互助会事業に興味はないですか?

互助会とは冠婚葬祭事に使用するための積立金のことを指します。

意外と知られていない互助会事業ですが、転職先としても選びやすい仕事でもあります。

ここでは互助会で転職を考えている人に、互助会事業の魅力だったり転職を成功させるためにやるべき事などをご紹介していきます。

「互助会の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

互助会で転職する人は多い?

互助会事業会社に勤めている人のほとんどが転職してきた人ばかりです。

そのため、社員の年齢層は20代後半~40代くらいと比較的若い人が少ない職種です。

なかなか冠婚葬祭の営業となると若い人よりも中年の人に支持ある傾向です。

新卒で入社する人は珍しいです。

逆に若い人は互助会事業会社に入社しても転職していく傾向が強いです。

やはり同年代の社員がいないというのが要因の一つと言えるでしょう。

また転職者の多くが営業経験者が多いです。

互助会の転職を成功させるためにやるべき3個のこと

転職したからには成功したいと思うのは当然ですよね。

転職の成功は人それぞれだとは思います。

給料アップ、待遇、休みなど何をもって成功になるかは何を理由に転職したかによりますね。

ここからは転職を成功させるためにやるべき事についてご紹介します。

互助会の転職を成功させるためにやるべきこと1:互助会について勉強する

仕事で売っていくのは互助会です。

売っているサービスの内容を理解していなければ説明もできなくて売ることはできないですよね。

もちろん入社してからの研修で互助会について学びますが、事前に自分で調べておいても損はないかと思います。

互助会の目的やその必要性を理解した上で営業にでたほうが成功する確率は高くなることでしょう。

互助会の転職を成功させるためにやるべきこと2:営業トーク

職種柄が営業ですから自分の足で回ってサービスを売っていかなくてはいけません。

そのためには先程述べた互助会の知識はもちろんのこと、トーク話術も必要になります。

どういう言い回しをした方がうまく伝わるのか、簡潔に説明して興味を引いてもらうにはどのように話したらいいのか、など話術を磨くだけでもかなり成果に差が出ます。

実際営業に回っていても少しの時間しかもらうことができません。

その限られた短い時間の間に少しでも印象を残すような営業トークを身に付けておいた方が成功するでしょう。

互助会の転職を成功させるためにやるべきこと3:コミュニケーションを取る

仕事が営業職ですから必然と勤務時間は外に出ている時間がほとんどです。

ですが、職場の人間関係も成功に繋がる要因となります。

そのため、社員同士のコミュニケーションはちゃんととっていた方がいいです。

営業は社員同士愚痴をこぼし合ってストレス発散するのも大事なことです。

また外回りをしていてもすれ違う住人とのコミュニケーションを忘れてはいけません。

コミュニケーションを取ることで、多少でも緊張感が取れそこから親しくなるなんて事もよくあります。

社内の人間関係も、住人とのコミュニケーションも転職を成功させるためには必要なツールかも知れません。

「互助会の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するにあたっての必要な心構え

転職するにあたっての必要な心構え1:安定を求めない

営業職ですからサービスや製品を売った数が給料に繋がってくることは言うまでもないでしょう。

そのため多く売れれば給料が増えますが、反対に売れなければ給料は増えません。

今月は多く契約が取れても来月も同じくらい取れるとは限りません。

給料の安定を求める人にはキツいって思うかもしれません。

ですが営業職で働くのであれば給料の安定を求めないということは必要な心構えになります。

転職するにあたっての必要な心構え2:一日で契約を取ろうとしない

お客が自分で欲しいものを買いに来る販売業とは違い、営業はお客が欲しいと思っていない商品やサービスを売りにいく仕事です。

そのため、お客はなかなかに心を開いてくれません。

それどころか話すら聞いてくれないところがほとんどです。

転職したばかりだと早く結果を残したくて行き急ぐ人がいますが、営業の仕事は相手が欲しいと思っていない物を欲しいに変える仕事です。

そんな一日や二日で欲しくないが欲しいに変わることはありません。

なので、長い目で見て契約は取りに行く程度で充分だと思います。

転職するにあたっての必要な心構え3:笑顔を忘れない

外回りは想像以上にキツいです。

天候に関係なく出なければいけません。

晴れているときは暑いし、雨の時は濡れて寒いし嫌になることもあります。

でもそんな辛いって顔をしている人から話を聞きたいと思うでしょうか。

笑顔で挨拶してくれる人の方が少しくらいなら聞いてみようという気になると思います。

決して楽な仕事ではないですが、笑顔を忘れずに人と接していく。

その心構えはとても大事になってきます。

互助会の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

互助会の転職で年収を上げるためにやるべきこと1:互助会の契約を取る

営業職ですから契約を取ればその分インセンティブがもらえます。

インセンティブが月給にプラスされるか、賞与にプラスされるかは各互助会事業会社によって異なってきますが、契約を取れば確実に年収はアップします。

とは言っても契約を取れる月もあれば取れない月もあったりします。

常に向上心を持って仕事をすることが大事になってきます。

互助会の転職で年収を上げるためにやるべきこと2:昇進する

昇進することで基本給が上がります。

これは当然ですが、一番分かりやすいことだと思います。

昇進と一言で言ってもやはり結果を出さないと昇進に結び付きにくいというのはあると思います。

結果的に成績を残すために契約を取るということは、年収を上げるためには必須になるのかもしれません。

「互助会の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで短いながらも互助会事業会社に転職するために役立ちそうな事をご紹介してきました。

少しは転職してみてもいいかなと思っていただけたでしょうか。

営業職は本当に向き不向きがあります。

自分で歩いて回って話をしていく。

今はインターホンをつけているお家が多く、住人の顔を見ることなく門前払いを食らうことが多々あります。

でも中にはちゃんと話を聞いてくれたり、缶コーヒーやジュースをくれたりする方もいます。

そういった人の暖かみに触れることができるのも営業職のいいところだと思っています。

また、自分の足で取った契約は本当に嬉しいです。

最初は全く取れないかもしれないけど少しずつコツを覚えて経験を積んでいけば取れるようになります。

諦めずに頑張ることが大事になってくる仕事です。

もし少しでも興味を持っていただけたら一度互助会について調べてみてはいかがでしょう。


関連キーワード

互助会求人

互助会求人についてもっと深堀りした情報を見る

互助会営業求人の募集内容は?給料や仕事内容、求められる動きややりがいなど

皆さんは互助会の求人って見たことありますか?そもそも互助会ってなに?って意見の方が多いでしょうかね。ここでは簡単にはなりますが、互助会営業求人のことやその仕事内容について紹介していきます。今現在仕事を探している方、これからどんな仕事に就こうか考えている方々の参考になればと思います。「互助会営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →互助会の仕事ってどんな仕事?まず、互助会いとは冠婚葬祭事に使うために貯める積立金のことを言います。互助会は経済産業省認可の事業です。また全国各地に互助会運営会社が存在します。それら企業に勤める人は互助会の加入者を増やすために営業で各家庭を回っています。互助

互助会とは何?どんな仕事があるの?仕事内容や役割、給料事情など経験者が詳しく解説します!

互助会って聞いて皆さんはどんな印象も持つでしょう。ある程度の年齢を重ねている方であればわかると思いますが、今の若い方たちは互助会って聞いても全くわからないって方が多いのではないでしょうか。ここでは互助会のことについて詳細にご案内していきたいと思いますので、すでにご存知の方も全く知らないって方もこれを最後まで読んでいただくことによって互助会への理解が深まり、また必要性にも気づいていただけるのではないかと考えます。互助会って知ってる?そもそも互助会って何だろう?!そもそも互助会ってなんだろうってところからご紹介していきます。単簡にいうと、互助会とは結婚式やお葬式の時に備えてためておく積立金のことを

互助会の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

どんな人でも働く上で向き不向きと言うものは必ずあります。入社してから不向きな仕事だったと後悔しないためにも、ここでは互助会事業の仕事に向いている人、向いてない人の特徴をご紹介していきます。是非、互助会事業への興味がある方は最後までご覧になっていってください。「互助会の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →互助会はどんな仕事?そもそも互助会について知らない人が多いと思います。なのでまず簡単に互助会のご説明をさせていただきます。互助会とは、冠婚葬祭用に貯めておく積立金のことです。互助会運営会社に勤務する者は互助会加入者を増やすための営業に出ます。なので、互助会事業と言っても営業職になりま