みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?

「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。

「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。

どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。

しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。

今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。

少しでも「コンサルタント」という職業に興味のある方は、参考にしてみてください。

営業コンサルタントの仕事の大まかな内容は?

まずは、営業コンサルタントの仕事の大まかな内容をご紹介します。

そもそも、コンサルティングとは企業の経営者や役員に対して、企業の問題点の解決策を提示・アドバイスし企業全体の運営を助ける業務のことです。

転職市場でもよく聞くコンサルタントという業種。

コンサルティング業界にはいくつか種類があることをご存知ですか?

ここではまずコンサルティング業界を5つご紹介します。

市場を知ることは転職活動にとって大切なことなので、是非覚えてくださいね。

戦略系ファーム 

大手の国際的な企業に対して、その経営者が抱える問題点を戦略的な視点からコンサルテティングを行います。

テーマは全社の経営戦略やM&A戦略、統合戦略や新興国進出戦略など、グローバル的なテーマを中心に幅広いコンサルを行います。

業務・IT

コンサルをする企業の日常の業務のプロセスやオペレーションを改善することで経営を改善していきます。

業務改善がメインのコンサルティングになってきます。

戦略策定、M&A,会計支援なども行います。

特定領域の専門性を身に着けることができるので、今後特定のジャンルで活躍したい方にはオススメです。

シンクタンク

主な取引先は、民間企業。

マネージメントやリサーチ、政策やエコノミスト等の領域をコンサルティングします。

研究所が多いです。

ファイナンシャルアドバイザリー

こちらは、M&Aに書きあわる経営の戦略決定~取引先との契約の締結までをサポートします。

締結までは複雑なプロセスですので、その仲介に入りコンサルを提供するのです。

特定領域における専門知識が必要になってきます。

組織人事

クライアントの企業に対して、人事・評価・役員報酬などの人事コンサルを行います。

近年ではM&Aに伴う合併により、プロジェクトは制度統合なども多数。

その他企業の組織・風土の改革や人材開発・教育開発など人事・組織に関わる制度以外でもコンサルを行います。

上記の5つ以外にもコンサルティングのジャンルはいくつかあります。

自分に見合う、自分がしたいと思った業界はありましたか?

営業コンサルタントの仕事は大きく4個の仕事に分けられる 

さて、ここまではコンサルティング業界の様々なジャンルをご紹介してきましたが、続いてはみなさんが気になっているであろう営業コンサルタントの仕事内容をご紹介します。

今回は大きく4個の役割に分けました。

  • 新規のクライアントを開拓する
  • クライアントにヒアリングをし、課題を見つける
  • 改善に向けた方向性の確認・提案をする
  • 提案後のフォローをする

営業コンサルタントの仕事のメインは主に上記になっていきます。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

新規のクライアントを開拓する

ひたすらテレアポをします。

そしてこれまでの人脈からアポイントを取っていきます。

クライアントにヒアリングをし、課題を見つける

直接訪問しヒアリングを行います。

そうでない場合は電話やメールで悩みをヒアリングします。

改善に向けた方向性の確認・提案をする

クライアント企業の今後の方向性を確認します。

その方向性をもとに改善案を提案していきます。

提案後のフォローをする

営業コンサルタントは、問題点を見つけただ改善するだけではありません。

改善した後のフォローが最も大切なのです。

その企業へコンサルティングをしたことでする前と何が変わったのか?

どのように改善されてその結果はどうだったのか?

を把握することで、やりっぱなしという状況を作らずその企業へ寄り添ってサポートする姿勢を崩さないことが大切です。

また、例えば改善できなかった場合でも「何が間違っていたのか?」「何をすればよかったのか?」を自分自身で分析することで今後のコンサルティングにも活かすことができます。

営業コンサルタントの仕事に活かせる経験やスキル

さて、ここまで文章を見てくれたあなたは、少なからず営業コンサルタントという仕事に興味があるでしょうから、ここでは営業コンサルタントに活かせる経験やスキルを3つご紹介します。

1つでも当てはまったら、営業コンサルタントに向いているかもしれません。

コミュニケーション能力

これは、社会人ならだれもが持つべきスキルです。

特に、営業コンサルタントはクライアント企業との対話が重要になってきます。

相手がこちらに心を開いてくれないと、本音を伺うこともできません。

ですので問題を見つけることもできなければ、それを解決することもままならなくなります。

また、問題解決においてクライアント企業の協力は不可欠なので、日々コミュニケーションを取ることでお互いの信頼関係を築くことが大切です。

課題解決能力

営業コンサルタントの主な業務は「問題を見つけ、それを解決する」ことですから、それができなければ営業コンサルタントには向いていないでしょう。

普段から優柔不断であったり、相談されるよりもする方が多いという方にはコンサルタントの仕事は不向きです。

分析力

問題を解決するためには、原因を知りどのように改善するかを思案する必要があります。

営業コンサルタントは問題解決のプロですから、分析力は必要不可欠です。

普段から好奇心が強い人や「なぜこうなるんだろう?」と原因を追究するのが苦ではない人には向いているかもしれません。

営業経験

コンサルタントと言っても、結局はサポートというサービスを売っているのですから、自分のスキルをクライアント企業に売り出す営業マンと言えます。

自分のスキルをいかに企業にアピールできるか、それが今後のクライアント増加にも繋がってくるので、営業を経験していて損ということはないでしょう。

営業コンサルタントの仕事の大変な点や難しい点

営業コンサルタントに活かせる経験やスキルをご紹介しましたが、当てはまるものはありましたか?

そもそも、あなたは営業コンサルタントにどのようなイメージを持っているでしょう?

「専門的な知識が必要?」「夜遅くまで残って改善点を見つけてそう…」そんなネガティブなイメージを持っているのかもしれません。

実際に、営業コンサルタントは大変な点や難しい点はあります。

ここでは、包み隠さずそれらを紹介していきます。

結果を出す期間が決まっている

「夜遅くまで残って仕事をやっていそう。」「残業が多そう。」というイメージが生まれる原因は、ここにあるのでしょう。

基本的には企業の存続に関わる業務ですので、その課題を解決するのは1分、1秒でも早い方がいいのです。

企業にとっても問題を解決するのに早くて困ることはありません。

だらだら長い時間をかけて課題を解決するならコンサルティングはいりません。

いかにスピーディーに、最適に課題を解決できるかがコンサルタントの力量なのです。

クライアントによってはその業界を知る必要がある

コンサルティングをするクライアントは随時変わってきます。

既存のクライアントをずっとコンサルする、という状況も少なくありませんが、基本的にはクライアントは変化していきます。

自分が担当するクライアントの業界は、その市場を知ることから最新の情報まで幅広く、そして深く網羅しておく必要があります。

自分が把握していないとクライアントに最適なコンサルティングをすることができませんし、改善点はおろか何が問題なのか?も見つけることは難しいでしょう。

自分がこれまで担当してきた領域のクライアントだと進めやすいですが、まったく新しい業界のクライアントだと、イチから勉強する必要があるので、相当な時間を要します。

時には厳しい課題にも直面する

「これどう考えても改善は難しいよな…」

そんな課題でも、クライアントにサポートしてほしいと言われたら問題点を見つけ改善しなければなりません。

頼まれたクライアントに「これ、問題を解決できませんよ。」なんて言えないため、どんなに解決が難しそうな課題でも最善のサポートをする必要があります。

社会の変化に柔軟に対応しなければならない

社会は刻一刻と変化していきます。

情報が世界中に溢れている現代。

その最新情報に都度対応しなければ、クライアント企業への最適なコンサルティングは難しいでしょう。

最新のニュースをチェックすることはもちろん、その目は国内だけでなく海外にも向けることが大切です。

何百人何千人を雇用している企業の経営の行方を任されているため、生半可な気持ちでコンサルをするなんてもってのほかでしょう。

営業コンサルタントの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

営業コンサルタントの仕事において大変な点や難しい点をご紹介してきましたが、大変な仕事こそやりがいを感じるものです。

ここでは、そんな営業コンサルタントのやりがいやいい所をピックアップし紹介してきます。

クライアントの課題を解決する

コンサルタントのやりがいのトップはもちろんこれでしょう。

クライアント企業の経営における問題点を見つけるだけでも、普通の人には難しい業務です。

それ以上にその問題点を解決・改善していくのも難しいのに、それをやり遂げた時は達成感の感じ方に大きな違いがあります。

コンサルタントは企業の経営の1端を担っているため、責任重大な仕事ですが、その分自分への評価や業務への責任感が芽生えるため、バリバリ仕事したいという人には向いているでしょう。

自分のスキルが目に見えてわかる

「企業の問題点を見つけそれを改善する」というクライアント企業の経営にとってとても大切な役割を担っているため、コンサルタントの責任は大きいです。

しかし、その分見返りが大きいのもコンサルタントの特徴です。

「ここが原因だから、こう解決しよう。」1つひとつ分析し、改善に向かって業務を進めていく中で、「もっとこうすれば効率的」「この方が問題を解決できる」とコンサルティングしていくうちに業務の進め方を把握できるようになります。

クライアント企業への対応の仕方や、企業の売上が伸びたとき、経営が好調な時など「自分のおかげで立ちなおせた」という気持ちを味わうことができます。

メリット 

営業コンサルタントのやりがいに続いて、そのメリットも一緒にご紹介していきます。

業界での人脈が広がる

営業コンサルタントは、様々なジャンルがあります。

そのジャンルでのコンサルタント同士のつながりはもちろん、時には違う業界の同業者と知り合うことも。

他のジャンルのコンサルについても知ることができますし、またクライアント企業の業界の人とも知り合うことができます。

頻繁にクライアント企業に訪問していると、色々な業種の人に出会うでしょう。

また、クライアント企業へのコンサルが成功すればその見返りとして自分の名前を他の企業に広めてくれるかもしれません。

分析力が飛躍的に高まる

コンサルタントの仕事は「問題を見つけ、それを解決する」ことです。

業務内以外の日常生活でも、「これが原因だからこうなったんだ」と効率よく物事を考えることができます。

事前に「こうなりそうだからやめておこう」と思いとどまることもできますし、例えば人生において大きな買い物をするときなども自分で論理的に考えることができます。

周りの人から相談される機会も増えるでしょう。

「あなただから相談した。」と頼りにされるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

営業コンサルタントの仕事についてご紹介してきましたが、あなたのイメージと実際の仕事内容とのギャップはありましたか?

大変なこと・難しいことも多い営業コンサルタントですが、その分達成感は大きく、やりがいを感じることができます。

少しでも「あ、いいな。」と思ったら、あなたにも営業コンサルタントの素質があるかもしれません。


関連キーワード

営業求人