学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。

違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。

今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。

貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴

貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。

詳しく紹介していきます。

資格について言及がある

資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで優遇され基本給の査定にプラスに働く傾向にあります。

社内のトレーニングや資格取得に関して奨励している

社内のトレーニングや資格取得でスキルアップできるように働きかけている会社の場合、実際にトレーニングや資格取得をしてスキルアップすることでこちらも基本給のベースアップの査定にプラスになります。

資格を取得した場合の昇給が明記されている

募集内容をチェックしていると例えば、通関士を持っていたら基本給にプラス10,000円などと明記している場合、基本給にプラスαで毎月支給してもらえます。

役職を募集している

大きく年収アップを狙うならやはり役職を募集しているところへ応募することがいいです。

ただし、役職となるとハードルは高く、経験年数を指定しているところや必要としている資格を必ず持っていないと応募すらできないケースもありますが、要件を満たしているのなら狙い目ではあります。

貿易営業で上手に転職するための8個の注意点とは

貿易営業に転職するのにどんなところに注意を払うべきなのか?実際に転職が決まった時にはどこに気をつけておくべきなのか?はとても気になることだと思います。

ここでは、転職するために、転職した際に注意するべきポイントを紹介します。

退職の前の準備は早めにすること

転職をするにあたり、転職すると決めたなら面接活動と並行して退職前の準備を進めていくことをおすすめします。

退職前の準備といっても採用先が決まっていないのに辞めると会社に伝えるのではなく、取引先の情報や提出した資料を1つのフォルダーにまとめたり、不要なファイルを捨てたりといざ転職先が決まった際に引き継ぎしやすいように準備していくことです。

退職の日まで手を抜かずにしっかりと働く

最近多いですが、転職先の会社から今の会社に電話で本人の就労状況を確認します。

その際、転職が決まってからサボっていたり、今の会社に対してマイナスの効果を与えていると知らない間にその情報は伝わってしまいます。

円満に次へ移るためには退職の日までしっかり働くことと今の会社に感謝の意を込めて誠心誠意尽くすことが大切です。

退職の意思を伝えるタイミング

転職先が決まったらまず最初にやるべきことは退職の意思を報告することです。

もちろん、直属の上司に伝えるべきなのですが、タイミングは大切です。

上司が忙しい中伝えるのは人によっては嫌がりますし、退職の意思を伝える場所もなるべくなら上司と二人で話せる、他の人に聞かれない場所を選ぶ必要があります。

現行の会社での引き継ぎ

転職するに際してやはり現行の会社での引き継ぎは大切になります。

転職が決まったからといって全てを放棄してしまうと悪評が転職先へも流れる可能性があり、働く前から評価が悪い、場合によっては採用見送りのケースもあります。

一度は採用してもらった会社なのできちんと引き継ぎをし、取引先や上司に挨拶をして立つ鳥後を濁さずの状態にしていきましょう。

現行の会社の悪評や社内情報を漏らさない

転職したからといって前の会社の噂、社内情報や悪評を転職先で流すのはよくありません。

自身の評価が悪くなりますし、何より仕事を始める前に信用を失います。

新卒採用ではなく即戦力であること

転職先ではわからないことだらけですが、新卒採用と違い、転職の場合、即戦力として採用されていますので新卒採用のように会社がおんぶに抱っこで色々なことをアレンジしてくれているという考えはやめましょう。

新卒気分で出社してしまうといきなり色々な部分でギャップを感じてしまいこんなはずではなかったと思いがちになりますので新卒採用ではなくあくまでも即戦力としてかわれたという意識を持つように注意しましょう。

経験によるカンに頼らない

転職先の仕事で今までの経験上ここはこうだと思うシーンによく出くわします。

ただ、今までの会社と転職先の会社が同じ処理や対応とは限らず、その会社独自の方法があったりしますので経験によるカンで勝手に判断してしまわないようにしましょう。

新しい職場の人と積極的にコミュニケーションする

新しい職場は、知らないことだらけです。

今までのようにはいきませんし、何より周りの方々のサポートが必要となりますので必ず積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

転職で採用された場合、新卒採用のように同期が何人もいてまとまってトレーニングをしたり、周りが日程をアレンジしてくれるわけではありません。

もちろん、ある程度基本的となる社内ツアーであったり、社内ルールであったりは上司や先輩が教えてくれますが、即戦力で採用されている以上、あまり深くまで関わってもらえません。

そのため、周りの人とは積極的にコミュニケーションをとり、1日でも早く新しい職場に馴染むように努力する必要があります。

まとめ

貿易営業へ転職して成功するには意外と他の仕事の転職とも共通していることが多いです。

成功させるためにはなぜ転職したいのか?

転職した先で何がしたいのかを明確にしておくことはもちろんですが、転職前の会社に対して感謝の意を込めて一生懸命引き継ぎや残りの仕事をこなすことも大切です。

ただ、どれも決して特別なことではなく普通のことではあります。

特別なことをしなくてもきちんとやるべきことをやるだけで転職した際、次のステップへの成功はグッと上がります。

以上の注意点やポイントを参考にしてチャレンジして頂けたら嬉しいです。




貿易営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

貿易営業の仕事内容15個の業務。貿易業で法人営業ならではの業務もあるんです

貿易営業の仕事に興味を持ったもののどういったものかなかなかイメージはつきにくいかもしれません。漠然と貿易と言われると海外とのやりとりだけに思えますが実は色々と業務があります。今回は、貿易営業の仕事内容について紹介します。貿易営業の仕事は大きく5個の役割に分けられる輸入営業バイヤーとして海外から商材を買い付けるのが主な仕事になります。輸出営業セラーとして自社商品などを海外へ販促することがメインの仕事です。貿易事務営業には外勤と内勤があります。貿易事務は主に内勤の仕事で外回りの営業のサポート役です。チームリーダー会社によっては輸入と輸出の営業部が分かれていてそれぞれのセクションでまとめ役のチームリ

貿易営業の仕事は未経験でもできる?よくある求人内容や気になる疑問を経験者が解説します

昔から貿易が盛んに行われている日本は、現在世界で4番目に位置している貿易大国です。コンビニやスーパーだけでなく、街中の至る所に貿易により仕入れられた商品や食品が溢れています。今や貿易なしでは日本の経済も食卓も成り立たなくなっています。その貿易を担うのが貿易会社であり、フロントラインで仕事をしているのが貿易営業です。日本の製品を海外市場へ流通させたり、逆に海外の人気商品、定番商品などを日本のマーケットに仕掛けたりする役割を担います。専門知識や外国に対しての文化・習慣・宗教などの理解を持って仕事に取り組む必要のある、やりがいも面白みも大きい仕事です。その貿易営業と聞くと未経験者にはハードルが非常に

貿易営業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術、社内で評価される時のロジックを経験者が教えます

貿易営業がどんな仕事か興味を持つ人は少ないと思います。ただ一重に貿易営業といっても、どんな仕事なのかなかなかイメージしづらいかもしれません。今回は、貿易営業の年収がどれくらいなのかなども紹介していきます。貿易営業の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合年収300〜500万円といったあたりが一般的です。正社員で転職した場合年収300〜700万円とかなり幅が広くなります。ただし、転職の場合、役職で転職できるケースもありますのでその場合は年収が異なります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?会社にもよりますが、実績に応じたインセンティブ制度を設けているところは基本給以外