「ライターのバイトって具体的にどんなことをするの?」と、気になりませんか。

ライターという言葉は聞いたことがあるけれど、実際どのような仕事をしているかは想像しにくいですよね。

今回はライターのバイトでは実際どんなことをするのか、またバイトをするにあたって給与などの条件面も紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「ライター バイト」の仕事例をチェック

ライターバイト求人の時給は?

ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?

ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきましょう。

ライターバイトの時給は高め?

ライターは20代の正社員で15万円~20万円程の月収です。

バイトの時給は1,200円以上となっていることが多いです。

仕事の状況と時給を併せて見たとき、他のバイトと比べると時給はそれほど高くありませんが、安くもありません。

ライターのアルバイト先によっても異なりますが、書くスピードが早ければ仕事ができる量も増えるので時給は高くなります。

全国平均は?

全国平均は、1,023円と少し安くなります。

東京などの都市部は時給が高めに設定されており、都市部が全国平均を上げています。

出版社が都市部に集中していることから、ライターのバイトも東京や横浜に集中しています。

大阪も多少はありますが2件〜3件と限られてしまうこともあり、東京に集中しています。

出版業界自体が関東に集中していることもありますが、地方は時給の平均自体が安くなっています。

ライターバイト求人の状況は?

ライターバイトの求人は他の業種に比べると少なく、都市部を中心に求人が集まっています。

最近では業務委託や在宅でできるバイトの求人が増えています。

会社に出社して行わなくて良い分、関東に住んでいなくても関東にある会社の仕事を請け負うことができます。

出社してバイトに行く求人は、今や少なくなっています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ライターバイトの大まかな仕事内容

雑誌や書籍、WEBサイトの記事と仕事内容はその会社の仕事によって多岐に渡ります。

雑誌の記事を書く場合は何を扱うかにもよりますが、取材やインタビューを行うこともあります。

実際に現地で見てきたものをまとめて言葉にするリアリティーある仕事を行うこともあります。

WEBサイトの場合であれば、そのメディアを何のために行っているのか、そこで取り扱っているテーマは何かが伝えられます。

どういうテーマで書いてほしいかを言われるため、それに従って記事を作成していきます。

インターネットで調べたり資料を調べて書いたりと、基本的には書く内容を取材や資料からリサーチして執筆をしていくのが仕事です。

規定の条件に沿ってライティングする

何文字以上、どういうテーマで書くなど、予めどのように書くのかを決められています。

その条件に従って書いていくことが仕事です。

ライターは小説家とは違うため、全て自分の自由には書けません。

決められた中で自由に書くことはできるので、その中でどれだけ自分らしく、分かりやすく書けるかがポイントになります。

クライアントが何を求めているのか、相手が提示する条件の中で相手が求めるものを表現するのがライターの仕事です。

雇われライターはスケジュールの進行管理も仕事の内

ライターにつきものなのは締め切りです。

原稿の入稿期限までにどれだけ進められるか、一日のスケジュールを管理することも大切になります。

また、今請け負っている仕事が締め切りから数えてどれくらい進んでいるのか、進行を管理して調整することも必要になっていきます。

ライターはスケジュール管理をしておかなければ全てがグダグダになりやすく、クライアントの要望通りに記事を渡せなくなってしまうこともあります。

ライターバイトでよくある募集内容とは?

ライターのバイトの募集内容にはどのようなものがあるのか、募集内容を確認して応募しましょう。

勤務時間や休日、残業

土日休みのところが多いです。

勤務時間はそれぞれですが、1日5時間〜6時間や、それ以上がほとんどです。

会社によっては正社員の勤務時間と同じように、フルタイムから採用しているところもあります。

勤務時間はバラバラですので、自分に合ったライフスタイルに合わせたものを選ぶようにしましょう。

ライターは多忙な仕事ではありますが、バイトは基本的に残業がありません。

在宅ワークや業務委託の場合は、1ヶ月で何件行うという形で仕事を請け負うので勤務時間や休日は決まっていません。

反対に言えば、自分で好きに仕事をする時間を決めることができます。

ただ何件やっていくらという形なので、自分次第では休みなく働くことになります。

1時間の中で仕事ができる量が増えていけば休日を増やすこともできます。

福利厚生

社会保険が完備されていることがほとんどです。

服装は自由なところが多く、オフィスで働くからと言ってスーツなど堅苦しい格好をする必要はありません。

出版業界は福利厚生もしっかりと整っています。

在宅ワークや業務委託契約の場合は会社に勤める形にならないため、福利厚生は整っていないこともあります。

勤務場所

ライターのバイトには、出社して時給制で仕事をするものと、在宅で完全出来高制で行うものと二種類あります。

在宅の場合は仕事自体は在宅で行い、納品や打ち合わせのときのみ出社することもあります。

完全に出社せずメール上だけでやり取りをすることもあるため、在宅の場合は仕事場所を自由に選ぶことができます。

家でまったりと働いても良いですし、カフェでオシャレに仕事をすることもできます。

自分の好きな場所が勤務場所になるのは嬉しいものですね。

出社する場合はオフィス内で仕事をします。

東京や横浜などの都心部が特に多いです。

会社の中でライターの仕事をすることもあれば、出版社で仕事をすることもあります。

ライターと言っても、何のライターをするかで勤める会社も変わってきます。

求められる人物像

ライターと言えば文章を書ければ良いと思われがちですが、実はライターのバイトをするには他にも求められる能力があります。

この能力があるからライターに向いているという人材があります。

一つでも当てはまるものがあれば、あなたにもライターとしての素質があります。

理解力のある人

ライターは、ただ文章を書けば良いというものではありません。

まず仕事を頼む側の人は何を求めているのか、この記事を読む人は何を知りたくて読むのかを考える必要があります。

そのためには、何を求めているのかを理解する力が必要です。

また一つの情報を多角的に見る考え方が求められるので、聞いたことをすぐに理解する必要があります。

調べた内容をライター自身が理解できなければ、調べた内容をそのまま書いたとしても曖昧な文章になってしまいます。

実際に文章へ落とし込むまでに理解する必要があります。

ライターにとって理解力は欠かせないものになっています。

相手に合わせたコミュニケーションを取れる人

ライターは一人でできる仕事ではありません。

相手が何を求めているのか汲み取るためにも、相手とコミュニケーションを図ることが必要になります。

コミュニケーションが取れないライターは自分よがりになってしまい、相手の要望に答えられません。

クライアントとの打ち合わせを通してどんな記事にしたいのか、どういった想いを伝えたいのかを相手からしっかりと聞き出さなければなりません。

相手が求めているもの、相手がお願いしたいことを聞き出すためにもコミュニケーションは必須です。

ただ文章を一人で書いてできるものではありません。

向上心のある人

ライターは常にあらゆる情報を受け取り、様々な世界に足を踏み入れていきます。

それを楽しめる人、そして自分の能力を高めることを楽しめる人が求められます。

常に自分は上にいこうと向上心を持って進められる人は重宝されます。

ライターには、ここまでできたら終わりというゴールがありません。

常にもっと上に、もっと良いものを作ることが求められます。

そのため、「これでいいだろう」とすぐに満足してしまう人ではなく、「ここまでできたら次はもっとできるようになろう」と思えることが大切になります。

必要なスキルや資格、経験

ライターをするにあたって必要な資格はありません。

英検や漢検のようにライティング技能検定があったほうが求められますが、必ずとっておかなければいけないものではありません。

あったほうが仕事がもらいやすいので、とっておくことも一つです。

文章を書く仕事に携わっていた人はそれだけ重宝されます。

出版業界で働いていたり、実際にライティングを行っていたりした経験は活きます。

ライティングとはブログなどネットで書いているものでも経験となり得るものはあります。

こんな人はライターに向いていない

ライターに向いていない人もいます。

ライターは常に様々な情報を取り入れ、発信していきます。

今の情報だけで充分と思う人や沢山の情報に触れることができない人、興味がない人にはライターの仕事は難しいです。

同じ仕事をこつこつとこなしたい人にも向いていません。

ライターはこつこつと文章を書いていく仕事なので、同じようなことを繰り返しているように思われがちですが、常に新しい情報を得て発信することが仕事です。

新しいことを知りたい、常に向上心を持って様々なことに携わりたい人には向いています。

事務としてパソコンを触るのとはまた違うので、クリエイティブに考えることが苦手な人には難しい仕事です。

ライターの仕事で活かせる経験

ライターの仕事は作文が書ければできるものではありません。

読む人にとって分かりやすいものを提供しなければなりません。

そのため、ライターの経験では文章能力以外にも活かせるものが沢山あります。

むしろ長文を普段書かない人でも、これがあればライターとして活かせます。

相手に分かりやすい言葉で伝えること

何をする上でも大切ですが、ライターをする上で一番欠かせないものです。

文章として書いていなくても、普段言葉として相手に分かりやすく伝わるように話している人は、分かりやすい文章の構成の仕方を知っています。

そのため文章として伝えるとなったときにも、分かりやすい言葉で伝えることができます。

ライターは小説家や詩人とは違うので、表現をするのではなく誰が読んでも分かりやすい言葉を選びます。

そのため、塾講師として誰かに教えることを仕事にしている方もいます。

営業の仕事をしている人は、普段言葉で話していることを文章にすることが多いため活かしやすいでしょう。

伝えることは文章でも言葉でも同じです。

どちらかを磨けば、どちらもついてくるようになります。

タイピング力

文章を毎日沢山打つライターにとっては欠かせないものです。

自分の頭の中に浮かんだものや自分が伝えたいものが頭に浮かんだときに、タイピングの速度が遅いと頭の中の言葉がすぐに文章にできず負担になってしまいます。

頭の中に浮かんだものを書き表すまでにブランクができるということです。

タイピングが早くできれば、それだけ仕事が円滑に進みやすいでしょう。

相手に発信する文章を書いていること

ライターの仕事では何千文字、何万文字もの量を書いていきます。

文章を書く習慣がある人は、日々どんな文章を書くかを考えています。

文章を書くことが習慣になっている人は、それだけ発信するための文章の構成の仕方や語彙力が身についています。

そのため日頃からFacebookなどのSNSを活用していたり、ブログを書いていたりする人はライターの仕事を始める際も入りやすいです。

自由に書いていることを型だけ基本的なものに変えれば良いだけなので、すぐにライターとしてのスキルを身につけられます。

話上手

ライターと話上手なことにどのような関連性があるのかと不思議に思われるかもしれませんが、話上手な人はどんな人でしょうか?

話上手な人は面白く、様々な情報を伝えられる人ですよね。

ライターの仕事は読んでいる人に、クライアントが伝えたいことを分かりやすく面白く伝えるのが仕事です。

あそこのお店は美味しいらしいよ。

あのアトラクションが人気らしいよ。

美容はこういうやり方をするのが良いらしいよ。

というように、話上手な人は人におすすめすることが得意です。

普段言葉でしていることをライティングで文章に書き換えるだけですので、組み立てとしては話し上手な人のほうが組みやすいです。

人に話したことがない、どのようにおすすめしたら喜ばれるのか分からない人の場合は文章とするときも苦労が伴うものです。

その後のキャリアについて

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

WEBライターとして仕事をこなしていくと、自分で様々な記事が書けるようになります。

どのように書けば読み手が興味を引き、記事を最後まで読んでくれるのか、サイトに興味を示してくれるのかが経験を積むほどに分かってきます。

それを活かして自分でサイトを運営することもできます。

運営してアフィリエイト収入を得る道に進んだり、ネットショップを構築したりすることもできます。

そこから自分で収入を得る道を目指せます。

他には自分が身につけたスキルを他人に教えることもできます。

自分がライターとして記事の収入を得るのではなく、講師としてセミナーを行ったり、マンツーマンで指導したりすることもできます。

実際ライターをしている人は教える側に回って収入を得ている人も多いです。

また、WEBディレクターとしてキャリアアップする人も沢山います。

WEBディレクターとは、サイトを作る際に全体的に統括をする仕事です。

クライアントから受けた依頼通りにWEBサイトのコンテンツを作っていきます。

その制作をどのような方向性で行っていくのか、監督をしていくのがWEBディレクターの仕事です。

他の仕事にもライター経験を活かせる?

ライターの仕事をしていると知識が自然に備わっていきます。

一つの記事を書くにも、そのことを理解するまで調べて相手に伝わるように書く必要があるからです。

そのため専門に扱っている知識を、現場に出ていなくても人に説明できるようになります。

知識を説明できるようになるプロフェッショナルとして、その知識を専門に扱っていることのコンサルティングを行うこともできます。

また、ライターは人が動くポイントや人が興味を持つポイントが分かるためビジネスをする上でも役立ちます。

コピーライターなど高額案件に携われる仕事につく

ライターと言っても様々な種類のライターの仕事があります。

コピーライターは、その中でも会社の売り上げに直接貢献できる仕事です。

コピーライターは広告や会社が打ち出す商品に対し、サービスのプロモーションの中身を作ります。

コピーライターで携わる案件は1件で何億円もの売り上げを作るもあり、一つのコンテンツを作ったらいくら給料が入るという形ではなく、売り上げの何%が給料として入るので規模が大きくなります。

最初は下積みとして記事作成のライターを行った後で、コピーライティングを勉強しながら始める方もいます。

コピーライターは専属でやることもありますし、独立して様々な会社の案件に携わることもできます。

コピーライターとして独立すれば、様々な会社と関われるため自分の中の可能性が広がっていくことに繋がります。

自分に合ったライターバイト求人の選び方や注意点

ライターの求人は沢山ありすぎて、何を選べば良いのか分かりませんよね。

自分の中で選ぶときの基準をもって考えておくと、自分が望む仕事を選びやすくなります。

【選び方①】給与や雇用条件から考える

仕事をする上でやはり給与を考えることは必須です。

最低限自分はどれくらい欲しいのか、最高ならばどれくらいを望むのか、自分の望む最低ラインと最上のライン両方を考えておくと自分が不満に思わない給与の仕事を探すことができます。

まずは自分の望む給与で求人をしぼり、クリアできる求人の中から選べば探しやすくなります。

勤務場所も働き方のスタイルも良いけれど、自分の望む給与の最低ラインより下だと悩んでしまいますよね。

しかし、給与より内容が大事だからと選んでしまっては生活に支障が出てしまいます。

そのような求人を見てしまわないために、先にシャットアウトしておくようにしましょう。

雇用条件を予めしぼっておけば、その条件に合った求人だけを探すことができます。

バイトで出勤したいのか、それとも在宅で行いたいのか、それだけでも見る場所も見る求人の量も大幅に変わってきます。

最初に自分の望む形でしぼるようにしましょう。

【選び方②】エリアから考える

自分の通勤しやすいエリアから考えることも一つです。

最寄り駅から近いところや自分がよく使う路線の近くにあるところなど、通いやすいところで選ぶことも大切です。

エリアで考えれば、出勤をするときも無理なく仕事に向かうことができます。

エリアから考えることは、実は一番重要なところです。

やはり通いやすいところのほうが仕事に行こうと思う気持ちが芽生えやすいでしょう。

遠すぎると通勤だけで大変になってしまいます。

遠くてもここまでなら通えるかな、この辺りで通いたいなと思うエリアからしぼってマッチする仕事を探すようにしましょう。

【選び方③】働き方から考える

自分は週にどれくらい稼ぎたいのか、なぜ働くのかから考えることも良いですね。

在宅で仕事をしたいのか、それとも出社して仕事をしたいのかでは仕事の種類が大きく変わってきます。

出社し働きに行くには時間がないけれど、隙間時間を活用すれば仕事ができるという人は在宅でもできるバイト求人を探すことがおすすめです。

在宅バイトは自己管理が大切になりますが、それさえできてしまえば自分の好きなときに稼ぐことができます。

出社するタイプのライターのバイトでも、出勤時間はどれくらいあるのか週何回以上行かなければならないのかで変わってきます。

出勤する最低日数が少ないところならばバイトを掛け持ちしたり、学業や自分のやりたいことを優先しやすくなったりします。

フルタイムで働きたいのか、スキマ時間に少しだけ働きたいのか、自分はどのように働きたいのかを明確にした上で求人を選ぶようにしましょう。

自分の中での働き方を明確にしておかないと、いざバイトで入った後に「自分が思っていた働き方と違った」「現実自分のやらないといけないことを合わせると時間が取れなかった」など、後から問題が出てきます。

自分が働き始めてから困らないように、そしてバイト先に迷惑をかけてしまわないように、自分の中で働き方を明確にして仕事を選ぶようにしましょう。

注意点

自分の望む求人や自分の条件に当てはまる求人を見つけたからと言って、すぐに飛びつくのは危険です。

例えば給与から見た場合は給与がこんなにも良いからここしかないと、その求人だけを見てすぐに決めてしまうと働いてから思っていたのと違ったと感じることもあります。

こんなに大変だとは思わなかった、他の会社にしておけば良かったという事態にもなりかねません。

給与が高いところは、それだけ仕事内容が大変ということです。

なぜなら給与は働いた分の対価として貰えるからです。

大変な仕事に貢献しているからこそそれだけの給与がいただけるのです。

そのため、給与が高いからと安易に決めてしまっては、後々自分がしんどくなってしまうこともあります。

給与が高いところを見つけたら、まずはそのバイト先の会社を一度調べてみましょう。

ブラックなほどに忙しいのか、忙しくても楽しく働けるところなのか口コミを確認することは必須です。

そして大切なのは、どれだけ良い求人を見つけても、すぐにそこに飛びつくのではなく、第一候補にしながらも一通りは調べるようにしましょう。

自分が何を一番に求めているのか、そして自分はどの点が妥協できるのかを確認することは大切です。

そこの基準がなければ、どこを起点にして選べば良いのか分からなくなってしまいます。

選ぶ基準がなければいざ応募して受かったときに後から後悔することもあります。

後悔しないために自分が何をしたいのか、そして何をしたくないのか、明確な基準を持って選びましょう。

ライターバイトの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

クライアントが提示するマニュアル

クライアントそれぞれで書く内容や書き方、どのような言葉を使ってどのようなところに気をつけなければならないのかはバラバラです。

例えばこのクライアントの仕事は個人のブログとして見せたいので話し言葉でフランクに書くという要望があります。

他にはニュースサイトのように正確な情報を羅列する仕事もあります。

記事のジャンルによっても違いますし、同じようなジャンルでもクライアントが求めるイメージによって書き方は変わってきます。

それらのクライアントが出すマニュアルを読み、クライアントが何を求めているのかを把握する必要があります。

クライアントそれぞれが、このように書けば読者が見てくれる。

このように書けばサイトは読んでくれる。

と各々の会社の中でのマニュアルがあります。

伝えたい想い、このサイトを通じて何を伝えたいのか、どういうイメージを持たせないかによっても書き方は変わってきます。

そのためクライアントによってマニュアルの内容は全く異なります。

こちらではこの書き方、あちらでは違う書き方を求められます。

ライティングは基本さえ押さえておけば、それ以外の部分はそれぞれの判断の上ですので、慣れるまでは書き分けることが大変です。

それでもライターの仕事はクライアントが伝えたいものを代わりに文章で伝えることが仕事です。

自分が良いと思うからこの書き方にするのではなく、クライアントが求めるものを提供するようにしましょう。

そのためにしっかりとマニュアルを読み込み、理解できるようにすることが最初のステップです。

求められるのは読者にとって良い書き方

書くことが好きでライターを始める人の多くは、自分の文章を表現したくて仕事をしがちです。

自分の文章の書き方が分かりやすいと思っていても、その書き方では読者に伝わらないことがあります。

そもそもクライアントが求める書き方でなければ、どれだけ良い文章を書いても評価されずに書き直しさせられます。

ライターとして書く文章は自分のため、自分の作品を表現するためではなく、クライアントが求めるものを正確に表現してあげるものです。

ライターとクリエイターは違います。

ライターとエッセイストも違います。

ライターは自分が思うものを提供するのではなく、クライアントが思っていることを提供することが仕事です。

クライアントが望む書き方をできるようにすることが大切です。

正しい日本語

日本語は昔から使っているものですから、使い方はもう分かっていると思いがちです。

しかし、現代では砕けた日本語が沢山あります。

ものによってはあえて読者が読みやすくするために、間違った日本語を推奨するところもあります。

それは読み手に合わせた書き方になっているからです。

ただし、ニュースサイトや時事内容の記事のように正確なものを伝えなければいけないところでは正しい日本語でなくてはなりません。

自分が普段正しいと思っている日本語は、実は間違っていることも沢山あります。

この日本語の使い方は合っているのか、ここで適した漢字はどれなのかを勉強することが大切になります。

辞書や、言葉の使い方の辞典で勉強することを心がけましょう。

リサーチの仕方

取材をしたものを記事にするものもありますが、WEB上のメディアサイトの制作では本やインターネットで調べたことを書くことも多いです。

インターネットでの調べ物は日常的に行っていると思いますが、ライターとしてその情報を書くために調べるときには、しっかりとした調べ方があります。

どこからの情報を載せるのか、そしてその情報を調べるためにはどこを見るのが一番適切かを判断しながら参考にする必要があります。

インターネットには情報が溢れている分、信じられる情報とそうではない情報があるためです。

見極められないままにその情報を伝えてしまうと、嘘の情報を書いてしまうこともあります。

そのため、正しいリサーチの仕方を覚えることは、ライターとして活動していく上で大切なことです。

ライターのバイトは覚えれば幅が広がる!

ライターバイトについてご紹介しました。

ライターのバイトは出社して仕事を行うものだけではなく、在宅でできる仕事があることが分かりましたね。

ライターとして仕事をすると、最初は覚えることもできるようになるまでも大変ですが、一つできるようになればその後が広がります。

覚えるまで、そしてライターとして結果が出るまでは積み重ねが大切です。

積み重ねていけば、その後のキャリアとしての広がりは大きいです。

書くことが好きだから始めるのもありですが、自分はこの経験を何に活かしたいか考えながら行うことも良いですね。

そうすることで、最初は大変なライターの仕事も楽しんで続けることができますよ。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

「占いライターってどんな仕事なの?」「ちゃんと占いをしているの?」「給料ってどうなの?」など、疑問を感じていませんか。ライターという職業の中でも、ほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は、実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々に紹介します。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなど、その仕事は多岐にわたります。そのた

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え