一戸建ての住宅のリフォームが最近では多くなっていますが職業選びの際にリフォーム営業を目指す人もいますよね?

求人なども多くなってきていますが、業界に不安を感じている方も多いと思います。

そこで今回はそんなリフォーム営業においての気になる点についてのお話しをしたいと思いますので、仕事に疑問を感じている方は気になる部分のチェックをしてみて下さい。

「リフォーム営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

リフォーム営業にはどんな種類があるの?

まずはリフォームでも多くの種類に分かれてきます。

建築関係もあれば設備専門のリフォーム会社という所もありますので、自分の知識を活かせる会社選びが必要となってきます。

リフォーム営業の募集でよくある企業のパターン

リフォーム営業の場合で一番多くなってくるのは地元密着型の工務店などが挙げられますが、ハウスメーカーなども募集も見かけますよね?

ここではどういった点に注意をして選べば良いのかをお伝えしていきます。

地元密着型の工務店

昔から地元に密着している工務店の営業では古くからの顧客というものがいますので比較的楽な場合が多いのですが、リフォームの際の提案できるものが少ないということが挙げられます。

材料費や仕入れコストの問題もあり、新規での注文を取ることが難しいという事にもなりますので、コミュニケーション力を最大に求められることが多くなります。

リフォーム専門企業

リフォーム専門企業というもの最近では増えてきましたが、ここで気をつけたい事は新規の顧客を探すことが厳しいというものが挙げられます。

同じような専門会社が多くなっていますので営業職としてはかなり厳しい環境を経験する可能性が高くなります。

ハウスメーカー系リフォーム企業

こちらの場合は既存客というものがあり、リフォームの営業もかなり楽となってきますが自由度があまり高くはありません。

また、給料の面でいっても安い場合が多くなってきますので営業の経験を積むという意味ではおすすめですが、自分が望むような待遇は受けられない場合も多くなってきます。

設備系企業

設備のリフォームは主に水回りの受注が営業の仕事となってきます。

定期的な需要が望める為に安定感というものはありますが、リフォームまでのスパンが長いことに関してはネックとなります。

ここでは新規での顧客も探すことになりますが、一戸建ては何かしらのリフォーム関係の会社が入っていることから厳しい状況にあると言えます。

企業を選ぶ時の注意点は?

自分で希望したい会社などがある場合には転勤などの有無についても考えておかなければいけません。

営業の場合は何か連絡があればすぐにお客のところへ駆けつけることが第一となってきますので、地元から離れることが難しいなどの条件がある場合には難しいと言えます。

「リフォーム営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

リフォーム営業でよくある募集内容と注意点

リフォーム営業をやる場合ですが、どの会社も同じような募集内容となることが多いですよね?

そういった際にはどこの部分に注目していくかをお伝えしていきますので、会社の選ぶ時の参考として下さい。

給与相場

営業職の給料ですが多くの会社が18万円から25万円の間で設定されていることが多く、こちらは固定での給料となります。

また、最近は最初の2か月は30万円といった高額の提示をする会社がありますが、こちらはノルマ的なものがキツイと思われる会社となりますのでおすすめはしません。

給料で比較をする場合にはおおよそ21万円程度を基準にして会社の選別をするようにして下さい。

勤務時間や休日、残業

リフォーム営業の場合ですがほぼ100%土日は出勤となってきます。

在宅率が高い休日は新規の顧客探しがメインとなり、休日に関しては平日の火曜日か水曜日の会社が多くなります。

また残業に関してはそれぞれの会社の違いが出てきますが、みなし残業と募集内容に書かれている所はあるべく避けるようにした方がよいでしょう。

こちらの場合はかなりの時間を残業に費やす可能性が高くなってきますので注意が必要となります。

勤務場所

勤務場所についても注意が必要となってきます。

ハウスメーカー系などは支店が多く存在する場合があり、転勤する可能性が高くなりますので注意が必要となります。

地元での勤務を希望する方は地元密着型の会社や工務店などを選ぶことが大切になってきます。

求められる人物像

営業職において企業が求める人物ですが、面接の際には以下のことについて注意するようにして下さい。

人当たりの良さ

人当たりの良さとは第一印象も含まれてきます。

営業で一番大切なのは顔を見た瞬間の相手のイメージとなり、それだけで話を聞くかどうか決まってしまうことが多くなってきます。

面接においても同じことが言えるのですが、面接官と顔を合わせた瞬間にほとんどの場合結果は出ていると言えますので、最高の笑みを常に作れるようにして下さい。

精神的な打たれ強さ

実際の仕事を始めるようになると顧客からの文句なども聞かなければいけませんし、上司からの売り上げについて苦言というものも出てきます。

このような場合に気持ちが落ち込んでしまう方は続けていくことが、かなり厳しいと思われますので精神的な面で打たれ強いという方が望まれることとなります。

ノルマに対して執着できる人

営業には必ずと言ってよいほどノルマというものが存在します。

自分が何件のリフォームを獲得するかを月ごとに決めていくのですが、さぼり癖のある方では達成することは難しくなってきます。

このノルマに関しては大きなストレスの原因ともなりますので、ここでも精神的な強さというものは求められてくるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

リフォーム営業の場合では建物自体を売るということにはなりませんので、基本的に誰でも出来ることにはなりますが、最低限の建築や設備に関わる知識は必要となってきます。

また、工務店などの営業では自分も作業をするということも出てきますので、2級建築士などの資格を持っている方が優遇されることが多くなります。

自分にあったリフォーム営業の求人の選び方や注意点

リフォーム営業を選ぶ場合には、自分がどの分野においての知識があるのかを基準にすることが大切です。

建築であればそちらの分野が得意となりますし、設備の知識が多ければそちらでの営業が苦労はしません。

また、以下のことにも気をつけていきたいので一つ一つ見ていきましょう。

【選び方①】会社の業態から探す

営業職でも個人で動くのかチームで動くのかに分かれてきます。

自分の場合はどちらが得意なのかを考えた上で会社を選別するようにして下さい。

チームで動く場合には「未経験でも大丈夫」のようなフレーズが、募集内容に載っている場合が多くなりますので不安が多い方は、数名で動くことができる会社を選んでいくと不安なく仕事をすることにもなってきます。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

営業職の場合で一番大きく違ってくるものは収入です。

会社の固定給料の他にも歩合制をとっている所であれば、かなりの金額を手にすることが可能ですが、ノルマに関してはかなり厳しくなってきます。

また、雇用条件についてですが詳しく書かれていない会社も数多くあることから、必ず面接時には聞くようにして下さい。

ここで内容の食い違いが出てしまうと後々のトラブルの原因にもなりますので、自分が不安に思うことはしっかりと聞くことも必要です。

【選び方③】勤務地から考える

会社の規模が大きくなると必ずと言ってよいほど転勤という問題が出てきます。

隣県の場合もありますが支店が離れている場合には、住み慣れない土地へいくことにもなってきますので、勤務地についてはしっかりと把握するようにして下さい。

【選び方④】会社の規模から考える

地元の会社の場合は働きやすいというメリットはありますが、収入の面で不満に思うことが出てくるかもしれません。

一方で大手での仕事では理想の給料となることが多くなりますが色々と厳しい条件という事も出てきます。

【選び方⑤】会社の取り扱い商品から考える

リフォームの場合には外装から内装、設備関係と色々な商品を取り扱うことになりますので、会社の商品から選んでいくことも大事なことになってきます。

自分の得意な知識が活かせるようであれば仕事自体も楽となってきますが、取り扱う商品が全くわからない状態ですと最初の3か月はかなり苦労しなければいけない状況になりますのでご注意下さい。

注意点

どのような会社でも言えることですが営業の仕事は、楽ではないという事を理解した上で選ぶようにして下さい。

リフォーム営業の場合は、自分のコミュニケーション力が最大の武器ともなってきますので営業の経験を積みたい方などは、転職へのステップとして始めてみる事も大切になってきます。

単に給料が高いということだけで選んでしまうと苦労することがかなりありますので、しっかりと自分なりの人生設計などを考えた上で選んでいくことが大切になります。

「リフォーム営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

リフォーム営業では既存客の管理から新規開拓、資格がある場合には現場の管理などもする場合があります。

その中でも一番求められるものは新規開拓となり、顧客を探すということがメインの仕事になってきます。

こういった仕事においては精神的な面での成長が期待できるので、次の転職へに関しては心配することが少なくなってきます。

現在において転職というものは当たり前の時代にもなっていますが、営業の経験はどういった仕事をする上でも役に立ってきます。

顧客とのコミュニケーションが必要なリフォーム営業であれば、会話術や言葉選びなどの多くのことも学ぶことが出来て自分にとっての最高の経験と自信にもなってきます。

もちろん、同じ会社で頑張っていけば収入も増えていきますし安定した生活をすることになりますが、今の自分を大きく成長させることにもなりますので、将来的に成功した人生を歩みたい方にはおすすめの職業となってきます。


関連キーワード

リフォーム求人

リフォーム求人についてもっと深堀りした情報を見る

リフォーム施工求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

リフォームの現場で実際に組立て、取り付け作業を行う「施工店(工務店)」についてご紹介します。リフォーム施工求人の詳しい仕事内容から、給与相場、休日、おすすめの求人ポイント、気になる疑問などを施工店の経験者が詳しくご紹介します。リフォーム業に興味のある方は是非、参考にしてみて下さい。リフォーム施工求人にはどんな仕事があるの?リフォーム関連の仕事ではお客さんからリフォームの案件を取ってくる営業の仕事や、商品を製造するメーカー、商品を販売する商社、既存の設備を廃棄処分する産廃業者、解体作業、下地の造設、組み立て作業を行う施工業者などたくさんの業者、業種の人間が関わります。その中でも今回は施工業者にス

リフォームの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

人の基本的な生活の基盤となる「衣食住」の「住」の一端を担っているのがリフォーム業です。住居に長く住んでいると様々な問題が生じる場合があります。その問題を解決する方法のひとつがリフォームです。今回はリフォーム業の仕事内容を踏まえて、向いている人と向いてない人をご紹介します。リフォームの仕事とはどんな仕事?「お風呂が壊れた」「お湯が出ない」「リビングに電気を増やしたい」「歳をとって玄関の段差が辛くなってきた」「賃貸のキッチンを最新のものに入れ替えて家賃を上げたい」など、お客さん(依頼主、施主)の要望に応えるために打ち合わせを行ったり、商品の発注を行い、工事の日程を合わせて、解体、配管、配線、組み立