雑誌の編集者の仕事に興味はあるのだけれど、具体的にはどんな仕事があるのか、求人が多いのはどんな仕事なのか、わかってるようで実はよくわからない、ここではそんな雑誌編集の求人や仕事について紹介します。

「雑誌の編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雑誌編集求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

雑誌の編集者の仕事は、雑誌を多くの人に読んでもらえるような記事を作る事。

記事の企画を立て、企画内容に沿った記事を作成します。

必要に応じて取材を行い、写真を撮り、記事を書きます。

編集者は編集作業だけが仕事内容の場合もあれば、写真も執筆も全て編集者が行うという場合もあります。

雑誌編集は会社でどういう役割を求められる?

一般的な雑誌の収入は広告費と販売収入です。

多くの読者を獲得できる雑誌ほど、広告もたくさん入りますので、収入が大きくなり、多くの読者がいるということは、それだけ部数が売れるということで、販売収入も増えていきます。

収入を増やすため、読者をたくさん獲得するために大きな役割を担ってるのが編集記事です。

編集記事はより読者の求める、部数の売れる記事を作ることが求められます。

雑誌編集の求人にはどんな種類があるの?

雑誌と一言でまとめても、雑誌の種類にはいくつかあります。

前に書いたような部数を売って収益を上げるタイプの雑誌と、最近増えている形態で、雑誌そのものは無料で配布し、広告収入だけで収入を得るタイプの雑誌があります。

その雑誌の形態によっても求められる記事の傾向が変わり、求人内容も少しずつ変わってきます。

純粋に記事だけを作る編集者、カメラも使えて記事も書けて編集業務もこなせるマルチに動ける編集者、編集アシスタント業務を行うアルバイト、求人にもいくつかの傾向が見られます。

雑誌編集の求人募集でよくある企業

出版社

雑誌そのものを出版している出版社は新卒も中途も合わせて求人はありますが、やはり狭き門ではあります。

雑誌に携わるという事であれば、編集以外にも営業、制作、宣伝、進行などなど職種はたくさんあります。

編集プロダクション

出版社から依頼を受けて記事を作成する編集プロダクション。

記事の執筆だけを依頼される場合もあれば、企画から全て任される場合もあります。

記事を執筆するライターの募集や、カメラマンの募集、編集アシスタントの募集など、様々な需要があります。

雑誌編集の求人募集でよくある職種

編集アシスタント

記事の作成をするために必要な作業はたくさんあります。

全ての作業を編集者が一人でこなすのはかなり大変な為、多くの編集部にはそのお手伝いをしてくれるアルバイトさんがいます。

記事の内容を確認する作業や、原稿の受渡し、写真の整理など、編集作業に欠かせない仕事を行います。

転職雑誌の編集

地域密着型の転職雑誌なども多く見かけるようになりました。

そんな転職雑誌の編集者の場合、転職は人生においても大きなターニングポイントになる出来事ですから、応募する人の立場に立った企画立案・編集作業が必要になります。

自分がこの仕事に応募するなら、どんな事が知りたいか、編集者はできるだけユーザー視点で企画を考えたいお仕事です。

店舗紹介雑誌の編集

エリアごとに店舗情報などをまとめた雑誌も近年増えてきました。

店舗の紹介をする場合、写真は絶対に不可欠な物になる為、写真も編集者が取材時に自分で撮るケースも多くなります。

特に飲食店の場合、店舗写真だけではなく、おすすめメニューの写真は欠かせないアイテムになりますので、写真のセンスも問われます。

もちろんカメラマンに写真を依頼する事もあると思いますが、予算の規模によっては取材者が撮影する事も少なくない為、応募する際は自分にできる事、得意な事を自分で把握し、応募する仕事の内容もよく確認してから応募しましょう。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

何を題材にした雑誌が作りたいか、自分が取材に行く先や紹介するもののイメージは固まっていますか?

自分の作りたい雑誌をイメージしておくと、探す時に絞り込みをしやすく、目指すお仕事も見つけやすくなります。

「雑誌の編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雑誌編集の求人でよくある募集内容とは?

雑誌編集の求人はどのような内容で募集されているものでしょうか?

一般的には残業が多く不規則な仕事のイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

給与相場

スタートは20万円前後からの場合が多いです。

しかし経験者の場合はその経験などによってもっと高くなる事が考えられますので、自分の出来る事や経験などをきちんと整理してアピールしましょう。

勤務時間や休日、残業

何を題材にした雑誌なのかによっても違ってくると思いますが、多少の残業は覚悟しておいた方がいい職種です。

特に発売日の決まっている商業誌の場合は、発売日を変える事はまずあり得ないので、入稿日やゲラ戻し、色校戻しなどの日程は変えられないため、作業が終わらない場合は残業したり、休日出勤しても終わらせる必要に迫られます。

スケジュール管理をしっかりしていても、思わぬアクシデントに見舞われる事もありますので、定時に帰りたい人には不向きな職種と言えます。

逆に繁忙期以外は定時に帰れる日ももちろんありますので、スケジュール管理をきっちりする事で、メリハリのついた働き方が出来るでしょう。

勤務場所

編集部は基本的に本社にある事がほとんどです。

出版社ももちろんですが、広報誌や会員向け冊子などの編集部も基本的には本社にある事が多いです。

ただそれはもちろん企業によって違いますので、応募する際、勤務地がどこになるのか気になる場合は確認すると良いでしょう。

求められる人物像

編集者にはどんな人が向いているのでしょうか。

編集者に求められるスキルについて紹介しましょう。

対応力のある人

編集作業を行っていると、いろいろなアクシデントに見舞われます。

どうしても天候に恵まれず、予定していた撮影ができない、お願いしていた原稿が納期に上がってこない、どうしても取材先が決まらない、などなど上げたらキリがないほどアクシデントは襲ってきます。

それをいかに上手く乗り越えられるかが編集者の腕の見せ所です。

文字を読むのが好きな人

編集者の仕事は文字を読む時間がとても長いです。

ライターさんに書いていただいた原稿を読む、自分の書いた原稿を推敲するなど、原稿を読んでチェックするのがとても大きな仕事になります。

活字を読むのが嫌いな人には不向きな仕事です。

コミニュケーション能力の高い人

編集者の仕事はいろいろな人と関わります。

取材先、ライター・カメラマンなどのスタッフ、印刷会社。

もちろん同じ編集部内でも企画会議で自分のやりたい企画をプレゼンする必要があります。

いずれにしても人に自分の考えている事を的確に伝えられる力が求められます。

これからの流行など、半歩先を想像できる人

企画を考える際に必要となるのは、読者が求める企画を考えられる発想力です。

媒体が題材としている物がこの先どうなっていくのか、今はないけれどこの先読者が欲しがるであろう物は何なのか、常にアンテナを立て、考えられる想像力のある人はどこの編集部でも歓迎されるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

編集者の仕事自体に必要な資格はありません。

扱う題材によって資格が必要な場合もあるかもしれませんが、編集者の仕事に絶対に必要という資格はありません。

ただ、経験者の募集の場合は即戦力を求められる事が多いため、扱う題材についての知識や、編集者としての経験を求められるケースは多くなります。

「雑誌の編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雑誌編集の雇用形態による違い

編集者の雇用形態にはいくつかの種類があります。

自分にあった雑誌編集の求人の選び方や注意点

実際に雑誌編集者の仕事に応募したい場合、どのように仕事を選べばいいのでしょうか?

その選び方や注意点をまとめてみました。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員として働きたいのか、契約社員として働きたいのか、時間の自由の利くアルバイトがいいのか、自分の働きたい時間帯や自由度を考えて決めましょう。

正社員の場合は残業を覚悟する必要があります。

定時に帰りたい場合は雑誌よりも絵本や専門書、辞書などの編集者の方が定時に帰れる仕事がある可能性が高いです。

【選び方②】雑誌の扱う題材から探す

作る雑誌のテーマが自分と親和性が高いか、その情報に詳しいかは重要です。

どんな雑誌の編集業務でも、企画を立てる必要がありますので、企画が立てられるくらいの知識は最低でも求められます。

新卒の場合は別ですが、中途採用の場合は即戦力を求めているケースが多いですので、全く知らない興味もないといった題材の雑誌を選ぶと、実際に仕事に就いた時に自分の首を絞める事になりかねません。

【選び方③】会社の業態から考える

雑誌を出しているのは出版社だけではありません。

企業の広報誌や、例えばカード会社が会員向けに出している冊子、フリーペーパーなど、編集者といっても募集している会社の業態は様々です。

自分のやりたい業種や、興味のある業態から仕事を選ぶ方法もあります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

募集企業や、業務内容によって給与はかなり変わります。

また自分のできる事によっても変わってきますので、自分の出来る事、最低ラインの給与、可能な勤務時間などを整理してから探しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務地がどこなのか、通いやすいのか通いにくいのかは、毎日の通勤の事なので大事なポイントです。

どうしてもやりたい仕事なのでどんなに遠くても頑張れる!というような場合は別ですが、自分の通える範囲の勤務地は想定しておきましょう。

注意点

編集者の仕事は紙媒体だけではありません。

現在はWeb媒体の編集者の募集は数多くありますので、紙媒体に自分の条件に合う仕事がない場合はWeb媒体の募集も検討してみるなど、臨機応変にお仕事を探してみてください。

雑誌編集の求人についてよくある疑問

近年Web媒体が増え、紙媒体そのものが減っている傾向にありますが、実際の雑誌編集者の求人はどのようになっているのでしょうか。

応募方法は?

ネットでの応募を受付ける企業も近年増えてきました。

Web上の応募要項に記載して応募する方法や直接電話するなどの方法もあります。

しかしやはり履歴書はほとんどの企業で求められますので、履歴書はきちんと準備しておきましょう。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

まずは自分の得意な分野をきちんと言葉で説明できる事。

それを自分が応募する雑誌の企画にどのように役立てられるかまで落とし込んで説明できるとベストです。

やりたい雑誌の企画などを聞かれる事もありますので、ある程度応募した媒体の知識はきちんと身につけ、その媒体で使えるような企画を考えておくといいと思います。

未経験でも応募できる?

新卒はもちろん未経験OKのケースがほとんどですが、中途採用の場合は経験者が優遇されるケースが多いです。

それでも未経験で応募する場合は、どのくらい自分がその雑誌で役に立てるかをアピールする必要があります。

また、編集アシスタントの募集は未経験OKのケースが多いですので、未経験で始める場合は、まず編集アシスタントからスタートするのもおすすめです。

会社の雰囲気は?

社風は企業によって様々だと思いますし、扱う題材によってもかなり違うと思います。

同じ出版社で出している出版物でも、編集部によってかなり雰囲気が違う事も珍しくありません。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

いろいろな雇用形態での募集はあると思います。

派遣社員の場合は最初からある程度何ができるのかを限定した形で募集があると思いますが、正社員、契約社員、アルバイトなどは業務内容をきちんと調べてから応募しましょう。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員の場合は主に月給制。

アルバイトの場合は主に時給制が多く、アルバイトでも月給制の場合もあります。

また年俸制で契約社員という契約形態や、外部の編集者と出来高での契約というケースもあります。

企業によって採用している契約形態は違うので、希望の契約形態を採用しているかどうか、応募の際に確認しておくと良いでしょう。

残業って多いの?

基本的には裁量労働に近いと思った方がいいと思います。

企業によって違いはもちろんありますが、編集者のゴールは記事を仕上げる事にありますので、自分が担当する記事がきちんと納期までに仕上がらなければ、出来上がるまで仕事は終わりません。

自分の作業の速い遅いもありますが、お願いしているライターさんが納期を守ってくれないなど、自分以外の要因で作業が長引く事もあります。

納期の設定など自分の裁量で回避できるものはできるだけ回避する事で、残業も減らせる仕事だと言えます。

ただ、定時に毎日帰りたいという人には不向きな仕事です。

シフトの自由度ってどうなの?

以前は出社時間がフレックスだったり、夜が遅い場合次の日の出社時間が遅くてもOKだったりする企業も多くありましたが、近年出社時間は決まっている企業が増えてきました。

アルバイトの場合は編集部によっては優先的にシフトに入って欲しい曜日や時間が決まっているところもありますが、基本的にはいつでも仕事はある事が多いので、シフトの自由度は高い編集部が多いです。

資格って必要なの?

扱う題材にもよりますが、編集者の仕事に絶対に必要な資格はありません。

ただ専門的な題材を扱うような雑誌の場合は、その題材に必要な知識や、場合によって資格を求められるケースも想定されます。

まとめ

自分の望む勤務体系や、仕事内容、勤務地など、条件を自分でよく精査して、優先順位をつけて仕事を探してみてください。

一番こだわりたいのはどこなのか、雑誌以外にも編集者の募集はありますので、本当にやりたい事は雑誌でなければできないのか、雑誌であれば何を題材にしたいのか、自分の中の優先順位が決まってくれば、おのずと仕事は絞れてきます。

楽しんで続けられる仕事を探して下さい。

編集正社員求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

編集求人

雑誌編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんでしょうか。雑誌編集の仕事に就きたいと思った時に求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどある中で、求人情報も多種多様で沢山あります。仕事に就きたくてもどうしていいかわからないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集情報で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、

雑誌編集者の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

著名人や有名人に会える華やかな世界。または、締め切りに追われて徹夜続きの毎日。こんなイメージを「雑誌編集者」にお持ちではないでしょうか。実際はどんなことをしているのでしょうか?今回は、「雑誌編集者」の仕事について紐解いていきます。「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者たちが書いてきた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正します。実際は、編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり、記事を書くための取材を行い、必要ならば外注の手配もします。雑誌編集者の大まかな仕事内容大きく分けて6つの項目に分かれています。締め

雑誌編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

世に溢れる雑誌類。様々な記事、情報がぎっしり詰まった、そんな媒体を自分たちの手で作れるなんて楽しそう!と思っている人も多いはず。それではそんな雑誌編集の仕事の現場はどんな感じ?雑誌の企画・編集職経験者が語る仕事内容と向き不向きをご紹介します!雑誌編集はどんな仕事?雑誌編集の仕事は、雑誌・書籍の企画・編集まで一連流れで関わる職業です。もちろん、中身の取材・執筆も行うことがほとんどです。雑誌編集の大まかな仕事内容雑誌そのものを出している出版社勤務か、編集・制作を請け負っている制作プロダクション勤務かによって違いますが、一般的に雑誌編集の現場には以下の業種があります。企画取材・ライティング編集(デザ

雑誌編集の転職を成功させるためにするべき2つのことと、自分に合った求人の選び方や狙い目の転職先の特徴とは?

ここ数年、テレビドラマや漫画でも注目されることが多い「雑誌編集者」。興味や憧れを抱きながらも、実際に転職できるものなのか不安ですよね。実は、雑誌の編集者というのは特に資格を必要とされない職業。つまり、機会があれば誰でも転職できる職業なのです。そこで今回は、雑誌編集への転職方法や注意点などをご紹介したいと思います。「雑誌編集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →雑誌編集の転職で注意したほうが良い2つのこと給与体系・残業代雑誌編集者の給与体系の多くは、「裁量労働制」というもの。毎月一定の残業代が含まれた給与が、支給される仕組みです。つまり、残業をしてもしなくても数十時間分の残業代が支払


雑誌編集求人に関するコラム

雑誌編集アルバイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

将来、雑誌編集の仕事がしたい学生さんや、家庭との両立の中で自分のペースで好きな仕事に就きたい主婦の方など、まずはバイトから雑誌編集の仕事に取り組みたいと思っている方は多いでしょう。ではその雑誌編集のアルバイト事情はどうなっているのでしょうか?そのメリットと、現場で身につくスキルや知識を詳しくみていきましょう。雑誌編集アルバイトの仕事内容ってどんな内容?まず雑誌編集の仕事のなかで、とりわけバイトに任されることが多い仕事内容はどんなものが多いのでしょうか。職種別に仕事内容の詳細をご紹介しましょう。記事執筆(ライター)誌面の記事を書く業務です。バイトの場合はあまり取材に出ることは少なく、提示されるテ

雑誌編集とはどんな仕事?仕事内容や雑誌全体においての役割、なり方など詳しく解説します!

編集の仕事という言葉はよく聞きますが、実際にはどんな仕事をしているのでしょうか。ここでは雑誌編集とはどのような仕事をするのか紹介しようと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は一般的に紙媒体と言われる週刊誌や月刊誌、フリーペーパーなどの記事を作り、雑誌を作り上げて行く仕事です。どんな題材を扱う雑誌なのかによっても必要な知識は変わってきますが、企画を考える上でも、扱う題材に対する知識が求めらます。雑誌編集の役割とは?企画の一連の流れに携わり、全体をまとめる企画・特集内容などを考え、取材先、ライター、カメラマンなどを決め、依頼をします。スケジュールを組んで、入稿などの締切に遅れないように各スタ

▼記事をスキップして見たい人向け▼
雑誌編集のバイトを探すにはこちら >