編集の仕事は、雑誌や書籍などの出版物の企画を考え、出来上がるまでの制作全体を管理する仕事です。

企画に合ったライターやデザイナー・カメラマン・イラストレーターなどに仕事を依頼し、ディレクションを行うのも編集者の大きな役割になります。

大手出版社は採用人数も少なく競争率が非常に高いので、狭き門となっています。

私の場合もそうでしたが、中小の出版社ではアルバイトで入社して経験を積めばそのまま正社員になれる場合もありますので、希望を持ってチャレンジしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

私はこのようなところで書籍編集のアルバイトをやりました

私はビジネス書やIT関連の書籍を多く扱う出版社で編集のアルバイトをしていました。

出版社で仕事をしたのはこの時が初めてだったので、書籍が作られる工程を間近に見ることができ、忙しいながらもとても面白い経験でした。

書籍編集バイトの時給は?

書籍編集のアルバイトの時給は地域によっても違いはありますが、1,000円〜1,300円程度が相場です。

派遣の場合は時給1,500円以上の案件も多いですが、経験者であることが求められることが多いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

書籍編集バイトでやりがいを感じたこと

まだ出版される前の著者から納品されたばかりの原稿を読むことができるのは、特別感を味わうことができます。

本が好きな人にはもってこいの仕事です。

また、書籍が出来上がってきたときの達成感は、何事にも代えがたいやりがいを感じさせてくれます。

自分が携わった書籍が書店に並んでいるのを見たときは、感動的で思わず自慢したくなるほどです。

更にその書籍がamazonで人気ランキングの上位に入ったり、良いレビューが書かれていたりするととても嬉しく、この仕事をやっていて良かったと実感します

書籍編集バイトをやっていて良かった3つのこと

本は著者や編集者が単独で作っているわけではなく、多くの人々が関わって一つの形となります。

仕事を通して必然的に様々な業種の人と関わることができるので、それを通じて得るものはとても大きいです。

①著者やイラストレーターなどと直接知り合いになれる

本の原稿を書いてくれる著者や挿絵を書いてくれるイレストレーターの方など、仕事で何度もやり取りをしている内に打ち解けて仲良くなることがあります。

意気投合すると打ち合わせの後で、飲みに出かけることもあるようです。

編集チームと著者の関係が良ければ、本も良い出来になることが多いです。

②トレンドに敏感になれる

私の場合はIT関係の書籍を作っていましたので、発売前の新しいスマートフォンを見られたり、リリース前のソフトウェアやアプリのデモ版を利用できたりといったことがありました。

他にも新しい企画を考えたり取材をしたりしている編集者を手伝う内に、時代のトレンドや最先端のものの情報が多く入るようになりました。

③プレスの招待で公開前のイベントなどを見ることができる

ガイドブックやゲームの攻略本などを作っていると、それに関連するテーマパークやイベントなどで一般公開前のプレス向けリリースに招待されることがあります。

バイトの立場でも、正社員の編集者が忙しいときには代わりに行ったり同行したりすることもありました。

書籍編集バイトで身についたスキルとは

次に、書籍編集のバイトで身についたスキルを挙げていきます。

コミュニケーション力

編集者の企画した書籍が世に出るまでには、様々な人の協力があります。

著者はもちろん本のレイアウトをするデザイナー、表紙の装丁をする人、文章の校正をする人、印刷会社の人など様々で、その中には一緒に仕事をしやすい人もいればそうでない人もいます。

このような多くの人と仕事を進めていく中でも、相手に気遣いができる人は素敵だと感じます。

調整が難航しても納期は守らなければならないので、上手くスケジュールを組みながら交渉するコミュニケーション能力がアップしたと思います。

原稿の校正の仕方

大きな出版社では、校正は専門の社員が行うか外注することが多いですが、小規模な出版社ではアルバイト編集員やアシスタントが、目を皿のようにして誤字脱字を探していることもしばしばです。

慣れない内は見落としも多く、校正記号の書き方も全く分からず、役に立てないことを申し訳なく思うことが多々ありました。

その時の経験が、今ではどのような書籍や雑誌の文章を見ても誤字脱字や、てにをはの使い方などが気になる「職業病」とも言えるくらいに校正スキルが身につき、編集者として大いに役に立っています。

DTPと印刷の知識

DTPとはパソコンの専用ソフトで書籍をレイアウトし、実際の印刷物として出力できるようにデータを作成することです。

DTPはデザイン会社などに外注する出版社が多く、書籍や雑誌・チラシ・新聞・ポスターなど印刷物によって使用するソフトも変わってきます。

「ひな形作成→データ入力→レイアウトの調整と修正→校正→修正→納品」といった工程になる場合が多く、これを効率良く行います。

これは大変な作業ですが、専門のソフトウェア(IllustratorやInDesign、Photoshopなど)の使い方を習得し、手に職をつけることができれば未経験でも採用してもらえることがあります。

パソコンスキルがある人にとっては、編集バイトの中でも比較的ハードルの低い職種と言えるでしょう。

書籍編集バイトをやっている中で嬉しかった瞬間

アルバイトは一般的には仕事の範囲が限られています。

しかし、中小規模の出版社は忙しく常に人手が足りないので、かなり幅広く仕事を任せてもらえることがあります。

そのため、社員の人たちと同様に成果を喜ぶことができる機会も多かったと思います。

作成に関わった書籍が書店に並んでいるのを見たとき

原稿の校正作業やDTPなど、時間をかけて作業した書籍が書店で平積みにされているのを見ると、達成感と同時にアルバイトながらも仕事に誇りを感じることができます。

この喜びを知ってしまうと、編集の仕事が辞められなくなるのかもしれません。

クレジットに名前が載ったとき

書籍の奥付に制作に関わった人の名前が入ることがありますが、そこに初めて名前が載ったときはとても嬉しかったのを覚えています。

これはものとして残るものなので、自分だけではなく家族も一緒に喜んでくれました。

著者に感謝してもらえたとき

書籍が出来上がった後で、思い通りの本を作ることができたと著者の方からお礼の言葉を頂いたことがありました。

何度も修正を行ったこと残業が続いて辛かったことなど、全て忘れてしまうくらいその一言が嬉しかったです。

書籍編集バイトはこのような人におすすめです!

編集者として正社員登用や独立を目指している人は、学生でも既卒者でもバイト経験はおすすめです。

いずれは編集者として活躍したい人

編集の仕事をしたいと思っていても、中途採用で未経験ではなかなか正社員での採用は難しいと言われています。

その場合はまずバイトで入社し、仕事を覚えてから正社員の仕事にチャレンジするという方法もあります。

バイトの採用面接の時に、正社員登用の可能性があるかどうか訊いてみましょう。

好奇心旺盛な人

新しいものに興味があり、これから何が流行するか、人々がどのような情報を求めているかなど、常にアンテナを張っている人は、その情報力を仕事に直結させられます。

一つのことを深く掘り下げることはもちろん、少々浅くても幅広い知識がある人が編集者には向いています。

文章の読み書きが好きな人

文字で発信するメディアを作るので当然ですが、文章を書いたり読んだりするのが好きな人には、この上ない仕事だと言えます。

あまり興味がない内容の原稿の校正やリライトであってもきちんとこなし、正しい日本語で文章が書けることが求められます。

人のサポートが好きな人

編集バイトは「編集アシスタント」と呼ばれることも多く、原稿データの受け渡しや著者や取材先との連絡、誤字脱字のチェックなど編集者のサポート的な役割を務めます。

忙しい正社員の方が何をしてほしいか先読みして動けるようになると、少しは役に立てていると実感できるでしょう。

このような仕事が増えていくと、認められて正社員登用となることも充分有り得ます。

まとめ

最近ではWebメディアが急速に増えていますので、編集者の仕事は本や雑誌に留まらず業務範囲を拡大しています。

企画のアイデアを求めているメディアは常に存在しますし、クリエイティブな人材は人手不足です。

バイトから始めて正社員やフリーランスの編集者になった人も多くいますので、編集者になりたい人はぜひチャレンジしてほしいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

バイト求人 編集求人

編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

編集ライター求人でよくある募集内容をご紹介!これから求人を探す方はぜひご覧下さい!

文章を書くことが好きな人や作家を目指している人の中には、編集ライターの仕事に憧れている人は少なくないでしょう。雑誌や新聞社などでキャリアをスタートさせる人もいますし、フリーランスとして実績を積む人もいます。最近はネットを介して仕事を募集しているため、気軽に始めることができるようになりました。ただ、編集ライターの仕事にどうすれば就くことができるのか、興味があるけど何をしたら良いのか分からないという人も少なくありません。編集ライターになるにはどうしたら良いのでしょうか?また、編集ライターはどのような仕事をしているのでしょうか?編集ライターにはどういった求人内容があるのでしょうか?編集ライターに興味

転職して編集になるには?違う仕事から編集に転職した私が編集になるためにやったこと

編集の仕事って面白そうだけど、何をすれば編集者になれるんのだろう?そんなふうに考えたことはありませんか?なんとなく難しそう、具体的にどのような仕事をしているのかよく分からない、何をしたら編集者になれるのか全く見当がつかないなど、敷居が高いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。実際にはWebの普及に伴い様々なWebメディアが立ち上げられており、一方でそのサイトを編集できる人の数は少なく、編集者は足りていないという現実があります。紙媒体がなかなか苦戦している現在、Webに絞って編集者を目指すのも良いかもしれません。転職をして編集者という憧れの仕事に就いてみませんか?編集者になるには?ど

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんか。また、雑誌編集の仕事に就きたいと思ったときには求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどあるのと同じで求人情報も数多くあり、どのように仕事を探して良いか分からないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集内容で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、雑誌の内容

雑誌編集者の仕事に向いてる人の特徴は?向き不向きや活かせる経験についてご紹介します!

雑誌編集者の仕事に就きたい方は必見です!芸能人に会える職業のひとつが「雑誌編集者」という華やかな世界。しかし、締め切りに追われて徹夜続きの毎日という点も…。こんなイメージを皆さんはお持ちではないでしょうか?そこで、実際はどんなことをしているのかを今回は紐解いていきます。編集者に向いてる人・向いていない人の特徴や活かせる経験やスキル、あなたに合う求人の選び方まで詳しくお話しさせていただきます。雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者が書いた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正していくのが主な仕事です。実際は編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり記事を書くための

WEB編集求人の募集内容をご紹介!正社員とバイトの違いは?就職・転職の参考に!

気になっていることを突き詰めて調べたいとき、困った時などアイデアが欲しいとき。あなたはどうやって情報を手に入れますか?今最も一般的なのは、インターネットで検索するというやり方です。検索から辿り着いたサイトで読む記事は、WEBライターやエディターによって作成されています。今回は、そんなWEB編集のお仕事についてご紹介します。よくある求人の内容や、正社員とアルバイトの違い、気になる疑問について、経験者が解説します!WEB編集求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一口にWEB編集の仕事と言っても、働く場所や参加するプロジェクトによって仕事内容は大きく変わります。おおまかな仕事内容は、キュレーショ

雑誌編集アルバイトのメリットや、そこで身につく力とは?

将来、雑誌編集の仕事がしたい学生さんや、家庭との両立の中でもう一度自分のペースで好きだった仕事に戻りたい主婦の方など、バイトから雑誌編集の仕事に取り組みたいと思っている方は多いのではないでしょうか。ではその雑誌編集のアルバイト事情はどうなっているのか、そのメリットと現場で身につくスキルや知識を詳しく見ていきましょう。雑誌編集アルバイトの仕事内容ってどんな内容?まず雑誌編集の仕事の中で、とりわけアルバイトに任されることが多い仕事内容はどんなものがあるのでしょうか。職種別に仕事内容の詳細をご紹介していきます。記事執筆(ライター)誌面の記事を書く業務です。アルバイトの場合はあまり取材に出ることはなく

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

編集プロダクションへ転職したい方が知っておくべき情報を今回はまとめてみました。出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、転職を編集プロダクションで成功させるにはそれなりの覚悟や意欲が必要とされます。編集プロダクションで年収を上げるための転職をどう成功させるかや、上手な求人の選び方もここで詳しくお話していただきますので、興味のある方は最後までご覧ください。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2つのことブラック企業編集プロダクションはハードワークであることが多く、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事とも言われています。その上給料も安

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションの年収を皆さんご存知でしょうか?編集プロダクションは、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないと言われていますが、本当なのでしょうか…。今回は気になるその実態に迫ってみましょう。また、編集者の給料を上げる方法や、編集プロで働いてみたい方におすすめな求人の選び方までしっかりご紹介させていただきます。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の編集プロダクションの給料相場会社によって幅がありますが、月給で14万円〜18万円程です。正社員で転職した場合の編集プロダクションの給料相場転職の場合は、経験値やランク

編集プロダクションの仕事とは?得意な人の特徴や活かせる経験・メリットについて教えます

編集プロダクションの仕事について今回は詳しくお話しさせていただきます。編集プロダクションといとはいったいどんな職業なのか?その実態は一般的にはあまり知られていません。編集プロダクションの仕事内容って何をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回はそんな編集プロダクションはきつい職業なのか?リアルな内容をこの記事でぜひ知っていただけたらと思います。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出

編集プロダクションの仕事に向いてる人の特徴は?出版社との違いについても説明します!

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見楽しそうで割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたら良いのかなどについて紹介します。編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが、雑誌や書籍だけではなく、官公庁のパンフレットや企業の会社案内、電子製品や家電のマ

編集プロダクション求人でよくある募集内容は?自分に合った求人を選びたい方はご覧下さい

「編プロ」などと呼ばれる編集プロダクション。「なんとなく聞いたことはある」という人も多いはずですが、その実態はあまり知られていないようです。「激務」とか「ブラック」と言われることも多く、ハードな職場というイメージのある業種なのですが、今回はその編集プロダクション求人の実態について迫ってみましょう。編集プロダクションの大まかな仕事内容大まかな仕事内容編集プロダクションの仕事は、簡単に言うなら「出版物の企画・編集」の代行業務です。出版社や新聞社の下請けとして、書籍や雑誌・ムック本などを企画し、取材や編集を行い印刷所に入稿するところまでが仕事となります。自社のスタッフだけでなく、必要に応じてフリーラ

書籍編集の仕事内容10個の業務。時系列に沿ってご紹介します!

書籍の編集者の仕事内容には、どのような業務が含まれるのでしょうか?時系列に沿って、一つずつ詳しくご紹介していきます。書店に並ぶ本を見て、自分がこの本の編集をしたと思うと、とてもやりがいを感じるクリエイティブな仕事ですよね。そんな格好良い書籍編集者の具体的な働きぶりを今回は覗いていきたいと思います。ぜひ、仕事探しや転職の参考にしていただき、書籍編集の仕事に興味を持っていただけたら嬉しいです。書籍編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる書籍編集の仕事の役割1:企画立案刊行する書籍の企画立案を行います。企画書を書く前にマーケティングを行い、会社を説得する材料を積み重ねていきます。書籍編集の仕事の役割

雑誌編集とはどんな仕事?仕事内容や雑誌全体においての役割、向いている人の特徴など詳しく解説します!

雑誌編集する職業に携わりたいという方はぜひ最後までご覧ください。「編集」という仕事はよく耳にしますが、実際にはどんな仕事をしているのか気になりますよね?書店やコンビニなどにある全国紙に自分が関われたらと思うと心が躍っちゃいますね。そこで、ここでは雑誌編集の仕事内容とはどういうことを具体的にするのかや、向いている人の特徴についてなどを詳しく紹介しようと思います。雑誌編集を仕事にして自分のやりたいことを職業にしてみましょう。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、一般的に紙媒体と言われる週刊誌や月刊誌、フリーペーパーなどの記事を作り、雑誌を作り上げていく仕事です。どんな題材を扱う雑誌なのかによっても必

書籍編集が向いている人の5個の特徴や必要なスキルとは?

書籍編集者に向いている人の特徴や必要なスキルとは何でしょうか?本の著者とのやりとりなど、書籍が出来上がるまでの工程に欠かせない存在が編集者です。今回は、そんな書籍の編集者になりたい人が知っておくべき情報をまとめましたので、詳しくご紹介していきます。必要なスキルや向いている人の特徴を把握して、憧れの書籍編集者を目指しましょう。書籍編集とはどんな仕事?雑誌以外の刊行物、いわゆる一般書籍の企画立案から刊行までの編集作業の全てを行う仕事です。書籍編集の大まかな仕事内容企画書を書いて会社に提出し、刊行できる内容か社内の企画会議にかけ判断してもらうところから全てが始まります。承諾が得られたら企画に合った著

編集正社員求人でよくある募集内容は?どんな会社が募集を出してる?求人選びの参考に!

バタバタと忙しく働く姿がクローズアップされ、テレビドラマや漫画でも話題になることが多い「編集者」。老若男女問わず、憧れを抱く人が多い職業の一つです。そんな編集者ですが、実は様々な種類があるとご存知ですか?書籍や雑誌・漫画など、担当する媒体によって働き方や業務内容は大きく異なります。今回は、その中でも「雑誌編集者」の正社員として働く際に求められる業務内容や求人について解説していきます。編集(雑誌)正社員求人の大まかな仕事内容編集者の種類雑誌の編集者には、大きく分けて二つのパターンがあります。①雑誌の企画と構成のみを考え、取材やライティングは外部に委託するディレクター型の編集業務の一部を委託するた

雑誌編集の転職を成功させるためにするべき2つのことと、自分に合った求人の選び方や狙い目の転職先の特徴とは?

ここ数年、テレビドラマや漫画でも注目されることが多い「雑誌編集者」。興味や憧れを抱きながらも、実際に転職できるものなのか不安ですよね。実は、雑誌の編集者というのは特に資格を必要としない職業なのです。つまり、機会があれば誰でも転職できる職業です。そこで今回は、雑誌編集への転職方法や注意点などをご紹介したいと思います。雑誌編集の転職で注意したほうが良い2つのこと給与体系・残業代雑誌編集者の給与体系の多くは、「裁量労働制」というもの。毎月一定の残業代が含まれた給与が支給される仕組みです。つまり、残業をしてもしなくても数十時間分の残業代が支払われるのです。これだけだと聞こえが良いですが、逆にどれだけ残

編集の転職を成功させるためにやるべき5個のことや、転職の心構えなど上手な選び方を解説します

編集の仕事はWebの拡大と共に増えつつあります。しかしながら編集経験者の数はそう多くはなく、Web媒体の編集者は足りない現状があります。未経験から編集業務に携わるには、絶好のチャンスと言えるでしょう。ここでは、そんな編集の仕事に転職をするための心構えや、編集の転職の上手な選び方についてまとめてみました。編集転職を成功させるためにやるべき5つのこと自分の判断で業界や職種などを絞りすぎない新卒の場合にも言えることですが、中途で転職する場合今まで自分がやってきたことや興味を持ってきたことをよく洗い出してみることが重要です。全く興味のない業界や商品にも触れたことがない、というようなテーマの媒体は厳しい

編集者の仕事内容や向いてる人・向いてない人の特徴は?働くメリットについても教えます!

編集者の仕事とは具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか?どんな人と関わりながらどのように業務を進めていくのか。また、どのようなキャリアが積めるのか…。編集者を目指している方にはそのような疑問があるのではないでしょうか。ここではそんな編集者の仕事内容について詳しく紹介します。また、編集者に向いてる人・向いていない人の特徴、この職業のメリット・デメリットについてもお話していきます。編集者はどんな仕事?そもそも「編集」とは、「一定の方針に従って資料や情報を整理し、書物・雑誌・新聞・映画・ラジオ・テレビ番組などを一つにまとめる」ということ。つまり、「企画に沿った情報を集め、アウトプットできる形

雑誌編集求人にはどんな種類があるの?よくある募集内容をご紹介!求人選びの参考に!

雑誌の編集者に興味はあるのだけれど…具体的にはどんな業務をしているのか、求人が多いのはどんな職種なのか、知っているようで実はよく分からないことが多いのではないでしょうか。ここではそんな雑誌編集の求人の選び方や注意点、雇用形態での違いなどについてもご紹介していきます。雑誌編集求人に興味のある方は、この記事をぜひ参考にしていただけたらと思います。雑誌編集のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容雑誌編集者の仕事は、自社の雑誌を多くの人に読んでもらえるような記事を作ること。まず記事の企画を提案し、企画会議を通過したら企画内容に沿った記事を作成していきます。必要に応じて取材を行い、写真を撮り記事を書きます

編集バイト求人でよくある募集内容やよくある疑問について答えます

雑誌や書籍の編集・WEB記事の作成など、今や様々なジャンルに広く使われる編集の仕事。では、編集とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?この記事では編集バイト求人でよくある募集内容など、様々な疑問を解消していきます。もちろん会社や編集の対象媒体、雑誌かWEBかなどで違いはありますが、この記事で大まかな概要を掴めると思います。編集バイトの主な仕事内容にはどのようなものがあるの?編集バイトの主な仕事内容は名前の通り「編集」です。ライターが書いた文章を読みやすく直すというのが、どの会社にも共通している編集の大切お仕事です。会社によってはライターが書く前の記事の「企画立案」も担当させてもらえたり、