昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。

しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。

特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。

そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。

パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「主婦 ライター」の仕事例をチェック

主婦ライターのおおまかな仕事内容

主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。

おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。

おおまかな仕事内容

簡単に言ってしまえば、パソコンを使って文章を書いて、それを納品するお仕事です。

求められる内容は様々で、沢山の企業が未経験でもOKという形でライターさんを求めています。

例えば、WEB上のニュースであったり、女性向けや男性向けなど様々な人にあてた豆知識のようなものについて書いたりすることもありますし、商品紹介などを行ったりすることもあります。

最近あなたが巡ったWEBサイトは、もしかしたら主婦ライターさんが書いたも文章かもしれません。

主婦ライターにはどのような種類があるの?

主婦ライターと言っても、いくつか種類があります。

どのような形でお仕事をするのかによって仕事の形態が多少変わってくることもあるので、ご紹介します。

主婦ライターの募集でよくある施設や事業形態のパターン

まずは、主婦ライターにはどんな募集があるのでしょうか。

よくある施設や事業形態のパターンをご紹介します。

個人事業主

特に働ける時間が限られていたり時間帯が決められなかったりする人も始めやすいのが個人事業主という形です。

様々な会社から仕事を受けて、ライターとして働きます。

ライターの仕事は単発のものから長期にわたるものまでありますので、自分の予定と納期を考慮しながら仕事を受けて納品を行っていきます。

後述しますが、クラウドソーシングサービスなどで企業との間を取り持ってもらうことも多いです。

利点としては、コツを掴めば自分の予定に合わせて仕事を受けられること、また面接などがない案件が多いことが挙げられます。

難しい点としては、特に短期で受ける場合は毎回自分で会社にアピールをして仕事をもらわないといけないことや、企業によってライティングに求められる形式が違い様々な仕事をする必要があることが挙げられます。

在宅ワーカー

企業が募集している在宅ワーカーにも主婦ライターの仕事は多くなっています。

会社に来ることができる人と在宅ワーカーと、両方募集している企業も多いですね。

企業に来る場合は時給で、在宅だと完全出来高制という形も見られますが時給のお仕事もあります。

利点としては、同じ企業から仕事を継続的に受けられるので安心感があり、一度仕事を覚えれば形式があまり変わらないことが挙げられます。

難点としては、一つの会社とのやり取りですので月初に仕事量を決めてしまわないといけなかったり、沢山来る仕事を断れなかったりすることがあります。

また、きちんと面接が行われ、中にはミーティングなどで時々出社する必要があるところも多いです。

アルバイト

シフトの調整がきくのであれば、アルバイトの主婦ライターも良いでしょう。

会社に行って時給制でライターのお仕事をするという形のものは、よく募集がかけられています。

きちんと仕事をするのであればシフトに融通が利きやすいというところも多いので、出来高制より時給制のほうが安心という場合は特に良いでしょう。

やはり利点としては、時給制なので安定して稼げることが挙げられます。

逆に出社する時間が必要という点では、在宅の方が良いという人もいるでしょう。

主婦ライターの仕事の見つけ方

主婦ライターをしてみたいと思ったら、どこで仕事を探せば良いのでしょうか。

以下のような方法があるので、ぜひチェックしてみてください。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットを使って不特定多数の人に仕事を呼びかけることを指します。

また、直接企業から特定の人に仕事をお願いすることはアウトソーシングと言われます。

クラウドソーシングでは企業側と受注側を結び付けるサービスが間に入り、受注する側は自分の受けたい仕事があれば自分から「やります」と企業に声を掛けます。

そこで契約が行われて、主婦ライターのお仕事をすることになるのです。

募集をかけている企業は単発であったり長期であったり、急ぎであったり納期は話し合いで決めたり、文字単価にしても様々です。

自分に合った仕事を選び、フリーランス・個人事業主という形で働きやすいでしょう。

企業の応募ページ

企業の応募ページから直接応募する人も多いです。

ライターを探している企業は多く、在宅もあれば事務所でのライターもあります。

在宅ライターの場合はスカイプなどインターネットを介して面接を行ってくれるところもあるので、家の近くの職場でなくとも働ける場合があります。

そのため、全国で仕事を探すことができるでしょう。

インターネットの仕事・バイト検索

複数の仕事が探せるインターネット上のサイトやバイト探しのサイトにも求人がよく出ています。

時給や単価などがしっかりと明記されているので探しやすいですし、一覧で見られるため便利です。

特に全国区で仕事を探すことができる主婦ライターは、まとめて検索ができるインターネット上のサイトを活用するのも良いでしょう。

どういう事業形態や職種が良いか?

色々と紹介してきましたが、どのような事業形態にするのか、あるいはどのようなものについてのライターがしたいのかは決まっていますか。

個人事業主になることが不安な方は、一つの企業で社員やバイトを探すのも良いでしょうし、特に問題がなければクラウドソーシングを利用することも良いでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

主婦ライターでよくある募集内容とは?

主婦ライターでよくある募集内容には、どのようなものがあるのでしょうか。

気になる給与相場なども記載しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

給与相場

時給制のところでは1,000円以上の求人が多くなっています。

文字単価であれば一文字あたり0.3円くらいからあり、特に専門知識を求めるものでは1円を超えるものもあります。

ばらつきはありますが、これは仕事内容にもよるところが大きいです。

例えば記事を書いて写真も選んでほしいという場合には、文字単価は多少上がる傾向にあります。

時給制のところはWEB上でのデザインも組んで、アップロードなども行うことが多いです。

ちなみに時給と歩合のどちらが良いのかは、その人のスキルによります。

タイピングが早く高単価の仕事を受けられる人なら、時給制のところよりも稼げる人もいます。

勤務時間や休日、残業

時給制のところであれば、一般的な企業と変わらないことが多いです。

繁忙期や仕事が終わらない場合は残業となるところも、やはりあるようです。

バイトの場合はシフト制ですから残業は少ない傾向にはありますが、ないとは言い切れません。

在宅であれば、自分の都合の良い時間に仕事をして納期に間に合うようにだけ調整するという形になります。

福利厚生

個人事業主という形でない場合、福利厚生はしっかりしている会社が多いです。

これは一般的な会社勤めやバイトと変わりないですね。

個人事業主の福利厚生に関しては、どうしても他の会社にお願いするわけにはいかないので注意しましょう。

勤務場所

会社に行って働く場合は、通常の求人と同じくオフィスのようなところが多いです。

私服可のところもあります。

在宅の場合は、自宅やカフェなど好きな場所で仕事ができます。

求められる人物像

主婦ライターには以下のような人物像が求められています。

当てはまる人は、より向いていると言えるでしょう。

納期やルールを守れる人

納期を守れることは、仕事である以上やはり必要です。

企業ごとに、文章を書く際のルールが決まっています。

言われたルールを守れないとチェックや修正に時間がかかってしまうため、最初に渡されたルールを理解して取り組める人が良いでしょう。

文章を書くことが好きな人

沢山の文章を書くお仕事なので、文章を書くことが好きな人が求められます。

データ入力とは異なり記事等を書くお仕事なので、きちんと頭の中で文章をまとめてタイピングできる能力も必要でしょう。

必要なスキルや資格、経験

主婦ライターを始めるのに特別必要な資格はありません。

ファイナンシャルプランナーですとか、その他資格があると優遇されるお仕事はあります。

タイピングスキルは一定以上あったほうが良いでしょう。

面接時や仕事を受ける際にチェックがあるところもあります。

経験者は優遇される傾向にありますが、未経験者歓迎のところも多いです。

主婦ライターのおすすめ求人のポイント

求人を見てみるとた沢山あることが分かります。

特に個人事業主として探す場合尚更でしょう。

どのようなポイントから求人をしぼれば良いでしょうか。

自分のスキルに合った文字数

まず、納期までに納品できないお仕事を受けては大変です。

自分のスキルに合った文字数であるかは、きちんとチェックしましょう。

最初は納期が緩めのものを選び、一時間あたりや一日あたりでどのくらいの文章が書けるのかを知っておいたほうが良いですね。

調べものを必要とする場合は、文章を書く時間がそこから更に少なくなるので注意します。

慣れてきたら、どのくらいお仕事を受けられるのかを判断できるようになるでしょう。

希望の依頼数に合わせてくれる

お仕事ができる時間が限られているのであれば希望の依頼数に合わせてくれる依頼主のほうが良いでしょう。

都合も聞かずにどんどん仕事を渡されるということになっては、納期が守れなくて信頼を失うことに繋がります。

1週間あるいは1ヶ月の内にどのくらいお仕事できるのかを、よく考えておくと良いでしょう。

もしも、希望を聞いてくれないところと契約した場合も、納期に間に合わなかったり無理をしてしまったりしないように納期の相談をしてみましょう。

時給や文字単価が良い

やはり金額は重要になります。

ただ、最初は低めでも信頼を得れば金額が上がっていったり、金額の高い依頼を受けたりしやすくなることもあるので、最初から絶対金額の高いところを絶対狙おうとは考えなくても良いでしょう。

知識がある

少しでも知識があるほうが文章は書きやすいです。

もちろん正確かどうかなど調べものは発生しますが、全く分からないことだと調べても書きにくいということはよくあります。

できれば自分の知識があることを優先したほうが良いでしょう。

主婦ライターの雇用形態による違い

雇用形態による違いでは、バイトであれ正社員であれ会社の直接雇用になるか、それとも個人事業主として働くかによってどうしても変わってくる点が大きいでしょう。

直接雇用の場合は、一般的な企業勤めと同じように一つの企業と直接やり取りができます。

自分からというよりは、相手から渡され仕事をこなしていく形が多いです。

これは在宅という働き方を選んでも変わりません。

源泉徴収なども1箇所からもらえるため、確定申告も基本的に必要がありません。

個人事業主を選ぶと様々なところから仕事を受ける形になりますので、直接雇用のほうが仕事の自由度は少なめですが福利厚生などを受けられ安心感があります。

個人事業主は自分でしたい仕事を探し、企業にアピールして仕事を受注する手間があります。

複数の企業から仕事を受けることが多いので、納品の管理も煩雑になりやすいでしょう。

また、相手先の都合で仕事が突然打ち切られることもあります。

加えて、確定申告をしなければいけない点にも注意が必要です。

個人事業主として企業からと直接を仕事を受ける場合は、福利厚生はが受けられません。

クラウドソーシングサービスを使う場合は福利厚生が受けられるところもありますが、当然受けられないところもあります。

自由な分、やるべきことが増えるでしょう。

まとめ

主婦ライターについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ライターのお仕事はフリーランスが成り立つくらいにライターを求める企業も多く、しかも初心者でもパソコン一つで始められるお仕事です。

元手がかからないことを条件にしている人には、挑戦しやすいでしょう。

未経験者歓迎のところですと、タイピングスキルさえあれば文章の書き方を詳しく教えてくれるところも多いです。

在宅ワークの中でもライターは、上手にやれば時間に対して得られるお金も多くなりやすいお仕事ですから、ぜひ試してみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

「占いライターってどんな仕事なの?」「ちゃんと占いをしているの?」「給料ってどうなの?」など、疑問を感じていませんか。ライターという職業の中でも、ほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は、実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々に紹介します。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなど、その仕事は多岐にわたります。そのた

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

「ライターのバイトって具体的にどんなことをするの?」と、気になりませんか。ライターという言葉は聞いたことがあるけれど、実際どのような仕事をしているかは想像しにくいですよね。今回はライターのバイトでは実際どんなことをするのか、またバイトをするにあたって給与などの条件面も紹介していきます。ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきましょう。ライターバイトの時給は高め?ライターは20代の正社員で15万円~20万円程の月収です。バイトの時給は1,200円以上となって