ライターの仕事。パソコンでライティング中

ライターと聞くと文章を書くのが上手いすごい人というイメージでしょうか?

ライターと聞くと取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。

実際私もライターというと雑誌に載ってるの?と聞かれます。

実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。

今回の記事ではライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていて、どんな人には向いていないのかを解説していきます。

「ライター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ライターはどんな仕事?

ライターはイメージ通り文章を書くのが仕事です。

文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。

ライターと一言でいってもたくさんの仕事がありますが、基本的にはテーマを与えられ本やネット、またはインタビューをして調べた内容を元に記事を書いていく仕事です。

ライターの大まかな仕事内容

WEBでのライターであれば与えられたテーマをネットや本で調べ、得られた情報をまとめて書いていきます。

雑誌に載せるライターの仕事であれば、現地まで取材をし、そこで見聞きしたことをライターの主観を交えて書いていきます。

ライターには事実を伝えるライターと、シナリオやエッセイのようにライターの頭の中の表現をすることとあります。

仕事上の役割とは?

ライターは請け負っている人の伝えたいものを代わりに代弁する役割を担っています。

なぜこれを伝えたいのか、どういう風に伝えたいのか、製作者の意図をくみとり、代わりに伝えるのが大きな役割です。

そして、伝えたい情報、伝えたい思いを読み手にわかりやすく伝えることが求められます。

つまりライターとは伝えたい思いを持った人に代わり、伝えるべき人にわかりやすく伝える役割を担っているということです。

人の気持ちを代弁してあげる仲介役です。

どんな記事を書くにも役割は同じです。

ライターの仕事にはどんな種類がある?

一言でライターといっても実はライターには仕事内容によって様々なライターがいます。

簡単に言えば得意分野によって呼ばれる名前が違うということです。

コピーライター

広告の文章や、通販サイトやジムのホームページなど、その商品を買ってもらうために商品の魅力を伝える文章を書くのがコピーライターの仕事です。

コピーライターはライターの腕次第で利益が決まるので、力量が試されます。

発想力とお客さんの購買心理を勉強する必要もあり、売れるライターになるまでには道のりを要します。

そのためコピーライターとして活躍している人は一本の仕事で何十万円をいただく案件もあります。

直接会社の利益に関わる仕事なので、やりがいが一番大きい仕事です。

グルメライター

実際に現地のお店に行き、自分もそのお店の食べ物を食べて記事にする仕事です。

お店の人やお客さんに取材をすることは勿論のこと、実際に自分がそのお店のおすすめ商品を食べた感想を言葉で伝えるのが仕事です。

その記事を読んだ人が「美味しそう」、「食べてみたい」と感じてもらわなければならないので、言葉として伝えるのは難しいものです。

食べることが好きな人や、お店を紹介するのが好きな人は楽しんで仕事ができますね。

WEBライター

その名の通りWEB上に掲載する記事を取り扱う仕事です。

企業のホームページに載せるコラム記事や、ECサイトの商品説明、キュレーションサイトと扱う記事内容は多岐に渡ります。

一つのことを専門として仕事をする人もいれば、様々なジャンルの記事を幅広く扱う人もいます。

WEBライターに求められるのは、記事に訪問してもらうためのSEOの知識です。

紙媒体と違い、インターネットの記事は検索エンジン上位にならなければ中々見てもらえません。

そのため見てもらえる記事を書くことが要求されます。

ただ幅広く取り扱えることと、普段よく目にするようなサイトの記事を書くので楽しく書きやすいです。

色んなことを知りたい好奇心旺盛の人には一番おすすめです。

シナリオライター

RPGなどのゲームのシナリオを作るのが仕事です。

昔は企画されたものを元に物語の流れを作るのが仕事でした。

しかし現在では企画から行う場合は、シナリオだけではなく実際にゲームを作っていくプログラミングに携わることもあります。

キャラクターの設定を決めたり、シナリオの分岐点やあらゆるシーンを考えたりと進めていきます。

他にも実際にシナリオが決まってゲームを作っていく段階の演出、声優の声やBGMなど演出をチェックする仕事を担うこともあります。

シナリオライターといっても、シナリオ制作だけをする場合と、その物自体を作ることに最後まで携わる場合と様々あります。

「ライター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ライターとしての働き方は?

パソコンが普及した今では様々な働き方があります。

昔は会社に勤めて専業で働く人が多かったですが、今はノマドワーカーがいるくらいに自由に働くこともできます。

プロライター

一つの会社に専属で働く人と、いくつもの会社と契約してフリーで働くスタイルと二通りあります。

会社に専属して働く場合は、ライターとして企業に雇われるため正社員として働く形になります。

企業でノウハウを教えてもらいながら働けるので、成長しやすいです。

フリーとしていくつもの会社と契約している人は、打ち合わせなどのみ会社に出社する形になります。

記事を完成できたら確認してもらい、記事を書く間はどこで仕事をしてもいいです。

ただライターの種類によっては取材に赴かなければいけないこともあります。

副業としてのライター

クラウドソーシングなどを使って今では初心者でもライターの仕事が始められる案件がたくさんあります。

最初は一記事を書くにも時間がかかってしまいますが、慣れると1日で5記事くらい書けるようになっていきます。

副業をしている人はたくさんいますが、書くことが苦痛じゃない人にとっては一番行いやすい副業です。

普段は会社で勤めながら仕事が終わってから、土日でまとめて行うだけでも2,3万円のお小遣いを稼ぐことができます。

在宅ライター

在宅でライターのお仕事

出社をせずに自分の好きな場所で専業でライターをすることもできます。

クラウドソーシングにもたくさんの案件がありますし、業務委託として会社から直接仕事を受け取ることもできます。

在宅ライターは会社に勤めて働くスタイルとは違い、1記事いくらと完全出来高制になっているので、自分が働いた分だけ稼ぐことができます。

自分で仕事をする時間や一ヶ月でどれくらい働くかも決められるので、自分で自由に決めたい人にはおすすめです。

在宅ライターの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

ライターの仕事はどんな人に向いている?

仕事には勿論向き不向きがあります。

ライターは今やたくさん案件があり、誰でも気軽に始められるものですが苦手な人には苦痛な仕事です。

楽しくライターの仕事が出来る人のタイプをご紹介します。

文章を書くのが好きな人

一番のポイントです。

ライターとして仕事が続けられる人は、みんな文章を書くのが好きです。

文章が苦手な人にとっては500文字を書くだけでも苦痛に感じますが、好きな人は10000文字でも楽々と書けてしまいます。

調べたことを文章として表現することに楽しみを覚える人、普段から自分の気持ちを言葉にしている人には最適な仕事です。

地道に仕事をするのが好きな人

ライターの仕事内容は地道な作業ばかりです。

テーマを頂き、そのテーマに基づいた記事を書くためにまずは調べる、それからその文章を相手に伝えられるように構成を考えて、わかりやすい文章として表現していきます。

1記事を仕上げるだけでも時間をかけるので、コツコツと作業をしていくことが苦手な人には難しい仕事です。

一つずつクリアしていくことに楽しみを覚える人、地道な作業が得意な人はやりやすいです。

感受性豊かな人

感受性が豊かな人は薄い人に比べて細かな点によく気づきます。

ライターは何を伝えたいかを感じるところが一番のポイントであり、そことずれてしまうとクライアントとマッチしません。

頼む側としては自分が求めること以上のものを書いてくれるライターがいるとありがたいです。

だからこそ感受性豊かな人は重宝されます。

集中力がある人

ライターはご存知の通り何千文字、ひいては何万文字もの文章を書く作業が日常です。

一日に3万文字くらい一気に書く日もあるほどに常に書いているのが仕事です。

またライターの仕事は書くだけではなく、情報を収集してその情報をまとめることも仕事です。

情報をただなんとなく見ていると入ってこないので、自分の言葉にできるだけ取り入れる集中力が必要です。

一度始めたら没頭するタイプにはおすすめです。

情報収集が苦にならない人

ライターの一番肝になる部分はいかにたくさんの情報を収集できるかです。

たくさんの情報といっても、なんでもかんでも収集すればいいというものではなく、その中でも自分が書く記事を伝えることに必要な情報を見極めていかなければなりません。

色んな知識を取り入れることを楽しめる人は、情報収集自体も楽しく行うことができます。

情報を見ているのが苦手、まとめるのが苦手な人にとっては大変な仕事です。

好奇心旺盛な人

ライターは新しい情報を常に取り入れて、アンテナを張っておく必要があります。

日常から色んなことに関心を持っておくことで記事作成に活きていきます。

色んなことを知れること、新しいことを知ろうとする姿勢が記事を書く時にも気持ちとして現れます。

仕事をしていく上で一番必要なことはどれだけ楽しめて、どれだけそのことに興味を持てるかです。

そういう意味でも新しいことを知ることに楽しみを見いだせる人は長続きもしやすく、仕事を楽しめます。

「ライター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆にライターの仕事に向いていない人の特徴は?

向いている人もいれば、勿論不向きな人もいます。

実際どんな人がライターに向いていないのか紹介していきます。

時間を守れない人

時間を守れない人はNG

ライターに一番大切なのは期限です。

期限、締め切りを守れない人はライターとしてはやっていけません。

また記事を書いていく中でも時間管理は一番大切なことになります。

時間を守れない人は勿論他の会社で働く上でも問題ですが、特にライターはたくさんの人に迷惑をかける可能性があります。

コミュニケーションが苦手な人

ライターといえばパソコンと向き合って仕事をすればいい。

だから周りの人と話せなくても問題ないと思いがちです。

しかし実はライターほどコミュニケーションスキルが必須になってきます。

なぜならライターは一人では働けないからです。

クライアントとの打ち合わせ、進行の確認など企画側と話し合う機会がたくさんあります。

在宅のライターでも電話やメールでのやりとりが必須となり、連絡を豆に取れない人はそれだけで信用をなくします。

ライターとして働くメリットとは?

自分の経験やスキルが活かせる

ライターには色んなジャンルの仕事があります。

自分が今まで仕事で経験してきたことをそのまま記事として書けることもあります。

例えば美容関係の仕事をしていたのであれば、表面上の知らない人が調べた情報を書くよりも細かい内容が書けます。

詳しく実際の体験や、実際に本当にいいものは何かを知っている人が書く記事は重みが全く違います。

自分が今まで経験してきたことや、自分の得意なことを直接活かせます。

やりたい仕事をやって稼ぐことができる

自分の書きたいこと、自分が興味のあることだけを取り扱うことができます。

自分のやりたいこと、興味のあることで稼げるのは一番うれしいことです。

ただ文章を書くのが好きと思っていたことを、好きな文章を書いて稼げるようになるのはそれだけで価値がありますよね。

ライターの仕事はどうやって探す?

ライターをしていると自分から営業して仕事取りに行くの?と聞かれることがあります。

ライターの仕事はまず初心者から在宅でもできる仕事を始めたいのならクラウドソーシングから探すのがおすすめです。

全くの素人でも一から丁寧に教えてくれる案件があります。

他にも業務委託で調べると企業さんと契約してお仕事をもらえるところがたくさんあります。

自分で在宅でやることに不安を感じるなら、ライター仕事で調べるとアルバイト情報も出てきます。

自分がどのようなスタイルで仕事をしたいのか、それに合わせて調べてみましょう。

実際にライターの仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!

まとめ

一言でライターといってもたくさんの仕事がありましたね。

実際ライターとして働いている人の中でも自分の得意分野、苦手な分野があります。

ライターの仕事を始める時の一番のポイントは自分が何に興味があるのか、自分はどういう働き方をしたいのかから決めることです。

いきなり会社で働くのは自信がない。

どんな仕事か試してみてから決めたい人にはクラウドソーシングで初心者案件を試すことをおすすめします。


関連キーワード

仕事 ライター求人