求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?

今回はそのポイントを解説していきたいと思います。

求人広告の「営業」と言えば新規の集客を目的とする営業活動が多く、数をこなさなければならないハードな業務なので、離職率も高いのでは?というイメージが強いかと思います。

そこで、そんな営業職に就いてビジネススキルを上げたいという方に向けて、求人広告営業の転職での注意点やおすすめの人気企業など、年収を上げたい人に必見の情報をお伝えしていきます。

「求人広告営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

求人広告営業の転職で注意した方が良い3つのこと

女性が活躍している職場かどうか

求人広告の業界は厳しい営業の現場です。

新規営業が大半で、昔は飛び込み営業、今でもテレアポが主流の業界です。

今でこそ業界も大分変わってきましたが、男性が多く働く業界の一つでした。

面接を受ける際には、「女性の比率はどれ位ですか?」という質問をすると良いでしょう。

女性が働きやすい職場を実現している会社は、男性にとっても働きやすい会社である可能性が高いからです。

離職率はどうか

前の項目と関連しますが、離職率の高さにも注目しておきたいところです。

新規営業を中心に営業活動を行う会社の離職率は、とかく高いものです。

数年持つ人がいれば良い方という会社も少なくありません。

「入社後3年以内の定着率はどれ位ですか?」と訊いてみるのも良いかもしれません。

webマーケティングの知見がある会社かどうか

これは実は大切な要素です。

営業活動に、webのノウハウを活用し集客に取り入れているかどうかという意味です。

webでの集客を行っていない会社だと、見込み顧客を100%営業が探してこなければなりません。

それこそ朝から晩までテレアポをして、クライアント候補を探さなければならないわけです。

webの知見があり、インターネットで顧客を集めるノウハウがあれば、売上を上げるための労力を少しでも削減することができるので、効率的な営業活動が可能になるのです。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

営業スタイルを会社側と擦り合わせる

同じ求人広告の会社に転職をしたとしても、自分が今まで経験してきた営業スタイルと大きく異なる場合、入社後にギャップを感じることになります。

できる限り、面接の時点で自分の今までの営業スタイルと理想とする働き方を次の会社と擦り合わせるようにしましょう。

その結果、自分が務めるのは難しいと感じたら、勇気を持って早めに担当者に伝えることも転職で失敗しないためのコツです。

自分の目標が次の会社で実現できるのかをしっかり話し合う

あなたが現在25歳で、28歳までに部下を持つマネージャーになって年収700万円を稼ぎたいとしましょう。

そこまで目標が具体的なら、どうすれば可能なのか?そもそも可能性はあるのか?を社長や人事担当者と話し合ってみましょう。

会社というのは、社員に気持ち良く全力で働いてもらうことが大切ですから、比較的個人の目標を応援してくれる会社も少なくありません。

入社前にしっかり相談できれば、入社後の目標も明確に定められると思います。

「求人広告営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するにあたっての必要な心構え

会社側に気を遣い過ぎない

これは非常に大切です。

新卒採用の時のように、会社に気を遣って、自分を過大に見せたり無理をする必要はありません。

むしろ、あなたが損をしないように訊くべきことはしっかり訊き、後悔しないようにすることが大事です。

候補を絞らない

選択肢を絞り過ぎないようにすることもポイントの一つです。

気になる会社は何社でも受けてみましょう。

「売れる人」というのは、実は「売るのが上手い」だけの人ではなく「買うのが上手い人」でもあります。

営業の仕事は、クライアントの買い物を代行する仕事だと言ったのは、確かサイバーエージェントの藤田さんでした。

候補をいくつか選んだらポイントを絞って、しっかり比較をする…営業職にも求められる大切な要素です。

是非自身の転職活動においても応用するようにしましょう。

求人広告営業の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

とにかく売ること

求人広告の世界は営業の世界なので、とにかく「売れる人」が重宝される業界です。

少々人物に問題があっても、「売れる人」が出世していく厳しいながらも単純で分かりやすい業界です。

従って、年収を上げる一番の方法はとにかく沢山売ることです。

予算に対する達成率が一番高い人になれば、自ずと年収は上がっていきます。

会社の期待値を超え続けることが大事です。

売れる人を作ること

これは、「売る」ことよりももっと大切で「売れる人を作る」ことです。

要するに、名プレイヤーで終わらず名監督になることがもっと大事ということです。

売上をいかに上げるかを競う世界ですから、自分1人が1000万円売れる人になることより、500万円売れる人を3人作ることの方が価値が高いわけです。

従って、売れる人を育てられる能力は、何よりも価値があります。

そのためには、どうやったら売れるのか?なぜ売れたのか?を検証して、人に上手く伝えられる能力を磨く必要があります。

「求人広告営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

求人広告営業転職で人気の企業とその理由

具体的な人気企業を挙げますので、転職活動の際の参考にしてみてください。

indeed

TVCMでもお馴染みのindeed。

TVで見ない日はない程です。

人気の理由

indeedの営業スタイルは、今までの人材業界になかったものです。

まず、見込み客のところに訪問するのを禁止しています。

通常の求人系会社というのは、前述の通り沢山テレアポを行い、アポイントをもらい、訪問してヒアリング、そして提案するというプロセスを経るのが一般的です。

しかし、indeedの場合は電話営業のみです。

サービスのデモンストレーションもパソコンの画面を通じて遠隔で行います。

訪問がないというのは、業務負担はかなり減るはずです。

リクルート

indeedの親会社でもありますが、言わずと知れた国内ナンバーワン人材サービス会社です。

人気の理由

元々は、起業家を多数輩出する人材輩出企業でしたが、現在世界一の人材会社を目指しており、リクルートで長く働く人も増えてきたのではないかと思います。

また、起業家を輩出する文化が根強いので副業等にも寛容で、リクルートに席を置きながら自分の好きなことをビジネスにする社員も少なくありません。

非常に大変だと思いますが、良いとこ取りできる可能性を秘めている会社と言えるでしょう。

実際に、リクルートで年収1000万円、副業で1000万円という大企業の役員並みに稼ぐ人が多数存在するような会社です。

ディップ

知名度はまだ低いと思いますが、上場もしている隠れた優良企業です。

人気の理由

どういう点が優良かと言うと、特に仕事が楽というわけでは全くありません。

ディップが優れているところは、新卒者が毎年一定数入社していることと、入社後その若手が戦力化するのが非常に早いことです。

実際、ディップの営業マンは現場で評判が良いことが多いです。

社内のことはあまり詳しくは分かりませんが、おすすめ企業の一つです。

まとめ

求人広告の業界は、新規営業活動が大半を占める大変厳しい業界です。

営業としての提案力や人間としての魅力がないと通用しませんが、逆に言うと上手にこなしていけばビジネスマンとしての大きな成長が見込める業界の一つだと思います。

正直、働き方改革を一番進める必要がありそうな業界なのに遅れをとっていることは否めないと思いますが、興味深い業界の一つと言えるでしょう。




求人広告営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは広告営業の仕事が好きですか?または、少し興味があってこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は、是非最後までお読み頂けると嬉しく思います。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話していきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容今回は、様々さまざまな営業の中でフリーペーパーの広告営業について紹介します。フリーペーパーとは、よく新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いてあったり、簡単に言えば地元の店舗を紹介したりしている媒体です。雑誌のようになっているのもあれば、広告のようなも

広告営業の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

華やかだけど忙しいイメージの広告営業。でもなかなか業界経験者以外には、その業務の詳細は分かりにくいのも事実です。広告業界への就職には興味はあるけれど、何も知らない未経験者に務まるのかちょっと不安、という方にもよく分かる広告営業の仕事内容や働き方の詳細を業界経験者がまとめてみました。広告営業の仕事は大きく2つの役割に分けられる自社メディアの営業私のいた会社もそうなのですが、例えば自社で出版物やフリーペーパーなどの情報誌媒体、web媒体、定期的なイベントなど広告の媒体となり得る商材を持っている会社の広告営業は、その自社メディアに広告を出稿してもらうクライアントを獲得する営業活動の役割を担います。継

求人広告営業の仕事内容を詳細解説!求められる人物ややりがい・大変なところ・心構えについても教えます

広告業界と言えば憧れの業界ではないでしょうか?なかなか転職や新卒で入社するのは難しいのでは?というイメージもあると思いますが、求人広告の業界は未経験からでもチャレンジしやすい業界です。特に必要な経験やスキルはありません。そして、その中でも営業は花形ですが、花形と言えども大変なイメージをお持ちの方は多いかもしれません。確かに、大変で辛いことも多いです。けれども、それ以上にやりがいや充実感を感じられるのが営業なのです!また、人間としても大きく成長できる経験を沢山積むことができますし、キャリアアップも目指しやすい業界です。実際の仕事内容や生の体験談を読むことで、少しでもこの業界に興味を持ったり応募す