編集求人を探しの方に、ぜひ参考にしていただきたい内容を解説させていただきます。

まず「編集」と聞くと出版社での勤務をイメージされる方が多いかと思います。

難しいスキルやセンスを要される仕事内容なのでは、と思われがちですが実は未経験でもできるアシスタント編集やアルバイトの求人もあるのです。

そこで、今回は編集者の求人の上手な選び方や注意点、雇用形態による業務内容の違いなど、気になる情報をまとめてご紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「編集」の仕事例をチェック

編集の仕事とは?

編集者の仕事内容は、企画を立てその内容に沿った記事を作るために、ライター・カメラマン・イラストレーター・デザイナーなどの方々が円滑に仕事を進められるようにスケジューリングし、そのパイプ役をします。

必要に応じて取材先のピックアップや取材交渉・日程調整なども行います。

またライターさんから上がってきた原稿のチェック・校正、カメラマンさんから上がってきた写真のチェック・選定、デザイナーさんから上がってきたレイアウトのチェックなども行います。

紙媒体の場合はデザイン通りの文章と写真が揃ったら、印刷会社に印刷をお願いします。

ここで修正があれば赤字を入れてライターやカメラマン・デザイナーそれぞれに戻し、その赤字が修正できたら「編集長」や「デスク」と呼ばれる責任者のチェックが入ります。

印刷物のチェック・校正は数回に及んで行われ、色校正という写真やデザインの色の出方の調整も行い、場合によっては印刷会社と打ち合わせしながらの作業になることもあります。

その他には、人が読みたくなるような「タイトル」をつけるのも大事な仕事です。

最終の校正作業が終わったら「校了」となり、原稿を印刷会社に戻し編集者としての仕事は完了です。

編集の求人でよくある媒体はどんな種類があるの?

最近はWeb媒体も増えているので、編集者とひとくくりに言っても仕事内容は多岐にわたり、媒体によって少しずつ変わります。

雑誌

紙媒体の場合ほぼ上記の内容が仕事になりますが、扱う題材によっては取材からライティング・写真撮影も全て編集者が行うケースもあります。

また雑誌では複数の特集をかけもちすることもあり、常に締め切りを意識しながら仕事を進める必要があるでしょう。

書籍

作りたい本の内容に合う著者の選定、構成案の作成を行います。

人が読みたくなるような情報を発信できる人を探したり、書籍の売上に大きく影響すると言われている「帯」のデザインを誰に依頼するのか候補を挙げたりすることも大事な仕事です。

また著者との打ち合わせやスケージュール調整など、密に連絡を取り合うことも多くあります。

その上、著者から上がってきた原稿のチェック、印刷物のチェックはもちろん、本の内容に合った挿絵や装丁なども必要に応じて発注をかけていきます。

Web媒体

Webの場合はフォーマットが決まっている場合が多く、Web上のフォーマットに直接入力して入稿する方法が一般的です。

この場合はWebのフォーマットの上で修正も行います。

紙媒体に比べれば修正は簡単にできますが、データの管理には気を付ける必要があります。

小説

小説も紙媒体とWebによって仕事内容は多少変わりますが、作業内容はほぼ上記のような感じになります。

小説の場合は作家さんとプロット(あらすじ・構成)の打ち合わせが入念に行われるケースもあります。

作家さんには途中で経過報告を入れたり、原稿の仕上がり具合を確認するためにも定期的に連絡を入れたりするのも編集者の仕事です。

漫画

仕事内容は小説に近いですが、小説よりも作家さんとの打ち合わせが密になるケースが多いです。

「ネーム」や「絵コンテ」と呼ばれる下書きの下書きの状態で、ストーリーの展開やコマ割・セリフやキャラクターの配置などについて細かく打合せをしたり、作画に必要な資料などを探すのを手伝ったりと、一緒に作品を作り上げていく仲間のような関係になることもあります。

編集者の仕事と聞くと、漫画家さんに原稿の催促をしているというイメージはありませんか?

もちろんそれも編集者の仕事なのですが、どちらかと言うとモチベーションを高めるための話し相手になったり悩みの相談に乗ったりと、全面的にサポートするといった関係性が近いと思います。

このような側面からも、新人の発掘や育成なども仕事の一つとになっていくのです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

編集の仕事内容ってどんなものがあるの?

編集者の求人と一口に言っても多種多様な業務内容があります。

企画段階から全ての編集業務を請け負うものもあれば、既に決まった企画の原稿チェックと修正依頼のみが仕事内容のものもあります。

それぞれに要求される仕事内容とはどのようなものでしょうか。

企画立案

大枠のテーマから細分化した企画そのものから考え、内容を決め、必要な取材先や作家のスケジュールを抑えるなど計画的に決めていく作業になります。

ある程度その業界やテーマに詳しくないと企画は立てられないため、ここから参加する場合は、自分の全く知らない分野で無理をすると苦しく、続けるのは難しいでかないのでしょう。

予算取り

予算は大概の場合発注元から提示があることが多いと思いますが、企画立案の段階で無理があると判断できる場合はクライアントに相談する、または到底無理なものは最初から受けない方が良いこともあります。

小さい会社の場合はそもそもの予算が少なく、取材などにかけるお金が捻出できないことも多くあり、逆に大手ではなかなか決済が下りないという、それぞれのジレンマを現場は抱えています。

カメラマンやライターの発注・取材のアポイント

予算の配分がありますので、その範囲内でオファー先を決めます。

取材先の料金が発生するのかしないのかなど、日程と予算を基にトータルで考えなければいけません。

取材は予算によって全ての作業を自ら行う場合もあれば、外部のライターやカメラマンに任せることもありますが、外部に依頼する場合はそれぞれのスケジュール調整をするのも編集者の仕事です。

誌面のデザイン・レイアウトの作成及び発注

撮影後カメラマンから届いた写真を選別し、写真の大きさ・記事数・タイトルそれぞれの配置を考えラフレイアウトを作成します。

これを基にデザイナーへデザインを発注し、レイアウトが確定するとライターへ文字数を伝え文章を発注していきます。

原稿チェック・校正

文字と写真が入った原稿を確認し、修正があれば赤を入れ、ライターやカメラマン・デザイナー・取材先それぞれに戻します。

赤字の修正が終われば、ここで編集長のチェックが入ります。

その後、誤字脱字はもちろん日本語の構成は正しいか、書いてある内容に間違いはないのかなどをチェックします。

紙媒体の場合は写真や文章の入っている位置は正しいのか、縦書き・横書き・フォントなどは指示通りかなどチェック項目が増える場合もあり、媒体によって統一表記などのルールもありますので、規定に沿ったチェックをします。

その後から校了まで

紙媒体の場合は原稿をチェックして入稿すると、それが印刷会社から初稿(ゲラ)と言われる状態で上がってきます。

ここでは主に文字のチェックを行い、誤字脱字・情報に誤りはないか文字数はオーバーしていないか、逆に足りなくて空きが目立っていないかなどをチェックします。

ゲラに「赤入れ」と言われる修正したものを印刷会社に戻すと、数日で今度は「色校」と言われる写真なども入った製本される前の状態で戻ってきます。

ここでは最終チェックを行います。

紙媒体の場合はWebと違い、一度出回ってしまうと修正は難しくまります。

大きなミスが発生すると最悪の場合回収という大問題となってしまうので、編集者にとって色校チェックは神経を使う作業です。

ここではゲラに入れた赤がきちんと修正されているか、追加の修正はないか、写真は正しく入っているか、色味はおかしくないかなど確認事項も多いです。

色校で修正を入れる場合、版を作り直すことになるので印刷会社の問題で発生した修正以外の追加修正を入れると、それだけ経費が上乗せになります。

予算管理から任されている場合は、この辺りの予算も考慮する必要があります。

Web媒体の場合はWeb上で入稿・修正が完了するケースが多く、また一度公開された後も修正は紙媒体よりもはるかに簡単です。

ただ、紙媒体と違い、データの保存方法を間違えると修正したはずのデータが保存されておらず修正前の原稿がアップロードされていたなどのケアレスミスも発生するので、データの保存には気をつけましょう。

編集求人でよくある募集内容とは?

近年はWebの普及に伴い、Web編集者の募集が増えています。

ある程度クライアント側で構成などを決めて、リスト通りにチェックするだけの内容から、企画段階から参加するものまで内容は様々です。

雑誌・フリーペーパーの編集者

紙媒体の編集者の場合、基本的には経験の有無が問われることが多いでしょう。

進行管理の経験を優遇されるケースも多く、ライター・カメラマン・取材先などの管理を任されたことがある人はアピールしましょう。

また、今までどのような経験をしてきたかも重要で、営業や留学経験・趣味など様々な経験や幅広い知識が活かされる仕事とも言えます。

Web記事の編集者

企画内容や構成案の作成から任される場合と、ライターの原稿のチェックのみを任されるケースなど、クライアントから提示される募集内容が異なるケースが多いです。

WEBメディアはスピードが求められ、即効性のある記事とそれに対する反響がすぐ現れるのでやりがいはあるでしょう。

募集内容をよく確認し、自分のスキルや知識の活かせる内容を精査すると良いでしょう。

漫画の編集者

基本的には経験者の募集か新卒採用が多く、需要自体は他のケースに比べて少ない傾向にあります。

本気で漫画の編集者を目指すのであれば、新卒で出版社を受けるか、編集アシスタントとしてアルバイトから始めるなどの方法も考えてみましょう。

やる気があり、その上で実績を積めば漫画担当の編集者となるチャンスが巡ってくるかもしれません。

漫画家さんとの密接な打ち合わせが必要になることも多く、業務の切り分けがしにくい編集者の部類と言えます。

そのためフルタイムで動ける人の募集が多く、面接では残業は可能か・休日出勤できるかなど訊かれることもあるでしょう。

書籍の編集者

これから作りたい書籍の企画案を考えられる知識とスキルが求められるケースが多くなります。

そのため興味だけが優先して、自分の知識のない業界や情報を扱うのはオススメできません。

企画した書籍に合ったライターの選定や原稿のチェックなど仕事の範囲は広く、締め切りが近いと拘束時間も長くなり業務を切り分けて考えるのが難しい仕事と言えます。

著者との打ち合わせも多く、良い信頼関係を築くコミュニケーション能力も試されるでしょう。

編集求人に就くために必要な資格・スキルとは?

編集者として働くために特別必要な資格などはありません。

新卒で編集者の求人に応募する場合は別ですが、中途採用の求人では経験を重視していることが多いです。

未経験で応募するのはハードルが高いかもしれません。

業界や扱う情報に余程精通している場合や、クライアントがしっかり構成要素などを準備してくれている場合には未経験OKのケースもあるので、そういった求人を根気良く探す必要があります。

未経験の場合は、編集アシスタントから始めるのも一つの手段です。

逆に経験がある程度ある場合には、その経験が仕事にどのように活かせるかアピールしましょう。

ただし業界が異なると必要な知識も変わってきますので、企画立案から参加する場合は相応の業界知識は身につけておく必要があるでしょう。

雇用形態や立場によって仕事内容に違いがあるの?

編集者の雇用形態には様々なかたちがあります。

正社員で出版社に勤務するのが一般的ですが、ある程度実務経験を積んでフリーの編集者になるという人も多いです。

また自分で事務所を立ち上げて、編集者やライターとして独立する人もいます。

どのような雇用形態が自分に合うのか、また自分にどのくらいのスキルがあるのか、現状の自分と照らし合わせて選ぶと良いでしょう。

立場によって仕事内容に違いはあるの?

編集者として経験を積むと、デスクや編集長と呼ばれる媒体をまとめ、トータルチェックをする立場になることがあります。

各担当者が記事のチェックした後、全ての記事に目を通したり、台割りと言われるページの構成を決めたりと、媒体全体をチェックするような仕事内容に変わります。

ある程度の経験と実績・信頼がないとできない仕事であり、その分大きな責任も課せられるようになります。

給与体系には差があるの?

それぞれの雇用形態によって給与は変わります。

フリーの編集者の場合は、記事1本・媒体1冊などその契約形態によって報酬は変わってきます。

初めは信頼を得るためにも、単価が低くても丁寧に且つ数をこなすことが大事です。

信頼を得ることができれば、単価も高くなり仕事を任されることも多くなるでしょう。

正社員の場合は裁量労働制を導入しているところも多くなっており、一定の残業代を含んだ金額が提示されていることもありますので、しっかり確認しましょう。

また編集アシスタントと呼ばれる仕事は、アルバイトの学生や主婦なども多く時給換算で働くケースもあるようです。

勤務時間は決まっている?

編集者の場合はライターやカメラマン、デザイナーなどと連絡をとり取材や撮影を行ったり打ち合わせをしたり、会社以外で仕事をすることも多くなります。

そのためフレックスタイムや裁量労働制を導入しているケースも多く、現場へ直行することも多々あります。

決まった勤務時間はありますが、それ以上に納期までに仕事を終えられるかが重要なため、そこに向かって時間を考えながら使うというイメージです。

最近はWebの編集者の募集も多いので、平日の日中連絡が取れれば出社の必要はなかったり、会社内での拘束時間も短かったりと在宅でできる仕事も増えています。

アルバイトの編集者や編集アシスタントの仕事とは?

編集経験はないけれど編集の仕事がしたいという場合には、アルバイトから始めてみるという方法もあります。

編集者の募集の場合、全くの未経験だとどうしても不利になりますが、編集アシスタントの仕事などは未経験でもOKなケースも多く、そこから仕事の範囲を広げて編集者になるという道もあります。

編集アシスタントの仕事は、文字校正や写真のチェック・データの受け渡しなど細かい作業が多いですが、編集者としても重要な仕事となりますので、経験を積むことは非常に価値があります。 

編集者はどのような働き方ができる?

職種の特性上、勤務形態によらずフルタイム、またはそれに準じるような時間帯での勤務を望まれるケースが多いです。

ただ先ほども書きましたがWeb媒体の編集者の場合、平日は日中連絡が取れればOKで出勤義務のないパターンも増えてきました。

Skypeなどでのネット会議や打合せが導入されているケースもあります。

またフリーの編集者の場合などは、記事1本、媒体1冊などの契約で成果報酬形式、契約時に取り決めた必要な会議など以外は出社しなくても良いなどの働き方もあります。

仕事内容は契約形態によらず経験などによって決められるケースが多いですが、ゆくゆくは編集長などの立場を望むなら正社員で実績を積むのが近道です。

自分に合った編集求人の選び方や注意点

編集者には様々な仕事内容や扱う媒体があります。

どのような媒体で何の仕事をするか、どのような内容がやりたいのか、どのくらいの時間働きたいのか、何ができるのかなど自分のスキルと条件とを照らし合わせて考えましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

まず自分がどのような働き方をしたいのかしっかり考えましょう。

フルタイムで働けるのか、残業時間が長くなっても構わないのか、フルタイムでも定時には帰りたいのか、パートやアルバイトが良いのかなどそれによって選べる範囲も変わってきます。

やはりフルタイムで働ける方が有利ですが、経験などによっては融通を効かせてくれるケースもあります。

話し合って雇用条件を決められる場合もありますので、気に入った内容の仕事があった場合、クライアントに相談してみると良いでしょう。

【選び方②】扱う内容から探す

当然ですが各媒体によって扱う内容は変わります。

自分が得意なジャンルや経験のあるジャンルは何なのか、それによっても大きく左右されるはずです。

例えば住宅には詳しいけれどIT系の内容は全く知識もないし興味もないなど、人によって扱える内容はある程度決まってきます。

それでも、あらゆることに興味を持ち探求心のある人にはチャレンジする価値はある仕事と言えるでしょう。

しかしながら扱う内容が自分と全く親和性のないものの場合、雇用形態や勤務時間は理想的でも無理をすると苦しくなりますので、確認が必要でしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

出版社の出している出版物を手掛けたいのか、フリーペーパーなどのややライトな編集物をやりたいのか、紙媒体は考えておらずWeb媒体メインで考えたいのかなど、やりたい媒体や内容によっておのずと業態も決まってきます。

最近では地元に密着した情報誌や転職雑誌など、フリーペーパーの編集者の募集も増えています。

編集者の入り口としてはハードルが低く、この仕事が自分に合っているのか判断するにも良いかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

何を優先して働きたいのかをよく検討して下さい。

給与や仕事内容・勤務時間・勤務地など、他に何か優先したい事項があればそれをきちんと整理しておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

通える範囲はどの辺りまでか考えましょう。

多くの会社は街の中心にあり、どの方面からも通いやすいエリアに集中しています。

しかしながら、毎日の通勤ですのであまりにも遠いのは無理がありますし、会社によっては家が近いと残業を任されることもあるようです。

注意点

どの仕事にも言えることですが、自分の経験とスキル・知識をある程度客観的に判断して、分からないことはきちんとクライアントに相談するつもりで応募を考えましょう。

やる気を伝えるのはもちろん大事ですが、最初に見栄を張っても仕方のないことなので、できないことはできないと伝えることも必要です。

編集のお仕事を考えている皆さんへ

一見華やかなイメージのある仕事ですが、業務によっては時間が不規則になることも多くあります。

しかし近年はWebでの需要も増え、仕事の範囲も選べるようになっています。

自分のできる仕事の範囲や就業時間をよく考え、自分のスキルや知識を活かせるお仕事を探してください。

編集の仕事がどんな人に向いているかは、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

編集ライター求人でよくある募集内容をご紹介!これから求人を探す方はぜひご覧下さい!

文章を書くことが好きな人や作家を目指している人の中には、編集ライターの仕事に憧れている人は少なくないでしょう。雑誌や新聞社などでキャリアをスタートさせる人もいますし、フリーランスとして実績を積む人もいます。最近はネットを介して仕事を募集しているため、気軽に始めることができるようになりました。ただ、編集ライターの仕事にどうすれば就くことができるのか、興味があるけど何をしたら良いのか分からないという人も少なくありません。編集ライターになるにはどうしたら良いのでしょうか?また、編集ライターはどのような仕事をしているのでしょうか?編集ライターにはどういった求人内容があるのでしょうか?編集ライターに興味

転職して編集になるには?違う仕事から編集に転職した私が編集になるためにやったこと

編集の仕事って面白そうだけど、何をすれば編集者になれるんのだろう?そんなふうに考えたことはありませんか?なんとなく難しそう、具体的にどのような仕事をしているのかよく分からない、何をしたら編集者になれるのか全く見当がつかないなど、敷居が高いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。実際にはWebの普及に伴い様々なWebメディアが立ち上げられており、一方でそのサイトを編集できる人の数は少なく、編集者は足りていないという現実があります。紙媒体がなかなか苦戦している現在、Webに絞って編集者を目指すのも良いかもしれません。転職をして編集者という憧れの仕事に就いてみませんか?編集者になるには?ど

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんか。また、雑誌編集の仕事に就きたいと思ったときには求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどあるのと同じで求人情報も数多くあり、どのように仕事を探して良いか分からないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集内容で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、雑誌の内容

雑誌編集者の仕事に向いてる人の特徴は?向き不向きや活かせる経験についてご紹介します!

雑誌編集者の仕事に就きたい方は必見です!芸能人に会える職業のひとつが「雑誌編集者」という華やかな世界。しかし、締め切りに追われて徹夜続きの毎日という点も…。こんなイメージを皆さんはお持ちではないでしょうか?そこで、実際はどんなことをしているのかを今回は紐解いていきます。編集者に向いてる人・向いていない人の特徴や活かせる経験やスキル、あなたに合う求人の選び方まで詳しくお話しさせていただきます。雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者が書いた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正していくのが主な仕事です。実際は編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり記事を書くための

WEB編集求人の募集内容をご紹介!正社員とバイトの違いは?就職・転職の参考に!

気になっていることを突き詰めて調べたいとき、困った時などアイデアが欲しいとき。あなたはどうやって情報を手に入れますか?今最も一般的なのは、インターネットで検索するというやり方です。検索から辿り着いたサイトで読む記事は、WEBライターやエディターによって作成されています。今回は、そんなWEB編集のお仕事についてご紹介します。よくある求人の内容や、正社員とアルバイトの違い、気になる疑問について、経験者が解説します!WEB編集求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一口にWEB編集の仕事と言っても、働く場所や参加するプロジェクトによって仕事内容は大きく変わります。おおまかな仕事内容は、キュレーショ

書籍編集バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身につく力とは?

編集の仕事は、雑誌や書籍などの出版物の企画を考え、出来上がるまでの制作全体を管理する仕事です。企画に合ったライターやデザイナー・カメラマン・イラストレーターなどに仕事を依頼し、ディレクションを行うのも編集者の大きな役割になります。大手出版社は採用人数も少なく競争率が非常に高いので、狭き門となっています。私の場合もそうでしたが、中小の出版社ではアルバイトで入社して経験を積めばそのまま正社員になれる場合もありますので、希望を持ってチャレンジしてみてください。私はこのようなところで書籍編集のアルバイトをやりました私はビジネス書やIT関連の書籍を多く扱う出版社で編集のアルバイトをしていました。出版社で

雑誌編集アルバイトのメリットや、そこで身につく力とは?

将来、雑誌編集の仕事がしたい学生さんや、家庭との両立の中でもう一度自分のペースで好きだった仕事に戻りたい主婦の方など、バイトから雑誌編集の仕事に取り組みたいと思っている方は多いのではないでしょうか。ではその雑誌編集のアルバイト事情はどうなっているのか、そのメリットと現場で身につくスキルや知識を詳しく見ていきましょう。雑誌編集アルバイトの仕事内容ってどんな内容?まず雑誌編集の仕事の中で、とりわけアルバイトに任されることが多い仕事内容はどんなものがあるのでしょうか。職種別に仕事内容の詳細をご紹介していきます。記事執筆(ライター)誌面の記事を書く業務です。アルバイトの場合はあまり取材に出ることはなく

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

編集プロダクションへ転職したい方が知っておくべき情報を今回はまとめてみました。出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、転職を編集プロダクションで成功させるにはそれなりの覚悟や意欲が必要とされます。編集プロダクションで年収を上げるための転職をどう成功させるかや、上手な求人の選び方もここで詳しくお話していただきますので、興味のある方は最後までご覧ください。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2つのことブラック企業編集プロダクションはハードワークであることが多く、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事とも言われています。その上給料も安

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションの年収を皆さんご存知でしょうか?編集プロダクションは、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないと言われていますが、本当なのでしょうか…。今回は気になるその実態に迫ってみましょう。また、編集者の給料を上げる方法や、編集プロで働いてみたい方におすすめな求人の選び方までしっかりご紹介させていただきます。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の編集プロダクションの給料相場会社によって幅がありますが、月給で14万円〜18万円程です。正社員で転職した場合の編集プロダクションの給料相場転職の場合は、経験値やランク

編集プロダクションの仕事とは?得意な人の特徴や活かせる経験・メリットについて教えます

編集プロダクションという業種は、その実態が一般的にはあまり知られていません。どんな仕事をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回は編集プロダクションの仕事について解説します。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出版社から「この仕事をやって」というケースだけでなく、自分たちで企画を立てて「この本を出しませんか?」という提案型の業務も多いため、一般的な「下請け」とはやや異なった形式とも

編集プロダクションの仕事に向いてる人の特徴は?出版社との違いについても説明します!

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見楽しそうで割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたら良いのかなどについて紹介します。編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが、雑誌や書籍だけではなく、官公庁のパンフレットや企業の会社案内、電子製品や家電のマ

編集プロダクション求人でよくある募集内容は?自分に合った求人を選びたい方はご覧下さい

「編プロ」などと呼ばれる編集プロダクション。「なんとなく聞いたことはある」という人も多いはずですが、その実態はあまり知られていないようです。「激務」とか「ブラック」と言われることも多く、ハードな職場というイメージのある業種なのですが、今回はその編集プロダクション求人の実態について迫ってみましょう。編集プロダクションの大まかな仕事内容大まかな仕事内容編集プロダクションの仕事は、簡単に言うなら「出版物の企画・編集」の代行業務です。出版社や新聞社の下請けとして、書籍や雑誌・ムック本などを企画し、取材や編集を行い印刷所に入稿するところまでが仕事となります。自社のスタッフだけでなく、必要に応じてフリーラ

書籍編集の仕事内容10個の業務。時系列に沿ってご紹介します!

書籍の編集者の仕事内容には、どのような業務が含まれるのでしょうか?時系列に沿って、一つずつ詳しくご紹介していきます。書店に並ぶ本を見て、自分がこの本の編集をしたと思うと、とてもやりがいを感じるクリエイティブな仕事ですよね。そんな格好良い書籍編集者の具体的な働きぶりを今回は覗いていきたいと思います。ぜひ、仕事探しや転職の参考にしていただき、書籍編集の仕事に興味を持っていただけたら嬉しいです。書籍編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる書籍編集の仕事の役割1:企画立案刊行する書籍の企画立案を行います。企画書を書く前にマーケティングを行い、会社を説得する材料を積み重ねていきます。書籍編集の仕事の役割

雑誌編集とはどんな仕事?仕事内容や雑誌全体においての役割、向いている人の特徴など詳しく解説します!

雑誌編集する職業に携わりたいという方はぜひ最後までご覧ください。「編集」という仕事はよく耳にしますが、実際にはどんな仕事をしているのか気になりますよね?書店やコンビニなどにある全国紙に自分が関われたらと思うと心が躍っちゃいますね。そこで、ここでは雑誌編集の仕事内容とはどういうことを具体的にするのかや、向いている人の特徴についてなどを詳しく紹介しようと思います。雑誌編集を仕事にして自分のやりたいことを職業にしてみましょう。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、一般的に紙媒体と言われる週刊誌や月刊誌、フリーペーパーなどの記事を作り、雑誌を作り上げていく仕事です。どんな題材を扱う雑誌なのかによっても必

書籍編集が向いている人の5個の特徴や必要なスキルとは?

書籍編集者に向いている人の特徴や必要なスキルとは何でしょうか?本の著者とのやりとりなど、書籍が出来上がるまでの工程に欠かせない存在が編集者です。今回は、そんな書籍の編集者になりたい人が知っておくべき情報をまとめましたので、詳しくご紹介していきます。必要なスキルや向いている人の特徴を把握して、憧れの書籍編集者を目指しましょう。書籍編集とはどんな仕事?雑誌以外の刊行物、いわゆる一般書籍の企画立案から刊行までの編集作業の全てを行う仕事です。書籍編集の大まかな仕事内容企画書を書いて会社に提出し、刊行できる内容か社内の企画会議にかけ判断してもらうところから全てが始まります。承諾が得られたら企画に合った著

編集正社員求人でよくある募集内容は?どんな会社が募集を出してる?求人選びの参考に!

バタバタと忙しく働く姿がクローズアップされ、テレビドラマや漫画でも話題になることが多い「編集者」。老若男女問わず、憧れを抱く人が多い職業の一つです。そんな編集者ですが、実は様々な種類があるとご存知ですか?書籍や雑誌・漫画など、担当する媒体によって働き方や業務内容は大きく異なります。今回は、その中でも「雑誌編集者」の正社員として働く際に求められる業務内容や求人について解説していきます。編集(雑誌)正社員求人の大まかな仕事内容編集者の種類雑誌の編集者には、大きく分けて二つのパターンがあります。①雑誌の企画と構成のみを考え、取材やライティングは外部に委託するディレクター型の編集業務の一部を委託するた

雑誌編集の転職を成功させるためにするべき2つのことと、自分に合った求人の選び方や狙い目の転職先の特徴とは?

ここ数年、テレビドラマや漫画でも注目されることが多い「雑誌編集者」。興味や憧れを抱きながらも、実際に転職できるものなのか不安ですよね。実は、雑誌の編集者というのは特に資格を必要としない職業なのです。つまり、機会があれば誰でも転職できる職業です。そこで今回は、雑誌編集への転職方法や注意点などをご紹介したいと思います。雑誌編集の転職で注意したほうが良い2つのこと給与体系・残業代雑誌編集者の給与体系の多くは、「裁量労働制」というもの。毎月一定の残業代が含まれた給与が支給される仕組みです。つまり、残業をしてもしなくても数十時間分の残業代が支払われるのです。これだけだと聞こえが良いですが、逆にどれだけ残

編集の転職を成功させるためにやるべき5個のことや、転職の心構えなど上手な選び方を解説します

編集の仕事はWebの拡大と共に増えつつあります。しかしながら編集経験者の数はそう多くはなく、Web媒体の編集者は足りない現状があります。未経験から編集業務に携わるには、絶好のチャンスと言えるでしょう。ここでは、そんな編集の仕事に転職をするための心構えや、編集の転職の上手な選び方についてまとめてみました。編集転職を成功させるためにやるべき5つのこと自分の判断で業界や職種などを絞りすぎない新卒の場合にも言えることですが、中途で転職する場合今まで自分がやってきたことや興味を持ってきたことをよく洗い出してみることが重要です。全く興味のない業界や商品にも触れたことがない、というようなテーマの媒体は厳しい

編集者の仕事内容や向いてる人・向いてない人の特徴は?働くメリットについても教えます!

編集者の仕事とは具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか?どんな人と関わりながらどのように業務を進めていくのか。また、どのようなキャリアが積めるのか…。編集者を目指している方にはそのような疑問があるのではないでしょうか。ここではそんな編集者の仕事内容について詳しく紹介します。また、編集者に向いてる人・向いていない人の特徴、この職業のメリット・デメリットについてもお話していきます。編集者はどんな仕事?そもそも「編集」とは、「一定の方針に従って資料や情報を整理し、書物・雑誌・新聞・映画・ラジオ・テレビ番組などを一つにまとめる」ということ。つまり、「企画に沿った情報を集め、アウトプットできる形

雑誌編集求人にはどんな種類があるの?よくある募集内容をご紹介!求人選びの参考に!

雑誌の編集者に興味はあるのだけれど…具体的にはどんな業務をしているのか、求人が多いのはどんな職種なのか、知っているようで実はよく分からないことが多いのではないでしょうか。ここではそんな雑誌編集の求人の選び方や注意点、雇用形態での違いなどについてもご紹介していきます。雑誌編集求人に興味のある方は、この記事をぜひ参考にしていただけたらと思います。雑誌編集のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容雑誌編集者の仕事は、自社の雑誌を多くの人に読んでもらえるような記事を作ること。まず記事の企画を提案し、企画会議を通過したら企画内容に沿った記事を作成していきます。必要に応じて取材を行い、写真を撮り記事を書きます

編集バイト求人でよくある募集内容やよくある疑問について答えます

雑誌や書籍の編集・WEB記事の作成など、今や様々なジャンルに広く使われる編集の仕事。では、編集とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?この記事では編集バイト求人でよくある募集内容など、様々な疑問を解消していきます。もちろん会社や編集の対象媒体、雑誌かWEBかなどで違いはありますが、この記事で大まかな概要を掴めると思います。編集バイトの主な仕事内容にはどのようなものがあるの?編集バイトの主な仕事内容は名前の通り「編集」です。ライターが書いた文章を読みやすく直すというのが、どの会社にも共通している編集の大切お仕事です。会社によってはライターが書く前の記事の「企画立案」も担当させてもらえたり、