貿易営業というと海外とコミュニケーションをこなし、時には海外出張したり、展示会に参加したりと華やかなイメージがあるかと思います。

実際の貿易営業求人の仕事がどういうものなのかを紹介していきます。

「貿易営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

貿易営業求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

貿易営業の仕事は、その会社の商材にもよりますが、輸入の場合、海外の取引先への商品の問い合わせや納期のコミュニケーションをとったり、卸先に納品の日程や費用の打ち合わせなどの調整を行います。

輸出を担当する場合は、取引先や海外顧客からの問い合わせに答えたり、商品の費用や納品についての打ち合わせ、運送業者に船便や航空便の見積もりを依頼したり、展示会への参加をするならイベント毎に社内打合せを行いどう行った商材をプロモーションするかなどを話し合います。

貿易営業求人にはどんな種類があるの?

貿易営業の求人には大きく分けて2つ種類があります。

一つは、輸入貿易営業ともう一つは、輸出貿易営業です。

ほとんどの会社で輸出と輸入で部隊を分けているか会社自体が輸出か輸入どちらかに特化しているケースが多いです。

貿易営業求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

倉庫業務

倉庫業務だけになるとサプライチェーンという別の仕事になりますが、特に輸入営業部だと倉庫へ在庫の確認やサプライチェーンのメンバーと今後の納期や在庫調整などについて打ち合わせをする事があったり、中には輸入貿易営業兼倉庫業務をするところもあります。

海外展示会参加

貿易営業部ではどこで何をプロモーションするかで扱う商材の宣伝をしないといけません。

その代表的なものが展示会です。

最近は海外への展示会へ出展する企業も増えているため、海外展示会へ参加し通訳をしたり、商品のプロモーションをしたりするケースが増えてきています。

貿易営業求人の募集でよくある職種

輸入営業職

まず、輸入営業というのは、海外から商品を仕入れる事です。

輸入営業職の仕事は、海外の取引先やサプライヤーと商品の費用や場合によっては商品の修正・加工などを依頼したり、実際出荷となった場合の納期についての打ち合わせや納品した後は、社内の国内営業部や倉庫部隊へ在庫や販売の日程などの打ち合わせをします。

輸出営業職

輸出営業は、海外へ商品を出荷する事です。

輸出営業職の仕事は、海外の取引先や国内の取引先の海外工場などへ商品を納品する調整を行ったり、出荷となった際の運送業者との輸送についての打ち合わせをしたりします。

海外の取引先やサプライヤーなどへ日程や費用の連絡を入れたり、納品後、支払いについて調整したりします。

「貿易営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

貿易営業求人でよくある募集内容とは?

貿易営業といってもどんなものがあるかよくわからないと思います。

ここでは貿易営業でよくある募集内容を紹介します。

貿易営業を考えているなら給料や福利厚生など気になるかと思いますので詳しく話していきます。

給与相場

おおよそ支給額18万から25万円

勤務時間や休日、残業

月曜から金曜 9:00〜18:00がほとんどですが、稀に輸出営業の場合、海外の時間を意識して夕方から夜、例えば14:00〜23:00などといったケースもあります。

展示会などの場合は、休日出勤するケースもあるようです。

残業は、ほとんどない場合が多いです。

福利厚生

社会保険、年金はもちろんですが、他に交通費支給、会社によっては家賃補助、有給休暇、積立預金制度や社内英語研修制度など会社によって他にも色々あります。

勤務場所

本社、支社、稀に倉庫のある地方などがあります。

求められる人物像

多言語ができる人、海外に対して拒否反応がない人、チャレンジ精神のある人、コミュニケーション能力が高い人などが求められています。

必要なスキルや資格、経験

貿易営業をやるにあたって特別必要な資格はありませんがあった方が役立つのは英語に関する資格、例えばTOEICや英検、貿易検定、通関士の資格などは役立ちます。

他には海外留学経験があれば社内で重宝される可能性は高いです。

貿易営業のおすすめ求人のポイント

貿易営業にはどんな求人内容があるのか転職や就職をするにあたって気になる箇所と思うところをいくつかのポイントをあげてみます。

英語・中国語できる人歓迎

貿易営業は、やはり日本語以外の言語ができると重宝されます。

特に最近は英語だけでなく中国語ができる人を重宝しているので、英語だけでなく中国語まで操れる人材は採用率がグッと高まる可能性があります。

営業経験がある人

貿易関連じゃなくても営業経験があれば採用している会社も多くあります。

今までに営業経験をしているのなら一度チャレンジしてみてもいいかと思います。

チャレンジ精神旺盛な人

会社によっては未経験者でもチャレンジ精神が旺盛な人を募集しています。

海外のマーケットは、日本のマーケットに比べると流れが早いので定石が通用しないケースもあります。

そのため、一つにこだわるより次から次にチャレンジできる人は重宝される可能性が高いです。

「貿易営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

貿易営業求人についてよくある疑問

貿易営業に関して疑問に思うこと、よく質問として上がることをまとめてみました。

貿易営業へ応募する前に参考してみてください。

貿易営業は英語ができないと就職できないのか?

できます。

英語ができるかどうかはもちろん大事ですが、英語ができないなら入社後どれだけ頑張れるかも大事になります。

海外出張は頻繁なのか?

会社によるかもしれませんが、月1回は最低何処かへ出張するケースもあれば2〜3ヵ月に1回といったケースもあります。

営業としての裁量の大きさはあるのか?

ある程度決まった商品を輸出入している会社だと営業としての裁量はあまり大きくないかもしれませんが、中小企業だと個人の裁量はある程度大きいものとなります。

貿易営業のやりがいは何か?

貿易営業のやりがいは、日本国内だけでなく海外の人とのコミュニケーションを通じてグローバルマーケットを知ることができるというのがやりがいです。

国内ではまだ流行っていない商品をいち早く輸入してきたり、海外でまだ供給の少ない日本の商品を売り込んだりするのはやりがいを感じる部分です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

貿易営業は比較的未経験者でもチャレンジしやすいと思います。

海外とのつながりを持ちたい人や海外のマーケットで仕事をしてみたい人、英語や多言語を使って仕事をしてみたい人はぜひチャレンジしてみてください。


関連キーワード

営業求人

貿易営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

貿易営業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術、社内で評価される時のロジックを経験者が教えます

貿易営業がどんな仕事か興味を持つ人は少ないと思います。ただ一重に貿易営業といっても、どんな仕事なのかなかなかイメージしづらいかもしれません。今回は、貿易営業の年収がどれくらいなのかなども紹介していきます。貿易営業の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合年収300〜500万円といったあたりが一般的です。正社員で転職した場合年収300〜700万円とかなり幅が広くなります。ただし、転職の場合、役職で転職できるケースもありますのでその場合は年収が異なります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?会社にもよりますが、実績に応じたインセンティブ制度を設けているところは基本給以外


貿易営業求人に関するコラム

貿易営業の仕事内容15個の業務。貿易業で法人営業ならではの業務もあるんです

貿易営業の仕事に興味を持ったもののどういったものかなかなかイメージはつきにくいかもしれません。漠然と貿易と言われると海外とのやりとりだけに思えますが実は色々と業務があります。今回は、貿易営業の仕事内容について紹介します。貿易営業の仕事は大きく5個の役割に分けられる輸入営業バイヤーとして海外から商材を買い付けるのが主な仕事になります。輸出営業セラーとして自社商品などを海外へ販促することがメインの仕事です。貿易事務営業には外勤と内勤があります。貿易事務は主に内勤の仕事で外回りの営業のサポート役です。チームリーダー会社によっては輸入と輸出の営業部が分かれていてそれぞれのセクションでまとめ役のチームリ

貿易営業の仕事は未経験でもできる?よくある求人内容や気になる疑問を経験者が解説します

昔から貿易が盛んに行われている日本は、現在世界で4番目に位置している貿易大国です。コンビニやスーパーだけでなく、街中の至る所に貿易により仕入れられた商品や食品が溢れています。今や貿易なしでは日本の経済も食卓も成り立たなくなっています。その貿易を担うのが貿易会社であり、フロントラインで仕事をしているのが貿易営業です。日本の製品を海外市場へ流通させたり、逆に海外の人気商品、定番商品などを日本のマーケットに仕掛けたりする役割を担います。専門知識や外国に対しての文化・習慣・宗教などの理解を持って仕事に取り組む必要のある、やりがいも面白みも大きい仕事です。その貿易営業と聞くと未経験者にはハードルが非常に