貿易営業がどんな仕事か興味を持つ人は少ないと思います。

ただ一重に貿易営業といっても、どんな仕事なのかなかなかイメージしづらいかもしれません。

今回は、貿易営業の年収がどれくらいなのかなども紹介していきます。

「貿易営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

貿易営業の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

年収300〜500万円といったあたりが一般的です。

正社員で転職した場合

年収300〜700万円とかなり幅が広くなります。

ただし、転職の場合、役職で転職できるケースもありますのでその場合は年収が異なります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

会社にもよりますが、実績に応じたインセンティブ制度を設けているところは基本給以外にも臨時収入が見込めます。

他には営業手当であったり、残業手当などがあります。

給与が高い人は何が違うの?

給与が高い人は、資格を保持していたり、経験者であると給与が高い傾向にあります。

例えば、輸入貿易営業の場合、通関士の資格があったり、貿易実務の資格があると給与に手当がプラスされることがあります。

貿易営業の給料の決まり方

経験有無

経験者はやはり基本給の設定時に有利です。

経験があれば会社もトレーニングに多くの時間やコストを費やさずに済むので、その分給与に還元してくれるケースが多いです。

英語や他の言語ができるかどうか

貿易営業はやはり英語や英語以外の言語を使用する機会が多いため、第二言語として日本語以外の英語や他の言語を使いこなせると基本給にプラスしてもらえる傾向にあります。

貿易に関しての知識の有無

未経験者であっても貿易の知識があれば、給与に多少のプラスをしてもらえるケースがあります。

「貿易営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

貿易営業で給料をあげるためにやるべきこととは

仕事をする上で給料はモチベーションを保つ上で大切な要素の一つと言えます。

貿易営業で給料を上げるためにはどんなことが必要なのかを紹介します。

今からできることや将来に向けてやるべきことなどを話していきます。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

日系の会社の場合は、一人で交渉するのではなく、労働組合が存在するはずなので社内の労働組合に基本給アップの案を持ち込んで相談してみましょう。

外資系の場合は、定期的に上司との1対1の面接の機会を設けています。

その際に相談してみるのがいいと思います。

ただし、ただ給料をあげて欲しいだけではどの方法も検討してもらえません。

給料アップの交渉の際は、必ず自分がどれだけの実績をあげて会社の売り上げなどに貢献したかを具体的に資料などにして交渉するのがベストです。

スキルアップを図る

会社によっては奨励している資格を取得することで給料をアップにつながるので、スキルアップを図るなら貿易に関連した資格を取得したり、英語や英語以外の言語の取得をすることが望ましいです。

思い切って転職する

給料アップや仕事の幅を広げるための選択肢として転職もよく聞きます。

同業他社へ行くケースは貿易営業では頻繁にあります。

転職に際して転職先の選び方を紹介します。

転職先の選び方1:現行の会社との繋がりがあるかどうか

現在勤めている会社との繋がりがあるのが悪いというわけではありませんが、繋がりが強すぎると会社での評価が前と変わらないケースや現行の会社での評価がそのまま反映されてしまうため、転職先として選ぶなら現行の会社との繋がりがあるかどうかは要チェックです。

転職先の選び方2:転職サイトの活用

日本でも転職することは以前だとあまり評判は良くなかったですが、今では通常となっています。

そのため、転職サイトには多くの求人募集があります。

自身のプロフィールを登録するだけで企業から声をかけてもらえたりするので転職サイトを活用するのも1つの方法です。

転職先の選び方3:取引先への転職

貿易営業をしているとたまに聞きますが、取引先への転職もあります。

営業として取引先の仕事を熟知し、取引先の社長などに気に入ってもらって引き抜かれることもあります。

その場合は役職をもらっての転職になるので取引先への転職も1つの方法です。

給料をアップさせるための求人の選び方

給料をアップさせるためには、貿易営業の場合、今持っている資格やスキルが活かせるかどうかをチェックする必要があります。

現在の経験を活かして役職の募集している会社に応募できるケースもありますし、今持っている資格やスキルで基本給アップのプラス材料になるかどうかもチェックする必要があります。

募集欄にあるといいスキルや資格などと記載があります。

給与相場が今よりも高いところを探そう

中小企業で働いている場合は、大手企業にチャレンジするのもいいですし、外資系企業へチャレンジするのもいいと思います。

賞与や昇給制度をチェック

賞与はほとんどの会社が年2回、昇給制度は年1回を設けているところが多いので募集欄をチェックして下さい。

残業代はちゃんと出る?

外回りの営業の場合、残業は営業手当に組み込まれているケースがあるため、外回りの場合は、残業代が出ないケースが多いですが、内勤の場合は、決まった時間に出社して決まった時間が退社になっているため、それ以上の労働は残業代として支給してもらえるケースが多いです。

交通費や福利厚生は?

交通費は、ほとんどの会社が全額支給になっていますし、福利厚生として共通しているのは、社会保険、年金、積立預金制度、言語社内トレーニングや資格取得の奨励制度があったりします。

転職エージェントに相談する

転職に際しては転職エージェントに相談する方法もあります。

自身のスキルや経験を最適に活かせる職場を探してくれるプロなので転職先でしっかりと今のスキルや経験を反映したい場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

「貿易営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

労働組合の交渉により基本給交渉が成立した時

多くの会社は労働組合が存在し、ベースアップの交渉を毎年春や秋に行います。

景気がかなり悪かったり、会社の業績がかなり悪い場合を除いては従業員の実績を考慮してベースアップしてくれるケースがほとんどです。

昇進した時

役職や今のランクから一つでも昇進した場合は、給料アップが見込めます。

会社が奨励する資格を取得した時

貿易実務やTOEIC、通関士など会社が資格取得を奨励していたり、取得した際に臨時収入となるケースもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

貿易営業の気になるポイントや転職に際してのポイントを紹介しました。

貿易営業にチャレンジしてみようと考えている人や貿易営業しているけど給料アップを目指して転職しようと考えている方などに参考にして頂けると嬉しいです。


関連キーワード

貿易営業求人