著名人や有名人に会える華やかな世界。

または、締め切りに追われて徹夜続きの毎日。

こんなイメージを「雑誌編集者」にお持ちではないでしょうか。

実際はどんなことをしているのでしょうか?

今回は、「雑誌編集者」の仕事について紐解いていきます。

「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雑誌編集者はどんな仕事?

ライターや記者たちが書いてきた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正します。

実際は、編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり、記事を書くための取材を行い、必要ならば外注の手配もします。

雑誌編集者の大まかな仕事内容

大きく分けて6つの項目に分かれています。

締め切りに向かってスケジュールが進行していき、6つの項目を順に作業していくと雑誌が出来上がります。

企画や特集の案を出す【会議】を開催する

編集者が集まり、どのような内容を雑誌に掲載するかを話し合います。

大体の雑誌社では、編集長が決定していくことが多いのですが、前以って編集長が各担当者に提案出しをする場合もあります。

これは会社の方針や編集長の気質、編集者の経験やレベルによって変わっていきます。

ざっくりとしたページ割【ラフ案】を作成する

雑誌の掲載できるページ数に応じて、写真の大きさや枚数、記事の文字数などを大まかに決めて図案化する「ラフ案」を作ります。

ラフ案が出来ましたら、各々の記事の担当を振り分けて次の作業へと移行していきます。

ラフ案が出来る事でふんわりとですが、雑誌に掲載する内容が見えてきます。

企画や特集に必要な取材を行う

ラフ案を埋めるように、各方面へ取材へ行きます。

予算によってですが、カメラマンやライターを外注したり、社内に記者部門があれば他部署へ依頼します。

会社や記事内容によっては、編集者自身が全て行う場合もあります。

また、掲載する写真や記事作成に必要な資料を、取材相手の会社や担当者にメールや電話、FAXなどでも依頼します。

デザイナーにレイアウト案を発注してページ内を埋める

ラフ案を参考にデザイナーに作成してもらいます。

そこで、使用する写真の大きさや枚数、文字数が決定します。

取材や依頼をしてかき集めた写真や記事をはめ込んでいきます。

提供された写真やカメラマンが撮った写真には、copyright(著作権)の表記が必要な場合が多いため、入れ忘れには注意が必要です。

試し刷り【ゲラ】を作成して内容を修正する

写真や文章を埋めたら一度、紙に印刷します。

昨今はどの業種でもデータでのやり取りが主流ですが、まだまだ紙でのチェック作業を推奨しています。

ゲラは印刷所に依頼するパターンと、社内で行う場合があります。

ゲラが刷り上がったら、誤字脱字や表現の誤りはないかなどをチェックする校閲部の担当者に見てもらいます。

ライターに記事を頼んだ場合は、編集者が全文チェックし、直してほしい箇所に書き込む「アカ入れ」もします。

また、写真の入れ間違えやサイズ違いがないかなども見ていきます。

ここが一番、神経を使う作業です。

締め切りの関係でも、何かあったらまだ大幅な修正が効きますので、編集者は何度も読み込んで、見直して、調べて、比べてを繰り返します。

校了紙を印刷して最終チェック

ゲラの修正が終わったら、また印刷をします。

これを校了紙と呼び、雑誌に載せるものと同じ扱いになります。

最終的に念押しで、校閲部や編集者で修正は活きているか、見落としたミスはないかをチェックします。

修正があれば再校了紙を印刷し、各ページで修正がなければ、締め切りを表す「校了」となります。

校了紙のデータを印刷所に送って、製本されます。

「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雑誌編集者の仕事はどんな人に向いている?

意外とコツコツとした作業が多い雑誌編集者の仕事ですが、どのような人に向いているのでしょうか?

文字・文章を読むのが好きな人

写真を掲載している雑誌も多いですが、ほとんどの雑誌の中身は膨大な文字で溢れています。

その文章を読みながら、おかしな点はないか、表現方法は間違っていないか、誤解を与えるような書き方をしていないか、文字そのものが適した漢字であるかなど、全体的な構成から文字一つ一つまで、根気よく読み解ける力が大切です。

常にアンテナを張り巡らせている博識な人

雑誌のジャンルにもよりますが、様々な知識や事柄をより多く知っていると武器になります。

企画や特集で案が多く出すことが出来て、ライターを通さずに文章を書くことも出来ます。

また、他の人が書いた記事でも知識が豊富な人なら、ミスにもいち早く気づくことができます。

様々な内容の会話にも参加できると仕事の幅も広がり、思わぬ人に出会えて密度の濃い記事が出来るかもしれません。

コミュニケーション能力がある人

コツコツと文章を読み、調べて修正して…と、デスクに張り付いて仕事をする事も多いですが、雑誌を作るためには、各方面で活躍する様々な人の力が必要です。

カメラマンやライター、取材先の担当者、デザイナー、社内の個性的な人々、印刷所の人など、日頃、関わりがある人々と良い関係が築いていけると、いざ、何かトラブルや困ったことがあった際に、助けていただける事があります。

また「あなたにはいつもお世話になっているから…」と、無理なお願いにも応えてくれることも少なくありません。

どんな仕事でも言えることですが、人との関わりが大切ですね。

スケジュール管理が出来る人

雑誌が出来上がるまでに、細かい締め切りがたくさんあります。

多少の遅れは取り戻すことができますが、個人の都合で締め切りを遅らせてしまうと、小さなしわ寄せが段々と大きくなり、発売日に間に合わない、最悪の場合には信用問題にかかわってくる、なんてことも起こり得ます。

個人の場合だけではなく、外注する際には、多めに締め切り日を見積もって発注しておきます。

また、祝日なども含めて大型連休、お盆休み、正月休みなども影響して、イレギュラーなスケジュールになることが多く、柔軟な対応をしていくことが必要となります。

雑誌編集者向いていないのはどんな人?

編集部には様々な性格の人がいます。

その個性のぶつかり合いによって濃い内容の雑誌が出来上がると言っても過言ではありません。

そんな中でも、編集者に向いていないのではないかと思える人を紹介します。

諦めやすく飽きっぽい人

雑誌の企画や特集では、一つの物事に対して深く掘り下げて行き、もう底がないよというところまで調べつくすことがあります。

途中で、この辺りでいいやとやめてしまっては良い記事は出来上がりません。

もうこの事柄について調べたくない、見向きもしたくないと思えてしまう人は苦痛かもしれませんね。

その記事を放棄してしまっても、次々と記事チェックはやってきます。

現役の編集者たちは、うまく気分転換をして取り組んでいます。

連絡を密に取れない人

雑誌が出来上がるまでに細かい締め切りと発注が多々あり、スケジュールもですが、企画や特集自体が変更してしまうこともあります。

その時に、すぐに担当者や取引先に連絡を入れる、連絡が来たらすぐに対応できなくてはなりません。

連絡の行き違いは致命傷になります。

ただでさえ、忙しくみっちり詰め込まれたスケジュールですから、円滑に進行していくためには必要な事ですね。

大雑把で雑な人

万遍なく広い視野で仕事を行う力も必要ですが、編集者は狭い視野で仕事を行う力も大事です。

臨機応変に広い視野で、様々な角度から物事を捉えながら資料や素材集めをします。

その後は記事が出来上がるまで、狭い視野でコツコツと作業をして行きます。

サラッとこのくらいでいいでしょう、と思えてしまう人は要注意です。

編集者は締め切りのその瞬間まで、自分の担当外の校了紙もチェックします。

締め切りの時間ギリギリでミスが見つかればまだよいですが、締め切った後に発覚することもあります。

そんなことを繰り返してしまう編集者は信用が無くなり、仕事も減らされてしまいます。

すぐ腹を立ててしまう、気が短い人

偏見があるかもしれませんが、クリエイティブな職業柄もあり、個性的な人が沢山働いています。

多かれ少なかれ、あなたに不快な思いをさせる人もいます。

ハラスメントと思えるようなひどい場合は当てはまりませんが、細々したことで腹を立ててしまうと気が持ちません。

取引先や取材する人が気分を害してしまい、雑誌の記事そのものが無くなってしまったら大変です。

人間関係を円滑に築けることが仕事につながるとも言えますので、広い心を持って対応していきたいものです。

心配性でいつまでも気にしてしまう人

飽きっぽい人が向かないと言いましたが、逆に気にしすぎてしまう人も編集者として仕事とするには難しい事が多いです。

細かいところまで気にする人は、逆に編集者に向いています。

細かければ細かいほど、正確な情報を雑誌に載せることができるからです。

ですが、人間誰しも納得いく仕事が出来ない時や、ミスはつきものです。

校了が終わって製本が始まり、ミスが発覚しても取り返しがつかないところまで来たら、気持ちの切り替えが大切です。

ミスが発覚しても事後処理をしたら忘れて、次で挽回するぞ!くらいの気持ちで進んでいかなくてはなりません。

一つの雑誌にいつまでも気を持っていかれてしまうと、次号や他の雑誌の仕事に支障をきたします。

「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雑誌編集者の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

未経験の新卒で働いている人も沢山いますが、転職活動を経て中途採用される人も少なくはありません。

一般教養やビジネスマナーを取得していれば安心ですが、職歴がなくても、人生で得た経験が役に立つことがあります。

読書

趣味でも文章を書いていたら言うことはないほど活かせる経験ですが、読書も大切です。

様々なジャンルの本を読んできた人なら尚更です。

言い回しや表現方法のレパートリーが豊富ですと、情報や内容が伝わりやすい文章を書くことが出来るようになります。

これは編集者として最大の強みですね。

豊富な種類のアルバイト

学生時代に様々なアルバイトを経験するとネタに使えます。

雑誌読者の裾野を広げるきっかけになるかもしれませんね。

人脈

人脈は多ければ多いほど、知識や仕事の幅が広がります。

なにかアイデアのヒントやチャンスをもらえる場合があります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

同じ会社で編集長へ進む人もいれば、他の雑誌社へ転職する人もいます。

ジャンルが変ればキャリアアップの道はたくさんあります。

編集者という裏方の仕事を経験した後、作家や脚本家になった人もいます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

文章を読み書きできるというのは強みになります。

一般的な職種に就いても、資料の作成に難なく取り組むことが出来ます。

自分にあった雑誌編集者の求人の選び方や注意点

いざ、雑誌編集者になりたいと思った時、何を基準に仕事を探したら良いのでしょうか。

まずは、自分の興味が少しでもあるジャンルの雑誌編集者を目指すのが最適と言えます。

ですが、食わず嫌いも勿体ないので、入社してから学ぶという手もありますね。

仕事先を選ぶにあたって必要な3点を解説します。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員になることを希望する場合は、大卒が必須条件の場合がほとんどです。

狭き門ですが、辞めてしまう人も多いのも現状です。

中途作用や契約社員、派遣社員、フリーランスなどの雇用形態の募集を見かけます。

自分の現状に合って納得した雇用形態で探すと良いでしょう。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

フレックスタイム制の会社が多く、細かい条件が一般の会社と違う場合があります。

今は体制をきちんと整えている会社が多いですが、まだまだ古い体制の会社もあります。

有給の有無はもちろん、残業代や福利厚生も注目したほうが良いですね。

【選び方③】エリアから考える

作業が深夜に及ぶことがあるので、なるべく自宅から近いエリアを選びます。

あまりにも自宅が会社と近すぎると、いつでも帰れる人として仕事を振られ過ぎてしまうかもしれません。

近すぎないほどよいエリアにある会社をお勧めします。

まとめ

雑誌編集者について紹介してきましたが、イメージは明確に見えてきましたでしょうか?

雑誌編集者は合う合わないがはっきり分かれる職業だとも言えます。

すぐに辞めてしまう人が多く、人材不足が嘆かれているのが現状です。

ですが、とてもやりがいがあり、刺激的な楽しい仕事です。

雑誌に小さくでも自分の名前が掲載された時の喜びはひとしおです。

少しでも雑誌編集者に興味を持っていただけたなら、求人情報を検索してみてくださいね。

実際に雑誌編集求人を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

雑誌編集求人

雑誌編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんでしょうか。雑誌編集の仕事に就きたいと思った時に求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどある中で、求人情報も多種多様で沢山あります。仕事に就きたくてもどうしていいかわからないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集情報で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、

雑誌編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

世に溢れる雑誌類。様々な記事、情報がぎっしり詰まった、そんな媒体を自分たちの手で作れるなんて楽しそう!と思っている人も多いはず。それではそんな雑誌編集の仕事の現場はどんな感じ?雑誌の企画・編集職経験者が語る仕事内容と向き不向きをご紹介します!雑誌編集はどんな仕事?雑誌編集の仕事は、雑誌・書籍の企画・編集まで一連流れで関わる職業です。もちろん、中身の取材・執筆も行うことがほとんどです。雑誌編集の大まかな仕事内容雑誌そのものを出している出版社勤務か、編集・制作を請け負っている制作プロダクション勤務かによって違いますが、一般的に雑誌編集の現場には以下の業種があります。企画取材・ライティング編集(デザ

雑誌編集の転職を成功させるためにするべき2つのことと、自分に合った求人の選び方や狙い目の転職先の特徴とは?

ここ数年、テレビドラマや漫画でも注目されることが多い「雑誌編集者」。興味や憧れを抱きながらも、実際に転職できるものなのか不安ですよね。実は、雑誌の編集者というのは特に資格を必要とされない職業。つまり、機会があれば誰でも転職できる職業なのです。そこで今回は、雑誌編集への転職方法や注意点などをご紹介したいと思います。雑誌編集の転職で注意したほうが良い2つのこと給与体系・残業代雑誌編集者の給与体系の多くは、「裁量労働制」というもの。毎月一定の残業代が含まれた給与が、支給される仕組みです。つまり、残業をしてもしなくても数十時間分の残業代が支払われるのです。これだけだと聞こえがいいですが、逆にどれだけ残