「占いライターってどんな仕事なの?」「ちゃんと占いをしているの?」「給料ってどうなの?」など、疑問を感じていませんか。

ライターという職業の中でも、ほとんど知られることのない占いライター。

スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。

今回は、実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々に紹介します。

「占いライターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

占いライターのおおまかな仕事内容

星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。

メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。

また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなど、その仕事は多岐にわたります。

そのため、占い師ではありますが、社員であれば数字も把握しながらマーケティングに関わることもあります。

定期的に占いフェスタなどのイベントに出展し、広告業務を担うこともあります。

※営業形態は会社によって異なります。

占いライターにはどんな種類があるの?

知っているジャンルから少しマイナーなものまで、各分野に占い師が所属しています。

「占い師とライターの違いって何?」となりますが、実はそんなに違いはありません。

占い師という資格は日本にないので、占術を一定以上学べば自分の裁量で占いができますし、開業も可能です。

基本的に私の在籍していた会社は、占い師兼ライターという方が9割でした。

「それって本当に大丈夫?適当に書いてるだけじゃないの?」となるのですが、実際に占いを勉強し経験を積んでいる方も多いですし、未経験の方には1ヶ月程度みっちり研修を行います。

全体スキルの底上げとして、対面で占いを行っている著名な方をお呼びして定期的に講習会を行っています。

占い=不思議な力があるんじゃないの?と思う方も多いですが、やはり努力は欠かせないものですし、お客様への伝え方もプロに教わることで深みが出ます。

四柱推命

中国で生まれた陰陽五行説を元に生まれた占術ですが、実は【四柱推命】という言葉は日本生まれです。

自分と相手の名前の他、生年月日や生まれた時刻を用いて相性を出します。

今後を占うというよりは、今気になっている人との相性や、自分の運命を鑑定する占術になります。

複雑な要素が絡むので、ある程度熟練した方でないと難しいかもしれません。

西洋占星術

いわゆる「星占い」です。

主に黄道12星座の星回りから各星座の運勢を鑑定する占術になります。

占い師によっては13星座で占う場合もあり、馴染みがある占術ですが知れば知るほど奥深い占術です。

最近は自分が生まれた時に月がどの位置にあったかを鑑定する【月星座】で鑑定する方法が多くなっているようです。

※月星座を鑑定する場合は生年月日の他、出生地・出生時刻が必要になります。

タロット占い

大アルカナのカードのみ使用する方法と、小アルカナのカード含めて使用する方法があります。

西洋占星術と同じ位の人気を誇り、私たちにとって身近な占術です。

基本的にはシャッフルしたカードの絵柄や位置を元に占い結果を読み取ります。

ただ、星占いのように「今日の運勢」といった全体的な要素を見るには不向きです。

そのため、ある程度占いたい内容(好きな人との相性や進路の相談など)をしぼる必要があります。

その他にも手相占いや花占いなど、多数の占術があります。

占いライターでよくある募集内容とは?

基本的に「ライター募集」とだけ書かれている場合が多いので、見つけるのは少し困難かもしれません。

ここでは、以前占いサイトの正社員だった私の体験をもとに紹介します。

少々特殊な業種ですので、中には【女性向け占いサイト】と記載されていることもあります。

それ以外は普通の会社と全く変わりません。

例えば、社員旅行や忘年会、新年会などもありました。

雇用形態

正社員をはじめとして、アルバイトや業務委託といった雇用形態があります。

給与相場

正社員の場合は、年収300万円~450万円位が相場と言えるでしょう。

売上によって、これ以上になる場合もあります。

成績によるインセンティブがあるので、収入には個人差があります。

勤務時間や休日

私の会社では9時~18時、13時~22時などに分かれており、4週8休のシフト制でした。

もちろん、勤務時間や休日に関しては会社によって異なります。

福利厚生

有給休暇・社員旅行・産休・育休などの各種社会保険があります。

正社員であれば、一般的な企業の福利厚生と同様です。

勤務場所

正社員・アルバイトの場合は会社に出勤して業務となります。

業務委託の場合は、自宅での勤務も可能です。

出勤の場合も私服勤務のところが多いため、季節に合わせた楽な服装が可能です。

求められる人物像

人の話をしっかりと聞ける方が向いているでしょう。

占いという特性上、お客様の悩みをしっかり聞くことができる力が必須となります。

特にタロット占いの場合は、お客様の情報を聞いて占う内容を決定するため、的外れな返しをした場合は信頼関係にひびが入ってしまうことも。

特にメール相談の場合は文字だけのやり取りになるため、文章の構成や表現など要所に気を配る必要があります。

最近はアプリで気軽に占い師とやり取りができるので、文章を書くことが好きな方も向いています。

お客様の中には実際に自分で占ってみたという方もおり、専門的な知識がある方も多くいます。

そのため、未経験でも向上心がある方なら、お客様と真摯に向きあってしっかりとお話できるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

スキルや資格は必須ではありません。

どの占術を何年、鑑定人数はどれくらいかなどをアピールしましょう。

職人の世界と似ているため、資格より経験が重視されます。

もしあなたが店舗に在籍していたのなら、そちらの経験もぜひ記載してくださいね。

未経験でも問題はありませんが、ある程度占いの基礎知識(占術の種類やタロットの簡単なカードの意味など)を知っておくと、実務に入る際に余裕をもってスタートできるでしょう。

また、ライティングがある程度できることも要求されます。

「占いライターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

占いライターのおすすめ求人のポイント

求人自体がかなり稀になりますので、見つけ次第応募し、面接をお願いするという流れになります。

特に占いライターで正社員の求人は、かなり少ないです。

基本的な福利厚生が揃っているのであれば、問題ないと見て良いでしょう。

「どうやって調べたの?」と私もよく言われるのですが、入った会社がたまたま占いサイトを経営していたという感じです。

よく見る大手転職サイトで「女性向けウェブサイトのライティング」という文言に興味を持ち応募しました。

私の場合は、たまたま当たったという要素が強いので具体的な紹介ができませんが、占いサイトを検索し運営元の会社を調べ、求人がないか検索する方法が手っ取り早いと思います。

講習会あり

「占い師に講習会なんてあるの?」と思う方もいるのですが、実はあります。

有名な占い師の先生をお呼びしてお客様へどのようにお伝えしたら受け止めてもらえるか、トークスキルから新しい占術を学びたい方が参加したりと、内容は多岐にわたります。

「タロット占いはできるけれど、西洋占星術も学んでみたい」といった占い師の方もおり、キャリアアップを目指す方には必見です。

通常、外部非公開の講習会になります。

社員旅行あり

基本的に海外へ行くことが多く、なかなか行けないパワースポットを巡って鑑定に活かすこともあります。

やはり、実際に行って得る情報は説得力がありますし、何より自分も楽しみながら英気を養うことができます。

旅費・滞在費が会社負担だったので、お金の心配もなく楽しめました。

交流会あり

グループ会社だったため、定期的にグループ内の占い師と交流会がありました。

実は人脈作りは、占い師にとってとても大切なことです。

独立を目指す占い師や掛け持ちで占いをしている人は、お客様を紹介してもらうこともあります。

特に会社によって主力の占いジャンルが違うと、その場で講習会になることもあります。

自分に合った占いライター求人の選び方や注意点

同業他社が沢山あるとは言え、比較が難しいところがこの仕事の短所になるかもしれません。

実際にあった中で、特に気を付けたほうが良いと思うものを紹介します。

ただし会社によっても規則は大きく異なるので、気になる所は実際に問い合わせてみて下さいね。

【副業】

正社員採用の場合、機密保持や保険の関係から副業は禁止になっていることが多いです。

占い師の場合は掛け持ちで仕事をしている方も多く、知らずに副業をしてトラブルになった事例もあります。

入社前に必ず確認して下さいね。

【残業】

どの業界でも成績はつきものですが、占い業界も成績によってインセンティブがつきます。

個人の場合は自己責任ですが、複数人でチームを組んでいる場合は残業をして鑑定人数を増やしたり新たな企画をしたりと、業務時間内では収まらない場合も出てきます。

自分の生活を大切にしたいという方は、正社員ではなくアルバイト採用や業務委託などの形態を選択するのも良いかと思います。

「占いライターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

占いライターについてよくある疑問

なかなか見ない職業だからこそ気になる疑問はあるかと思います。

会社員としての肩書きを持った占い師ってあるの?という部分を含め、具体的に紹介します。

どうやって応募するの?

大手転職サイトで見つけて応募しました。

ただ、求人自体が少ないので「どうしても働きたい!」という場合は、紹介や企業に直接応募する方法が良いかもしれません。

普通の会社と同様に、履歴書・職務経歴書を持ち込んで面接しました。

書類選考があるため、志望動機や占い師としての経歴をお持ちの場合はしっかり記入してくださいね。

未経験でもできるの?

もちろんできます。

在籍していた会社は未経験の方が多かったです。

趣味でブログを書いている方など、文章を書くことが好きであれば向いています。

心理学に興味のある方や、人の話を聞くことが好きな方は、より歓迎されます。

占いに先入観がなく、積極的に学ぶ姿勢があれば問題ありません。

最近は多言語対応しているサイトも多くあり、日本語以外の言語ができる方は歓迎されます。

偽物のサイトも多いって聞くけど、どこを見たら良い?

占い師自体に資格がないので、占いサイトに正しい・偽物という区別は厳密にはできません。

ただ、運営元の会社がしっかりしているのかどうか、という点では調べてみることをおすすめします。

運営元の会社のサイトに電話番号や住所、社長の名前など、必要な情報がしっかりと書いてあるかを確認してください。

運営会社の情報はサイト内にある「会社概要」や「特定商取引」のページで確認できます。

面接って何を訊かれるの?何回するの?

普通の会社と同じです。

志望動機や前職の詳細、退職理由など月並みの質問です。

未経験の場合はライティングテストが1時間程度ありますので、合計2時間程度となります。

占い師の場合はどんな占術ができるのか、鑑定した人数など専門的な質問が入ります。

メール占いの場合は未経験同様ライティングテストがあります。

実際に鑑定を行い、トークスキルなどが優秀と判断された場合は広告塔としてメディアに出演することもあります。

私の場合、面接回数は2回でした。

一次面接は採用担当が、二次面接は現場の人間が面接していました。

基本的に難しい質問はなく、今までやってきたことをしっかり説明できれば問題はありません。

どういう人が働いているの?

会社によりけりという部分がとても多いですが、良い意味で個性的な人が多かったです。

また、アルバイトで働いている方の中には画家志望や小説家志望など、芸術に興味や関心のある方が多かったです。

一定の基準をクリアした方が入社しているので、切磋琢磨し合える関係になれます。

PCスキル(フォトショップやエクセル、ワード等)も上達しますので、ビジネススキルの向上にも役立ちますよ。

まとめ

占いライターの仕事を一通り紹介しましたが、いかがでしょうか。

おそらく、「思ったより普通」という感想になっている方も多いかと思います。

社内も至って普通のオフィスですし、定期的に会議も行われます。

決して真っ暗な部屋に水晶玉が置かれていることはないので、安心して下さい。

実際に4年弱働いていましたが、人間関係も良く、とても楽しくお仕事をしていました。

この記事を見て、少しでも占いライターという職業が皆様に伝われば幸いです。



関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

「ライターのバイトって具体的にどんなことをするの?」と、気になりませんか。ライターという言葉は聞いたことがあるけれど、実際どのような仕事をしているかは想像しにくいですよね。今回はライターのバイトでは実際どんなことをするのか、またバイトをするにあたって給与などの条件面も紹介していきます。ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきましょう。ライターバイトの時給は高め?ライターは20代の正社員で15万円~20万円程の月収です。バイトの時給は1,200円以上となって