皆さんは互助会の求人って見たことありますか?そもそも互助会ってなに?って意見の方が多いでしょうかね。

ここでは簡単にはなりますが、互助会営業求人のことやその仕事内容について紹介していきます。

今現在仕事を探している方、これからどんな仕事に就こうか考えている方々の参考になればと思います。

「互助会営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

互助会の仕事ってどんな仕事?

まず、互助会いとは冠婚葬祭事に使うために貯める積立金のことを言います。

互助会は経済産業省認可の事業です。

また全国各地に互助会運営会社が存在します。

それら企業に勤める人は互助会の加入者を増やすために営業で各家庭を回っています。

互助会営業の大まかな仕事内容

互助会について簡単にご紹介したところで、続いてその仕事内容についてご紹介していきます。

ポスティング

まずは互助会の紹介や興味を持っていただくために、チラシを各家庭にポスティングしていきます。

このポスティング、実際の反響率はそう高いものではありません。

でも、誰でも家のポストにチラシが入っていれば一度は手にとって見てみますよね。

それだけでいいのです。

一度でも見てもらうことがポスティングの目的なのです。

営業

次に実際に互助会を案内していく営業です。

とは言ってもいきなり互助会に加入しませんかといったところで門前払い食らうに決まってます。

そのため、最初は簡単なアンケートやちょっとしたお話から入っていくことが多いです。

あくまでもすぐに結果を求めるのではなく着実に契約まで持っていくことが重要です。

説明会

説明会とは企業が実際にホールのよさや互助会などについてより知っていただくために開催するイベントです。

説明会の集客は営業で契約の獲得と同時進行で行っています。

また営業よりも説明会で互助会の案内をした方が加入しやすい傾向があるため、最初から営業では説明会への参加のみを案内している人もいます。

「互助会営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

互助会営業でよくある募集内容とは?

主な仕事内容について簡単に知っていただいたところで、次にその求人情報や募集内容についてご紹介していきます。

どんな募集内容なのか、資格は必要なのか、など紹介していきます。

給与相場

まずは給料についてご紹介していきます。

給料は歩合制のところが多いです。

営業職ですから歩合制でも不思議はないですね。

その内訳として、基本給+インセンティブになります。

基本給13万~15万。

インセンティブ一口8千円~2万円になります。

月に20万~25万くらいが平均値になります。

賞与に関しては別途支給されるところと、インセンティブに賞与込みというパターンがあります。

年収に関しても個人差に幅がありますから、結果を出せばその分年収は上がります。

必要なスキルや資格

必要な資格としては自動車免許になります。

理由は営業で回るときに自家用車を使用するからです。

とは言っても企業によってはマイクロバスを所有しているところもあります。

そういったところであれば自動車免許がなくても大丈夫かもしれません。

営業経験はあった方がいいに越したことはありませんが未経験でも問題ありません。

未経験者歓迎

冠婚葬祭業において知識や経験といったものはとても重要になってきますが、未経験者でも歓迎のところが多いです。

それは入社後半月~一ヶ月間ちゃんとした研修があるからです。

その研修で冠婚葬祭のことや互助会についての雑学をしっかり学びます。

互助会営業の求められる動き、役割とは?

この仕事においてどのような動きが求められるのでしょうか。

求められるものがどのくらいかによってハードルが変わってきます。

自分で考えて動ける

最初は研修がありますが、一度営業に出るってなればそこからは一人です。

そのため、自分で工夫してやっていくことが必要になります。

教えられたことだけではなく、自分で考えてその上をできる人でないと契約をとることは勿論成果は出すことができません。

結果を出せること

結果を出せることというのはどうしても求められます。

結果を出せないと企業にとっても負担になります。

また、営業は互助会の契約以外にも、説明会の集客も同時進行で行うので、契約が取れないならせめて説明会の集客をするなど何かを出すことは当然求められます。

「互助会営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

互助会営業のやりがいとは?

営業職のやりがいと言われて一つは思い付くと思います。

とは言ってもやりがいが一つではずっと続けていくのは難しいですよね。

本来やりがいとは自分で探して見つけるものなので個々に持っているやりがいは違ってきます。

ですが、どんなやりがいがあるのかを参考にしていただければと思います。

契約の獲得

互助会は比較的に同じ営業職でも契約がとれやすい傾向にあります。

理由としては互助会の加入は一口1000円~3000円というように比較的値段が安価です。

また、互助会に関しては使う時、必要なときは必ずありますから、契約はしたけでどやっぱり要らなかったってことにはなりません。

それでも契約をとれば一口当たりでインセンティブが支給されますからモチベーション向上にも繋がりますし、やりがいも充分にあります。

ありがとう

営業をしている中、ありがとうって言われることってあまりないのではないでしょうか。

互助会営業の場合、実際に互助会を使って良かったって人からはよくありがとうって言われます。

このありがとうの背景には、互助会のお陰で冠婚葬祭事の費用が安くなったりお客様がいい思いをしたからこそ出てくる言葉です。

また使ってしまえばなくなりますからまた加入したり増口に繋がることもよくあります。

互助会は冠婚葬祭事全てに使用することができますから加入しても損はないと言っても過言ではないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで簡単ながらも互助会の仕事内容からその求人情報などについてご紹介してきました。

営業職は契約を取れない苦しさや成績が個々に違うためどうしても比較されやすいです。

また、後から入ってきた人に追い越されてしまうプレッシャーや追い越されたときのプライドの保ち方など精神的な面で苦労することは多いです。

でもそれとは反対に成果を出したら出しただけ給料が増え、どんどんステップアップしていくことに間違いはありません。

同じ時間働くのであれば結果を出して楽しく働いた方がいいですよね。

営業職は自分次第です。

行動を起こせば結果は絶対についてきます。

最後になりますが、少しでも多くの人が互助会について興味を持っていただき、それを広める仕事をしたいと思う人が少しでも増えてくれたらと思います。


関連キーワード

互助会求人

互助会求人についてもっと深堀りした情報を見る

互助会の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

互助会事業に興味はないですか?互助会とは冠婚葬祭事に使用するための積立金のことを指します。意外と知られていない互助会事業ですが、転職先としても選びやすい仕事でもあります。ここでは互助会で転職を考えている人に、互助会事業の魅力だったり転職を成功させるためにやるべき事などをご紹介していきます。互助会で転職する人は多い?互助会事業会社に勤めている人のほとんどが転職してきた人ばかりです。そのため、社員の年齢層は20代後半~40代くらいと比較的若い人が少ない職種です。なかなか冠婚葬祭の営業となると若い人よりも中年の人に支持ある傾向です。新卒で入社する人は珍しいです。逆に若い人は互助会事業会社に入社しても

互助会とは何?どんな仕事があるの?仕事内容や役割、給料事情など経験者が詳しく解説します!

互助会って聞いて皆さんはどんな印象も持つでしょう。ある程度の年齢を重ねている方であればわかると思いますが、今の若い方たちは互助会って聞いても全くわからないって方が多いのではないでしょうか。ここでは互助会のことについて詳細にご案内していきたいと思いますので、すでにご存知の方も全く知らないって方もこれを最後まで読んでいただくことによって互助会への理解が深まり、また必要性にも気づいていただけるのではないかと考えます。互助会って知ってる?そもそも互助会って何だろう?!そもそも互助会ってなんだろうってところからご紹介していきます。単簡にいうと、互助会とは結婚式やお葬式の時に備えてためておく積立金のことを

互助会の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

どんな人でも働く上で向き不向きと言うものは必ずあります。入社してから不向きな仕事だったと後悔しないためにも、ここでは互助会事業の仕事に向いている人、向いてない人の特徴をご紹介していきます。是非、互助会事業への興味がある方は最後までご覧になっていってください。「互助会の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →互助会はどんな仕事?そもそも互助会について知らない人が多いと思います。なのでまず簡単に互助会のご説明をさせていただきます。互助会とは、冠婚葬祭用に貯めておく積立金のことです。互助会運営会社に勤務する者は互助会加入者を増やすための営業に出ます。なので、互助会事業と言っても営業職になりま