互助会の営業とはどんな仕事でしょうか。

そもそも互助会ってなんでしょう。

ここでは互助会のことから仕事内容などをご紹介していきます。

互助会を知らない方も知っている方もこれを機に興味を持っていただけたらと思います。

「互助会の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

互助会とはどんな仕事?

そもそも互助会とは、冠婚葬祭事用に貯めておく積立金のことです。

恐らく、若い人であればご両親や祖父母に聞いてみると、「あー、互助会ね」って言ってくれるかもしれません。

互助会を運営している企業は、営業でお宅を一件一件回って互助会どうですかと案内して回るのが仕事です。

互助会の役割とは?

互助会の役割1:契約は一口から

互助会の契約は一人当たり一口から加入できて、最高で3口~4口くらいまで加入できます。

また一口当たりの金額は月掛け1000円~2000円中には3000円のものまであります。

契約の満期は100回~200回とあります。

いずれも各互助会運営企業によって内容が異なってきます。

互助会の役割2:安全性

互助会で集められたお金は掛け金と呼び、掛け金の一部は国で管理されていますから安心です。

また経済産業省認可の事業ですし、互助会を運営している企業は全て、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会というところに登録をして事業をしていますから契約されるみなさんにも安心いただけるかと思います。

互助会の役割3:利用は一口から

互助会に加入していざ、使用するとなったとき一口単位で使用が可能です。

なので、二口持っていても必要に応じて使用する口数を決められます。

主な使用用途としては婚礼や葬儀がメインとなりますが、企業によっては七五三や成人式などにも使用が可能です。

互助会の役割4:安心の内容保証

よくあるのが契約した時と使用する時では契約内容が変わっていて契約当時のサービスだったり、割引ができないのではないかということは心配の種ですよね。

ですが、互助会についてはご安心ください。

どんなに契約が古いもので今と契約内容が異なっていても当時の契約内容通りに使用可能です。

例えば孫の結婚式費用として、祖父母が20年前に契約した互助会を当時の契約内容のまま使用することができるのです。

互助会の具体的な仕事内容とは?

互助会の具体的な仕事内容1:ポスティング

まずは営業の第一歩として、ポスティングをしていきます。

ポスティングとは文字通りチラシを各家庭のポストに入れていくことです。

慣れるまではチラシが上手くポストに入らなかったり、家によってはポストの場所がわからなかったりと結構疲れる仕事です。

互助会の具体的な仕事内容2:営業

ポスティングの数をこなしたら次は実際に営業をします。

営業内容としては、互助会の加入有無、互助会の案内、説明会への参加希望、最低でもこのくらいの案内はします。

中には話も聞いてくれないってところもありますが、聞いてくれるところには積極的に案内していきます。

互助会の具体的な仕事内容3:説明会

営業で参加者を募ってホールで説明会を開催します。

説明会では、前半の二時間くらいを講師のお話、終活についての話に時間を使います。

講師は毎回人が違って毎回話すテーマも違いますが、主に、お金や老後の話題が多いです。

残りの時間は、実際に葬儀をしたときは通夜振舞いという料理が出てくるので、通夜振舞いを実際に食べていただきます。

通夜振舞いに関しては無料ではなく少額ワンコインいただきますが、内容の濃いものになります。

その後は担当スタッフとお話をして終わりというのが説明会の主な流れです。

「互助会の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

互助会の給料事情は?

給料は歩合制を取っている企業がほとんどです。

給料の内訳は基本給+インセンティブというのが主です。

基本給は13万~15万くらいです。

インセンティブは契約を取った互助会一口当たりでもらえます。

一口8000円~2万円です。

やはりここも各企業によって差があったりしますが、月20万~25万くらいが平均値と言えます。

互助会の仕事に就くためにはどうしたらいい?

互助会の営業をしたいけど、どんな企業に勤めればいいのかわからないという人や、必要な資格だったり求められる経験があるのかと不安に思う方もいるかもしれません。

そんな方の不安を少しでも取り除ければと思い、互助会の仕事に就くための情報をご紹介していきますので、是非参考にして見てください。

互助会に就職するために

互助会の営業職に就きたい場合、お住まいのエリアの互助会運営企業や冠婚葬祭業をしている企業があると思います。

ハローワークや求人情報誌、企業HPなどを駆使して探してみてください。

求人が出ているのであれば恐らく掲載されている可能性が高いです。

掲載がない場合は求人募集をしていないか、直接企業に問い合わせてみるのも一つかもしれません。

必要なスキルや資格、経験は?

冠婚葬祭業で働く上で特別必要なスキルや資格経験はありません。

未経験者でも歓迎の職種になりますから誰でも応募可能です。

ただ、営業職なので営業経験があったほうが有利にはなりますが、経験がなくても不採用になると言うことはないのでご安心ください。

入社後はしっかりとした研修があるため、冠婚葬祭に関する知識が全くなくても大丈夫です。

「互助会の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

互助会で転職を成功させるためには?

互助会運営企業で働いているほとんどの人が中途採用で転職してきた人です。

新卒でずっとという人は滅多にいません。

では何が転職を決める決め手となったのか。

転職で成功していくために必要なことをここではご紹介していきます。

歩合制ということを忘れない

一般的な企業と違って歩合制だと淡々と仕事をしているだけでは給料が上がりません。

契約を取っていかないと給料は増えないため、常に歩合制だということを念頭にいれておくことは大事です。

その意識があるだけで仕事のパフォーマンスは変わってきます。

契約を取らなければ生活ができないわけですから仕事にも熱が入ります。

確実な知識

やはり、商品を説明する上で知識不足では商品の魅力はちゃんと伝えきれないですよね。

なぜ、互助会に加入しておくことが必要なのか。

保険や貯金となにがどう違うのかなど、お客様は知識がないわけですから正しい情報を教えてあげれば確実に必要性に気づいてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単ではありますが、互助会についてご紹介してきました。

冠婚葬祭は生きていれば必ずやって来るものです。

できることなら、出費は抑えたいですよね。

また、少額でも毎月毎月掛けておくことで色々なお得があるのも互助会のいいところです。

この短い中では互助会の良さを全てお伝えできませんが、掛けて得はあっても損はしないのが互助会の良さだと思います。

  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

互助会求人

互助会求人についてもっと深堀りした情報を見る

互助会の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

互助会事業に興味はないですか?互助会とは冠婚葬祭事に使用するための積立金のことを指します。意外と知られていない互助会事業ですが、転職先としても選びやすい仕事でもあります。ここでは互助会で転職を考えている人に、互助会事業の魅力だったり転職を成功させるためにやるべき事などをご紹介していきます。互助会で転職する人は多い?互助会事業会社に勤めている人のほとんどが転職してきた人ばかりです。そのため、社員の年齢層は20代後半~40代くらいと比較的若い人が少ない職種です。なかなか冠婚葬祭の営業となると若い人よりも中年の人に支持ある傾向です。新卒で入社する人は珍しいです。逆に若い人は互助会事業会社に入社しても

互助会営業求人の募集内容は?給料や仕事内容、求められる動きややりがいなど

皆さんは互助会の求人って見たことありますか?そもそも互助会ってなに?って意見の方が多いでしょうかね。ここでは簡単にはなりますが、互助会営業求人のことやその仕事内容について紹介していきます。今現在仕事を探している方、これからどんな仕事に就こうか考えている方々の参考になればと思います。互助会の仕事ってどんな仕事?まず、互助会いとは冠婚葬祭事に使うために貯める積立金のことを言います。互助会は経済産業省認可の事業です。また全国各地に互助会運営会社が存在します。それら企業に勤める人は互助会の加入者を増やすために営業で各家庭を回っています。互助会営業の大まかな仕事内容互助会について簡単にご紹介したところで

互助会とは何?どんな仕事があるの?仕事内容や役割、給料事情など経験者が詳しく解説します!

互助会って聞いて皆さんはどんな印象も持つでしょう。ある程度の年齢を重ねている方であればわかると思いますが、今の若い方たちは互助会って聞いても全くわからないって方が多いのではないでしょうか。ここでは互助会のことについて詳細にご案内していきたいと思いますので、すでにご存知の方も全く知らないって方もこれを最後まで読んでいただくことによって互助会への理解が深まり、また必要性にも気づいていただけるのではないかと考えます。互助会って知ってる?そもそも互助会って何だろう?!そもそも互助会ってなんだろうってところからご紹介していきます。単簡にいうと、互助会とは結婚式やお葬式の時に備えてためておく積立金のことを

互助会の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

どんな人でも働く上で向き不向きと言うものは必ずあります。入社してから不向きな仕事だったと後悔しないためにも、ここでは互助会事業の仕事に向いている人、向いてない人の特徴をご紹介していきます。是非、互助会事業への興味がある方は最後までご覧になっていってください。互助会はどんな仕事?そもそも互助会について知らない人が多いと思います。なのでまず簡単に互助会のご説明をさせていただきます。互助会とは、冠婚葬祭用に貯めておく積立金のことです。互助会運営会社に勤務する者は互助会加入者を増やすための営業に出ます。なので、互助会事業と言っても営業職になります。互助会の大まかな仕事内容互助会事業がどういう職種なのか