結婚相談所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについての写真

結婚相談所とは、どんなところなのでしょうか。

結婚相談所求人のよくある仕事内容や種類、求人を探すときのポイントについて、経験者である筆者が解説していきたいと思います。

「結婚相談所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

結婚相談所のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

登録者のプロフィールや、理想の相手像から、最適なパートナーになるべき方を紹介します。

コンピューター診断等でマッチングした数名を順次紹介していきます。

アドバイザーを通し、お見合い形式で会食をする方法や、数十名、数百名単位のパーティー形式(集団お見合い)で理想の相手を探す方法などあります。

また、登録者を増やすための営業活動も欠かせません。

結婚相談所の詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

結婚相談所は会社でどういう役割を求められる?

結婚は人生の、幸せのゴールではありません。

愛してる=結婚でもありません。

人生を楽しむ上で、独り身とパートナーが居るとでは、それぞれ違いがあります。

独り身の気楽さや自由、経済的な余裕などがあります。

パートナーがいると、『会話があります、笑いがあります、喧嘩があります、共感があります、ふれあいがあります、人の温度があります』その理想のパートナーに巡り会うことは簡単ではありません。

多くの人は、知人の紹介で会食をしたり、合コンをしたり、出会い系サイトを利用するなど、試行錯誤しています。

効率的なことで言えば、出会う前からある程度の情報を入手できるのが結婚相談所と言えます。

年齢を重ねるとお付き合いだけではなく、結婚を前提でなければ付き合わないという考え方も当然と言えます。

時間の無い方、年齢的に子供を産める期日が迫っている方、家族が欲しい方など、相手の情報を知り得た上でお見合いができる効率的な、出会いの場を提供できる、喜ばれる会社です。

結婚相談所にはどんな種類があるの?

結婚相談所にはどんな種類があるか紹介

基本は、インターネットから気軽に登録できる会社が多いです。

その後、スマホやSNSでのやり取りも可能なので、お手軽感はあると思います。

その他に、関東圏のみや地域に絞った相談所もあります。

近距離を希望される方も少なくありません。

また、条件が限られた登録者しかいないのもあります。

例えば男性の年収が1,000万円以上とか、セレブ限定のような所です。

キチンと仲人が入り、先方が承諾するまでじっくりと相談しながら進めていく所もあります。

結婚相談所の募集でよくある施設や事業形態のパターン

インターネット登録型

無料で簡単に登録でき、住民票等の面倒な提出物がいらない分、より多くの人との出会いはあると思います。

但し、先方の身元や情報は少ないのと、出会いのみを求めている人もいるので、結婚までに遠回りする可能性はあります。

仲人相談型

事前の提出書類(住民票等)もキチンとしているので、結婚を意識した方が登録している可能性は高いと思われます。

入会金や会費等も安価から高額まであります。

専任アドバイザーが会うまでに綿密に相談をしながら見つけていく方法です。

理想が高ければ高いほどマッチング率は低くなり、ある程度の妥協もしないと会うまでに時間を要してしまうデメリットもあります。

コンピューターによるデータマッチング型

コンピューターによるデータマッチング型

登録者数は圧倒的に多いのが魅力です。

コンピューターにより条件に合う相手を自動で選んでくれるので、条件が広ければ広いほど出会いの確率は高いです。

より多くの方との出会いはできるはずです。

但し、アドバイザーがいない分、自分自身の強い意志での活動が求められますし、インターネット登録型と同様に、結婚意識の低い方が登録者にいる可能性も少なくありません。

結婚相談所の募集でよくある職種

アドバイザー

登録者の条件や人となりを把握し、親身になって理想の人に出会え、結婚までをサポートしていく役目です。

特に資格は必要ありませんが、コミュニケーション能力や既婚歴、人格的にも秀でたものが必要とされます。

心理マリッジカウンセラー

幸せな結婚生活を送るために、結婚に必要な知識やスキルを身につけ結婚生活の適用方法や、夫婦生活をとおして周囲の人との関係づくり、経済的な問題、更に社会の一員としての責任等の問題を教示的なカウンセリングによってサポートしていきます。

資格をとらなければなりません。

営業

インターネット以外での求人活動をしなければならないので、営業マンは必要です。

雑誌社やレストラン、カフェ、スーパー等、カップルが訪れそうな店舗へパンフレットの設置依頼、電話アポによる勧誘などの営業活動があります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

基本的に業態は前述の3種類に分かれますが、どの業態でも特に大きな差はないと思われます。

職種は、アドバイザーがキューピット役ですので、結婚相談所勤務でのやりがいという意味では、一番良いのではと思います。

「結婚相談所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

結婚相談所でよくある募集内容とは?

「誰かの役に立ちたい」 「人を笑顔にしたい」 「幸せになるまでを見届けたい」・・・このようなキャッチコピーが多く見受けられます。

幸せのゴールまでのサポートができる素晴らしい仕事であるという内容がほとんどであると思われます。

給与相場

月給:20万~50万

結婚相談所の年収は、こちらの記事を参考に!

勤務時間や休日、残業

基本的には8時間勤務と思われますが、成婚ノルマや会員数獲得ノルマ等もあるので、残業はかなりあると思われます。

土日の休みは無しが多いです。

平日の2日間休みとなります。

福利厚生

社保完備、インセンティブ契賞与、社員旅行、産休・育休制度、保養所等

勤務場所

本社は、管理部門(総務・経理・人事等)と、営業部門とされます。

店舗は、アドバイザーやマリッジカウンセラー、事務員が勤務されます。

各店舗での管理も要求されますので、配属はほとんどが店舗となる可能性が高いと思われます。

会社によっては全国展開されているので、現住所より遠方への配属もあります。

その際は住宅の用意もありますが、いきなり知らない土地への引っ越しや、周囲に知り合いのいない生活となりますので、ある程度の覚悟も必要となります。

求められる人物像

  • ①コミュニケーション能力の高い方 
  • ②接客や人と話すのが好きな方 
  • ③パソコン(Excel、Word等)の基本的な操作ができる方 
  • ④学歴不問 

以上が、一般的に求められますが、残業も多く、一人当たりに課せられる業務も多い(何でも屋)ので、根性、根気、モチベーションを高く持てる方でないと長続きしません。

もちろん何の仕事でも同様ですが、特にてきぱきと業務をこなせる方は向いていると思われます。

コミュニケーション能力(接客や人と話すのが好き)

これは一番に求められる能力です。

会員さんの条件や理想だけでなく、実際に会って話を聞いて、その方の人となりや性格も把握し、どんな人なら相性が合うのか?を本気で考えなければいけないので、聞く力・話す力・説得力・安心感(この人に任せれば大丈夫)等も必要となります。

パソコン操作

ExcelやWordはもちろんですが、顧客のファイル作成は必ずあるので、ブラインドタッチできる方は業務が早くこなせるので重宝されます。

メンタルの強さ

営業部門では、電話によるセールスや、ダイレクトメールの発送、取引先へのルートセールス等があります。

どの仕事も同様ですが、「根性・根気・負けず嫌い」は必要です。

会社によってはノルマもありますし、精神的に追い詰められることも必ずあります。

メンタルが強い方でないと長続きしません。

やはり、会員数(分母)が多ければ多いほど、それだけ自分に合う人が見つけられる可能性も多くなります。

結婚相談所は会員数が命と言っても過言ではありません。

どの会社も会員数を増やすことで躍起になっています。

実情では、営業マンの雇用が一番求められています。

必要なスキルや資格、経験

未経験募集がほとんどです。

誰でもできる仕事です。

心理マリッジカウンセリングは、資格が必要ですが、就業後にも資格所得は可能です。

学歴も不問です。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

結婚相談所のおすすめ求人のポイント

基本的に求人募集の内容はどの会社も変わりはありません。

一見するとどこも一緒なので、ポイントは見つけにくいと思います。

募集欄と、会員さん用のホームページを見ると良いでしょう。

結婚相談所のおすすめ求人のポイント1:募集欄

待遇や福利厚生

賞与が年何回あるのか?インセンティブ賞与はあるのか?産休や育休はあるのか?有休の消化率の記載はあるのか?などを確認し、会社の規模や労働環境が少し確認できます。

労働環境が悪いと、有休や週休も取得できないケースがあります。

募集欄で環境までは見抜けませんが、より多くの待遇があるかないかでも違いがあると思います。

人事考課制度の導入の有無

賞与は評価によって決められますが、適正な評価かどうかは人事評価制度の内容により変わります。

募集欄では不明ですが、「人事評価制度導入」のような記載があるかないかをチェックすることが必要です。

1年間の自分の仕事や業務の実績や、やり方、努力、やる気等適正に上司が見てくれて評価され、対価として賞与に反映されるので、この制度次第でモチベーションは大きく変わります。

結婚相談所のおすすめ求人のポイント2:ホームページ欄

会員数の確認

前述にもありますが、会員数が命ですので、現在何人いるのかが、その相談所の規模となります。

多ければ全国展開の可能性は大なので、配属も全国レベルとなります。

多ければ良いというのも一概に言えず、自宅から通勤希望という方もいるので店舗エリア等を確認し、規模を把握すれば良いでしょう。

また、成婚率等の記載もありますが、信ぴょう性に欠けますのであまり参考にはなりません。

結婚相談所の雇用形態による違い

アルバイトの募集が多いところは、アドバイザーの不足というより、業務全般の人手が不足している可能性があります。

顧客名簿作成や電話応対、細々とした業務(何でも屋)の募集と思われます。

アドバイザーを希望されるのであれば、社員雇用の記載がトップにあるかどうかの確認をして下さい。

現状ではアドバイザー(社員)は足りていて、業務をこなせる人手が不足している会社が多いと言われています。

自分にあった結婚相談所の求人の選び方や注意点

アドバイザーをしたいのか?心理カウンセラーになりたいのか?営業をやりたいのか?を決めることが先決だと思われます。

アドバイザーであれば、社員雇用の求人で待遇面をみて納得できるかどうかです。

アルバイト急募のところでは、業務過多の可能性もあるので、自分がやりたいことができず、会社の言いなりに配属されてしまうことは避けましょう。

雇用形態から探す

社員の雇用かどうかを確認して下さい。

アルバイト急募は注意して下さい。

職種から探す

アドバイザー、カウンセラー、営業、事務などの募集を確認して下さい。

自分が何をやりたいのか?やりたい職種が募集されているかを確認して下さい。

会社の業態から考える

ホームページの確認から、インターネット登録型なのか、仲介者相談型なのか、コンピューターによるデータマッチング型なのかを確認して下さい。

自分に合う業態かどうかをじっくり考えた方が良いと思います。

それぞれメリット&デメリットがあります。

給与や雇用条件から考える

社員であれば、入社時の給与の差はありません。

入社後の結果次第で差が出てくることは間違いありません。

ですので、人事考課制度やインセンティブ賞与などの有無で大きく変わってきます。

エリアから考える

店舗数や店舗名を確認し、全国レベルでも配属が可能かどうかも検討して下さい。

注意点

結婚アドバイザーを希望されるのであれば、社員雇用の有無をチェックして下さい。

営業や業務メインに配属される可能性もありますので、自分のやりたい職種を明確にし、主張できるようにしておくことも必要です。

何故やりたいのか?アドバイザーをやることで自分にしかできないことは何か?

面接官がこの人をアドバイザーにしたいとか、是非やってほしいと思わせる魅力がないと難しい部分もあるので、覚悟を持って準備をして下さい。

「結婚相談所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

結婚相談所についてよくある疑問

勤務前に疑問や質問がありますが、よくある内容をご紹介致します。

相談員はやりがいはありますか?

仲人的な感じではあるが、喜びは感じられます。

ノルマはありますか?

アドバイザーも営業もノルマがある相談所はあります。

アドバイザーは、成婚し退会までが1件のノルマです。

営業は、会員の入会1名が1件のノルマです。

給料は良いですか?

ノルマがある相談所では、インセンティブ契約があるので月給50万以上も夢ではありません。

まとめ

アドバイザーという、幸せのキューピット役のイメージで言うと、やりがいのある仕事かもしれません。

ただ、ノルマを課せられると自分の生活の安定が問題となってくるので、矛盾してきます。

本当に自分に合っている仕事なのか?実際に仕事をしないと分からない部分も多いと思います。

やってみて自分に合っていれば、相当稼ぐこともできますし、稼ぐと自分の心に余裕ができるので、そこで初めて他人の幸せに本気で取り組むことができる。

全ての企業に言えることですが、CSを満足させるには、ESが大事ということです。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

結婚相談所求人についてもっと深堀りした情報を見る

結婚相談所の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

世の中はまだまだ婚活ブームが続いています。人の役に立ちたい!人の幸せのお手伝いがしたい!そんなキューピット(仲介)を仕事にしたい方結婚相談所で働きたいと思っている方必見です。結婚相談所で働いてみたいという方は決して多くはないかもしれませんが、今回は、一番気になる年収、月給はいくらなのか?また給与を上げる方法など、経験者から詳細にご紹介します。結婚相談所の給料の相場はどのくらいなの?正社員で新卒入社した場合大学新卒で入社した場合の平均月収は、約36万円です。平均年収は、約500万~600万円です。正社員で転職した場合転職した場合も、新卒と大きく変わりはないようですが、大学卒ではない場合は、多少の

結婚相談所の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

未だに婚活ブームは続いています。結婚は人生のゴールかもしれません。そんな人達のキューピット役を仕事にできる喜びは代えがたいものがあります。結婚相談所で働く事で、いろいろな人達が幸せになれて、それが自身の喜びとなる訳です。同じ接客業でも一味も二味も違った仕事ではないでしょうか。そんなキューピット役の仕事を詳しくご紹介致します。結婚相談所ってどんな仕事?婚活ブームの中、結婚相談所は手っ取り早く相手を見つける場所でもあります。そんな結婚を考えている男女が登録して、それぞれ条件に合ったパートナーを探して、紹介してあげる提供の場です。写真や条件内容で紹介するのはもちろん、定期的にお見合いパーティーなども


▼記事をスキップして見たい人向け▼
結婚相談所の仕事を探すにはこちら >