あなたは広告営業の仕事が好きですか?

または、少し興味があってこのサイトに辿り着きましたか?

これから挑戦してみたい!!そう思っている方は、是非最後までお読み頂けると嬉しく思います。

営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。

今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「フリーペーパー 広告営業」の仕事例をチェック

フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容

今回は、様々さまざまな営業の中でフリーペーパーの広告営業について紹介します。

フリーペーパーとは、よく新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いてあったり、簡単に言えば地元の店舗を紹介したりしている媒体です。

雑誌のようになっているのもあれば、広告のようなものもあります。

このネット社会の世の中で新聞同様、紙に店舗の広告を載せるのがフリーペーパー広告営業の仕事になります。

簡単に仕事内容を紹介すると、様々な店舗にアポを取り、話を聞いてくれる店舗を訪問し営業をかけます。

広告掲載を受諾してもらえたら、どんな広告にするか打ち合わせをして広告作り、そして広告確認後にOKを貰いますもらう。

大まかに言うとこんな具合です。

フリーペーパー広告営業でよくある募集内容とは?

フリーペーパー広告営業の仕事は基本的にパソコンが使える人が優遇されます。

営業がパソコンを使うことはあまりないのですが、クライアントとのメールのやり取りがあり、クライアントから使ってほしい素材や画像が送られてきます。

制作班が広告作りに間に合わない時に、営業班も応援で制作にまわることがあります。

パソコンは覚えれば簡単なのですが、教える手間を省くために、どちらかというとパソコンが使える人の方が優遇されます。

給与相場

率直に言うと、フリーペーパー広告営業の給料は安いです。

好きでなければできない仕事かもしれません。

地方だと、自家用車で走るガソリン代は補助されないところも多く、クライアントとの電話のやり取りも自分の携帯を使います。

電話代が支給されないところもあるでしょう。

都会は地方より給料は良いのですが、手取り15万円~19万円位だと思います。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は大体9時から17時ですが、残業はとても多いです。

月末締め切り近くになると、帰社時間はどんどん遅くなってしまいます。

休日も、クライアントが日曜しか都合がつかないという場合には休日出勤になります。

休日出勤をした場合、その代休は取れることが多いでしょう。

福利厚生

福利厚生は完備している所と、していない所があります。

やはり、小さな会社は広告取り扱い自体も少ないので、給料も必然と少なくなります。

そのため規模の小さな会社の場合には、福利厚生はあまり整っていない所もあるようです。

勤務場所

事務所では、制作班が営業班の持ち帰った手書きや簡単なイラストを元に広告の制作を行っています。

営業は常に外回りで、様々な会社や店舗に営業をかけていきます。

基本的には外廻りをしていることになります。

制作班との打ち合わせは、事務所に戻ってから行います。

求められる人物像

社交性、話上手、聞き上手、臨機応変に人に合わせられる、というのが求められる人物像です。

営業の仕事は、最初は話をするところから始まります。

但し、会っていきなり営業されるのは誰もが好みません。

まず相手の話をしっかり聞いてから、自分の話を上手く伝えることができる人。

そして、会話をしながら引き際なども見定めることができる人。

今日は挨拶だけにして、営業は後日に行う等相手を見て臨機応変に対応できる人。

このような人が営業に求められる人材と言えます。

必要なスキルや資格、経験

資格は特に必要ありませんが、スキルや経験はある程度持ち合わせておいた方が歓迎されます。

営業は特に最初からスキルが身につくことはありません。

ただ、最初から営業向けのスキルを持ち合わせている人も中にはいるかもしれません。

スキルも経験により身につけていくものですので一概には言えませんが、人間観察ができることは重要になると思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

フリーペーパー広告営業のおすすめ求人やおすすめ会社の特徴

あくまで、営業としてやっていきたい!!と思うなら、求人欄に「営業、制作どちらもできる方」と書いてある所は避けた方が良いと思います。

「営業募集」に絞った方が良いでしょう。

あまりに少人数すぎる会社は、複数の業務を担当させられ負担が大きくなる上に福利厚生が整っていない可能性があるので、ある程度の人数が働いている会社を選ぶ方が無難です。

広告数が安定している会社

フリーペーパーに掲載されている広告の数が安定しているかどうかを見るのが一番重要だと思います。

今月は広告が沢山載っていたのに、次の月は前月より少ない等安定していない会社は避けた方が良いでしょう。

フリーペーパーの収入源は広告なので、その広告数が安定していないと給料に響いてきます。

新しくない会社

設立したばかりの会社よりは、ある程度長く続いている会社の方がおすすめです。

フリーペーパー業界は、競争が激しく会社が潰れてしまうことも珍しくはありません。

長く続いている会社であれば、昔から安定した取引があり、様々な店舗から継続して広告を受注している所が多いので安心できます。

あまり求人を出していない会社

毎回求人募集している会社はやめた方が良いでしょう。

人が続かないということなので、あまり募集がかからない会社が良いと思います。

気に入った広告を出している会社

あなたが手に取ったフリーペーパーを見て、こんな広告を作りたい!!と思ったなら、それは素晴らしい動機になるので、ぜひ応募先候補として挙げましょう。

そして、詳細をチェックしてみて、その他の条件が自分の希望と合致しているか、しっかり確認します。

フリーペーパー広告営業に向いている人

マメな人

マメな人は向いています。

クライアントとの連絡はもちろん、広告を発注してくれたクライアントの店舗で食事をしたり、雑貨屋さんであれば雑貨を購入する等のプライベートな付き合いも大切です。

クライアントに気に入ってもらい、「また広告を出稿してあげよう」と思ってもらうことが大切です。

達成感を持ちたい人

達成感を好む人は向いています。

締め切りギリギリで追い込まれる仕事が多いので、それを乗り越えて達成感を感じチームワークを大事にできる人でないとなかなか長続きしません。

やり甲斐や楽しみを見つけられる人

自分とクライアントと会社の皆で作り上げたフリーペーパー、またすぐに次の月の営業に取り掛からなくてはなりません。

クライアントから「ありがとう」「反響があったよ」等嬉しい言葉をかけてもらい、また頑張ろうと思える人は本当に向いていると思います。

フリーペーパーは広告だけではなく、企画会議で決まったその月の特集を載せたり、またインタビュー記事や占い等遊び心のある記事を載せたりします。

従って、これら全ての記事掲載において苦痛を感じず楽しめる人は、会社からもクライアントからも求められる人材です。

フリーペーパー広告営業に向いていない人

人と話すのが苦手な人

人見知りで、人と話すのが苦痛な人は営業には向いていないでしょう。

ひたすらストレスを感じてしまうと思います。

但し、フリーペーパーの仕事においては制作には向いているかもしれません。

細かいことが苦手な人

大雑把な人はあまり向きません。

フリーペーパーの広告は小さなスペースに写真や文字を入れていきます。

クライアントの要望を大雑把に聞いてしまうと、何度もやり直しになってしまいます。

物作りにあまり関心がない人

物作りに興味がない人はあまり向いていないと思います。

フリーペーパーで得られる達成感ややり甲斐が感じられない可能性が高いからです。

物作りには興味があるけれど、営業は大変なんでしょう?と思って避けている人は実際入社してから活躍できるかもしれませんので、取り敢えず挑戦してみても良いと思います。

フリーペーパー広告営業のやり甲斐は?

自分の力を試すことができる

自分の力量が試せる仕事です。

自分の力量でどれだけの広告を受注できるか、腕の見せどころです。

ノルマがあれば、達成できた時はやり甲斐を感じるでしょう。

ノルマ以上を目標に掲げる野心のある人なら、もっと大きなやり甲斐を感じると思います。

チームでの達成感

皆で協力して一つのものが出来上がります。

何かを作り上げることが好きな人は、フリーペーパーが出来上がった時にやり甲斐を感じるでしょう。

締め切りが迫る中残業して、頑張って「もう嫌だ」と思っても、出来上がったフリーペーパーを見て、「よし!!次はもっと良いものを作ろう」と思えるそんなやり甲斐が詰まった仕事です。

感謝されること

「君だから広告を任せられるんだよ」とクライアントに言ってもらえると、その一言で「この仕事をやっていて良かった」と思うでしょう。

やはりクライアントの声はとても嬉しいものです。

「次も頼むよ」と言ってもらえたり、継続契約して頂けたりとクライアントあっての仕事なので、自分に任せられる喜びは非常に大きいものがあります。

自分に合ったフリーペーパー広告営業の求人の選び方や注意点

お洒落なカフェや雑貨屋さん等の広告で作られているフリーペーパーや、企業広告で作られているフリーペーパーもあります。

まずは、どんな広告を作りたいかを自分の中で決めることで、選びやすさが決まると思います。

【選び方①】雇用形態から選ぶ

正社員を希望する場合は、ある程度広告数が多いフリーペーパーの会社を選びましょう。

アルバイト、パートでも良いなら、広告数にこだわり過ぎずに自分に合いそうなフリーペーパーの会社を選ぶのが良いでしょう。

【選び方②】給与や雇用条件から選ぶ

フリーペーパー広告営業は、決して高額な給料を期待できるものではありません。

その他の雇用条件等で、自分の求める条件と合致するかどうか細かくチェックした上で検討すると良いでしょう。

【選び方③】エリアから選ぶ

事務所が家から近くても、営業は遠く離れた所へも行かなければなりません。

営業エリアは広範囲です。

そのため、せめて事務所は家から近い方が良いでしょう。

直行直帰は基本的にありませんので、一旦事務所に戻り一日のスケジュールを報告しなければならない所が多いと思います。

【選び方④】作りたいものから選ぶ

お洒落なフリーペーパーを作っている所で働きたい、企業広告の方が向いている気がする、そんな理由でも良いと思います。

ただ、お洒落だからと言って仕事内容もお洒落とは限りませんので、注意しましょう。

お洒落なお店を訪れることはあっても、仕事内容はどれもほぼ一緒です。

注意点

営業の注意点は、やはり「報連相」です。

「報告・連絡・相談」、1つでも欠けてしまうと大変なことになってしまいます。

例を挙げると、ある店舗A店が「どうしてもB店の隣に広告は掲載しないでほしい」と希望を伝えたとします。

しかし、営業がうっかり忘れて隣同士に広告を掲載してしまいました。

そうなると、フリーペーパーは出来上がっているので、取り返しがつきません。

こんな連絡ミスがあると、クライアントの信用を失ってしまいます。

その他の例では「A店とB店の広告が同じような配色なのに、隣同士もしくは上下に掲載してしまった」これは、相談がきちんとできていないために起こってしまったミスです。

同じ配色を並べてしまうと、どちらも目立たなくて広告としての価値がなくなってしまうのです。

「クライアントとの打ち合わせの日時を間違える」これは最悪の事態です。

締切前は、どうしてもバタバタしがちです。

常にメモを取るように心掛けましょう。

まとめ

フリーペーパーの仕事というのは、営業をかけて広告を受注するところまでが難しいのです。

それをクリアすれば、次はどんな広告にするかの企画打ち合わせです。

この時に自分のアイデアを出して、クライアントにその案を採用してもらえたらやり甲斐を感じるでしょう。

その後は、写真撮影で大体一眼レフのカメラを使います。

見出しやキャッチコピーをどんな文章にするか、色合いはどうするか等を制作班に細かく伝えて広告を作成してもらい、出来上がったらクライアントに確認してもらいます。

クライアントが気に入らない場合は、やり直しになることもあります。

これを、最低決められたノルマ、例えば10件だとしたら10件同時進行で進めていきます。

月の前半は営業、後半は制作した広告のチェックと考えて下さい。

しかし、ノルマが達成できていないと、後半も営業をしなければならないので大変です。

そして、締め切りが訪れて、一つのフリーペーパーが出来上がります。

この時、あなたがどう思うかでこの仕事が向いているのかいないのかが初めて分かると思います。

大変ですが、達成感と喜びを感じられる仕事です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

求人広告営業求人

求人広告営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?今回はそのポイントを解説していきたいと思います。求人広告の「営業」と言えば新規の集客を目的とする営業活動が多く、数をこなさなければならないハードな業務なので、離職率も高いのでは?というイメージが強いかと思います。そこで、そんな営業職に就いてビジネススキルを上げたいという方に向けて、求人広告営業の転職での注意点やおすすめの人気企業など、年収を上げたい人に必見の情報をお伝えしていきます。求人広告営業の転職で注意した方が良い3つのこと女性が活躍している職場かどうか求人広告の業界は厳しい営業の現場です。新規営業が大半で、昔は

広告営業の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

華やかだけど忙しいイメージの広告営業。でもなかなか業界経験者以外には、その業務の詳細は分かりにくいのも事実です。広告業界への就職には興味はあるけれど、何も知らない未経験者に務まるのかちょっと不安、という方にもよく分かる広告営業の仕事内容や働き方の詳細を業界経験者がまとめてみました。広告営業の仕事は大きく2つの役割に分けられる自社メディアの営業私のいた会社もそうなのですが、例えば自社で出版物やフリーペーパーなどの情報誌媒体、web媒体、定期的なイベントなど広告の媒体となり得る商材を持っている会社の広告営業は、その自社メディアに広告を出稿してもらうクライアントを獲得する営業活動の役割を担います。継

求人広告営業の仕事内容を詳細解説!求められる人物ややりがい・大変なところ・心構えについても教えます

広告業界と言えば憧れの業界ではないでしょうか?なかなか転職や新卒で入社するのは難しいのでは?というイメージもあると思いますが、求人広告の業界は未経験からでもチャレンジしやすい業界です。特に必要な経験やスキルはありません。そして、その中でも営業は花形ですが、花形と言えども大変なイメージをお持ちの方は多いかもしれません。確かに、大変で辛いことも多いです。けれども、それ以上にやりがいや充実感を感じられるのが営業なのです!また、人間としても大きく成長できる経験を沢山積むことができますし、キャリアアップも目指しやすい業界です。実際の仕事内容や生の体験談を読むことで、少しでもこの業界に興味を持ったり応募す