ライターを正社員として働いてみたいという方は必見です。

「ライター」になることは今どき、WEBで登録するだけでカンタンになれてしまうのが事実です。

「でもフリーランスで働くには不安がいっぱい」

「正社員として働けたらいいのにな」

と思っている方、多いのではないでしょうか。

今回はライターの正社員の年収事情や業務内容、おすすめ求人の特徴、正社員として求められることを解説します!

ライター正社員の仕事内容とは?

ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。

正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。

コピーライター

主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。

キャッチコピーは限られた文字数の中で表現しますが、「ボディコピー」のようにある程度長い文章をキャッチコピーに付随させながら書くこともあります。

WEBライター

主にホームページやブログ、メルマガなど、WEBに掲載される記事を書きます。

後から修正できる場合がほとんどですが、WEB上なので公開されてしまうことを考えると失敗が許されないでしょう。

グルメライター

主にレストランや居酒屋などの飲食店へ取材へ行き、オーナーやシェフ、店長に取材を行います。

お店の概要やメニューを撮影し、記事を作ります。

トラベルライター

主に国内外問わず各地を巡り、その土地で出会った人・物・グルメなどを紹介する記事を書きます。

自分のブログを開設するより、旅サイトなどに寄稿する場合がほとんどです。

ライター正社員はこんな人に向いている

大まかに言うと、「書くことが好きな人」「好奇心が旺盛な人」「人と話すことが好きな人」が向いていると言えるでしょう。

書くことが好きな人

ライティング力が「ある・ない」も大事ですが、そもそも「書くことが好きかどうか」も重要になります。

文章校正などは後から修正ができる場合もあるので、まずは書くことが好きかどうかで判断しても良いでしょう。

好奇心が旺盛な人

書くためには、まず相手を知ることが大事です。

「これは何だろう」「それはなぜだろう」と相手やもの・ことなどに興味津々な好奇心旺盛な人は向いていると言えます。

相手やもの・ことを知れば、必然と書くことができるはずです。

今はネットに情報が溢れているため、相手、もしくはものやことについてを知ることは容易でしょう。

人と話すことが好きな人

また、相手のことを知るためには、聞き出す力も大事です。

人と話すことが好きでなければ、取材などで濃い内容を相手からヒアリングすることができません。

具体的な事実などの内容を聞き出すために、「なぜだろう」を追及し続けることができれば問題はないでしょう。

考えることが好きな人

常にクライアントの希望を考えることがライターの仕事です。

相手やもの・ことについて調べたり、相手に聞いたりして知り、考えたことをまとめて書く、これの繰り返しになります。

考えることが苦でない人なら向いているかもしれません。

ライター正社員でよくある募集内容とは?

経験者の募集より「未経験者でもOK」の募集をよく目にします。

ライティング力も大事ですが、未経験でコミュニケーションスキルなど他のスキルを問う企業が多いようです。

年収相場

平均給料は月20万円前後が相場となっています。

年収にして300万円~400万円くらいです。

年齢により経験値が上がると20代で月20万円以上、30代で月20万円後半、40代で月30万円といったところでしょう。

能力に応じて給料を支払う勤務先に勤めることができれば、実力に応じた給料をもらうこともできます。

未経験でも関係者の目に留まり有名なライターになることができれば、年収500万円~600万円も可能になるかもしれません。

フリーランスの場合は月給ではなくなるので、「1案件ごとに○○円」や「1文字ごとに○円」などの単価で支払われることになります。

月に数十万円を稼ぐフリーランスもいますが、毎月安定した収入を得たい人は「正社員」で求人を探すと良いでしょう。

勤務時間や休日、残業

基本的にはクライアントありきなので、クライアントの都合で仕事することが多いです。

勤務時間は、ある程度大きな企業に務めれば「9:00~18:00」が一般的です。

大手企業によってはフレックス勤務、コアタイム勤務、テレワークなどの制度が導入されている場合もあります。

しかし、このような制度を実際に稼働させている企業はまだ少ないでしょう。

残業は月30時間~40時間程が平均です。

働き方改革で残業時間を見直す取組みもあるようですが、業界的に人手が少ないことが事実です。

残業時間が20時間以内の企業は、ホワイト企業と言えるのではないでしょうか。

休日は、大手企業なら土日祝日休みのところもあります。

しかし企業によっては、納品日に合わせて休みを取得する場合もあります。

決算期や休み明けに仕事が集中することもよくありますし、「ゴールデンウィーク明けまで」「お盆休み明けまで」など、世間の長期休みに関わらず仕事が舞い込むこともあります。

福利厚生

勤務先により異なりますが、大手企業であれば大抵賞与はあります。

上記で記載した「フレックス勤務」「コアタイム勤務」「テレワーク」などの制度も、企業によってはあります。

どのくらい使われているかなど稼働率を記載している企業もありますので、募集要項をチェックすると良いでしょう。

勤務場所

企業によっては支店で勤務する場合もありますが、基本的には本社勤務が多いです。

限られた人数のスタッフで行うことが多いので、大体十数人の場所で勤務することとなるでしょう。

勤務先により雰囲気もだいぶ異なるため、事前に見学など行うことをおすすめします。

正社員として求められるものとは?

正社員として求められることは少なくありません。

フリーランス同様、基本は一人で何でもこなすことが求められます。

メール対応・電話対応

本社勤めになれば、メールや電話対応ももちろん行うことがあります。

これは一般的な正社員と変わりません。

ライターとしての仕事ではありませんが、勤める企業によっては頼まれることもあります。

スケジュール管理

どの案件も必ず納期がありますので、スケジュール管理は外せません。

自分のしやすい方法で納品物を管理していくと良いでしょう。

取材対応

アルバイトではありませんので、取材に行くことが当たり前というパターンが多いでしょう。

初めは先輩と同行してインタビューや撮影を行いますが、慣れてくれば一人で何でもこなせるようにならなければなりません。

書く力

文章力や表現力など、基本的に書く力は絶対に必要です。

センスはその人それぞれですので、経験していく上で得意・不得意を見つけていけると良いでしょう。

仮にセンスがなくても有名なコピーや人気のある広告やサイトなどで、「どんな人が見ているのか、共感しているのか」を知り、インプットを沢山増やしていけばセンスは磨かれるはずです。

情報収集力

ライターに欠かせないことが「情報収集力」です。

SNSやニュースなどで、常に情報をキャッチできるようにアンテナを立てておくと良いでしょう。

インプットを増やしておくことで、様々なジャンルに役立ちます。

伝える力

クライアントありきのお仕事なので、「どのような意図で書いたのか」など、その背景などを伝えなければなりません。

自分勝手に書きたいことだけを書いていては共感を生まず、誰も見ない、ただの感想文となってしまいます。

「どのような意図で書いたのか」を、しっかり伝える力が必要となります。

必要なスキルとは?

ライターに特別な資格は要りません。

極端なことを言うと、意欲やセンスなどがあれば誰でもなることが可能です。

経験をしていく上で、スキルを身につけていけば良いという企業も少なくありません。

ライター未経験でも大丈夫?

ライターのお仕事は時代を問わずニーズがあります。

未経験でも関係者の目に留まれば一躍有名になることもありますので、初めから諦めることはありません。

世間の流れに敏感になり、豊かな感受性があれば、ライターとして活躍していくことができるでしょう。

ライター正社員のおすすめ求人の特徴とは?

より安心して勤めるために、「どのくらい教えてくれるのか」「どんなスタッフが教えてくれるのか」など、詳細に記載してある求人が良いと言えるでしょう。

未経験でも本当にOK?

「未経験でもOK」と記載しつつ、経験・資格欄でExcelやWord、WordPressなどが使えるかなどのスキルを求められる場合もあるので、募集要項の経験資格欄は必ずチェックが必要です。

また、ライターと言っても幅広く行うことがあるため、ライティングだけに集中できるかどうか、自分なりの基準を設けておくと良いでしょう。

ライティング経験が必要な場合は?

もちろん経験・資格欄などのチェックも必要ですが、その会社が制作しているサイトや記事をチェックすると良いでしょう。

場合によっては、初めからその企業が制作している記事レベルを求められることもあります。

自分でも書くことができそうか、確認しておくと良いでしょう。

サポート体制がバッチリか

経験・未経験に関わらず、「どんなスタッフが、どのくらい丁寧に教えてくれるのか」詳細な記載がある求人は少ないですが、従業員人数や社員ブログからどのくらいの案件を何人で行っているかなどを推測できます。

また人数によっては、納品に追われ新人を放置しがち…なんてこともあるようなので注意が必要です。

実際に見学しに行ったり、電話で訊いてみたりしても良いかもしれません。

ライター正社員になるために他にも知っておきたいこと

コピーのことを考え続ける毎日

常に考えることが必要になるため、考える毎日を送ることになります。

コピーライターは特にそうです。

どのようなキャッチコピーが良いか、どのようなボディーコピーなら読んでもらえそうか、どのような写真構成なら見てもらえそうか、常に考えることになります。

考えることが好きな人には向いているでしょう。

プライベートと仕事が曖昧になる

企業によっては勤務時間内に美術館やアート展に行ったり、ゆっくりランチをしたり、アイディアが煮詰まると外に出て散歩をしたりと、自分のために使う時間をもらえます。

プライベートと仕事の時間がほぼ一緒のような状態になりやすいため、オンオフをしっかり線引きしたい人よりも、仕事を含めた時間が自分の生活だと思える人のほうが向いているかもしれません。

流行に敏感になる

ライターは流行に敏感なほうが良いでしょう。

ジャンルや職種問わず、「世の中では、今何が流行っているのか」、SNSやニュースなどで情報を集めるクセづけをしなければいけません。

嫌でも流行に敏感になるかもしれません。

多くの消費者の目に留まる

一人前になれば企画から携わることもできます。

自分の考えた企画で、自分の考えたコピーや記事などが多くの消費者の目に留まることもあります。

その分コピーなどには正解がないので、消費者の声が評価の対象になることもあります。

多くの消費者の目に留まれば嬉しいものですよね。

まとめ

ライターについてまとめてみましたが、いかがでしたか。

ライターになるためには、特別な資格が要りません。

基本的に書くことが好きで、意欲さえあればライターになることはできます。

しかし、求められるスキルなどは多いので、多様なインプットや経験が必要となってきます。

上記で挙げた「情報を収集する力」はすでにネットなどで情報が溢れているので、調べる意欲さえあれば誰でも簡単にできます。

また、「聴く力」「話す力」「伝える力」などのスキルは、経験することにより後から力が付いてくるものなので、まずはやってみることが大事と言えます。

求められることも多い分、やりがいも大きいものです。

一つのものを作り上げたときや一人で取材デビューしたときなどは達成感や満足感があり、認められたと嬉しい気持ちになるでしょう。

初めから向いていない・向いているを決めなくても大丈夫です。

諦めずコツコツと取り組みましょう!



関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

占いライター求人に興味のある方は必見です。「占いライターって何?」「ちゃんと占いしているの?」「給料ってどうなるの?」気になる疑問が多い職業ではないでしょうか?ライターという職業の中でもほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になりますよね。今回は実際に働いていた私が占いライターの募集や求人について赤裸々にご案内します※営業形態は会社によって異なります。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じて

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターバイトって具体的にどんなことするのでしょうか?「ライター」という言葉は聞いたことあるけれど、実際どのような事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイト内容を具体的にご紹介していきたいと思います。ライターの時給事情、条件面についてや、ライターアルバイトで覚えなくてはならない内容についてもお話しさせていただきます。自分に合う合わないを見極めて、興味のある方は是非始めてみてはいかがでしょうか?ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきまし