「編プロ」などと呼ばれる編集プロダクション。

「なんとなく聞いたことはある」という人も多いはずですが、その実態はあまり知られていないようです。

「激務」とか「ブラック」と言われることも多く、ハードな職場というイメージのある業務なのですが、今回はその編集プロダクション求人の実態について迫ってみましょう。

編集プロダクションのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

編集プロダクションの仕事は、簡単に言うなら「出版物の企画・編集」の代行業務です。

出版社や新聞社の下請けとして、書籍や雑誌、ムック本などを企画し、取材や編集を行って印刷所に入稿するところまでを請け負います。

自社のスタッフだけでなく、必要に応じてフリーライターやカメラマン、デザイナー、イラストレーターなどの外部スタッフと連携することもあります。

編集プロダクションはどういう役割を求められる?

出版業務全般を担うので、ただ取材力や文章力があるだけでは不十分。

それだけならフリーライターに発注すれば済むからです。

納期までのスケジュールをしっかり管理するマネジメント力、さらには取材に動き回れる機動力も重要。

しかし、もっとも大切なのが企画力です。

昔ほど本が売れなくなった現代において、売れる本を生み出す企画力は出版社が最も求めているスキルです。

その点を補える企画力を有する編集プロダクションこそが、今もっとも求められていると言えるでしょう。

編集プロダクションにはどんな種類があるの?

書籍や雑誌といった「紙メディア」の編集プロダクションに加えて、近年ではWeb上のコンテンツを制作するWeb系の編集プロダクションもあります。

ただし、ここでは紙メディアの編集プロダクションを前提に説明します。

大別すると、「ライター系プロダクション」と「編集系プロダクション」に分かれます。

ライター系はフリーライターが集まったような形式に近いプロダクションで、取材と原稿執筆に特化して業務を行うものです。

編集業務を行わないため、いわゆる手離れが早いことがメリットですが、その分ギャランティは低めになります。

書籍やムック本を1冊丸ごと請け負うよりも、「ページ請け」と呼ばれる記事単位での受注がメインです。

一方、編集系プロダクションの場合は、文字通りに企画から入稿までの作業をトータルで請け負うことが基本。

通常はカメラマンの手配や撮影時のディレクション、デザイナーへのレイアウト発注から校正までも行います。

業務が多岐にわたる分、フィニッシュまでの責任も負います。

そのため、ギャランティも高めに設定されます。

一般的な編集プロダクションはこちらのスタイルで、大多数は編集系です。

編集系プロダクションの中にも、「車」「アウトドア」「グルメ」「旅」といった得意分野に限定して受注をしたり、あるいは広告やタイアップと呼ばれる記事広告に特化した業務を行ったりと、そのスタイルは様々です。

このほかに、校正業務を行う「校正プロダクション」も大まかには編集プロダクションの一種ではありますが、一般的な編プロの定義からは外れるので、ここでは言及しません。

編集プロダクションの募集でよくある職種

編集アシスタント

取材をしたり原稿を書く、といった業務には経験が必要ですが、「編集アシスタント」は未経験者でも可というケースが大半。

ただし、業務はあくまで補助的なもので、取材先への電話確認、メールでの原稿送付、企画書などの文書作成、ほかに撮影に使用したグッズの貸出や返却、執筆者や監修者との連絡といった雑用全般といったところが実態です。

ただし、そんな経験を積みながら先輩社員から仕事を教わり、次第に本格的な編集業務へと移行していく場合もあります。

編集者・編集スタッフ

原稿を書いたり、集めたりして、レイアウトに回して校正から印刷所への入稿まで、制作に至る行程を一貫して担う業務です。

編集プロダクションにおいては、自分で取材をして原稿を書くことが基本となり、取材力や文章力も必要です。

雑誌やムック本などの場合はビジュアルのセンスも必要で、「こんな誌面にしたい」というイメージをデザイナーに伝える役目もあります。

撮影が必要な場合は「こんな風に撮ってほしい」とカメラマンに要望することもあります。

書籍編集者

書籍に特化した編集業務を行います。

新刊書籍の企画立案をはじめ、著者への原稿依頼、原稿やゲラのチェック、カバー等のデザイン発注などを行います。

原則として自分で原稿を書いたり、取材をしたりすることはないですが、時には著者に助言などを行うなどしてサポートすることもありますし、高いスキルを要求されます。

書籍編集は通常は出版社の社員が担いますが、書籍編集に特化した編集プロダクションでも同様の業務を行います。

校正スタッフ

できあがった原稿を読み込み、誤字や脱字、事実関係の確認、矛盾や不適切な表現がないかなど、深くないように踏み込んで内容をチェックする役目です。

「1つ」と「一つ」など、同じ意味で異なる表記が混在していないか、「表記統一」についても確認します。

編集スタッフが校正業務までを行うことも多いのですが、「校正スタッフ」と限定して募集する場合は校正業務だけを行うことが基本です。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

一概には言えませんが、「本が売れなくなった」と言われる中では、特に企画力が重要なので企画立案ができるプロダクションのほうが強みがあります。

以前は得意分野だけに特化して「狭く深い」スタイルの業務内容で勝負するプロダクションが主流でしたが、時代の流れでその分野のマーケットが衰退すると、会社の業務が一気にしぼんでしまうリスクがあります。

一例として、一昔前にはパソコン専門誌がたくさんあり、パソコン分野に特化したプロダクションも無数にありましたが、パソコン雑誌が衰退したため、ほとんどのプロダクションが廃業してしまいました。

そのため、近年では複数の得意分野を持ってリスクを補うことも求められます。

また、紙メディアのプロダクションでも、WEB媒体に手を広げるところも増えてきました。

編集プロダクションでよくある募集内容とは?

給与相場

編集プロダクションの平均給料は月給15万円~18万円程度と言われます。

残念ながら出版社と比べると低水準であり、労働時間の長さを考えるとハードワークだと言えます。

昇給やボーナスも基本的には期待できないと考えたほうがいいでしょう。

ただし、ベテラン揃いのプロダクションの中には、平均給料が月給30万円を超えることもあります。

しかし、そのようなプロダクションの場合は新人募集を行うことがまれで、募集があったとしてもアシスタントのみというケースが大半です。

勤務時間や休日、残業

編集プロダクションの一番の問題は勤務時間の長さにあります。

便宜上「定時」こそ定められてはいるものの、実態はあってないようなものです。

「残業」という概念もあまりないので、連日「終電近くまで働く」ことが日常化してしまうプロダクションも少なくありません。

締め切りに追われて、非常にタイトなスケジュールで受注することが多いため、どうしても労働時間が長くなってしまうのです。

また、土日は原則休みという会社も多いのですが、締め切り近くになったり土日に取材や打ち合わせが必要なケースも多いので、休日出勤も日常茶飯事です。

ただし、朝の出勤については比較的緩めで、出社時間にはあまりうるさくない会社もあります。

10時から11時に出勤すればよいという会社も多く、朝の通勤ラッシュとは無縁であることが、メリットと言えるかも知れません。

福利厚生

編集プロダクションの福利厚生については、交通費が支給される程度です。

強いていえば、遅刻や病欠に対しては比較的寛容な会社が多いというくらい。

ほかに職業上の役得が多少あり、業務内容によって取材などで普通は行けない場所に行けたり、有名人など普通は会えない人に会えることもあること。

また、グルメ系の記事を担当するプロダクションの場合、取材時に美味しい料理を食べることも業務の一環となることも挙げられます。

勤務場所

マンションや貸しビルの小さな一室を間借りし、数人のスタッフで働くというケースが典型的です。

まれに10〜15人程度の大人数を抱える会社もありますが、編集プロダクションの9割は5人以下という規模です。

ただ、取材や打ち合わせなど、自社以外の場所に出向くことも多くなります。

求められる人物像

提案力のある人

前述したように、現在の編集プロダクションは企画力が第一に求められるので、企画を立案できる人材が最も重要です。

好奇心があり、さまざまなことに興味をもつ貪欲な人がふさわしいでしょう。

いわゆるミーハー気質な人でも大丈夫です。

流行に敏感な人ほど、時代にマッチした企画が立てられるからです。

体力のある人

勤務時間が長く、ハードな仕事なのでどうしても体力勝負になります。

体力に自信がない人にはとても務まりません。

逆に体力に自信のある人には適した職場です。

スポーツ経験者の場合、たとえばスポーツ絡みの企画を立てたり、アスリートの取材をする時などは有利になります。

本が好きな人

書籍や雑誌、ムック本など、とにかく本が好きでないとこの仕事は務まりません。

読書量の多い人も有利ですので、本をまったく読まないという人には勧められません。

必要なスキルや資格、経験

特にありませんが、人が好きである人、コミュニケーション能力が高い人ほど、この業界では伸びます。

文章力は経験で身に付くので、現時点でうまく文章を書けないという人もまったく問題ありません。

編集プロダクションの求人で確認したいポイント

社会保険がない会社もあるので、この点はチェックしたほうがいいでしょう。

必要な資格などがあるのか

原則として必要な資格はありません。

ただ業務内容によっては、自動車運転免許が必要な場合があります。

残業代がきちんと払われるのか

編集プロダクションの場合、残業代が支払われる会社は非常に珍しいので、もし支払われる会社であれば相当なものだと言えます。

編集プロダクションの雇用形態による違い

編集プロダクションの雇用形態は、正社員かアルバイトかですが、アルバイトも時給計算のケースは少ないです。

基本給を決めて月給で支払う場合が多いです。

労働時間が極めて長いため、時給計算にしてしまうとアルバイトのほうが高給になってしまうからです。

自分にあった編集プロダクションの求人の選び方や注意点

編集プロダクションの業務は会社によって千差万別です。

雑誌、書籍、広告など、どの分野をメイン業務としているかでも大きく変わるし、経済記事が中心なのか、娯楽分野がメインなのかでもまったく変わります。

求人広告などではわかりにくいことが多いため、面接時に「具体的にどのような媒体を手がけていらっしゃいますか?」」と、聞くことでその会社のカラーを把握するようにしましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は正社員を基本にしましょう。

契約社員等を募集するケースはあまりありません。

【選び方②】職種から探す

「編集者」や「編集スタッフ」で探すことが基本ですが、「編集アシスタント」から入ってステップアップを目指すことも可能な場合があります。

その点は面接時に確認したほうがいいでしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

株式会社か有限会社かといった業態は、この業界ではあまり意味がありません。

社員が10人以上だから安心ということもあまりありません。

その会社の業務内容、手がけている仕事の分野が自分にフィットしているか、を優先したほうがいいでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や条件面は、残念ながら編集プロダクションはどこも弱点です。

どこも似たり寄ったりであり、「高い給料」や「しっかり休める」ことを求めるなら、最初からこの世界に入るべきではありません。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務時間が長く、深夜に及ぶこともあるため、自宅から勤務地までの近さは重要です。

自宅が遠いと採用面でも不利(遠いと落とされやすい)なので、なるべく自宅から近い会社を選びましょう。

注意点

とにかく、ハードな職場ですし、編集プロダクションは一般的な職業感覚とはずれていることも多々あります。

飛び込むならば相当の覚悟をもつことが必要です。

編集プロダクションについてよくある疑問

応募方法は?

通常は履歴書を送るという程度です。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

動機は必ず聞かれるので、しっかり「やる気」をアピールしましょう。

バイタリティがある人が有利です。

元気のない人は不利になります。

未経験でも応募できる?

編集アシスタントは未経験者でも応募可能です。

編集スタッフでも未経験者可というケースは少なくありません。

会社の雰囲気は?

業務内容によってまったく異なります。

通常は数人程度の規模なので、現有スタッフの個性がそのまま色濃く反映されるので、面接時に「合わない」と判断したらやめましょう。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

正社員募集が多いですが、アルバイトもよく募集します。

派遣社員というのは珍しいです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員でも決して高額ではありませんが、アルバイトよりはさすがに給与は高いです。

残業って多いの?

多いというより、基本は毎日が残業です。

むしろ「定時」に帰ることがまれなので、「残業」という概念自体があまりないのです。

シフトの自由度ってどうなの?

アルバイトであれば、通常事前に申告すれば休みは取れます。

しかし頻繁に休みを取るのは嫌われます。

月給制の場合、休んだ分は給料から引かれることになります。

資格って必要なの?

通常は特に必要ありません。

まとめ

極めてハードな勤務を強いられる割りには給料が安く、「ブラック会社」と言われてしまう編集プロダクションですが、仕事自体の魅力がないわけではありません。

編集プロダクションを経て、フリーライターや編集者、作家として活躍する人も決して珍しくないので、この仕事に耐えられるタフな人であれば、出版界で大きく羽ばたいていく道も不可能ではないでしょう。

出版界自体は斜陽産業ではありますが、紙の本が世の中からまったく消えてしまうことは考えにくいです。

企画力と編集のスキルさえあれば、競争を勝ち抜いて十分に生き残っていけるはずです。



関連キーワード

編集求人

編集プロダクション求人についてもっと深堀りした情報を見る

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、リストラも盛んに行われているため、転職を考える人も少なくないでしょう。そこで、編集プロダクションの転職におけるポイントや注意点を解説します。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2個のことブラック企業編集プロダクションは総じて、ハードワークであり、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事。それでいて給料も安いことがよく指摘されています。実際にその通りなので覚悟が必要なのですが、編集プロダクションの中でも、多少なりとも差があることも確か。「楽な仕事」や「高収入」であることはまずありませんが、「今

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションには、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないともよく言われるのですが、本当なのでしょうか…。気になるその実態に迫ってみましょう。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社によって幅がありますが、14〜18万円くらいです。正社員で転職した場合転職の場合は、経験値やランクによってかなり変わります。平均的には19〜25万円といったところですが、経験が浅い人はもう少し安くなりますし、ベテラン編集者であれば、30万円を超える場合もあります。パート・アルバイト時給で1000〜1500円くらいが平均的です。編集

編集プロダクションの仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

編集プロダクションという業種は、その実態が一般的にはあまり知られていません。どんな仕事をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回は編集プロダクションの仕事について解説します。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出版社から「この仕事をやって」というケースだけでなく、自分たちで企画を立てて「この本を出しませんか?」という提案型の業務も多いため、一般的な「下請け」とはやや異なった形式とも

編集プロダクションでの仕事が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?出版社との違いなども経験者が解説

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見楽しそうで割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたら良いのかなどについて紹介します。編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが、雑誌や書籍だけではなく、官公庁のパンフレットや企業の会社案内、電子製品や家電のマ