今の職種から転職を考える方は様々な理由がありどういった仕事に決めてよいものかと悩む事も多くなりますが、営業職を目指そうという方も少なくありません。

自分の売り上げなどによっても収入が違ってきますしやりがいなどを感じる方も多いのではないでしょうか?

また、話が好きな方なども営業職への転職を一度は考えることが多く、どうせ働くのであれば稼いだ方がいいという理由から営業の世界へ飛び込むという人も増えています。

昔から営業にはノルマがきつい・残業だらけなどといった悪いイメージもありますが、労働の環境は大きく変わろうとしています。

残業に対しても厳しい監視の目などがありますし昔ほど厳しいノルマというものもなくなりつつあります。

自分が転職をする際に営業職を選びたいという気持ちはあるけれど未経験というものがネックとなる場合もあり、中々決心がつかないという人もいますが実際はどうなのでしょう?

今回は営業職は未経験でも転職できるのかということにスポットを当ててのお話しとなります。

転職をする時にはかなりのエネルギーを使いますよね?

知らない間にストレスも抱えるようになり精神的にもかなりの疲労が出てきます。

未経験という事から転職を躊躇されてる方などは今回お伝えすることが参考となるかもしれませんので、ご自分の仕事選びの際には活用して頂ければ幸いです。

それでは最初に未経験での転職という事についてのお話しをしていきます。

ここでは主にどういった事に対して注意が必要となるのかをお伝えしていきますので自分なりに当てはまるかどうかをチェックするようにして下さいね。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

未経験での営業の転職で注意したほうが良い6個のこと

未経験から営業職へ転職する場合ですがいくつかの注意事項というものが出てきます。

これはどういった職種に関しても同じ事が言えますが、未経験者とは全く知識もスキルもない状態ですよね?

本や雑誌で得た知識などは職場においては役に立ってきませんのでどういった職種へ転職する時にも未経験という状態は大きなハンデとなることは覚えておいて下さい。

そして営業という世界へ飛び込もうとしているのであれば次から挙げる6個の注意点はしっかりと認識した上での応募が大切になります。

このことをしっかりと理解しないままに営業職を始めてしまうと必ず後悔する事態が発生してきますのでご注意下さい。

それでは一つ目の注意点がこちらになります。

未経験での営業の転職で注意したほうが良いこと1:成果が給与につながる

今までは月の固定給というものが収入となりますが営業職の場合は固定の部分もありますが大きく変わる部分も発生します。

ここでは主に法人営業や個人営業といった新規開拓での営業職の例を挙げていくますが、多くの場合は固定給というものはかなり低く設定されることになり、売り上げに応じた歩合給のような形をとる会社が多くなります。

これまでは自分の仕事の売り上げなどはきちんと考えなくても給与は満額発生するわけですが、営業職へなれば自分が売った分だけ収入も増えることになってきます。

ここが一番大きな違いとなる部分でもあり難しい所でもありますので注意が必要となります。

これは売れる月と売れない月というものが出てきますので収入にも大きく影響することが考えられます。

例えば初月は30万円の手取りを貰えたとしても次の月も同じとは限りません。

15万円かもしれませんし会社の固定給が低ければ10万円かもしれないのです。

ここが一番怖い部分でもあり、募集内容をしっかりチェックしてほしい部分となりますので必ず固定給などはいくら出るのかを調べるようにして下さい。

未経験での営業の転職で注意したほうが良いこと2:ノルマがある

営業の募集内容に「未経験歓迎!ノルマなし!」このような言葉も見かけると思いますがどういった営業職でもノルマがないということはありませんのでご注意下さい。

会社は自社の製品や仕入れたものを売る為の人を募集しているのであって何もしなくても給与を払うはずがありませんよね?

ノルマなしなどと書かれている会社の場合は(異常なノルマはなし!)のような意味あいかもしれませんし入ってみなければわからない部分も多くなりますので応募の際には注意して下さい。

営業職に限っていえばノルマがない会社というものは、ほぼあり得ないと思っていることが大切ですので、安易な言葉へ誘われないようにして下さい。

未経験での営業の転職で注意したほうが良いこと3:実力主義

この営業職については完全に実力主義となります。

いくら年下であっても売り上げが良ければ役職へと出世していきますし部下として働かなくてはいけません。

年齢などにこだわりを持つ方であれば営業職には向かないとも言えますので、こういった特殊な人間関係は苦手という方は転職をすることは控えた方が自分の為にも良い結果となってきます。

一般の会社では長く勤めていたり年齢が高ければ先輩ということになるのが普通ですが、営業のような個人の売り上げを中心とした会社では売った人間がエライという社風があります。

かなり独特なものでもあり精神的にも弱いという方であれば耐えられない雰囲気の会社もあるかもしれませんので、その際の転職はおすすめしません。

未経験での営業の転職で注意したほうが良いこと4:体育会系の職場が多い

よく体育会系というような言葉を耳にしますが営業職もかなり異様な世界だということを覚えておくようにして下さい。

朝の挨拶から声を張り上げるような事も考えられますし昔の体質が抜けない会社も多くあります。

今ではそういった社風をなくそうとしている所も出てきていますが、そういった会社へ応募できるかどうかはわかりません。

転職をする時には体育会系の会社にあたる確率が高いということを理解した上での転職が望ましいと思います。

未経験での営業の転職で注意したほうが良いこと5:離職率が高い

営業へ転職する際には、また転職する可能性があるという事も頭に置いておくことが大切です。

この理由としては売ることが自分でも厳しくなり仕事への意欲がなくなるという事が最大の原因と言えます。

最初の半年ほどは気力などでもカバーできますがそれを過ぎてくるとノルマなどのプレッシャーを感じてきます。

そうした事が続いてしまえば精神的にもかなりキツイ状態になり、最終的には違う職探しをするという結果になっていきます。

営業職へ未経験で転職をする時に大切なことはとにかく自分が目標とする収入を得るということを確実に達成することが大切となってきます。

その為にはかなりの努力と苦労をすることにもなりますが、一度目標を達成した人間というものはその後も不思議と成績が伸びていき年収も上がっていくことになりますので、精神的に弱いと感じる人であればおすすめできる職ではないという事もお話ししておきます。

未経験での営業の転職で注意したほうが良いこと6:人間関係が複雑な会社が多い

営業職というものは簡単に言えば周りは全てライバルになりますので心構えが必要となります。

普通の職場であれば何かしらのコミュニケーションをとりながらという事が普通ですが営業職の多くは最低限の事を教えたらあとは自分でなんとかしていくことが基本のようなものです。

これも昔の体質がそのままに残っている会社が多い為に、今でも同じような雰囲気のままで仕事をする会社もかなりありますので注意が必要となります。

こういった注意点だけを取り上げていくと転職には向かない職種だと感じる方もいるかと思いますが、次から挙げる営業職については比較的安心な所が多くなりますので職種を選ぶ際の参考にして下さい。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

未経験での営業におすすめの業界は?

自分が営業の経験がない場合には次からご紹介する営業職というものも目安となってきます。

比較的未経験に対しても親切な会社が多く働きやすいという環境でもありますので、仕事選びを考える時にはこのような職種も選択肢の一つとしてみることが大切になります。

未経験での営業におすすめの業界1:人材営業

人材営業の場合は主に法人営業となり顧客に出来そうな会社を回っていくことになりますが、多くの場合は二人で回ったりといった体制の場合は多く、仕事を覚える環境が整っていると言えます。

営業職のほとんどが一人での行動ですのでその事に関してのストレスを抱える方も大勢いることになりますが、二人一組などの体制を組んでいる場合はそれほど気持ちを圧迫されるような事にもなりませんので未経験の方であればこういった職種を選んでいくことも大事になってきます。

未経験での営業におすすめの業界2:IT営業

ITに関する営業職というものもこれからの時代を考えていけば必要な人材ですので会社の対応なども期待できる分野となります。

ますますIT技術というものが発達していく世の中ですので、この業界に携わることの出来る営業職を増やしていきたいという会社側の願望というものもあり普通の営業職よりも楽な部分も出てくることが多くなる職種でもあります。

未経験での営業におすすめの業界3:不動産業界

営業への転職が未経験の方であれば不動産業界ということも考えてみてはいかがでしょう?

この業界では特殊な知識などを要するものもありますが未経験でも営業職を募集している企業は沢山あり、色々な形の営業を選べることになります。

賃貸営業のようなものであればそれほどの知識は必要としませんし、仕事をしながら慣れていくということもできる部分がおすすめでもあります。

それではこういった未経験での転職を成功させるために必要なことについてもお話しをしたいと思います。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

営業というある意味では過酷とも言われる職業へ転職する場合にはこれからお話しする2つのことについてしっかりと考えるようにして下さい。

それらの事をきちんと考えた上でなければ自分にとって良い転職とはならない場合も発生しますので注意が必要となります。

転職を成功させるためにすること1:転職理由を明確にもとう

まずは転職する理由という事についてですが、なんとなく営業なら稼げると思ったなどの考えであるならばもう一度考え直す必要が出てきます。

転職での注意点に離職率のお話しをしましたが、明確な目標のない人はかなりの確率で会社を辞めることになっています。

自分の目標や理由というものがしっかりと定まらないうちは営業への転職は控えることを考えるようにして下さい。

転職を成功させるためにすること2:自分の出来そうな職種に絞る

営業という仕事も業種などによって扱う商品が変わってきます。

例えば不動産営業であれば一戸建てもありますし賃貸マンションのような仕事も出てきます。

一番大事になってくるのは自分でもきちんとやり遂げられる職種を選ぶことであって、給与だけで決めてしまうようなことは避けた方が良いと言えます。

収入なども幅は出てきますが自分のやり続けられる仕事であれば時間はかかった場合でもきちんとした結果がついてきますので、収入面などだけで決めるようなことはしないようにしましょう。

それでは最後に未経験で転職した場合、年収を上げるためにやるべきことについてお話ししていきます。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業未経験での転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

未経験で営業という職に就くことはかなり不安でもあり、自分でもやっていけるかどうか心配ですよね?

ましてや収入に関して考えていくと本当に自分が売ることが出来るかどうか考えてしまうと思います。

こういった場合ですが、次の事を大切にしていくことで自然と収入確保は楽になってきますので参考にして下さい。

営業未経験での転職で年収を上げるためにやるべきこと1:人の話を良く聞く

営業経験がないという事はそれだけも不利な条件でもあるのですが、考えようによっては自分の大きな武器となってくれる場合も発生します。

まずは、知識的なものが足りないということは人の話を素直に聞くことが出来ます。

これは営業をしていく上ではかなり重要なことにもなっていきます。

人の話を良く聞き覚えていくということは余計な事を考えないままに自分の知識とします。

ですが、ちょっとかじった知識などの人の場合は知っている部分などがあると聞き流すという行動をします。

それが数か月後にはかなりの収入の差になり、ほとんどの場合ちょっとかじった知識を持っている方が辞めることになってきます。

未経験の強みというものは素直さでもあり、それを忘れてしまったら成功の可能性がかなり低くなると思って下さい。

前職がどういった立場だったのかも関係ありませんし営業職は実力の世界でもあるので、いつまでも前の職のことは引きずらないことも大切です。

営業未経験での転職で年収を上げるためにやるべきこと2:一番売れている人のマネをする

営業において大切なのはマネをすることも自分にとっての勉強となります。

会話の方法から相手へのアプローチなど色々と見る機会がある場合が出てくると思いますので、まずはその方法というものを自分のものになるようにして下さい。

その際ですがあくまで参考にするのは一番売れている人間になります。

中途半端な人を選んでも意味はありませんのでご注意ください。

また、どうしてもそういった機会がない場合には自分からTOPの営業マンに教えてもらうことも大切です。

一番の参考書となる人物から学ばないということは自分にとって損をしている行為でしかありませんので、恥ずかしがらずにしっかりと実行していくようにしましょう。

ほとんどの場合、TOPである人間のマネをしていけば自然に売れる営業マンへ成長していき、感覚がつかめるようになると自分なりの個性も出てきます。

後はどういった事について大事にしていくかを考えるだけで、そこまでのレベルになれば心配することもなくなっていくはずです。

未経験で営業を始める場合はこの二つについて徹底していけば年収についても結果がついてくることになりますので参考にして頂きたいと思います。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

自分が転職を決める時にはかなりの勇気も必要になりますよね?

今の職場での地位もなくなり新人としてやり直すということは誰しもが出来ることではありません。

そういった苦しいとも言える道を選ぶのであれば、絶対に転職を成功させたいと思うのが当然ですが、多くの人が選び方というものを間違っている傾向があります。

自分に合っていない職種を選んだり、全く興味を持てない商品と扱う会社に決めてみたりといった間違った決定をしているのです。

本当に転職を成功させたい場合には自分でも心躍るような商品でなければ人に気持ちは伝えることは出来ませんし売れることもありません。

また、努力が出来ない人も営業では成功の道はないといっていいでしょう。

未経験での転職はかなり辛い事も出てきますが自分の場合はどういった職種にするか決まったでしょうか?

自分の目標をしっかりと持ち続けていれば未経験でも成功できる可能性は十分にありますので、今回の注意点などをよく見るようにして悔いのない転職をするようにして下さい。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に