「出版社」と聞くと、ハイスペックな人達が集まり、毎日忙しくも充実したワークライフを送るようなイメージがありますよね。

事実、出版社の編集部員などは業務量が多く、毎日バタバタと働いている人が多くいます。

しかしながら、出版社で働いていると、日々時代の最先端の情報に触れることができたり、いろいろな人から刺激を貰えたりする素敵なこともたくさんあります。

今回は、そんな出版社で働くにはどのようにしたらいいのか、必要な資格はあるのかなどについて解説します!

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

出版社で働くには?

冒頭でも述べた通り、出版社は今も人気の高い就職先です。

新卒採用でも倍率が高く、中途採用も決して簡単とは言えません。

では、どうしたら働くことができるのでしょうか。

出版社で働くために勉強しておくべきこと

出版社で働くために勉強しておくべきことは、まず、自分が受けようとしている出版社の基本的な情報についてです。

雑誌を中心に発行している会社なのか、漫画が中心なのか、はたまた小説が中心なのか、出版社と言ってもメインの事業はそれぞれ異なります。

また、雑誌であれば一番発行部数が多い雑誌について、小説であれば過去のヒット作にはどんなものがあるのかなど、事前によく勉強しておいたほうがいいでしょう。

就職を考えている企業についてしっかり学んでおくことで、入社後のイメージ違いを防ぐこともできます。

持っておくべき資格とは?

実は、出版社で働くにあたって特別に必要とされる資格はないと言っても過言ではありません。

最低限エクセルやワードが使えれば、問題なく働くことができるでしょう。

専門誌の編集部への就職を希望する場合は、それに関する資格などがあるとより有利になるということもあります。

出版社の就職先や募集状況は?

出版社は、未だに根強い人気が続く就職先の一つ。

それに対し、近年は電子書籍やwebメディアの発達により、出版社の出版事業は縮小傾向にあります。

今後の狙い目はどのようなところにあるのでしょうか。

出版社おすすめの就職先

大手のみならず、専門誌を扱う小さな会社など、出版社にも様々な種類があります。

近年では通販事業などに取り組む出版社も多く、出版事業の縮小に伴い、その他の事業を拡大しているところもあります。

事業を拡大しているところ

上記でも述べた通り、出版社の出版事業は縮小傾向にあります。

その代わり、通販事業やweb事業など、事業内容を拡大しているところも少なくありません。

出版一本の出版社よりも、事業を幅広く持っているところの方が、今後も安定して働くことができると言えます。

専門的な書籍や雑誌を取り扱っているところ

書籍や雑誌の売れ行きは、全体的には縮小傾向にあります。

しかし、その中でも部数を落とさず、比較的安定して売上を保っているのが専門誌です。

例えば、教科書など教材を扱う出版社であれば、毎年必ず一定の売上があります。

医療書や法律関係なども一定の需要がありますが、少し内容が難しくなるため、専門的な知識についてやや勉強する必要があるかもしれません。

出版社の働き口はどの程度あるの?

出版社にも一般的な人事や事務、システムや経理などがあるため、職種にこだわらなければある程度の働き口はあります。

しかし、テレビドラマや漫画で見るような編集者を目指すというのであれば、やや難しいかもしれません。

編集者は新卒採用で入社し、そこから社内教育をしっかり積んだ人材で構成されていることが多いのが現状です。

転職するのであれば、少しでもライティング経験などがあったほうがいいと言えます。

出版社の転職事情

上述しましたが、どこの企業にもあるような一般的な職種であれば、経験次第でスムーズに転職できます。

しかしながら、憧れの「編集者」を目指すのであれば、ある程度のライティング経験や編集経験があったほうがいいでしょう。

出版社の編集部というのは毎日目まぐるしい速度で回っているため、転職してきた新人を教育している時間はほぼありません。

ベースの知識があったほうが採用されやすいです。

出版社の平均給与はどれくらい?

こちらは年齢や経験、企業によって異なるのでなんとも言えませんが、転職であれば大体25万円以上が相場です。

初任給は支給額で20万円くらいのところがほとんどです。

どうやって出版社の仕事を探すの?

手っ取り早いのは、転職サイトやエージェントに登録し、条件を出版社に絞って探す方法です。

また、サイトやエージェントでは採用を行わず、ホームページや誌面上に求人を出しているケースも多くあります。

もし希望する出版社や雑誌の編集部がある場合は、そのホームページや誌面を小まめにチェックしてみてください。

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

出版社の将来性

最近は、電子書籍やwebメディアの発達から「出版不況」と言われています。

事実、どこの出版社も紙媒体は縮小傾向。

将来性がやや不安視されますが、どうなのでしょうか。

新規事業を行うところが多数!

現在、多くの出版社は、出版以外の事業に着手しているところが多くあります。

元々発行していた雑誌内で通販を始めるところもあれば、webメディアの発展に取り組むところも。

また、介護事業や不動産事業といった全く違うカテゴリーに着手するところも少なくありません。

紙媒体はなくなってしまうの?

今後2〜3年以内に全ての本や雑誌がなくなる、ということはありません。

上述の通り、教科書や専門誌など、紙媒体でなくてはならない本も世の中には多くあります。

さらに、本をめくる感じや匂いが好きといった声も多く、全てを電子化する事に対して反対の意見も少なくありません。

縮小傾向にはありますが、紙媒体が完全になくなるというのはまだまだ先のことだと言えます。

まとめ

以上、出版社の現状や、働くにあたって必要なことについて解説いたしました。

根強く人気が続く就職先の一つでありながら、将来的な不安要素も持ち合わせる出版業界。

就職や転職を躊躇する人もいるかもしれません。

しかし、このご時世において景気が悪いのは、どこの業界も同じです。

もし、出版社で働きたいという夢や目標があるのであれば、勇気を持って挑戦することをおすすめします!


関連キーワード

出版社求人

出版社求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社営業求人でよくある募集内容やおすすめのポイント、気になる疑問について解説します

雑誌やフリーペーパー、印刷物など、形に残る仕事にはクリエイティブな憧れってありますよね。出版社の営業求人、最近ではよく見かけるようになりましたが、仕事量が多くて帰れない、休みがない、などブラック企業のイメージが強いかと思います。しかし、最近では働き方改革に着手する企業も多く、ホワイトな会社も増えてきました。実際のところ、どうなの?と悩まれる方も多いかと思いますので、このページでは「出版社営業求人」でよくある内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説いたします。出版社営業のおおまかな仕事内容出版社の営業は大きく分けて2パターンあります。一つは、出版物を販売店や無料設置の場合の設置店舗

出版未経験求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

よくテレビドラマや漫画で目にすることが多い、出版社の編集者。締め切りに追われながら原稿を書いたり、編集会議で企画を発表したりと忙しくも楽しそうなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。そのせいか、「出版不況」と言われながらも「編集者」という職業自体は根強く人気を保っています。「私も編集者になりたかったなぁ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、実は編集者という仕事は特別な資格はいらない職種。場合によっては未経験でも始めることができるのです。そこで今回は編集者に憧れる方のために、編集者の未経験求人について解説いたします。求人のポイントや気になる疑問にもお答えし

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い、「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働く姿からそういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場について。まず知っておいて欲しいのは、出版社の編集は「裁量労働」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁量労働」とは、

出版社編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

テレビドラマや漫画などで取り上げられることの多い、編集者。憧れる人も多く見受けられますが、実際の仕事内容や業務量にはやや不安を覚えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は出版社における編集の仕事に転職したいと考える人のために、雑誌編集の仕事内容や向き不向きについて解説します。出版社編集の仕事はどんな仕事?出版社の雑誌編集者といっても、仕事内容は担当する雑誌によって様々。その中でも共通するのが、企画の立案、撮影のディレクションと立ち会い、コピーや本文のライティング、校正です。その他、取材が必要であればその取材も編集者が行うケースもあります。会社によっては上記の業務の一部を外部の専門ス

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社5個紹介。元出版社の編集者の私が解説します。

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社は?元編集者の私が解説します。出版社は全国でおよそ3600社ほどあると言われていますが、そのうちの約80%が東京にあります。さらに売上高トップを占める大手の出版社は全て東京都内にオフィスを構えています。つまり、出版社への就職を成功させるには、特別な事情がない限り東京で就職活動をすることになるでしょう。「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →出版社の主な職種とおおまかな仕事内容出版社に就職すると、どのような職種があるのでしょうか。ここでは出版社に特有な職種をご紹介します。制作制作では、「こういう本を出したい」という編集部からの意見を聞き、

出版社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

小説や漫画が大好きで、文芸やコミック誌の編集者になりたい人。雑誌記者として流行を生み出したり世論を動かしたい人。出版社で働きたい人にはそれぞれ、強い動機があることでしょう。出版不況と言われる昨今、出版社の採用人数は軒並み少なく、新卒であっても正社員での入社は狭き門となっています。転職の場合、大手出版社では中途採用がほとんどありません。中小の出版社では新卒採用がほぼ無い代わりに、経験者で即戦力となる人材を募集します。夢を持って出版社を目指す、特に異業種からの転職希望者にとってはやや厳しい状況と言えますが、そんな出版業界での転職を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。「出版社の仕

出版社の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

出版社で働きたいという人のために、出版社の年収や給料相場、給料アップのためにやるべきこと、転職する際のポイントなどについて紹介します。出版社の仕事は大きく分けて編集職と営業職がありますが、ここでは編集職について解説します。ただし、比較的大きめの出版社では、就職後、すぐには編集職につけないこともあります。まずは書店営業や広告営業などをしてから、やがて編集部に回されます。営業希望で出版社就職を目指す人はいないからです。編集の才能がないと判断されれば、永遠に編集部に配属されないということもあるでしょう。「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →出版社の給料の相場はどのくらい?正社員で

出版社編集求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、以前憧れの職業としてあげられることが多い編集者。今回は、実際によくある出版社の求人、特に雑誌の編集者について解説します。出版社編集のおおまかな仕事内容雑誌編集の大まかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々。大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、すべて編集が担当する出版社もあります。もちろん、後者の方が業務量が多く大変なので、転職の際はどちらのタイプなのか確かめておくと良いでしょう。出版社編集の仕事の募集職種にはどんな種類があるの?では、具体的にどのような募集職種があるのか解説します。編集者編

出版社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

出版社の仕事にはどんな人が向いているのでしょうか?仕事の内容を紹介しながら、出版社に向く人向かない人の違いやキャリアについて紹介していきます。出版社の仕事はどんな仕事?部署としては大きく2つに分かれます、編集を行う部署と営業を行う部署です。出版社が売る商品は書籍または雑誌です。書籍や雑誌を作る編集者が必要になります。また、出来上がった本は書店に並ばなければ読者に届きません。ですから出来上がった書籍や雑誌を書店に紹介し、販売促進を行う営業の仕事が欠かせません。出版社の仕事には編集と営業という2本の柱がある事になります。「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →出版社の大まかな仕事

出版社正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

出版社の正社員とはどのようなお仕事なのでしょうか?出版社正社員求人の条件や年収、仕事の内容も気になりますよね。そのあたりのことを、この記事ではご紹介していきましょう。出版社の仕事とはどんな仕事?まず、大きく営業職と編集職とに分かれます。営業職は、主に書店をまわって自社の書籍の販売促進を行います。編集職は、書籍・雑誌の企画立案から執筆依頼、原稿管理、校正、印刷など、刊行にいたるすべての工程に関わります。出版社正社員の大まかな仕事内容営業なら、担当地域を任され販促の陣頭指揮をとります。書店の店員さんたちと顔なじみになることも大切な仕事の一つです。編集なら、月ごとのノルマに従い、責任をもって担当分の


出版社求人に関するコラム

出版社で働いていてブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間。経験者が教えます

日々締め切りに追われ、毎日バタバタ。終電は当たり前、泊まり込みで作業することもしばしば…というイメージが強い、編集者。「出版社」と聞くだけでブラックな仕事だと思う人も多くいらっしゃるかもしれません。実際のところは、どうなのでしょうか。今回は、実体験に基づいた出版社のブラックな面について解説します!経験者の私が思う、出版社の仕事がブラックな理由とは?ズバリ、「裁量労働制」。出版社の編集がブラックな理由は、この一言に集約されます。「裁量労働制」について簡単にまとめると、一定時間分の残業代が含まれた額の給料で働くこと。残業をしてもしなくても残業代を受け取ることができ、労働時間は個人の裁量に基づくとい

出版社で働きたいなら!知っておいて欲しい4個のことと自分にあった出版社の探し方を紹介します

「出版不況」といわれながらも、人気の職業として根強く取り上げられる出版社での仕事。その中でも雑誌や書籍の編集に携わる「編集者」はテレビドラマで取り上げられるなど、常に注目されていますよね。バタバタと忙しい姿が描かれることが多くありながらも、その華やかさにあこがれを抱く人も多いようです。しかし、実際の編集者はどうなのでしょうか?テレビドラマの通り華やかな世界なのか、本当に毎日終電で帰るほど忙しいのか、気になりますよね。今回は出版社にて雑誌の編集者として働きたいと考えている方のために、知っておいてほしいことや自分に合った出版社の探し方について解説いたします。出版社のおおまかな仕事内容ひとことで「出

出版社営業が向いている人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

出版社の営業の求人をよく見かけませんか?未経験者歓迎、学歴不問など、会社に希望通り入りやすいイメージがありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。今回は「出版社の営業が向いている人の9個の特徴」と「その力を活かせる職種・仕事」を解説いたします。ご自身の得意・不得意な点と見比べながら、就職・転職活動の一助になれば幸いです。出版社営業とはどんな仕事?出版社の営業とは、発行する雑誌・フリーペーパーなどの出版物に広告を出しませんか?と営業をかけ、獲得していく仕事です。さらに、広告のお申込みを頂いた後には、クライアントのニーズに沿った、広告誌面の制作も行います。柔軟な営業力とクリエイティブな制作