この記事では、人材紹介会社における営業職の役割について紹介をしていきます。

今回は紹介会社の営業職の中でも、企業から求人案件を獲得してくる、リクルーティングアドバイザー、通称RAについて解説をしていきます。

人材紹介営業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

求職者に紹介をするために、企業へ営業に行き、人材紹介の求人案件を獲得してくるのが、紹介営業のミッションです。

人材紹介の営業は会社でどういう役割を求められる?

わかりやすく言うと、売上を作ってくる仕事になります。

紹介会社のビジネスモデルについて、説明をしておきます。

人材紹介会社は、求人企業に人を紹介することで、成約フィーを受け取るビジネスモデルです。

もう少し具体的に言うと、一般的には、年収の30%を手数料として受け取ります。

年収500万円の人が転職をすると、150万円が紹介会社の売上となります。

人材紹介営業にはどんな種類があるの?

人材紹介の営業職には、どんなスタイルがあるのか、会社の規模別に解説していきます。

人材紹介営業の募集でよくある施設や事業形態のパターン

大手紹介会社

人材紹介会社で一番有名な会社は、リクルートエージェントさんでしょうか。

大規模な紹介会社ともなれば、営業担当は数百人単位で抱えています。

人材紹介の仕事には、企業から求人を獲得してくる前述したRAと呼ばれるポジションと、求職者の相談に乗り、求人を提案するキャリアアドバイザー、通称CAと呼ばれる2つのポジションがあります。

大手企業は、この二つを分けて分業制にしているところが多いです。

中小零細企業

実は、紹介会社のほとんどは中小零細企業です。

どちらかというと零細企業に近いです。

社長一人でやっている会社もかなりたくさんあります。

社長一人に社員が2~3人という会社も少なくありません。

人材紹介の場合、免許と求人案件さえあれば、すぐにでも事業が出来るため、小規模組織の方が性に合っている部分もあるわけです。

人材紹介営業でよくある募集内容とは?

人材紹介会社の営業で募集される求人の詳細を見ていきます。

給与相場

概ね300~600万円くらいが給与相場になるかと思います。

但し、この業界はインセンティブ制度を設けている会社も少なくありませんので、成約が出れば出るほど、月給が高くなる場合もあります。

勤務時間や休日、残業

基本は9:00~18:00のところがおおいですが、活動時間として、メインになるのは、10:00~19:00頃になります。

朝の時間が遅いのは、企業の担当者への連絡が大体それくらいになる傾向があるということと、夜が遅いのは、アポイントが夕方以降に入るケースもあるからです。

人材紹介のビジネスは、労働集約型ビジネスの典型で、誰かが動かないと売上になりませんので、労働時間は長時間になりがちです。

福利厚生

大手企業の場合は、様々な制度が充実しているケースも多いと思いますが、先ほど書いた通り紹介会社のほとんどは、中小零細企業ですので、ほとんど福利厚生という制度はないに等しい会社も多いと思います。

勤務場所

求職者との面談をすることを考慮して、都心部やアクセスの良い場所に紹介会社は集中する傾向があります。

オフィスを設けている企業も多いですが、正直パソコンと電話さえあれば、仕事ができてしまいますので、勤務場所はあってないようなものです。

求められる人物像

実際にどんな人が採用されやすいのか。

求められる人物像を見ていきたいと思います。

目標達成意欲の高い人

もしかすると今まで持っていたイメージが壊れてしまうかもしれませんが、人材紹介会社の大半は言葉は悪いですが、ゴリゴリの営業会社です。

なぜゴリゴリの営業会社かというと、商品が勝手に購入されて売上が立つという事業モデルではないからです。

顧客に仕掛けないと一切売上は立ちません。

なので、日々テレアポの件数、アポの取得数、求人の獲得件数、提案数、内定数などを数値目標化し、アクションし続ける会社が多いです。

中には、数値目標をそこまで厳しく設定せずに、事業を行っている会社もありますが、まだまだ少数派と言えるかもしれません。

求人を見極められる人

どんな求人だと求職者を説得し、転職を成功に導くことができるのか?

求人の目利きをする能力がかなり大切になってきます。

この能力を磨いていくには、最初のうちは、数多くの求人案件を自力で開拓し、求職者に提案した反応がどうだったか、キャリアアドバイザーから情報収集をしていくしかないと思います。

数をこなしていくなかで、自分にとって相性の良い求人(クライアント)や得意分野が見えてきて、仕事がしやすくなっていきます。

必要なスキルや資格、経験

2つの営業経験が特に役立ちます。

1つは、新規開拓営業。

もう1つは、業界に精通した既存深堀営業です。

人材紹介営業のおすすめ求人のポイント

実際に求人を探す際にどんな点に注意すればよいのか?

ポイントを見ていきます。

固定給+歩合給の求人を探すべし

歩合給の比率が高ければ固定給は自ずと少なくなります。

なので、自分の希望年収とのバランスを取っていくことが大切になります。

興味がある分野に強みを持った紹介会社を探す。

もしあなたが、お菓子メーカーから人材紹介営業への転職を考えている場合は、その分野に強みを持った紹介会社で働いた方が、ノウハウを蓄積しやすくなります。

先人からノウハウを効率的に学びとるスキルも重要です。

人材紹介営業の雇用形態による違い

正社員の場合は、固定給+歩合給、業務委託の場合は、完全歩合給の場合が多いです。

人材紹介営業についてよくある疑問

資格は必要か?

正直に言うと、キャリアアドバイザーなどの資格はあって邪魔にはありませんが、必要かどうかと問われれば、あまり必要ないという回答になります。

それよりも顧客との関係性を自力で作れる営業力のほうが活躍のためには必要な要素です。

求職者のために働く仕事?

学生が人材業界を志す動機の一つとして、求職者のために一生懸命に働くというのがあり、それはそれでとても重要なことなのですが、前述のとおり人材業界は、営業力がものいう弱肉強食の世界です。

売上のもととなる求人企業を満足させてこそ一人前であるという観点をぜひ持ってほしいと思います。

まとめ

人材紹介業に対するイメージが変わってしまった人もいるかもしれません。

ただ、人材紹介の営業職は歩合給もつく、夢のある仕事でもあります。

自分の腕一本でとにかく稼ぎたいという人は、保険のセールスもいいですが、人材紹介という仕事を一つの選択肢に入れてもよいかもしれません。