みなさんは、広告代理店の仕事と聞いて、何を思い浮かべますか?

案内の冊子を作る・広告を作る・吊り広告を貼るなどなど、いろいろ思い当たると思います。

今回は、そんな広告代理店の仕事について、書いていきたいと思います。

「広告代理店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広告代理店はどんな仕事?

広告代理店とは、主に広告全般を扱う会社の総称で、「広告会社」とも呼ばれています。

広告代理店は、新聞・テレビ・ネットなどの広告を掲載するメディア(広告主)と、広告を出したい企業(広告掲載主)を仲介する役割を果たしています。

広告代理店からみて、広告掲載主は「クライアント」と呼ばれ、広告主・広告掲載主からの広告制作の依頼と、広告主から購入した広告スペースをスポンサーに販売することで、広告代理店の仕事は成り立っています。

また、営業のために、イベントやセミナーなどを開催することもあります。

広告代理店の大まかな仕事内容

広告代理店の従来の仕事は、テレビや雑誌などの広告媒体の広告枠を企業に売るというのが主な仕事でしたが、現在は広告の制作や企画・指示なども代理店が行うようになりました。

制作部門を持つ広告代理店もありますが、下請けの代理店や制作会社と一緒に製作していく場合もあります。

また、作った広告媒体を使って、セミナーやイベントなどを開催し、スポンサーに来てもらって各ブースを運営してもらう手配をしたり、イベント自体を仕切ったり、クライアントに営業をしたりするのも広告代理店の大切な仕事です。

他にも、スポンサーに要望を聞いたり、スポンサーと絆を深めるのも、広告代理店で働くうえではとても大切なことです。

仕事上の役割とは?

広告代理店の仕事上の役割としてあげられることは、大きく分けて5つあります。

  • ①広告主の要望に合わせ、広告のプランニングを行い、実際に出稿するまでの流れを作る。
  • ②CMをはじめとする広告のメディアを企画し、必要に応じて制作会社に発注する。
  • ③テレビや新聞などのメディアの広告枠をメディアに変わって販売する。
  • ④クライアントとオーナーの希望をすり合わせ、マッチングする。
  • ⑤冊子などの媒体のプランを作り、構成を練ったり、チェックを入れたりしたのち、印刷に回し、出来た冊子を店頭に置いてもらえるように交渉しに行ったりする。

「広告代理店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広告代理店の仕事はどんな人に向いている?

広告代理店の仕事は、一見華やかに見えますが、実はとてもマイナーな細かい仕事もたくさんあります。

そして、努力をしないと生き残れないという厳しい現実も待ち受けています。

でも、その分やりがいや達成感はとても感じられる仕事です!

ポジティブで自信家な人

広告代理店の営業は、NOは一切なしです。

どんなに理不尽な要求や急な案件を突き付けられても、売り上げになると見込めたら受けなければなりません。

そして、理不尽な内容ほど、技術職のコピーライターやデザイナーに文句を言われ、結局社内・社外問わず文句を言われ、間に挟まれてしまうのが広告代理店の営業です。

そこで大切になってくるのが、強靭なメンタルです。

ちょっとやそっとで心が折れていたら、何も始まらないだけではなく、余計に上司に説教され、挙句の果て「やめてしまえ!」と言われるのが落ちです。

何があってもポジティブに考えられ、業務を進行できる人のみが生き残れる社会です。

また、自信のある人が強いのもこの職業ならではです。

先方に自分の悪口を言われたり、嫌なことを言われても、自分は天才なのに、この人何言ってるの?

と思えるくらいの自意識過剰さが必要です。

プレゼンに関しても、自分の能力に自信を持っている人ほど、うまくいくと言われています。

広い知識をもっている人

広告代理店=なんでも屋です。

何でも卒なくこなせ、広い知識を持ち、色々なバージョンの話が出来る人こそ、営業に向いており、クライアントからも好かれる人材となれます。

もちろんプレゼンもこなさなくてはならず、先方から質問攻めに合うことも多く、そんな時は臨機応変に対応できる術を身につけている人ほど、うまく乗り越えられます。

悪く言えば、浅くても広い知識を持って、うまく次につながるハッタリをかますくらいの勢いでちょうどです。

プレゼンをうまく乗り切れ、採用された際には、より深く調べ理論で勝負しましょう!

マナーを守れる人

広告代理店の営業職はどうしてもチャラチャラしていると思われがちですが、マナーがしっかりしている人しか生き残れません。

元気な挨拶から始まり、しっかりした敬語、そして何よりも気遣いのできる人は、企業の広告からも好かれ、可愛がってもらえるばかりではなく、仕事でも声をかけてもらえます。

そして、おのずと営業成績も上がり、会社でも一目置かれる存在になれます。

話がうまく、時事ネタに強い人

広く浅い知識を持ち合わせている人ほど、総合的な話がうまく、人を惹きつけられる魅力的な話ができます。

この技術を身につけておくと、クライアントにもオーナーにも好かれ、いろいろなことを相談されるようになり、その結果営業成績にも直結するほど、大切なことです。

広告代理店ならではの情報もいち早く入り、時にはインサイダーな話すら耳に入ってしまうほど、情報は速く伝わってきます。

その新鮮な情報をもって、どのようにネタに扱うかは、あなたの腕次第。

最低限でも新聞レベルの時事ネタは頭に入れておかなければなりません。

逆に言えば、時事ネタに強い人ほど、先方と同等に渡り合え、接待時もいろいろな話で場を盛り上げられ、重宝され、人望も厚くなります。

旅好きでグルメな人

仕事で出張することも多い広告代理店。

全国津々浦々を飛び回ることも多くあります。

実際に、1週間家に帰れないなんてこともしばしばあり、ホームシックにならない人でないと務まりません。

また、接待をセッティングするときに、おいしいオシャレなお店を多数知っているというだけでもかなり強い武器になります。

隠れた名店や予約必須な人気店など、グルメ情報通になっておくと、先方から喜ばれます。

オシャレな人&イケメン&美人な人

広告代理店の顔である営業が、貧相な身のこなしでは、会社自体が疑われます。

ですから、広告代理店としてふさわしい品格のあるオシャレはとても大切になってきます。

広告代理店は少しくらい派手でも大丈夫です。

オシャレスーツにオシャレネクタイ、女性ならワンピ―ス、整ったヒゲにお洒落な髪形。

人がみて悪いイメージを持たない格好ならどんなことでも出来るのが、広告代理店ならではの楽しみです。

先方が異性の場合、広告代理店の営業は人一倍輝いて見えます。

そして、イケメンや美人なら、仕事をもらうこともそんなに苦労することはありません。

どこでも寝れるタフな人

忙しい時期は、徹夜ももちろんあるのが広告代理店。

そんな時、一瞬でも仮眠できる強さを持っている必要があります。

仮眠できる場所は、会社により用意してくれている場合や、なければソファ、時には寝袋で床なんていうことが出来るくらいのタフさが必要です。

いつでも笑顔な人

クライアントはいつでも挑戦状を叩きつけてきます。

でも、いくら否定されても、嫌なことを言われても、顔に出してはいけません。

少し嫌な顔をするだけでも、仕事がなくなってしまいます。

「笑顔でいると良い事が付いてくる!」そう信じて営業に邁進できる人が広告代理店に向いている人です。

「広告代理店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に、広告代理店の仕事が向いていないのはこんな人!

広告代理店の仕事は、常に自分以外の人とのコミュニケーションをとりながら進める必要のある仕事です。

ですから、相手に気持ちよく仕事をしてもらうことを気遣えなければなりません。

コミュニケーションをとるのが苦手な人

広告代理店の仕事は、常に周りの様々な仕事を担当している人とのコミュニケーションで成り立っています。

そのため、連携がうまく取れないと、クライアントの満足する広告が作れないばかりか、納期が遅れたり、問題が次から次へと発生してきたりと、迷惑をかけっぱなしになり、立場が悪くなってしまいます。

前向きではない人

いつもマイナーな発想しかできない人は、広告代理店には不向きです。

デザインや発想のセンスが思い浮かんだり、新しいものに興味や関心をむけられる人でないと、広告代理店のスピードにはなかなかついていけません。

オットリしている人

広告代理店の仕事では、テキパキ・ハキハキしていることが要求されます。

その意味では、オットリしている人は不向きかもしれません。

瞬時に判断し、周りのそれぞれの担当者に指示を出せたり、クライアントとの打ち合わせも自社に都合の良い方向にさりげなく持って行けたりと、頭の回転が速い人がどうしても有利になります。

「広告代理店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広告代理店の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

一番の強みは、チームワークでの仕事に慣れており、判断力のある人が重宝されます。

パソコンなどのITスキル

今までの広告媒体は、テレビや雑誌、新聞などの媒体が中心でしたが、今やインターネットが中心になっています。

それに伴い、ネットで広告を扱うことを専門にしている広告代理店も出現しました。

大手企業でもネット広告部門を立ち上げて、ネット広告に本格参入する動きが増えてきていますし、今後もますます発展することは間違いありません。

そのため、広告代理店でもIT関連の技術やスキルはとても歓迎されます。

文章作成能力

広告代理店では文章を書くことも多くあります。

少ない文字数なら、キャッチフレーズ。

多くの文字数なら記事やブログなど、様々な面で文章を作る作業が要求されます。

人をハッとさせる文章や、印象を与えられるキャッチフレーズなどのアイデアが即浮かぶ人が重宝されるのは、ITが普及しても変わらないことです。

したがって、文章を書くことが苦にならない人は、広告代理店の仕事をしていく上で強みになります。

世の中の出来事に対する興味

広告業界は、世の中のトレンドを作り出し動かしている仕事と言っても過言ではありません。

ですから、その仕事に関わる人自身も流行やトレンドに強く、興味のある人でなければなりません。

もちろん、ファッション面ばかりではなく、世の中の動きに敏感で、経済のことや政治のことにも詳しく、興味を持っている人が強く、新しい物好きでそれを見つけるを楽しめる人こそ流れの早い広告業界で活躍できる人と言えます。

デザイナーやディレクターなどの専門的スキル

営業をしていく上で、広告代理店ならではのスキルが必要になってきます。

広告代理店の場合は、たかが営業と思うかもしれませんが、営業ほど様々なスキルを身につけなければならない部署はないと言うほど、専門知識が必要になってきます。

クライアントは多岐にわたる分野の知識を持ち合わせた人がいます。

そして、その人と対等に仕事を進めようと思えば、その人以上の専門知識が必要になってきます。

そして、自社の行っている仕事が、相手の会社にとって重要なことであり、かつその分野に適切な、それでいて多様な広告を企画し、提案することこそが営業の仕事です。

ですから、何も知識がない人より、専門の知識を持ち合わせている人の方が、クライアント側からしても信頼でき、相談のできるパートナーになります。

「広告代理店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広告代理店で働くメリットとは?

クライアントと長期のお付き合いが出来る

個人が相手の営業の場合は、その相手とのお付き合いはとても短期なものになりますが、広告代理店の営業の場合は販売代理店の営業なので、会社対会社の契約になります。

そのため、基本は長期でのお付き合いになることが多く、より長く関係性を気付けることから、気心知れた、ある意味同じ会社のような関係になり、各段に仕事がしやすい環境づくりができます。

会社経営のスキルが身につく

代理店営業の担当者は、各販売代理店の経営者や営業マネージャーなどと相談しながら、商品の販売戦略を練っていきます。

結果的に自然に会社経営のスキルや感覚が身につき、自ずと独立や管理職を狙いたいという欲求が出てきます。

収入は実力次第

実力が他の仕事に比べ、各段に反映されやすい業界です。

そのため、トップ企業の平均年収は1000万を超え、業界全体の平均年収も約650万円と、高収入と言ってよいレベルだと思います。

「前向きな人」や「自分の実力を試したい!」と思っている人にはオススメの業界です。

やりがいを感じられる場面が多い

広告は常に人の目に触れるものです。

ですから、多くの人に自分の仕事の結果を知ってもらえる機会も多く、やりがいを感じられることも多々あります。

また、苦労してクライアントの意向に合わせた仕事が完成したときに、クライアントから「ありがとう」「おつかれさま」などの声をかけてもらえた時、「やってよかった」と思える瞬間であり、苦労した甲斐があったと思える瞬間です。

「広告代理店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたか?

広告代理店のお仕事について書いてきましたが、参考になりましたか?

広告業界は目まぐるしく変化していっています。

もし、広告業界で働きたいと思うなら、その変化に対応できるスキルと素早さ、流動性を身につけて、是非挑戦してみてください。

苦しく大変な面も多々ありますが、その分やりがいはそれ以上ですよ!

「広告代理店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

広告代理店求人

広告代理店求人についてもっと深堀りした情報を見る

広告代理店の派遣求人の時給や募集内容・おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

広告代理店とは、テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどの媒体に、広告を出したいというクライアントと、メディアの間を仲介する業者のことです。広告の世界は広く、特にインターネットは世界中の人の目に入る大きな媒体です。ここでは、広告代理店の派遣求人について、その仕事内容や待遇、やりがいについてご紹介します。広告代理店の派遣求人はどんな仕事?派遣社員として働く場合、営業や営業職の社員の事務サポート、印刷媒体の軽いデザイン業務、WEBサイトの管理、マーケティング業務の補佐、庶務の仕事などがあります。その会社によって任される度合いも様々ですが、専門的な知識、例えばデザイン技術や、業界の通用語などを理解して

広告代理店営業年収の相場は?給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介します

テレビや映画などの華やかな業界でのお仕事になる「広告代理店」は、給与水準が高いことでも人気があります。今回はそんな広告代理店での営業職の年収がどのくらいが相場なのか?給料を上げるためになにが大切か解説します!広告代理店営業の年収の相場はどのくらい?ここでは広告代理店の営業職に関する年収がどのくらいなのか?その相場事情などを解説します。広告代理店の営業職に関する平均年収は?年代別の平均年収は概ね以下のようになります。20代:350万~400万円30代:450万~600万円40台:650万円以上《ポイント》20代の間は給与水準については特別に高くない。営業職については成績と給与額が連動するケースが

広告代理店営業求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

テレビやラジオ、インターネットなど世の中のあらゆる場所で「広告」を見ない日はありません。このように私たちの生活とは切っても切れない広告を取り扱う会社に「広告代理店」があります。広告代理店における「営業」という職種がどのような仕事になるのかを解説していきます。華やかで給料も高い、そんなイメージがある広告代理店の営業求人の実際はどのようなものなのでしょうか?広告代理店営業はどんな仕事?「広告代理店」とは、主に「広告を出したい企業」と「広告を掲載するメディア(媒体)」を繋ぐ仲介しています。そのなかでの「営業」の役割りは、大きく2つになります。1.広告枠の営業活動:テレビ、ラジオ、雑誌などのメディア(

広告代理店の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

広告代理店での営業職については、どことなく華やかなイメージがあります。給料もよくて、メディアやマスコミに関連するような職種で、どちらかというと好印象な職業になるのではないでしょうか。そんな広告代理店の営業への転職を考えている人に、その実情や気を付けたいポイントなどを解説していきます。広告代理店の転職で注意したほうが良い3個のこと業務内容を確認する。ごくごく当たり前のことのように思えますが、先ずはしっかりと自分の業務内容を確認し、理解をしましょう。「広告代理店」というだけでは、その範囲が非常に広く、実際の業務内容などについては多岐にわたります。内容をあまりよく理解せずに、給与条件や何となくのイメ