バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、以前憧れの職業としてあげられることが多い編集者。

今回は、実際によくある出版社の求人、特に雑誌の編集者について解説します。

出版社編集のおおまかな仕事内容

雑誌編集の大まかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々。

大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、すべて編集が担当する出版社もあります。

もちろん、後者の方が業務量が多く大変なので、転職の際はどちらのタイプなのか確かめておくと良いでしょう。

出版社編集の仕事の募集職種にはどんな種類があるの?

では、具体的にどのような募集職種があるのか解説します。

編集者

編集者といっても、企画の立案から撮影の立ち合い、ライティング、校正業務などすべて担当するケースとそうでないケースがあります。

すべて担当しない場合は、企画の立案のみを行い、その後の撮影やライティング、校正は他のスタッフに任せます。

全社に比べ業務量は少ないですが、ディレクターとして多くのスタッフをまとめなければならないというリスクがあります。

ライター

企画の内容に沿って、タイトルや本文を書くという業務を行う人です。

社内にいる場合もありますが、企業には所属せずにフリーで行う人もいます。

校正、校閲

近年、テレビドラマでも話題になりましたが、出版される前の発行物に目を通し、内容の真偽を確認したり誤字脱字がないかを確認する人です。

こちらも社員として雇われるケースと、派遣社員として校正専門の派遣会社から派遣されるケースと数パターンあります。

出版社編集でよくある募集内容とは?

募集条件はどのようなものが多いのでしょうか?

上記で述べた「編集者」について解説します。

給与相場

月収ベースで24万からが相場です。

編集者は裁量労働制であることが多く、給料に残業代が含まれていることもしばしば。

したがって、額面だけで見ると多く感じることもありますが、残業代が出ないというケースも少なくないので注意が必要です。

勤務時間や休日、残業

裁量労働制のころが多いため、出社時間が定まっていないケースが多くあります。

中には出社のコアタイムが決まっている会社もありますが、取材や撮影で会社にいかない日も少なくありません。

休日は基本的に土日休みというところがほとんどですが、裁量労働制であると土曜日の出社は給料がでない場合もあります。

また、気になるのが残業について。

結論から言うと、残業は全くないとは言えません。

それこそ「裁量」労働なので、自分でうまくスケジュール管理をすれば残業無しで業務を行うことも可能です。

しかし、撮影や取材は時間が読めないことも多いうえ、移動にも時間がかかるため、オフィス作業の日よりも勤務時間は長くなります。

福利厚生

出版社の福利厚生は充実しているところが多くあります。

レストランやスポーツジムをお得に利用できるカフェテリアプランを導入しているところも。

また、出版保険組合という出版社で働く人専門の保険があり、予防接種などが無料で受けられます。

勤務場所

勤務場所は本社オフィスであることがほとんど。

自社ビルを持っている出版社もありますが、小さい出版社であればビルの中の2~3フロアが会社というところもあります。

原稿を書いたり校正業務を行ったりする場合はオフィスにいることが多いです。

求められる人物像

一見華やかなように見えて、実は忍耐強くないとできないのが編集者の仕事。

文字のチェックやスケジュール調整など、根気強く仕事に向き合える人に向いています。

また、締め切り前にバタバタしないような、スケジュール管理がしっかりできる人も向いていると言えるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

編集者として働くために、特別に必要な資格はありません。

しかし、最低限エクセルやワードは使えたほうがいいでしょう。

出版社編集のおすすめ求人のポイント

実際に働くにあたって、おすすめの求人の見分け方をお教えします。

残業代の有無

編集者は裁量労働制であることがほとんどですが、中には一定の残業時間を超えると残業代が出る企業もあります。

働き損にならないためにも、チェックしておくと良いでしょう。

代休制度の有無

取材や撮影の関係で、土日に働かなくてはならないことがあります。

その際、平日に代休をとることができるかどうかが重要になります。

出版社編集の仕事についてよくある疑問

以下、よくある質問に回答します。

やはり毎日忙しいの?

忙しくない、と言えば嘘になります。

とはいえ、スケジュール管理がしっかりとできていればそんなに追いつめられることはありません。

個人のスケジュール管理が重要です。

朝は早いの?

出社時間が決まっていないところが多いため、こちらも個人の裁量です。

しかし、撮影などがある場合は集合時間が早くなることもあります。

テレビドラマで見るような女の争いやいじめはあるの?

担当雑誌や企業のカラーにもよるのでないとは言い切れませんが、出版社に取り分け性格のきつい人ばかりが集まっているわけでありません。

したがって、どこにでもあるような揉め事はあるかもしれませんが、特別にいじめや争いが多いということはないでしょう。

出社時の服装は?スーツ?

こちらに関しても決まっていないところが多いと言えます。

取材の際はスーツやジャケット必須ですが、普段の服装は雑誌によるところが大きいです。

ビジネス誌や医療誌など固い内容の雑誌であればスーツ、オフィスカジュアルという規定があるかもしれません。

また、ファッション誌であれば、きちんと感よりもおしゃれさが重要視されます。

まとめ

以上、出版社の編集についてまとめました。

テレビドラマで見るような忙しさもありますが、実際は個人の裁量次第で何とでもなる業界。

ある意味自由ですが、きちんとスケジュール管理ができない人にとっては少し厳しいかもしれません。

しかしながら、しっかりとスケジュールを組み立てることができ、根気強く仕事に向かえる人であればうまくやっていくことができるでしょう。

就職や転職をご検討中の方、ぜひ参考にしてみてください。


関連キーワード

出版社求人

出版社編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い、「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働く姿からそういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場について。まず知っておいて欲しいのは、出版社の編集は「裁量労働」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁量労働」とは、

出版社編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

テレビドラマや漫画などで取り上げられることの多い、編集者。憧れる人も多く見受けられますが、実際の仕事内容や業務量にはやや不安を覚えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は出版社における編集の仕事に転職したいと考える人のために、雑誌編集の仕事内容や向き不向きについて解説します。出版社編集の仕事はどんな仕事?出版社の雑誌編集者といっても、仕事内容は担当する雑誌によって様々。その中でも共通するのが、企画の立案、撮影のディレクションと立ち会い、コピーや本文のライティング、校正です。その他、取材が必要であればその取材も編集者が行うケースもあります。会社によっては上記の業務の一部を外部の専門ス