皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?

ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。

定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんでしょうか。

雑誌編集の仕事に就きたいと思った時に求人情報を見ると思います。

雑誌が山ほどある中で、求人情報も多種多様で沢山あります。

仕事に就きたくてもどうしていいかわからないのではないでしょうか。

今回は、雑誌編集者になるための募集情報で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。

雑誌編集とはどんな仕事?

雑誌編集は、雑誌の内容や特集、企画を決める所から、各方面に手配や執筆などを経て、雑誌が出来上がるまでの過程を全て引き受ける仕事です。

作業量が大変多く、各方面に気を配りながらスケジュール調整をこなして、締め切り日までに製本が出来る形まで持っていきます。

一日中会社にいて作業を行う編集者もいれば、ひっきりなしに外に出て取材を行う編集者もいます。

入社した会社や配属された部署によって仕事内容が変わってきますので、臨機応変に働けると良いですね。

雑誌編集の大まかな仕事内容

編集の仕事とは“本を作るまでに必要な作業全部に関わる仕事”です。

取り扱う素材や特集などによって仕事内容が増えたり減ったりします。

実際には担当制になっているので、全ての作業に関わる編集者は多くありません。

そこで、大まかな雑誌編集の仕事、雑誌が出来るまでの流れを紹介していきます。

特集・企画会議を行う

まずは雑誌に何を載せるかを決めます。

予め、コーナーの連載などで埋まっているページ以外の特集や企画の内容を決めるために会議を行います。

編集長が決定する事が多いようですが、意見を求められることもあります。

ページ割を決める

雑誌に何を載せるのかを決めたら、どのページにどのくらい載せるかを決めていきます。

ページ割が決まったら、デザイナーにページの構成をデザインしてもらいます。

そこに写真や記事を埋めていき、ページを完成させていきます。

ライターに執筆依頼、執筆開始

特集やコーナーに載せる記事を執筆していきます。

ライターに執筆依頼をし、その他のページは編集者が執筆する事もあります。

また、自ら取材に出かけたり、必要があればカメラマンや取材先に写真の撮影・手配の依頼をします。

原稿の校正

上がってきた原稿の誤字脱字や表現が適切か記事として見栄えが良いかなどの校正・編集作業をします。

この作業が良くイメージされる編集者の仕事ですね。

誤字脱字などを見る校閲という仕事がありますが、自分の担当している原稿は責任を持って目を通します。

原稿を印刷所に送って製本する

原稿の校正・編集を終えたら、雑誌になるように記事を組みます。

そこで問題がなければ、印刷所にデータを送信して製本作業に入ってもらいます。

雑誌編集でよくある募集内容とは?

実際に“雑誌編集者の求人”で検索を書けると膨大な数の求人募集が出てきます。

よく見てみると、WEBメディアやデジタルコンテンツの編集者の募集が出てきます。

今回は雑誌編集の仕事がテーマですので、雑誌を制作している求人にスポットを当てて紹介します。

給与相場

正社員ですと20万円から40万円くらいです。

給料の幅があるのは、学歴や実績・経験によります。

新卒以外は即戦力が欲しい会社が多いように見受けられます。

他にも契約社員やアルバイトでの採用もあります。

未経験や経験が浅い人は、契約社員やアルバイトから初めて学びながら経験を積み、スキルアップで転職するという手もあります。

勤務時間や休日、残業

一応、規定では勤務時間が決められていますが、フレックスタイム制で働く形になる場合が多いですね。

締め切りに合わせて働くため、仕事量に波があり、残業が続く日がありますが、定時で帰れる日もきちんとあります。

休日は土日祝日が基本ですが、取材の都合などで土日祝出勤して、振替休日を取るケースがあります。

有給休暇など基本的な休日は取ることが出来ますが、締め切りによっては希望の日に休みが取りにくいことがあります。

福利厚生

他の業種と同じくらい充実しています。

社会保険完備はもちろん、交通費も出ますし、健康診断も受けられます。

今は働く女性が多いですから、産休・育休制度や時短制度、在宅勤務対応などの手厚い制度が完備されている会社が多いですね。

勤務場所

本社勤務や支社、貸オフィスなど会社によって様々です。

担当する仕事によっては、パソコンだけ渡されて取材をしながら仕事を進めるという勤務形態の人もいます。

支社がある会社では転勤もあり得ますので、チェックが必要です。

必要なスキルや資格、経験

まず、タッチタイピング(ブラインドタッチ)が出来ないと仕事が進まないので必要なスキルです。

早く入力する必要はないので、基本的な入力が出来れば大丈夫です。

仕事をしていくうちに、嫌でも入力スピードは上がってきますよ。

雑誌編集者に資格は必要ありません。

様々なジャンルの経験があると、編集者として強みになります。

資格や経験よりも、やる気や好奇心旺盛な気持ちなどマインド面を持ち合わせている方が大切です。

雑誌編集募集の良い求人と悪い求人の違いは?

求人情報を検索していくと、大量に出てきます。

どこをどう見てを応募をしていって良いか難しいですよね。

そこで、ここを見ておけばというポイントを紹介していきます。

給料の額面や福利厚生の内容、休日や勤務時間などがきちんと記載されている事!

驚くことに、雑誌編集の求人を見ていると給料が記載されていない求人があります。

能力給のためなどの文言がありますが、目安でもきちんと明記されている会社を選びましょう。

どうしても気になる求人だった場合は、担当者に問い合わせても良いと思います。

好きな仕事というだけでは生活していけませんので、きちんと確かめることは大事です。

大量に人員を募集している求人は要注意!

新しい部署の立ち上げなどではない限り、要注意です。

人が定着せずにすぐ辞めてしまうくらい職場環境が悪い可能性が高いのです。

また、繰り返し求人募集をしている企業も注意が必要です。

興味のある仕事だった場合は、他の求人以上にリサーチする必要がありますね。

もしかしたら、ご自分にぴったりの会社かもしれませんので、すぐに弾いてしまうのは勿体ないです。

自分に合った雑誌編集の求人の選び方や注意点

求人募集の良し悪しのポイントを紹介してきましたが、今度はご自分に合った求人の選び方を紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員か契約社員、派遣社員、アルバイト、フリーランスという雇用形態があります。

新卒でしたら一から仕事を教えてもらえる正社員をお勧めします。

転職組で雑誌編集未経験でしたら、契約社員やアルバイトから始めて正社員を目指す方法があります。

派遣社員は仕事先が豊富なので、正社員では採用されにくい会社でも派遣社員でしたら働ける可能性が高いのです。

派遣で働き、認められたら正社員として本採用される人もいます。

ある程度、経験を積んでからスキルアップで他の会社に転職しても良いですね。

経験がある人はフリーランスで働くのも手です。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

給与や福利厚生、休日などの条件をきちんと提示してくれる会社に応募しましょう。

曖昧な提示ですと、入社してからはフリーランス扱いで社会保険を払ってくれなかった、などのトラブルが起こってしまいます。

また、契約社員や派遣社員ですと、更新期間が定められています。

あまりにも更新が多いと、使い捨てにされる可能性がありますので、長く働きたい場合は注意が必要です。

【選び方③】エリアから考える

雑誌編集の仕事は、締め切り直前や年末年始などになると多忙になります。

あまりにも終電が早いと仕事が終わらず、朝早く出社して対応したり、他の人にお願いする事になります。

住居から近い、または会社近くに引っ越せるようなエリアから探して行くと良いですね。

【選び方④】好きな雑誌から考える

ある程度自分の好きなジャンルの雑誌から求人を探すのも手ですね。

芸能人を掲載してる雑誌社には、ある芸能人に会いたいからという理由で入社した人が何人もいました。

激務の部署へ異動しても、好きな芸能人と仕事が出来るからと頑張っている人もいましたよ。

あまりにも知らなすぎる世界の雑誌編集の仕事につくのは、リスキーかなと思います。

知らなくても興味を持てるジャンルの雑誌がある求人を選びましょう。

注意点

雑誌編集は部署や担当によっては、激務の場合があります。

中には月半分ほど、家に帰れなかったり、心身ともに体調不良になってしまう人もいます。

大好きな雑誌でも仕事でも、働きづめにならないように気を付けてください。

そこまで追い込まれないように同僚同士がフォローし合える仕事場と出会えるといいですね。

雑誌編集の募集についてよくある疑問

雑誌編集の求人情報を見ていく上で、疑問に思うことが出てくると思います。

私は友人が働く会社で求人が出ているから一緒に働かないかと勧められて、雑誌編集の仕事に就きました。

編集の仕事に繋がる職務経歴が無く、前職は全くジャンルの違う仕事をしていて不安だらけでした。

そこで、私が働くにあたって疑問や不安に思っていた事について答えていきます。

未経験でも無資格でも雑誌編集の仕事は出来る?

もちろん未経験でも仕事は出来ます。

経験の有無に関係なく、採用されたら仕事の流れやシステムの使い方などを教えてくれますので、安心してください。

私の勤めた会社は1週間、マニュアルを貰って丁寧に教えてもらい、些細な質問にも答えてくれました。

雑誌編集者の仕事上で使う、ゲラやアカなどの業界用語を教えてもらい、すぐに使えるようになります。

また、雑誌編集者に資格は必要ありませんので、やる気と好奇心と責任感を持ち合わせていれば何も問題はありません。

残業ばかりのイメージがあるが、労働時間は長いの?

私が入社したばかりは昔の名残があり、10時から18時と決まりはあったようですが、誰も守っていませんでした。

校了(締め切り)が無い日で仕事が少ない日は、15時過ぎに出社して19時前に帰る日もありました。

校了日が重なり、連休などでスケジュールが進行していると、帰宅が終電や始発になりました。

ですが、時代と共に働き方も変わって終電で帰宅する日は、年末の何日かだけでした。

今の時代に終電でも帰れないなんで会社は少なくなっていると思います。

雑誌編集の仕事は華やかな世界なので、好きな芸能人や有名人には会える?

雑誌に携わる仕事はとても華やかなイメージがあると思いますが、実は8割くらいが地味でコツコツした作業ばかりです。

新人の頃は基礎を学ぶために、社内でコピーなどの雑務をこなしながら、小さい記事を書いたり、定型文に近い文言を入力する日々でした。

担当替えて外の取材に出るようになってからは芸能人と会う機会が少し増えましたが、担当や部署によってはずっと社内で作業をする人もいます。

華やかな世界を求めて入社しても、あまりにも地味で単純作業が多くて挫折してしまい、辞めてしまう人は多いと聞きます。

有名人に会いたいという目的だけでは勤まりませんが、仕事をする上での活力にはなりますので、会えたらラッキーくらいに思っていただけると幸いです。

まとめ

雑誌編集者の仕事内容から求人募集の見極め方、よくある疑問などをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

実は華やかな世界ではない雑誌編集者の仕事ですが、とてもやりがいがあり、楽しい仕事です。

自分が手掛けた記事が掲載されると、達成感と幸福感に満ち溢れます。

仕事内容がステップアップするにつれて壁にぶつかる事が多く、挫折してしまう人がいることは事実です。

ですが、会社を辞めても他の雑誌社やフリーランスで転職を成功させて、再び編集者として活躍する人を何人も見てきました。

一つの会社で向いてないんじゃないかと辞職してしまっても、自信を無くさずに他の職場で挑戦していって頂きたいです。

未経験でも問題ありませんし、自身の心持ち次第で仕事は務まりますので、是非求人に応募して下さいね。


関連キーワード

雑誌編集求人

雑誌編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

雑誌編集者の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

著名人や有名人に会える華やかな世界。または、締め切りに追われて徹夜続きの毎日。こんなイメージを「雑誌編集者」にお持ちではないでしょうか。実際はどんなことをしているのでしょうか?今回は、「雑誌編集者」の仕事について紐解いていきます。雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者たちが書いてきた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正します。実際は、編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり、記事を書くための取材を行い、必要ならば外注の手配もします。雑誌編集者の大まかな仕事内容大きく分けて6つの項目に分かれています。締め切りに向かってスケジュールが進行していき、6つの項目を順

雑誌編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

世に溢れる雑誌類。様々な記事、情報がぎっしり詰まった、そんな媒体を自分たちの手で作れるなんて楽しそう!と思っている人も多いはず。それではそんな雑誌編集の仕事の現場はどんな感じ?雑誌の企画・編集職経験者が語る仕事内容と向き不向きをご紹介します!雑誌編集はどんな仕事?雑誌編集の仕事は、雑誌・書籍の企画・編集まで一連流れで関わる職業です。もちろん、中身の取材・執筆も行うことがほとんどです。雑誌編集の大まかな仕事内容雑誌そのものを出している出版社勤務か、編集・制作を請け負っている制作プロダクション勤務かによって違いますが、一般的に雑誌編集の現場には以下の業種があります。企画取材・ライティング編集(デザ

雑誌編集の転職を成功させるためにするべき2つのことと、自分に合った求人の選び方や狙い目の転職先の特徴とは?

ここ数年、テレビドラマや漫画でも注目されることが多い「雑誌編集者」。興味や憧れを抱きながらも、実際に転職できるものなのか不安ですよね。実は、雑誌の編集者というのは特に資格を必要とされない職業。つまり、機会があれば誰でも転職できる職業なのです。そこで今回は、雑誌編集への転職方法や注意点などをご紹介したいと思います。雑誌編集の転職で注意したほうが良い2つのこと給与体系・残業代雑誌編集者の給与体系の多くは、「裁量労働制」というもの。毎月一定の残業代が含まれた給与が、支給される仕組みです。つまり、残業をしてもしなくても数十時間分の残業代が支払われるのです。これだけだと聞こえがいいですが、逆にどれだけ残