広告代理店に就職するためには、まず広告業界全体の求人に関する知識や情報収集が必要です。

広告代理店とはどんなところ?仕事内容は?そもそもどういう形で人材を募集しているの?…

様々な疑問を現役広告代理店社員にリサーチしてみました。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

広告代理店とはどんな仕事?

まず、広告代理店の仕事はどんな内容なのでしょう?

世の中には、テレビ&ラジオCM、雑誌広告、新聞広告など多種多様な広告があります。

そんな世の中に溢れる広告媒体について熟知し、クライアントの業種や特色、広告したいキャンペーンの内容などを精査した上で、クライアントに適切な広告媒体を紹介し、その広告内容を企画・制作・施行する働く仕事です。

群雄割拠の業界ですので大小様々な代理店があり、有名大手の電通や博報堂であっても積極的な営業活動を行い、コンペに参加して出て受注を獲得しなければならない厳しい業界です。

しかし、その分様々なメディアを使ったダイナミックな広告の企画に携われるので、新卒はもちろん転職先においても人気の高い業界です。

広告代理店の種類

総合広告代理店

一言で説明すると、「様々な広告媒体を扱い、提案する」広告代理店ということになります。

前置きでも述べた通り、世の中には実に多種多様な広告があり、総合代理店はそれらを一社で多種類に幅広く扱う会社です。

専門広告代理店

総合広告代理店に対し、「特定の広告枠」についての営業とそれを使った広告を企画する会社です。

例えば、雑誌の広告枠のみを扱うとか、新聞の広告枠のみ取り扱うといった専門分野に特化した業態です。

広告は打ち出す媒体によって向き不向きや特性が大きく異なりますので、クライアントの数や業種の幅広さにはある程度限りがあります。

インターネット広告専門代理店

従来の放送メディアや紙メディアなどは扱わず、インターネット上の広告だけを取り扱う代理店です。

ネット広告やSNSを広告利用する場合の利点は、見てほしいターゲットをある程度戦略的に絞り込んで広告が打てることです。

そのため、インターネット広告をクライアントに提案する代理店側のスタッフもそうしたネット広告独自の戦略を熟知している必要があります。

どんな種類があるの?

では、広告代理店内部にはどのような部署や職種があるのでしょうか。

その仕事内容も併せて見ていきましょう。

企画営業

昨今の広告代理店の営業はプランニングを兼ねる場合が多いため、企画営業と呼ばれることがあります。

クライアントからご指名で受注を貰えることもありますが、最近の群雄割拠の業界の状況ではコンペになる案件も多くあります。

まず、既存のクライアントと良好な関係を築き、受注やコンペへの参加に声を掛けてもらえるように日々の営業活動が大切です。

その上でコンペや提案となった場合にどのようなプランを提出するかを企画・立案する役目も加わるので、花形職種である反面、非常に難易度が高い職種と言えるでしょう。

最近では、所謂不特定多数の人に「取り敢えず見てもらう」広告の打ち方に納得するクライアント企業は少数派です。

どのような媒体を使い、どういうプロモーションを展開していくかの企画をプランナーと共に(プランナー専門職がいない代理店の営業マンは自分で)考えて、企画書・提案書・見積等を作成してコンペや商談でプレゼンを行います。

制作

コンセプトに則ったデザイン(映像等ではコンテンツ)の方向性を決めスケジュールも含めてクリエイティブスタッフに指示を出すディレクター職と、実際に「手を動かす」コピーライター、デザイナーやカメラマン等の実務スタッフと制作セクションに分類されるでしょう。

ただし、大手広告代理店では制作実務を外注依頼することが多く、その場合はそれらを統括するディレクター職が制作セクションの主要な仕事になります。

プランニング

営業が企画を兼ねる場合は協働ということになりますが、どういう媒体を使って、どのような内容の広告を打つかの企画を考える職種です。

企画営業の仕事の紹介でも述べましたが、昨今の広告は「取り敢えず大勢の人に見てもらう」ことだけを狙った企画はなかなか採用されません。

やはり広告対象の市場調査やリサーチ、マーケティングを行った上でプランニングしてクライアントに提案しなければならない状況です。

マーケティング

昨今の広告企画はただ目立つもの、目を引く面白い広告を作るだけでは採用になりません。

広告でプロモーションする対象をどういうコンセプトで売っていくかを策定して、広告をそのマーケティングプランに沿って打ち出していくのが最近の戦略です。

最近の広告代理店では、多岐にわたる手法を駆使する高度なスキルを持ったマーケッターを擁するところが多くなっています。

仕事の流れ

市場調査

効果的で経済的な広告を打つために、クライアント広告対象となるの商品のマーケティングリサーチはとても重要です。

消費者の嗜好や志向、関心、国内外の業界の動き、ライバル会社の動きなどを様々な手法を用いてリサーチし、広告の方向性を決めるヒントにします。

この結果が広告の精度を左右すると言っても過言ではないので、非常に大切な作業です。

最近ではインターネットやSNSが消費者の動向や志向を左右するような影響力を持っているので、デジタルマーケティングに力を入れる広告代理店が増えています。

提案書の作成

マーケティングを行いし、どのような広告が「今」の消費者や世相に訴求するのか熟慮の上に企画ができ上がったら、クライアントにコンセプトを説明するための提案書を作ります。

担当者個人の想いや熱意だけではなく、きちんと論理的な帰結を以って企画内容を説明できる提案書を作れるかどうかで、受注率が左右されると言っても過言ではありません。

コンペでのプレゼン

最近の広告業界はデジタルメディアの興隆も影響し、競合が激しい業界です。

クラアントからご指名で発注してもらう状況は、結構「稀」だと思った方が良いでしょう。

受注を得るには、大抵同業他社とのコンペになります。

しっかりと戦略的な企画を立てても、それがクライアントに伝わらなければ受注には繋がりません。

コンペでクライアントのニーズに応え、且つ自社プランの魅力を存分に伝える高いプレゼン能力が必要になります。

広告の制作

使用するメディア、趣向やコンテンツのコンセプト、webや印刷物ならデザイン案を含めた企画案が採用されれば、その広告を実際に作っていく工程に進みます。

制作部門には、使用するメディアが多様化した昨今の広告事情も影響し、様々な職種があります。

印刷物ならコピーライターを始めグラフィクデザインのノウハウがあるデザイナー、webならwebデザイナー、映像コンテンツなら映像ディレクターやカメラマンが必要になります。

広告代理店の求人でよくある募集内容とは?

広告代理店の求人情報の細かな募集内容は、どんな条件になっているのでしょうか。

項目別に詳細にチェックしていきましょう。

給与相場

業界トップの電通や博報堂のエース級社員ともなると年収1000万円超という人もいるとのことですが、業界平均では年収約650万円程と言われています。

ただ、会社間の差も大きく、また実力主義の業界なので個人差も大きいでしょう。

広告代理店に就職・転職を希望する際は、自分が持っているスキルがどれだけ好条件を引き出せるものなのか、自分で把握しておくことも大切です。

勤務時間や休日、残業

広告代理店は過労自殺がニュースになるほど過酷な勤務という印象が強くありますが、確かに配属される部署や担当を任されるプロジェクトによっては激務が必至となる場合があります。

それは、広告自体がクラアイントあっての商品であることが挙げられます。

画一で同じものを予め大量生産しておくわけにはいかない反面、締切や納期があるのは製造業など他の職業と同様です。

元々無理なスケジュールで受注が入ることもあれば、途中で変更や業界用語で「大どんでん返し」と言われる「イチからやり直し」させられることも珍しくないので、残業や休日出勤はかなり多い業界と言わざるを得ません。

福利厚生

広告代理店の業界には大手一流企業もあるので、上のランクを見れば保養所があったり、託児所があったり、完全週休二日制、有給制度もしっかり整備されていてバカンス休暇等連休取得を推奨するような制度もあります。

しかし、広告代理業には大小様々な会社があり、激しくしのぎを削っているので、全ての会社で福利厚生が充実しているとは言えません。

広告代理店への就職を希望する場合は、こうした文言上の条件面と実際の労働実態が合っているかどうかも重要な確認事項になります。

勤務場所

広告代理店は、大抵東京・大阪等の大都市に本社がありますが、他に支店・支社がある場合は地方勤務もあり得ます。

営業はオフィス内と外回りが主な仕事場になります

マーケティング等を主体とする業務もオフィス内が主な仕事場です。

地方の支社や支店にマーケティング等の機能は持たせない会社が多いので、これらの部署は本社勤務になることが多いと思われます。

デザイナーやアートディレクター、コピーライターなどのクリエイティブ職も、あまり経費をかけて地方の支店や支社に該当部署を設けず中央で一括管理した方が効率的なので、これらの業務に携わる部署は昨今本社勤務となることの方が多いでしょう。

求められる人物像

営業として携わる場合であれ企画に携わる場合であれ、もちろんクリエイティブ職においても、広告は提案型の商品なので、アイデア豊かで発想力がある人材はが重宝されます。

更に、緻密なマーケティングリサーチとそれを分析するマーケッターとしての能力も採用されやすいアドバンテージになります。

また提案型の仕事ということは、打ち合わせや会議、オリエン、プレゼン等の場に出ることも多いので、コミュニケーション能力も高い人材が有利です。

幅広い知識を持っている

広告の企画は、クライアントの意向を世相や流行を加味してどう宣伝し伝えていくかを提案し、それを売り込む仕事です。

従って、その時々のトレンドはもちろん、雑学的な知識も広汎に身につけておくと有利になります。

言葉や映像効果についての知識も非常に役に立ちます。

必要なスキルや資格、経験

必ずしも必要とされる資格はないと言って良いでしょうが、経験は非常に高く評価されると思います。

世の中のトレンドの流れがこれほど速くなると、広告マンもどの職種においても基本的な教育や育成期間が必要ない人材が重宝されます。

新卒については、どこの会社も組織の若返りと新しい感性を欲しているので、採用は積極的な業界だと言えるでしょう。

一方で、中途採用の未経験というパターンが一番就職が難しい業種と言えるかもしれません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まとめ

ここまで、広告代理店の求人について細かなところを掘り下げてまとめてみました。

要点をまとめると、広告代理店の求人にはおおよそ以下のようになります。

まず、給与や待遇、福利厚生には会社間、個人間に大きな差異がある業界だということ。

また、労働条件も携わる企画やポジション、クライアントの姿勢によって大きく変化する業界です。

デジタル化が進み時代の流れやトレンドの移り変わりが速度を増す昨今、広告マンになるにはアイデア発案やリサーチ能力はもちろん、流行を察知する鋭いアンテナと雑学を含む広汎な知識も大きな武器になります。

若い感性を注入するという意味において、新卒の採用は募集人数も含めて活発な業界と言えます。

一方、ベテラン世代には求められることが多く、長期間かけて教育するのはスピード感に欠け非効率的と判断されがちですので、全く業界経験なしの中途採用については非常に狭き門と言えるでしょう。

また、想像以上に体力面でも精神面でも激務になる可能性が多いので、事前に広告業界を目指す自分なりの意味と意思の固さは再確認しておきたいものです。

同時に、ブラックな企業を選ばないように求人情報自体を吟味する必要もあるでしょう。

とにかく、やり甲斐がストレートに感じられ、大手企業で一定以上の役職に就ければ非常に多額の報酬が期待できる業種です。

それだけに、意地でも成功してやろうというパワーが必要な職業であることに間違いはありません。

広告代理店の転職をしたい方は、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



広告代理店求人についてもっと深堀りした情報を見る

東京の広告代理店の求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

今やわたしたちの生活にかかすことのできない情報。そのほとんどは、「知りたい!」と思ったときにスマホやパソコンですぐに調べることができます。そんな日本の情報社会を担っていると言っても過言ではないのが、広告代理店。特に近年ではSNSやキュレーションサイトの台頭により、ネット広告の需要は年々増加傾向にあります。華やかなイメージのある広告代理店ですが、「残業が多そう…」「給料が高い分たくさん働いているんじゃないか?」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、広告代理店で働いていた私がご紹介する広告代理店のリアルな姿を見てみてください。きっと広告代理店のイメージが変わりますよ。今回は就活生だけで

広告代理店の派遣求人の時給や募集内容・おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

広告代理店とは、テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどの媒体に、広告を出したいというクライアントと、メディアの間を仲介する業者のことです。広告の世界は広く、特にインターネットは世界中の人の目に入る大きな媒体です。ここでは、広告代理店の派遣求人について、その仕事内容や待遇、やりがいについてご紹介します。広告代理店の派遣求人はどんな仕事?派遣社員として働く場合、営業や営業職の社員の事務サポート、印刷媒体の軽いデザイン業務、WEBサイトの管理、マーケティング業務の補佐、庶務の仕事などがあります。その会社によって任される度合いも様々ですが、専門的な知識、例えばデザイン技術や、業界の通用語などを理解して

広告代理店の営業としての仕事内容7つの業務。経験者が教えます!

広告代理店は大小様々ありますが、全国展開している広告代理店の小さな地方都市支局での業務の実際を紹介します。事務所は地方都市駅前にある街中心部のビルの一室です。支局長1名、事務員1名、営業1名の3人体制です。制作業務等は近隣都市の大きな支店で行い、普段連絡も密接に取っていますので、少人数と言っても不都合はなく仕事内容は充実したものとなっています。月に数回、会議等で基幹の支店に出向くことがあります。この記事では、広告代理店営業の仕事内容についてご紹介していきます。広告代理店営業の大まかな仕事内容クライアントを獲得する(そしてフォローする)、テレビ局・新聞社等広告を載せてもらう媒体各社と付き合って(

広告代理店の仕事がきついと言われる5つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

広告代理店というと、華やかでカッコいい業界というイメージの反面、激務で過酷な仕事なのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。昨今は働き方改革によって職場環境が改善しつつあるとは言え、日々変化し時代の最先端を行く広告業界ではスピードと即応力を求められ、長時間労働は避けられない部分もあります。特にインターネット広告の拡大によってメディア環境はここ数年で急激に変化しており、広告代理店が持つ役割や求められるものは幅広くなっています。この記事では、そんな広告代理店の仕事が「きつい」と言われる理由とそれを乗り越える方法を、筆者の経験をもとにお伝えします。広告代理店のおおまかな仕事内容とは?まず広告

広告代理店営業年収の相場は?給料を上げるためにやるべき3つのことも紹介します

テレビや映画などの華やかな業界の仕事に属する「広告代理店」は、給与水準が高いことでも人気があります。今回はそんな広告代理店での営業職の年収がどのくらいが相場なのか?給料を上げるためになにが大切かについて解説します!広告代理店営業の年収の相場はどのくらい?ここでは、広告代理店の営業職に関する年収がどのくらいなのか、また、その相場事情などを解説します。広告代理店の営業職に関する平均年収は?年代別の平均年収は概ね以下のようになります。20代:350万円~400万円30代:450万円~600万円40代:650万円以上《ポイント》20代の給与水準は特別高くはない。営業職については業績と給与額が連動するケ

広告代理店の仕事内容14個の業務と向いている人・向いていない人の特徴・良いところについて経験者が教えます!

皆さんは「広告代理店」と聞いて、どんな仕事をイメージしますか?面白いテレビCMを企画したり、イベントを運営したり、斬新なコピーを考えたり…。華やかでカッコいい業界というイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。広告代理店は、高待遇でクリエイティブな仕事というイメージから、就職・転職先として特に人気の高い業種です。大手では、電通や博報堂などが有名ですね。確かにクリエイティブな部分は広告代理店の重要な仕事の一部ですが、広告代理店には他にも様々な仕事があります。この記事では、実際に広告代理店で働いていた経験をもとに、広告代理店の仕事内容や職種、向いている人・向いていない人の特徴、広告代理店の

広告代理店営業求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

テレビやラジオ、インターネットなど世の中のあらゆる場所で「広告」を見ない日はありません。このように私たちの生活とは切っても切れない広告を取り扱う会社に「広告代理店」があります。広告代理店における「営業」という職種がどのような仕事になるのかを解説していきます。華やかで給料も高い、そんなイメージがある広告代理店の営業求人の実際はどのようなものなのでしょうか?広告代理店営業はどんな仕事?「広告代理店」とは、主に「広告を出したい企業」と「広告を掲載するメディア(媒体)」を繋ぐ仲介しています。そのなかでの「営業」の役割りは、大きく2つになります。1.広告枠の営業活動:テレビ、ラジオ、雑誌などのメディア(

広告代理店の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

広告代理店での営業職については、どことなく華やかなイメージがあります。給料もよくて、メディアやマスコミに関連するような職種で、どちらかというと好印象な職業になるのではないでしょうか。そんな広告代理店の営業への転職を考えている人に、その実情や気を付けたいポイントなどを解説していきます。広告代理店の転職で注意したほうが良い3個のこと業務内容を確認する。ごくごく当たり前のことのように思えますが、先ずはしっかりと自分の業務内容を確認し、理解をしましょう。「広告代理店」というだけでは、その範囲が非常に広く、実際の業務内容などについては多岐にわたります。内容をあまりよく理解せずに、給与条件や何となくのイメ