「出版社」と聞くと、ハイスペックな人達が集まり、毎日忙しくも充実したワークライフを送るようなイメージがありますよね。

事実、出版社の編集部員などは業務量が多く、毎日バタバタと働いている人が多くいます。

しかしながら、出版社で働いていると、日々時代の最先端の情報に触れることができたり、いろいろな人から刺激を貰えたりする素敵なこともたくさんあります。

今回は、そんな出版社で働くにはどのようにしたらいいのか、必要な資格はあるのかなどについて解説します!

出版社で働くには?

冒頭でも述べた通り、出版社は今も人気の高い就職先です。

新卒採用でも倍率が高く、中途採用も決して簡単とは言えません。

では、どうしたら働くことができるのでしょうか。

出版社で働くために勉強しておくべきこと

出版社で働くために勉強しておくべきことは、まず、自分が受けようとしている出版社の基本的な情報についてです。

雑誌を中心に発行している会社なのか、漫画が中心なのか、はたまた小説が中心なのか、出版社と言ってもメインの事業はそれぞれ異なります。

また、雑誌であれば一番発行部数が多い雑誌について、小説であれば過去のヒット作にはどんなものがあるのかなど、事前によく勉強しておいたほうがいいでしょう。

就職を考えている企業についてしっかり学んでおくことで、入社後のイメージ違いを防ぐこともできます。

持っておくべき資格とは?

実は、出版社で働くにあたって特別に必要とされる資格はないと言っても過言ではありません。

最低限エクセルやワードが使えれば、問題なく働くことができるでしょう。

専門誌の編集部への就職を希望する場合は、それに関する資格などがあるとより有利になるということもあります。

出版社の就職先や募集状況は?

出版社は、未だに根強い人気が続く就職先の一つ。

それに対し、近年は電子書籍やwebメディアの発達により、出版社の出版事業は縮小傾向にあります。

今後の狙い目はどのようなところにあるのでしょうか。

出版社おすすめの就職先

大手のみならず、専門誌を扱う小さな会社など、出版社にも様々な種類があります。

近年では通販事業などに取り組む出版社も多く、出版事業の縮小に伴い、その他の事業を拡大しているところもあります。

事業を拡大しているところ

上記でも述べた通り、出版社の出版事業は縮小傾向にあります。

その代わり、通販事業やweb事業など、事業内容を拡大しているところも少なくありません。

出版一本の出版社よりも、事業を幅広く持っているところの方が、今後も安定して働くことができると言えます。

専門的な書籍や雑誌を取り扱っているところ

書籍や雑誌の売れ行きは、全体的には縮小傾向にあります。

しかし、その中でも部数を落とさず、比較的安定して売上を保っているのが専門誌です。

例えば、教科書など教材を扱う出版社であれば、毎年必ず一定の売上があります。

医療書や法律関係なども一定の需要がありますが、少し内容が難しくなるため、専門的な知識についてやや勉強する必要があるかもしれません。

出版社の働き口はどの程度あるの?

出版社にも一般的な人事や事務、システムや経理などがあるため、職種にこだわらなければある程度の働き口はあります。

しかし、テレビドラマや漫画で見るような編集者を目指すというのであれば、やや難しいかもしれません。

編集者は新卒採用で入社し、そこから社内教育をしっかり積んだ人材で構成されていることが多いのが現状です。

転職するのであれば、少しでもライティング経験などがあったほうがいいと言えます。

出版社の転職事情

上述しましたが、どこの企業にもあるような一般的な職種であれば、経験次第でスムーズに転職できます。

しかしながら、憧れの「編集者」を目指すのであれば、ある程度のライティング経験や編集経験があったほうがいいでしょう。

出版社の編集部というのは毎日目まぐるしい速度で回っているため、転職してきた新人を教育している時間はほぼありません。

ベースの知識があったほうが採用されやすいです。

出版社の平均給与はどれくらい?

こちらは年齢や経験、企業によって異なるのでなんとも言えませんが、転職であれば大体25万円以上が相場です。

初任給は支給額で20万円くらいのところがほとんどです。

どうやって出版社の仕事を探すの?

手っ取り早いのは、転職サイトやエージェントに登録し、条件を出版社に絞って探す方法です。

また、サイトやエージェントでは採用を行わず、ホームページや誌面上に求人を出しているケースも多くあります。

もし希望する出版社や雑誌の編集部がある場合は、そのホームページや誌面を小まめにチェックしてみてください。

出版社の将来性

最近は、電子書籍やwebメディアの発達から「出版不況」と言われています。

事実、どこの出版社も紙媒体は縮小傾向。

将来性がやや不安視されますが、どうなのでしょうか。

新規事業を行うところが多数!

現在、多くの出版社は、出版以外の事業に着手しているところが多くあります。

元々発行していた雑誌内で通販を始めるところもあれば、webメディアの発展に取り組むところも。

また、介護事業や不動産事業といった全く違うカテゴリーに着手するところも少なくありません。

紙媒体はなくなってしまうの?

今後2〜3年以内に全ての本や雑誌がなくなる、ということはありません。

上述の通り、教科書や専門誌など、紙媒体でなくてはならない本も世の中には多くあります。

さらに、本をめくる感じや匂いが好きといった声も多く、全てを電子化する事に対して反対の意見も少なくありません。

縮小傾向にはありますが、紙媒体が完全になくなるというのはまだまだ先のことだと言えます。

まとめ

以上、出版社の現状や、働くにあたって必要なことについて解説いたしました。

根強く人気が続く就職先の一つでありながら、将来的な不安要素も持ち合わせる出版業界。

就職や転職を躊躇する人もいるかもしれません。

しかし、このご時世において景気が悪いのは、どこの業界も同じです。

もし、出版社で働きたいという夢や目標があるのであれば、勇気を持って挑戦することをおすすめします!


関連キーワード

出版社求人