フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?

近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?

そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。

今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

フリーライターってどんな仕事?

フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。

クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代理店や、そこから仕事を請け負っているプランナーから仕事を発注されるケースが一般的です。

謂わば自営業ですから、自らの実績をもとに売り込み営業をし、仕事を得ることで成立します。

フリーライターの大まかな仕事内容

主に、企業(クライアント)の制作物内で、企業理念を掲示したり、具体的な商品やサービスの説明・PRを文字にしたりしていきます。

また、企業が発信したい相手=ターゲット(お客様)の目に留まりやすく気軽に読んでもらえる媒体にするために、健康・食・美容・旅行など衣食住を含めたライフスタイルの提案、トレンド情報、マネープラン案内といった日々の生活に密着した情報を提供し、商品・サービスの紹介に繋げたりすることが多々あります。

具体的な仕事上の役割とは?

ライターは、制作物に適した内容を、分かりやすい言葉で読みやすい文章の流れをつくり、作成するのが役割であり基本です。

専門的な内容の場合、間違いのないよう監修をしてくださる専門家に取材をし、記事としてまとめます。

インタビュー記事においては、インタビュー対象者に様々な質問をしテーマに沿った話を引き出しつつ、会話の中に隠されている気持ちをきちんと理解した上で、その言葉を文章に起こします。

また、媒体上でどのように展開すればより分かりやすくなるか、興味を持っていただけるか、画像・イラスト・図を活用する有無を含め、プランナーやデザイナーと一緒に構成を考える必要が発生することも多々あります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

フリーライターの仕事はどんな人に向いている?

近年、活字離れが進んでいると言われていますが、ブログやSNSで文章を書いている人は多いでしょう。

みなさん、ライターの卵のようなものです。

ですが、フリーライターとして仕事をする場合、クライアントが存在し、制作するにあたり金銭を受領します。

だからこそ、相手方の意図を汲み取って文章を展開し、尚且つ意向に沿った文章表現をすることが大切になります。

そのためには、下記のような人がライターに向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション力がある人

どんな仕事でも、コミュニケーションは必要不可欠なのではないでしょうか。

もちろんフリーライターにとっても重要で、円滑に仕事を進めるためにはなくてはならないものです。

直接話をするとニュアンスがつかみやすいので、事前に資料や提案を持ち寄ってクライアントやプランナーと打ち合わせをし、実際に取材をして、媒体の目的をきちんと理解してから文章を作成するのが通常の流れです。

ただ、昨今はネットでのやりとりが主流になりつつあります。

そうしたネット上においても、文字でのやり取りの中で相手の反応をキャッチし意向や要点をつかみ、確認する必要があります。

分からないことは率直に質問すると理解が深まり、的を得た原稿を作成することができます。

また、こうしたほうが良いのでは…といった提案を積極的に行える人は、ライターに向いていると言えます。

こうした一連の流れの中で上手くコミュニケーションがとれると、相手との信頼関係も深まります。

得意分野がある人

情報が氾濫している時代だからこそ、得意分野があるのはライターとしての大きな強みになります。

趣味でもこだわっていることでも「これに関しては人より語れる」というものがあると、自分自身の自信にも繋がります。

実際に、文章を作成しやすいという利点もありますし、スキルを存分に活かすことができます。

知識が深いとクライアントにも安心感を与えられ、信頼関係を築くこともできるでしょう。

好奇心旺盛な人

もしも特に得意分野がないとしても大丈夫。

それを補うことができるのは好奇心です。

興味を持ったらまずは調べてみる、やってみたいと思ったことは始めてみる。

好奇心が刺激されたものに果敢にチャレンジしていく意欲は、文章を書く上で大きな武器になります。

それは同時に、自分の得意分野の確立にも繋がっていくでしょう。

慎重な人

文章を書いたら、これで本当に良いか第三者の目で読み返してみる検証作業が大切です。

誰かを不愉快にさせるような表現になっていないか、この言い回しで語弊が生じないか。

特に固有名詞・価格・数字・日時など誰が見ても分かる間違いは、致命的なミスに発展する場合があります。

書いた本人でないと気づけないこともあるので、資料と照らし合わせることは校正するときのポイントであり必須業務です。

自身が書いたものに最後まできちんと責任を持ち見直しをしっかりとできる慎重さは、ステップアップに繋がり、次の仕事への依頼にも繋がります。

フリーライターの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

フリーライターの仕事は、今までのどんな経験も大いに活かすことができます。

それだけ仕事内容が多岐にわたっているからです。

経験や学んできたことは、文章を制作する手助けとなるでしょう。

あらゆるものを読む

雑誌を読むことで今の流行りが分かったり、商品の上手い紹介の仕方が学べることもあります。

本を読むことで、文章の流れをつくる手法がつかめて身につきます。

新聞、チラシ、DMなどでも良いのです。

日頃から多くの文字に触れることは、実際に自分で文章を書くときに役立ちます。

様々なものを見る

旅行をすると、今まで行ったことのないスポットに行こうと計画しませんか?

旅には、新たな発見があちらこちらにころがっていて、感性を刺激してくれます。

そして、自身の創造力と制作の幅をふくらませてくれるでしょう。

しかし、実はわざわざ旅行に出かけなくとも、日々の買い物でも発見はできるのです。

例えば、大々的に売られている商品から今注目されているものがキャッチできたりします。

突き詰めれば、テレビでも情報が随時発信されているわけですから、外出しなくても得られる情報は沢山あります。

要は、常に自分のアンテナを張りめぐらせておくことが大切なのです。

人の話を聞く

自身で経験することも大切ですが、より経験値を上げてくれるのがコミュニケーション。

積極的に井戸端会議に参加したり人と食事を楽しみ会話をすることで、自分と違った見方が学べて、新たな情報をゲットできることがあります。

人との会話の中にはお宝が眠っていることがあるので、どんどんそういった機会を増やしていきましょう。

分からないことは調べる

今は情報が氾濫している時代。

ですから、何でもネットで調べることができます。

知らないフレーズや物事があれば、すぐに解明するクセをつけましょう。

言葉の使い方や言い回し・言い換えのトレーニングにもなり、文章の枠も広がります。

フリーライターで働くメリットとは?

ある程度、自分のペースで仕事ができる

もちろんスケジュールのタイムリミットはありますが、利点は自分のペースで仕事ができること。

いくらパソコンに向かっていてもなかなか頭が整理できないときには、一時停止ボタンを自分で押せます。

すると、再生したときに違った観点から文章を見返せたり、文の流れをつかめたりすることがあります。

また、どこかのドラマのセリフではありませんが、「文字の神様が下りてくる」こともあります。

自分に合った仕事をチョイスできる

全く知識がない、苦手なジャンルである。

それでも果敢に挑戦する人はいるでしょう。

それも大切かもしれませんが、あまりおすすめはしません。

こなせたとしても、それに対する高い評価を得ることがなかなか難しいからです。

そういった発注がある場合、当然お客様(クライアント)の方のほうが知識は高いもの。

一度不安を与えてしまうと、次の仕事はまわってきません。

きちんと相手を説き伏せるだけの力量があれば別ですが、自分の身の丈に合った仕事をしっかりとこなして、まずは信頼を得ることが先決です。

フリーランスの特権は、仕事を自分で選択できること。

得意分野を確立した暁には、その内「こういったことは、あの人に頼もう」と自然と仕事の発注が流れてくるようになります。

その後のフリーライターのキャリアについて

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

多くの仕事をこなしていくことで、客観的な見方、書き方の手法、言葉の幅が広がります。

すると今度は、自身の思うように、自分の言葉で表現してみたいと考える人も出てくるでしょう。

今までのキャリアを存分に活かしたいと思ったら、次は「作家」というスタンスで挑戦を進めるのも良いかもしれません。

また、自身で企画してサイトを立ち上げたりするのも良いでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

どんな仕事でもコミュニケーションは大切。

そして相手の意思を尊重する柔軟さも必要です。

フリーライターをしていると、そういった感性を磨く機会が多くあります。

それは他の仕事に就いたときにも、きっと役立つでしょう。

自分に合ったフリーライターの求人の選び方や注意点

フリーライターとしての求人は増えていますし、様々なジャンルに拡大しています。

だからこそ、請け負う前にじっくりと考えてから着手することをおすすめします。

【選び方①】雇用形態から探す

文章の骨子を組み立てる方法は、人それぞれ。

伝え方のアイデアがどんなときに浮かんでくるかが時と場合による人は、自分のペースで動ける柔軟な雇用形態を選択することをおすすめします。

一方で制限時間が決まっているほうが集中できるという人は、勤務時間・場所の決まっている雇用形態が良いでしょう。

まずは自分のペースを把握することが大切です。

【選び方②】職種から探す

職種のイメージが頭に浮かべられれば、自ずと書き進めることが容易になります。

新境地を開拓しようと未知の世界へ飛び込むのも良いでしょうが、余程の覚悟が必要となるので、事前準備と注意点を知っておく必要があります。

【選び方③】会社の業態から考える

クライアントとなる会社が何を求めて、どんな仕事をしているか。

それが分かるとライターとしての役割も自ずと決まってきます。

自分の見知った業態に絞るといった方法も、選択基準の一つになります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件が良いのは、もちろん嬉しいことです。

だからと言って、そこに魅かれてすぐに受注するのはあまりおすすめできません。

「これだけ払っているのだから…」という相手の考える基準があることも忘れずに。

仕事内容をしっかりと見極める目を持つことが大切です。

まずは自分の身の丈に合った給与・雇用条件でスキルを磨き、ステップアップを目指しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

今はネットでのやりとりが主となりますので、あえてエリアを限定する必要はないのかもしれません。

ただ打ち合わせがある場合、自分の行動できる範囲のほうが時間と心に余裕ができます。

取材が必要になる場合は出向く場所や時間を自分の都合で調整することは難しいので、事前に把握して、気持ちを備えて、スケジュールを確保しておくことが必要となります。

フリーライターとして仕事をしてみませんか

ライターという仕事に、資格や認定証はありません。

つまり、誰でもライターになれるし、フリーライターであると名乗ることができるのです。

ですが、長くフリーライターとして仕事をしている方は、ライターとして収入を得ているという意識を常にしっかりと持っています。

これが、自由に発信する言葉とライターの文章の違いです。

とは言え、ライターとして仕事をしていくのはとても簡単なことでもあります。

「何事も経験」と考え、それを積み重ねていけば良いのです。

すると、自然にスキルが身につき、キャリアアップに繋がります。

また、「この仕事ならあの人に頼もう」という信頼とネットワークが育まれていきます。

まずはお金を貰って仕事をしている意識を高く持ち、できることから始めてみましょう。

ライターという仕事は、いつからでも、今からでも始められます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

「占いライターってどんな仕事なの?」「ちゃんと占いをしているの?」「給料ってどうなの?」など、疑問を感じていませんか。ライターという職業の中でも、ほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は、実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々に紹介します。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなど、その仕事は多岐にわたります。そのた

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターバイトって具体的にどんなことするのでしょうか?「ライター」という言葉は聞いたことあるけれど、実際どのような事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイト内容を具体的にご紹介していきたいと思います。ライターの時給事情、条件面についてや、ライターアルバイトで覚えなくてはならない内容についてもお話しさせていただきます。自分に合う合わないを見極めて、興味のある方は是非始めてみてはいかがでしょうか?ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきまし