本を読んだり文章を書いたりするのは子どもの頃から好きだし得意だった--そんな人がライターになりたいと思うことは少なくありません。

ライターができる会社に就職したいという新卒や第二新卒、あるいは現在は一般の会社で働いている人のために、ライターとはどんな仕事なのか、ライターになるにはどうしたらいいのかについて紹介します。

ライター求人のよくある仕事内容

仕事内容

ライターの仕事とは、writerという文字通り、クライアントから発注された内容の記事や原稿を書くことです。

なぜ作家や著述家ではなくライターと呼ばれるのかというと、多くの場合、ライターの書いた記事には執筆者名が表記されないからです。

つまり、ライターとは名前のない原稿執筆者なのです。

もちろん、雑誌やWEBなどには執筆者名が表記されている記事だってあります。

しかし、執筆者名が重要ではない記事をライターが作成するのです。

たとえば、有名な料理研究家が料理の記事を書けば、執筆者名には大きな意味があります。

より多くの人の注目が集まるからです。

ライターが書く記事は、執筆者名に意味があるわけではなく、クライアントの要求通りの内容が書かれていて、読者が内容に納得できればそれでいいのです。

扱う原稿は大きく分けて2つ

ライターが作成した記事の掲載先は、大きく分けて2つあります。

1つは印刷物(紙媒体)、もう1つはWEBサイト(WEB媒体)です。

紙媒体

新聞、雑誌、書籍、各種パンフレット、広報誌、官公庁の発行物などなど、ネットが普及する以前は、ほとんどの情報は紙に印刷されていました。

多くの人がパソコンやタブレット、携帯からネットにアクセスできるようになった現在、情報を提供する紙媒体は減少傾向にあります。

とはいえ、近い将来に紙媒体がなくなってしまうことはないでしょう。

WEB媒体

ネットには無数の情報があります。

情報発信と情報取得の主力はネットに移行しつつあると言っていいでしょう。

したがって、ライターの活躍する場もWEBが多くなってきました。

ライターが執筆するジャンルやテーマも、音楽や映画、健康やダイエット、ライフスタイルや便利グッズ、恋愛や婚活、ファッションや美容、就職や転職、資格や語学など多岐にわたります。

ライターにはどんな種類があるの?

一言でライターと言っても、ライターはさまざまな環境のもとで仕事をしています。

ライターの種類について見ておきましょう。

フリーランスのライター

出版やWEB業界で単にライターと言えば、フリーランスのライターを指すのが一般的です。

つまり、会社や事務所などに属さず、一人で仕事を請け負い、雑誌やWEB、単行本などの原稿を作成している人です。

ライターになりたいと思いはじめた人は、いきなりフリーランスのライターにあこがれているかもしれません。

後で詳しく説明しますが、いきなりフリーランスのライターになるのは簡単なことではありません。

出版社に所属するライター

出版社は本を発行する会社であり、出版社の仕事は本の制作(編集)と本を売るための営業です。

このため、出版社は基本的には、著者やライターに原稿執筆を依頼します。

ただし、雑誌の場合、編集者が原稿執筆も担当することがあります。

編集プロダクションに所属するライター

編集プロダクションは、出版社の仕事を請け負う会社のことで、よく「編プロ」と呼ばれます。

編プロの規模や業務内容はまちまちで、ライター集団の編プロもあれば、原稿執筆は外部のライターに依頼し、社内では編集作業だけ行う編プロもあります。

会社に所属してライターの仕事をしたいという人は、一般には編プロに就職することになります。

WEB運営/制作会社に所属するライター

WEB運営会社またはWEB制作会社(WEB関連の編プロだと考えればいいでしょう)は、専属のライターを雇用していることも少なくありません。

会社に所属してライターの仕事をしたいという人にとっては、WEB運営/制作会社も就職先の1つです。

クラウドソーシングライター

仕事を外注することをアウトソーシングと言いますが、クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、仕事を群衆(crowd)に外注することです。

具体的には、クラウドソーシングを仲介する会社が企業や個人から求人を受け付け、仕事をしたい人はネット上で仲介会社の求人を見て応募します。

クラウドソーシングにおける仕事の種類は多様ですが、比較的求人の多いジャンルの1つがライティングの仕事です。

ライター求人でよくある募集内容とは?

出版社や編プロ、WEB業界のライター求人における一般的な募集内容を紹介しておきましょう。

1つ注意しておきたいことは、有名出版社の求人は求人誌や求人サイトにはないことです。

求人誌や求人サイトを見て有名出版社に就職できないことを自覚しておきましょう。

給与相場

新卒、第二新卒、転職(30歳くらいまで)の場合、正社員の一般的な給与は20~25万円程度、賞与は年2回で合計2~4ヵ月といったところでしょう(年収300~360万円程度)。

25~30万円あるいはそれ以上という求人もありますが、多くは経験や高いスキルが求められます。

あるいは、営業歩合制といったケースもあります。

なお、給与形態が年俸制の会社もあります。

年俸制かつ毎年契約更新という会社もあります。

雇用形態

雇用形態は他の業種と同様、正社員、契約社員、派遣、パート、アルバイトなどです。

ただし、ライター求人の多くは正社員や契約社員の募集です。

この記事の読者対象は新卒、第二新卒、転職でライターのできる会社に就職したい人ですから、正社員を目指しましょう。

契約社員であっても、社会保険完備を確認しておきましょう。

勤務時間や休日、残業

一般の会社と同様、土日休みの週休2日制、勤務時間は8時間が基本です。

残業については20時間以内をウリにしている募集も見かけます。

つまり、ある程度の残業は覚悟せよということです。

実際には、時には1日の残業時間が2~3時間にもなる会社も珍しくありません。

40~50時間程度の残業代を給与に含めている会社もあります。

福利厚生

正社員であれば、年金や健康保険などの法定福利は完備しているはずです。

ただし、ライター求人を出すような出版社や編プロは、従業員が10~20人前後といった小規模な会社が多いため、法定外福利については多くを望めません。

新しい分野についての記事作成が必要になったためセミナーを受講する、会社にとって有利に働く資格を取るといった場合、その費用を会社が負担してくれることはあるでしょう。

勤務場所

勤務地は基本的に東京です。

出版社やWEB関連会社が東京に集中しているからです。

もちろん、大阪などの大都市にある出版社やWEB関連会社もあります。

また、それほど大きくない都市でタウン誌、広告誌などを発行している会社もあるでしょう。

小規模な会社が多いため一般に転勤はありません。

ただし、100人以上を擁する大規模編プロなどの場合、転勤もあり得るでしょう。

求められる人物像

ライターになるためには、どのような人物像が求められるのでしょうか。

最も基本的なことを述べておきます。

クライアントの要求を理解する能力がある

ライターの仕事は文章を書くことですが、その前にクライアントの要求を理解する能力がなければなりません。

ライターになりたい人は、文章を書く前に自分の読解力を確認しておきましょう。

たいていの大学はネットに大学入試の過去問を置いています。

東大や京大、早稲田、慶応などの現代文の問題を解いてみるのをおススメします。

人並み以上の文章力がある

文章を書くのが好きだからといって、文章力があるとは限りません。

自分の文章力も確認しておきたいところです。

ライターの種類の紹介でクラウドソーシングライターを紹介しました。

クラウドソーシングでライティングの仕事をやってみて、自分の文章がお金になるのかどうかを確かめてみるのもいいでしょう。

自分のブログを持っていない人は、ブログを始めてみるのはいかがでしょうか。

自己主張にこだわらない

「ライターとは名前のない原稿執筆者」であると述べました。

ライターとは、自分の主義主張を書く人ではありません。

クライアントから要求されたテーマと内容を、きちんとした文章としてまとめるのが仕事の基本です。

記事の内容がクライアントが要求するテーマと内容からずれていれば、書き直しをしなければなりません。

書き直しを要求された場合、まずはクライアントが満足できる内容であり、そのうえで自分も納得できる修正を行うのがベストです。

必要なスキルや資格、経験

ライター求人では「未経験者歓迎」が少なくありません。

ライターを必要としている会社は、もちろん見込みがあると考えた人を採用しますが、採用時点のスキルや資格、経験にはあまり重視しません。

ライターや編集者を、仕事の現場で鍛え上げていくのが業界の慣習になっているからです。

なお、大卒以上が応募条件になっていることが多いのですが、学歴不問という求人もあります。

大卒ではないからといって、ライターになるのをあきらめる必要はありません。

大卒条件ではあっても、電話をすれば面接してくれる会社もあるでしょう。

ライター求人を見るときのチェックポイント

ライター求人の募集内容を見て、チェックすべきポイントをいくつか挙げておきます。

ただし「一生その会社で仕事したいので、会社選びは慎重に!」といったイメージは捨ててください。

「この給料でこの仕事内容ならば自分でもやっていけるだろう」という会社に、まずはとにもかくにも就職することが大切です。

ある程度の能力があって、経験や実績を積めば、転職の道はいくらでもあるからです。

仕事でお付き合いしている会社からスカウトされる可能性もあるでしょう。

出版社か編プロか

出版社がライター職を募集することは、ほとんどありません。

したがって、一般には編プロまたはWEB関連会社のライター求人に応募することになります。

とはいえ、出版社でも編集兼ライターを募集することはあります。

編集にも興味のある人は、出版社の編集兼ライター求人に応募するのもいいでしょう。

また、多くはありませんが、分厚いカタログなどを発行しているため、多くの専属ライターを雇用しているといった会社もあります。

広告関連の会社について

広告関連のライター求人も少なくありません。

いわゆるコピーライターの仕事です。

広告関連の仕事がしたい、キャッチフレーズ作りが得意、長い文章より短い文章のほうが書きやすいといった人に向いています。

実際にどんな広告を作るのかというと、一番イメージしやすいのが、求人サイトの求人広告(募集内容の詳細)でしょう。

もちろん、作成する広告の種類は求人広告ばかりではなく、会社によって多種多様です。

専門誌/業界誌(紙)は人の出入りが多いこともある

専門誌/業界誌(紙)のライター(記者)求人も少なくないと言えるでしょう。

興味のある業界があれば応募してみてください。

専門誌/業界誌(紙)を発行する会社の規模も、たいていはそれほど大きくありません。

このため、大手新聞社のように記者、デスク、編集局のような分業が機能していない会社が一般的です。

したがって、記者兼編集というパターンが多くなります。

10人程度の会社の場合、記者兼編集兼広告営業という場合もあります。

記者が広告営業も兼ねる専門誌/業界誌(紙)の場合は、人の出入りが多くなる傾向もあるようです。

「経験者優遇」にびびらない

なんらかの経験や技能が必須な場合は別ですが「経験者優遇」であれば、臆することなく、どんどん応募しましょう。

経験があるからといって良いライターであるとは限らないように、経験がないからといって良いライターになれないとは限らないからです。

このことは、求人側の採用担当者もよく知っているはずです。

自分にあったライター求人の選び方や注意点

自分に向いている会社はどのようにして選んだらいいのでしょうか。

いくつかのポイントを紹介します。

【選び方①】扱う記事の種類から考える

自分が書きたいテーマの記事を書ける会社がもちろんベストです。

また、こんなテーマも面白そうだなと思える会社でもいいでしょう。

ただし、これから就職しようとしている会社で、自分の長いライター生活がスタートするのです。

多くのテーマを扱えるということは、ライターにとっての強みになります。

まったく未知のジャンルに挑戦するのも悪いことではありません。

逆に、自分が好きなテーマにこだわりすぎるのは、「名前のない原稿執筆者」であるライターのキャパシティを狭めてしまうことにもなります。

【選び方②】会社の規模から考える

何度か述べたように、ごく一部の有名出版社を除き、一般の出版社や編プロの規模はそれほど大きくありません。

ライターの仕事をするということは、大きな会社の恩恵にあずかるのではなく、自分の腕で生きていくということです。

残業問題や福利厚生などの面から考えて比較的大きめな会社を選択することは、もちろん間違いではありません。

しかし、会社の規模にはこだわらないという姿勢も、この業界では1つの正解です。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

会社の規模と同様に、最初に就職する会社については、給与についてはあまり高望みしないほうがいいでしょう。

繰り返しになりますが、20~25万円程度の給与であっても、まずはライター業界、出版業界あるいはWEB業界に身を置くことのほうが大切です。

注意点

ライター業界、出版業界あるいはWEB業界は大きな業界ではありません。

会社の規模もたいていは大きくありません。

したがって、比較的ブラック企業は少ないと言えます。

それでもブラック企業だって存在するでしょう。

就職した会社がブラックだと感じたら、できるだけ早く退社しましょう。

ライターについてよくある疑問

ライターになろうと思った時、あれこれの疑問もわいてくることでしょう。

最後に、そんな疑問について紹介しておきます。

未経験でも応募できる?

ライター求人においては「経験不問」「初心者歓迎」と書かれていることが少なくありません。

ライター未経験であっても、正々堂々と応募しましょう。

「経験者優遇」と書かれていても、気後れする必要はありません。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

ライター求人の面接には、特に秘訣はないといっていいでしょう。

小規模な編プロの面接は、一般企業のような硬い雰囲気ではなく、どちらかといえばざっくばらんな雰囲気が多いでしょう。

「どんな本が好き?」「どんな作家が好き?」「その作家のどこがいいの?」「最近読んだ本は?」「どこが面白かった?」といった具合いです。

面接を受ける側も大げさにかまえることなく、思ったこと、考えたことを素直に述べていけばいいでしょう。

はじめて会った人同士のおしゃべりのような会話になってしまってもかまいません。

ただし、話がフランクであるとはいえ、面接担当者は受験者が本当にライターに向いているのかどうか、長年の経験からきちんと見ています。

一般企業であれば合格してしまえば、合格した人の勝ちといった面があります。

しかし、ライターとして採用されたとしても、よい記事が書けなければ、その人の居場所はなくなります。

面接以外に試験はある?

小規模な編プロの編集者募集であれば、面接だけの場合もあります。

しかし、ライター職募集の場合は、作文、一般常識テストなどがあると考えておいたほうがいいでしょう。

特に作文では、内容とか主張よりも、文章が文章として成り立っているか、誤字脱字がないかが重要なポイントです。

フリーランスで働くには、どうしたらいい?

ライターになりたいと思っている人は、会社に縛られない生き方をしたいため、フリーランスになりたいと考えている人もいることでしょう。

現実には、フリーランスのライターの多くは、かつて出版社や編プロで編集者やライターをしていたという人です。

このように、出版社や編プロで経験を積み、スキルを高め、さらには人脈もできたうえで、フリーランスで仕事をしていく準備が整ったと言えます。

ライター未経験者が、いきなりフリーランスで仕事をしていくのは無理があります。

いつかはフリーランスになりたいという人は、まずは編プロなどに就職してから、将来のことを考えましょう。

フリーランスで働くメリットとデメリットは?

フリーランスで働くというのは、一見、自由で気楽そうにも見えます。

会社や上司に縛られることもありません。

しかし、そうではない面も少なくありません。

年金制度がいつまで維持できるかどうかは別として、フリーランスの人は、フリーランスになった以降の厚生年金を受け取ることはできません。

仕事がたくさんあればあったで、会社員以上に労働時間は増えてしまいます。

逆に、常に仕事を受注できるという保証もありません。

定期的な仕事をいくつか確保していて、暮らしや貯金、保険代などに困らず、しかも年に何度かは大きな仕事もできる--そんなライターであれば、フリーランスで充分やっていけるでしょう。

ただし、それで自由な時間が取れるかどうかは、その人次第です。

ライターとしての仕事の依頼はどうやって受けるの?

企業に所属している場合

編プロに所属するライターであれば、基本的には会社が請け負ってきた仕事の記事を書きます。

ただし、与えられた仕事だけやっていればいいのかというと、そういうわけでもありません。

ライターが、出版社やWEB関連会社の担当者と記事内容などの打ち合わせする必要がある場合もあります。

また、出版社やWEB関連会社の担当者と接する機会があれば、自分から企画を提案することもでき、それが自分の実績につながることもあります。

フリーランスの場合

フリーランスのライターは、たいていは出版社やWEB関連会社で働いていた人であると述べました。

出版業界やWEB業界で働いていると、自分の職場以外にも多くの知り合いができます。

本やWEBの制作には、編集者やライター、デザイナー、カメラマン、イラストレーターなど、多くの人が関わるからです。

ライターとしての実力があれば、こういった人脈を通して仕事を請け負うことができるようになります。

外部の人との接触がなく、いつも社内でライティングをしているライターよりも、外部の人との接触が多い編集者あるいは編集者兼ライターのほうがフリーランスのライターになれる可能性が高いと言っていいでしょう。

まとめ

人は、必要な情報、欲しい情報を手に入れなければなりません。

もし将来、雑誌や書籍、パンフレットといった紙媒体がなくなってしまったとしても、ネットは存在します。

したがって、紙媒体がなくなってしまっても、ライターという職業は存在し続けます。

「ライターになりたい!」という気持ちが「ライターになろう!」という決意に変わったら、紙媒体であれWEB媒体であれ、ライターという職業にチャレンジしてみてください。


ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

最近副業として注目されているのが在宅ライターのお仕事です。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気なんですよ!誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし在宅ライターと言う仕事はここ近年増え始めたもので、実際に働いたことがあると言う人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ一度目を通してみてくださいね!在宅ライターってどんな仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマート

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「ライター」になることは今どき、WEBで登録するだけでカンタンになれてしまうのが事実です。「でもフリーランスで働くには不安がいっぱい」、「『正社員』として働けたらいいのにな」と思っている方、多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します!ライター正社員の仕事内容とは?「ライター」といっても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員なので、取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に、企業や商品などのキャッチコピー

占いライター求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「占いライターってどんな仕事なの?」、「ちゃんと占いしているの?」「給料ってどうなるの?」ライターという職業の中でもほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々にご案内します。※営業形態は会社によって異なります。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングや、メルマガの配信、個別の相談に返信を行うのが占いライターの仕事です。メイン業務は、業務時間内に占いを行いお客様の相談に答えます。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなどその仕事は多岐に渡ります。そのため、

フリーライターの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

いつからでも、いまからでもなれる「フリーライター」という仕事についてどんな人に向いているのか、仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説しますフリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代理店や、そこから仕事を請け負っているプランナーから、仕事を発注されるケースが一般的です。いわば自営業ですから、自らの実績をもとに売り込み営業し、仕事を得ることで成立します。フリーライターの大まかな仕事内容主に、企業(クライアント)の制作物内で、企業理念を掲

主婦ライター求人でよくある募集内容や仕事の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし家を空けられる時間が少なかったり空けられる時間のお仕事がない…ということも主婦の方だと多いですよね。特にお子さんがいると時間の目途が立たなくてバイトが難しいということも多いですよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとはそもそもどんな仕事をするのでしょうか。大まかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言ってしまえば、パソコンを使って文章を書いて、それを

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?正社員やバイト・副業から、単価や時給などの相場まで経験者が解説!

ライターの仕事をしたいと思って求人を調べると「〇〇ライター」といった、たくさんの種類の募集がありますよね。仕事内容はどう違うの?ライターになるためにはどうしたらいいの?正社員と副業では仕事内容は変わるの?そんな疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説していきます。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので、参考にしてくださいね。ライター募集求人はどんな仕事がある?ライターといえばどんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「文章を

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと文章を書くのが上手いすごい人というイメージでしょうか?ライターと聞くと取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私もライターというと雑誌に載ってるの?と聞かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事ではライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていて、どんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターはイメージ通り文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言でいってもたくさんの仕事がありますが、基本的にはテーマを与えられ本やネット

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターのバイトって具体的にどんなことするの?ライターという言葉は聞いたことあるけれど、実際どのように仕事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイトでは実際どんなことをするのか、またバイトをするにあたっての給与などの条件面もご紹介していきます。ライターバイト求人の時給は?ライターの求人、稼げないって聞くけれど、実際時給はどれくらいなのか?ライターは大変な仕事なのか時給と重ね合わせながら確認していきましょう。ライターバイトの時給は高め?ライターは20代正社員で15万円~20万円の月収です。バイトの時給は1200円以上です。他のバイトと仕事の状況と時給で比べるとそれほど高くはあり


ライター求人に関するコラム

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身に付けたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーのオススメお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言にライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。どこまでがライターなの?と線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味があるがどのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いかわからないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライターとは?営業職や事務職

ライターがきついと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何か困っている時、明日のコーディネートを考えたい時、暇つぶしに何か読みたい時...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマホで簡単にぴったりな情報を見つけられる時代。そんな今の時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介。「きつい仕事」と言われている理由や、それを乗り越える為の方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、さまざまなサイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人等、働き方はさまざまです。決められたジャンルで一定の文字数をク