「新しい生活や新しい仕事の始まりに立ち会う」仕事でもあります。進学や就職でその土地へやって来るような希望や期待を持って来る人たちがいます。そしてその反対に、事業の失敗や離婚など悲しい気持ちを抱えてお店を訪れる人たちがいます。不動産賃貸の仕事はさまざまな事情を抱えた人たちにそれぞれの事情に合わせた物件をご紹介する仕事です。不動産というと資格や経験がないと出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはなくて案外始めやすい仕事です。その中でも「賃貸」の仕事は不動産で最初の仕事にしやすいと思いますよ。ではそんな不動産賃貸の仕事にはどんな人が向いているのか解説致します。不動

不動産コンサルタントの転職で注意したほうが良い3個のこと

皆様は不動産コンサルティング、不動産コンサルタントという言葉を聞いたことはありますか?一度くらいは耳にされたことがある方が多いのではないかと思います。世の中ではコンサルタントやコンサルティングという呼称は非常に便利に使われており、不動産業界でも同じようにコンサルタントが溢れています。不動産コンサルタントと名乗りたければ、誰でも簡単に名乗れてしまいます。不動産業界において、不動産コンサルタントとは、財団法人不動産流通近代化センターが実施する試験に合格し、必要な要件を満たして、「不動産コンサルティング技能登録証」の交付を受けた人を指します。不動産コンサルティング技能士や不動産コンサルティングマスタ

住宅展示場事務求人でよくある募集内容や働き先の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

住宅展示場の事務は、求人ではあまりみかけることが少ない仕事でイメージがつきにくいかもしれません。今回は、そんな住宅展示場の事務について、仕事内容から求人募集について詳しくご紹介します。住宅展示場事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容住宅展示場の事務の仕事は、来場されたお客様の情報をパソコン入力や、モデルハウス内の展示物を作成などです。また、来場されたお客様の対応もするため、受付としての仕事も兼ねています。モデルハウスの管理も任されているため、掃除や備品の補充や交換なども仕事のひとつです。住宅展示場事務の仕事は会社でどういう役割を求められる?住宅展示場では、自分が所属しているハウスメーカーや

デベロッパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

デベロッパーという仕事は、地域を開発し、暮らしの未来を作っていく、先進的で重要な仕事です。大手企業が多いこともあり、デベロッパーを目指しているという方も多いのではないでしょうか。今回は、デベロッパー企業への就職をお考えの方に向けて、デベロッパー事業の中の1つである、商業デベロッパーの求人の見方やおすすめの求人についてご紹介いたします。デベロッパーってどんな仕事?デベロッパーとは、都市開発やリゾート開発、大型商業施設の開発等を行う不動産のことです。一般的に不動産業と言いましたら、アパートやマンション等を貸すための仲介に入る職業をイメージされるかと思いますが、デベロッパーも大きな土地を借りて(ある

不動産管理の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための5個の注意点

未経験の人もよく募集していて、しかも正社員かつ月収も低くないことが多いのが不動産管理のお仕事です。転職を考えている方なら目に留まることもありますよね。でも、不動産管理関係のお仕事に転職するならいくつか注意も必要です。転職を成功させるための選び方なども記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。不動産管理の転職で注意したほうが良い5個のことまずは不動産管理のお仕事に転職するに当たって注意したほうがいい点を見てみましょう。残業や休日出勤が多いシフト制の不動産管理員ならまだしも、よくある求人の多くは不動産管理会社の社員です。不動産管理会社の社員はいくつかの物件について管理している状況ですから、そ

不動産管理求人でよくある募集内容や募集職種の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

定期的に募集があり、また正社員募集が多く人気があるのが不動産管理の求人です。ただ、どんなお仕事なのかぴんとこない人も多いですよね。どんなお仕事なのか、よくある募集内容やおすすめしたい求人のポイントなど詳しく解説します。不動産管理のおおまかな仕事内容まず、不動産管理とはどんなお仕事なのでしょうか。仕事内容や会社での役割はどんなものなのか確認してみましょう。おおまかな仕事内容おおまかな仕事内容は簡単に言えば不動産の管理になります。不動産の中でも一般的にはアパートあるいはマンションの管理を行います。複数のアパート・マンションの管理を担当して車などで巡回することもあれば、ひとつだけを担当して常駐するこ

注文住宅営業の転職を成功させるためにやるべき5つのことと、上手な転職方法を解説します

住宅の営業は、平均年収も高く、未経験者でもできる仕事なので、転職先として魅力的に見えるかもしれません。間取りから設備まですべてお客様が決めていく注文住宅は、お客様とのコミュニケーションと専門知識が必要ですが、営業として関わることができれば「家に携わる仕事」の中でもよりやりがいを感じることができる仕事です。それでは、魅力的な仕事のようにも見える「注文住宅の営業」への転職を考えているならば知っておくべきことをご紹介していきたいと思います。注文住宅営業で転職する人は多い?結論から言いますと、注文住宅営業は転職者が多い職業です。なぜかと言うと、特別な資格や経験は必要ない未経験者でも求人がたくさんある給

注文住宅営業の年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

営業は実力次第で高収入を得ることができます。特に住宅系の営業の場合、契約件数や売り上げによって歴然とした差が出てきます。ほとんどが正社員で、未経験でも経験者でも関係なく、待遇に差が出るということはありません。実力がすべてなので、誰にでも高収入を得られるチャンスのある仕事なのです。注文住宅は何度も打ち合わせをし、設計段階から建築、引き渡し後までお客様と密な関係を築いていくので、満足度も高く、それだけ難易度ややりがいも大きい仕事です。それでは、注文住宅営業の給料と高収入のための転職術について、ご紹介していきます。注文住宅営業の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合注文住宅の営業は、そもそ