雑誌やフリーペーパー、印刷物など、形に残る仕事にはクリエイティブな憧れがありますよね。

出版社の営業求人は最近ではよく見かけるようになりましたが、仕事量が多くて帰れない、休みがない、などブラック企業のイメージが強いかと思います。

しかし、最近では働き方改革に着手する企業も多く、ホワイトな会社も増えてきました。

実際のところどうなの?と悩まれる方も多いかと思いますので、このページでは「出版社営業求人」でよくある内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説いたします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

出版社営業のおおまかな仕事内容

出版社の営業には大きく分けて2パターンあります。

一つは、出版物を販売店や無料設置の場合の設置店舗に営業する、物販営業。

新規出版物で有料のものの場合、その出版物の価値を伝えることのできる営業マンが求められます。

もう一つは、出版物の中に広告を出しませんか?という広告営業です。

営業の他に、広告制作というクリエイティブな面も必要となってきます。

出版社営業でよくある募集内容とは?

ざっくりとご説明しましたが、気になるのが募集内容ですよね。

未経験者歓迎、学歴不問などの募集内容が目につきますが、実際のところどうなのか解説していきます。

給与相場

新卒入社で月21万円~25万円。

みなし残業で、営業手当込みの給料です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は9:00~18:00、残業は日によってあります。

例えば、締切の前などは立て込んで23時頃帰宅することもあります。

しかし、出版業界がブラックだと言われていた頃は「できるまでやる」、が当たり前だったので、徹夜は日常茶飯事だったそうです。

それに比べれば、随分と職場環境が向上していると言えます。

一部では、夜20時以降は全室消灯で強制退社、土・日・祝日は、会社携帯を社内に置いて帰らせる会社もあるそうです。

休日はカレンダー通り。

土・日・祝日が休みというのが一般的です。

こちらも締切に自身の制作が間に合っているかどうかで、休日出勤を余儀なくされている人もいます。

福利厚生

一般的に、各種社会保険を完備しているところは多いです(健康、厚生年金、労災、雇用)。

その他、定期健康診断 、確定拠出年金制度、 携帯電話貸与(営業職のみ)、企業によっては寮を完備する会社もあるようです。

勤務場所

本社がメインの職場になるかと思います。

編集部、デザイン制作部と連携しながら仕事を進めていきます。

ただ、営業職ですので、基本は外勤としてクライアントの店舗をまわることがほとんどです。

制作期間の段階で1週間ほど社内でパソコンと向き合い、原稿制作に集中することもあります。

求められる人物像

明るく、人と話すのが好きな人で、コミュニケーション能力の高い人が求められています。

また、身だしなみには気を遣い、清潔感があり第一印象が良い人は採用されやすいでしょう。

必要なスキルや資格、経験

会話のキャッチボールができる人、飲食店のホールなどの接客の仕事の経験がある人は即戦力になり得る存在です。

また、文章構成力が必要になってくるので、読書の習慣がある人は表現力、語彙力という点からも非常に役に立ちます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

出版社営業のおすすめポイント

やることが沢山あり大変そうに見える出版社営業ですが、営業のコツをつかみ原稿の本数を仕上げていく内に原稿の精度が上がっていくので、続ければ続けるほど自分の力となって返ってきます。

そんな出版社営業のおすすめポイントを紹介します。

時間の融通がきく

出版社の広告営業は、毎月決められたノルマ目標を達成するために、毎日営業に出ています。

逆に言えば、月の始めにノルマ目標を達成した営業社員は当月の残り期間は制作と翌月の営業に充てられます。

そうやって時間を節約していくと自由に使える時間が増え、時間の融通がきくようになります。

空いた時間を子供の送り迎えや、私用で使う営業社員も多いです。

情報の集約者になる

出版社の広告営業は「営業先のジャンルが絞られない」点で広い知識を持ち、情報の発信者として世間から一目置かれることが多いです。

勉強する範囲が広いという点で大変なことが多いですが、その分好奇心のまま向き合える仕事でもあります。

成果が形に残る

広告営業として、ご出稿いただいたクライアントの広告を制作します。

制作した広告はチラシ、雑誌、フリーペーパーなど、どんな形であれ、世間への認知拡大のためのツールとして発信されます。

自身が制作した成果物が形となって実績に残る達成感は人一倍感じられます。

出版社営業の仕事についてよくある疑問

さて、出版社営業について書いてきましたが、ご興味を持っていただけましたでしょうか?

それでもまだまだ不安に感じている方に向けて、ここからは出版社営業の仕事についてよくある疑問にお答えします。

定時で帰れないのでしょうか?

締切前や印刷物の納期前になると、どうしても時間がいくらあっても足りない時があります。

そのような日はやむを得ず残業をして帰りますが、日常的に残業をしているわけではありません。

営業職は自身の成績ノルマと広告制作物をスケジュールを守って進めていけば良いので、定時で帰ると決めて仕事に取り組む人がほとんどです。

クライアントに振り回されることはある?

クライアントに振り回される要因の一つとして、制作スケジュールがタイトになってしまう点が挙げられます。

クライアントも自社の仕事があるので、広告制作に全面的に協力できる場合とできない場合があります。

お互いの制作スケジュールを密に確認しながら、制作を協力的に進めていけるかどうかは営業マンの気遣い次第です。

どのような点が大変でしょうか?

締切前の最後の追い込みが大変かと思います。

というのも、締切前になると営業も追い込みがかかってくるので、広告制作と営業を同時進行で進めなければなりません。

加えて、来月の目標を達成するための営業期間にも入ってくるので、イメージとしてはトリプル進行になります。

入社して数ヶ月はこのトリプル進行に辟易とする時期もありますが、慣れれば、いかに自分のスケジュールをコントロールしながら先の計画を立てていくか、仕事をこなしていくかという点で楽しくなってきます。

まとめ

出版社の営業は一般的に言えば「大変な方」かもしれません。

しかし、様々なジャンルのクライアントとの出会いを経て、自分の知識量や許容範囲をどんどん更新していくことで、楽しさも倍以上になります。

やる気と根性には自信がある、という方にはぜひともチャレンジしてみてほしいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

出版社求人

出版社求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社のアルバイトをやってて良かった4個のこと

様々な雑誌や書籍の企画・製本を行う出版社。皆さんは出版社のお仕事がどのような内容かご存知でしょうか。一般的には本を発行している企業という認識が強いでしょうか。もちろんそれ以外にも業務内容は様々あります。今回は出版業界の実態を掘り下げながら、そこでアルバイトをしたことがある筆者が体験談を基にお仕事の紹介をしていきます。興味があってアルバイトをしてみようと思っている人から出版社へ就職を考えている学生さんたちまで、様々な方に向けて業界の中身を大公開します。その中で、実際に出版社での仕事を経験して後々役に立ったことも併せてご紹介いたします。私はこんなところで出版社のアルバイトをやりました。大手か中小か

出版社で働くには?必要な資格や勉強しておくべきことは何?就職先についても教えます!

「出版社」と聞くと、ハイスペックな人達が集まり、毎日忙しくも充実したワークライフを送るようなイメージがありますよね。事実、出版社の編集部員などは業務量が多く、毎日バタバタと働いている人が多くいます。しかしながら、出版社で働いていると、日々時代の最先端の情報に触れることができたり、様々な人から刺激を貰えたりする素敵なことも沢山あります。今回は、そんな出版社で働くにはどのようにしたら良いのか、必要な資格はあるのか、などについて解説します!出版社で働くには?冒頭でも述べた通り、出版社は今も人気の高い就職先です。新卒採用でも倍率が高く、中途採用も決して簡単とは言えません。では、どうしたら働くことができ

出版社の仕事は激務?!ブラックだと感じる理由は?辞めるべきか悩んでいる人も読んでみよう

日々締め切りに追われ、毎日バタバタ。終電は当たり前、泊まり込みで作業することもしばしば…というイメージが強い、編集者。「出版社」と聞くだけでブラックな仕事だと思う人も多くいらっしゃるかもしれません。実際のところは、どうなのでしょうか。今回は、実体験に基づいた出版社のブラックな面について解説します!経験者の私が思う、出版社の仕事がブラックな理由とは?ズバリ、「裁量労働制」。出版社の編集がブラックな理由は、この一言に集約されます。私の経験した「裁量労働制」について簡単にまとめると、一定時間分の残業代が含まれた額の給料で働くこと。残業をしてもしなくても残業代を受け取ることができ、労働時間は個人の裁量

出版社編集の仕事内容をご紹介!やりがいや向いてる人の特徴についてもお話しします!

様々なメディアでキラキラと働く姿が取り上げられることの多い編集者。おしゃれなカフェでの打ち合せや、撮影現場の仕切り、締切に追われる姿などがよくテレビドラマや漫画で描かれていますが、実際はどのような仕事をこなすのでしょうか。今回は、出版社で働く雑誌編集者がどのような業務をこなしているのか、出版社編集の仕事内容、向いている人向いていない人の特徴、キャリアについて解説します。出版社編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集部員編集部において一番下にあたる、謂わば平社員のような存在です。編集長が決めた月毎のテーマに沿った企画を提案し、それに伴う取材や撮影を外部のスタッフと一緒にこなします。出版社によ

出版社で働きたいなら!知っておいてほしい4個のことと自分に合った出版社の探し方を紹介します

「出版不況」と言われながらも、人気の職業として根強く取り上げられる出版社での仕事。その中でも雑誌や書籍の編集に携わる「編集者」はテレビドラマで取り上げられるなど、常に注目されていますよね。バタバタと忙しい姿が描かれることが多くありながらも、その華やかさに憧れを抱く人も多いようです。しかし、実際の編集者はどうなのでしょうか?テレビドラマの通り華やかな世界なのか、本当に毎日終電で帰るほど忙しいのか、気になりますよね。今回は出版社で雑誌の編集者として働きたいと考えている方のために、知っておいてほしいことや自分に合った出版社の探し方について解説いたします。出版社の大まかな仕事内容一言で「出版社」と言っ

出版未経験求人でよくある募集内容をご紹介!未経験から始める方はぜひご覧下さい!

テレビドラマや漫画で目にすることの多い出版社の編集者。締切に追われながら原稿を書いたり編集会議で企画を発表したりと、忙しくも楽しそうなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。そのせいか、「出版不況」と言われながらも「編集者」という職業自体は根強く人気を保っています。「私も編集者になりたかったなぁ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、実は編集者という仕事は特別な資格は要らない職種。場合によっては未経験でも始めることができるのです。そこで今回は編集者に憧れる方のために、編集者の未経験求人について解説いたします。求人のポイントや気になる疑問にもお答えしますので、

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働いたりする姿から、そういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場についてです。まず知っておいてほしいのは、出版社の編集は「裁量労働制」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁

雑誌の仕事はどんな人に向いているの?向いている人の特徴や活かせる経験はコレ!

手軽に情報を得ることができ、私たちを楽しませてくれる雑誌。では、どのような人がどうやって雑誌を作っているのでしょう。そしてそのような仕事はどのようなキャリアを積めばできるのか、向いているのはどんな人なのか、ここでお話ししたいと思います。雑誌編集者の仕事はどんな仕事?雑誌編集者の仕事は一般的には、出版社などで雑誌の記事の内容を企画し、記事の作成から印刷所への入稿まで一連の過程を取り仕切ります。雑誌編集者と一言で言っても、ファッション誌、報道雑誌、漫画雑誌などのジャンルや、所属する会社の業務スタイルによってやり方は色々と違ってきます。作業範囲も属する会社や個人の主義によって様々です。取材や執筆、撮

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社5個紹介。元出版社の編集者の私が解説します。

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社は?元編集者の私が解説します。出版社は全国でおおよそ3600社ほどあると言われていますが、その内の約80%が東京にあります。更に売上高トップを占める大手の出版社は全て東京都内にオフィスを構えています。つまり、出版社への就職を成功させるには、特別な事情がない限り東京で就職活動をすることになるでしょう。出版社の主な職種とおおまかな仕事内容出版社に就職すると、どのような職種があるのでしょうか。ここでは出版社に特有な職種をご紹介します。制作制作では「こういう本を出したい」という編集部からの意見を聞き、どのような内容で、部数は何部で、価格はいくらなど、1冊の本がで

出版社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

小説や漫画が大好きで文芸やコミック誌の編集者になりたい人。雑誌記者として流行を生み出したり世論を動かしたりしたい人。出版社で働きたい人にはそれぞれ強い動機があることでしょう。出版不況と言われる昨今、出版社の採用人数は軒並み少なく、新卒であっても正社員での入社は狭き門となっています。転職の場合、大手出版社では中途採用がほとんどありません。中小の出版社では新卒採用がほぼない代わりに、経験者で即戦力となる人材を募集します。夢を持って出版社を目指す、特に異業種からの転職希望者にとってはやや厳しい状況と言えますが、そんな出版業界での転職を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。業界内での

出版社営業が向いている人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

出版社の営業の求人をよく見かけませんか?未経験者歓迎、学歴不問など、会社に希望通り入りやすいイメージがありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。今回は「出版社の営業が向いている人の9個の特徴」と「その力を活かせる職種・仕事」を解説いたします。ご自身の得意・不得意な点と見比べながら、就職・転職活動の一助になれば幸いです。出版社営業とはどんな仕事?出版社の営業とは、発行する雑誌・フリーペーパーなどの出版物に広告を出しませんか?と営業をかけ、獲得していく仕事です。更に、広告のお申込みを頂いた後には、クライアントのニーズに沿った広告誌面の制作も行います。柔軟な営業力とクリエイティブな制作能力

出版社の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

出版社で働きたいという人のために、出版社の年収や給料相場、給料アップのためにやるべきこと、転職する際のポイントなどについて紹介します。出版社の仕事は大きく分けて編集職と営業職がありますが、ここでは編集職について解説します。ただし、比較的大きめの出版社では、就職後すぐには編集職に就けないこともあります。まずは書店営業や広告営業などをしてから、ようやく編集部に配属されます。営業希望で出版社就職を目指す人は少ないからです。編集の才能がないと判断されれば、永遠に編集部に配属されないということもあるでしょう。出版社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の出版社の給料相場新卒入社の場合、ほとん

出版社編集求人でよくある募集内容や職種をご紹介!就職・転職の参考にご覧下さい!

出版社の編集の求人の募集内容で気になる疑問がある方は必見です!バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、憧れの職業としてあげられることが多い編集者。今回は、そんな職業に就きたい人が知るべき、「実際によくある出版社の求人募集内容」について詳しく解説します。特に雑誌の編集者についてピックアップしてご紹介していきますね。この記事を読めば、疑問点を解決するので、スッキリした気持ちで求人探しが出来ますよ。出版社編集のおおまかな仕事内容雑誌編集のおおまかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々です。大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、全て編集が

出版社の仕事内容と向く人向かない人の特徴・やりがい・キャリアについて解説します

出版社の仕事は、どんな人が向いているのでしょうか?書店に置いてある書籍や雑誌を生みだす手助けをする職業ってかっこいいですよね。そんな出版社の仕事を具体的に知りたいと思いませんか?そこで今回はなんと、そんな出版社の仕事内容を具体的に細かく紹介したいと思います。出版社に向いてる人向かない人、やりがいや今後のキャリアまで、この職業の良いところをまとめてみました。出版社の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集出版社の商品である「出版物」の企画立案・編集作業を行います。書籍の編集と雑誌の編集の2つの種類に大きく分かれます。デスクワークだけでなく、仕事相手とのコミュニケーション能力も重要な仕事です。営業自

出版社正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

出版社正社員求人の条件や年収、仕事の内容は具体的にどんなものなのでしょうか。一般的には全国紙の書籍や雑誌などを生み出す華やかな職業というイメージですが、実際は「営業職」「編集職」などそれぞれの役割のある部署があるので、今回の記事で、自分に合う業種を見極める手助けとなればいいなと思います。また、出版社の求人のおすすめやその特徴までしっかり解説させていただきますので、出版社への転職をお考えの方や新卒採用の募集に応募したい方もとにかく必見ですよ!出版社の仕事とはどんな仕事?まず、大きく営業職と編集職とに分かれます。営業職は、主に書店をまわって自社の書籍の販売促進を行います。編集職は、書籍・雑誌の企画