様々なメディアで、キラキラと働く姿が取り上げられることの多い編集者。

おしゃれなカフェでの打ち合せや、撮影現場の仕切り、締め切りに追われる姿などがよくテレビドラマや漫画で描かれていますが、実際はどのような仕事をこなすのでしょうか。

今回は、出版社で働く雑誌編集者がどのような業務をこなしているのか仕事内容について解説します。

出版社編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる

編集部員

編集部において一番下に当たる、いわば平社員のような存在です。

編集長が決めたら月毎のテーマに沿った企画を提案し、それに伴う取材や撮影を外部のスタッフと一緒にこなします。

出版社によっては、企画の内容を編集部員がライティングするというケースも。

編集部員でありながら主任や課長を兼任する場合もあります。

デスク、副編集長

呼び名はその企業により様々ですが、編集部員をまとめる立場に当たるのがこちら。

編集部員の業務がしっかりと進行しているかどうかを確認し、必要があればフォローに入ります。

編集長

雑誌を統括する役割を持つ人。

雑誌の方針や大まかな内容を決め、出版間際には最終確認を行います。

編集部員の5個の業務

企画の立案

雑誌を発行するための第一歩がこちら。

月毎に決められた大きなテーマに沿って、編集部員がそれぞれ与えられたページ数内で企画を考えます。

考えた企画は編集会議にて編集長、副編集長、他の編集部員に発表し、修正を加えた上で決定が出されます。

取材

企画が決まったら、次は取材です。

自身で取材先にアポイントメントを取り、必要であればカメラマンを手配して取材地へと向かいます。

取材後は必要があればテープレコーダーの文字起こしを行い、原稿に取り組みます。

撮影

ファッション誌では特に重要視されるのがこちら。

企画が決まり次第、モデル、ヘアメイク、スタイリスト、カメラマン、ロケ地を手配し、撮影を行います。

ファッション誌以外でも、料理雑誌などはレシピを分かりやすくビジュアル化するために、撮影を行うことが多いです。

ライティング

撮影と同時進行で行うのが、キャッチコピーや本文のライティングです。

社外の人間に業務を委託するケースも少なくありませんが、編集部員が自ら行う出版社もあります。

校正

概ね誌面が出来上がったら、取材先や校閲のチェックに回します。

ここで内容の齟齬や誤った表現、誤字脱字がないかを確認し、あれば手書きで修正を入れます。

そして、修正を入れたものを印刷会社へと送り、雑誌が刷り上がるのを待ちます。

デスク・副編集長の3個の業務

雑誌の方向性を決める

メインで行うのは編集長ですが、副編集長も一緒に考えます。

月毎のテーマは通年で決められているケースが多いです。

編集部員の相談に乗る

編集長よりも編集部員に近い立場にいるのがデスクや副編集長。

編集部員がそれぞれの企画を進める中で、湧いてくる不具合や表現方法の悩みを一緒に解決してあげるのも大きな業務の1つです。

原稿のチェック

雑誌の形になる前の原稿チェックは、デスクや副編集長が行います。

中には編集長が行うところもありますが、発行直前のチェックも行うため、この段階ではデスクや副編集長が出てくることが多いです。

編集部員から渡された原稿の内容や表現を確認し、修正箇所を指摘します。

編集長の3個の業務

雑誌の方向性を決める

編集長の業務の大きな1つ。

月毎のテーマや通年でのテーマはもちろん、写真の雰囲気や文字のフォントなども、決定権は編集長にあります。

発行部数を伸ばすための施策を練る

雑誌において、発行部数は売上に当たる重要な数字。

落ち込んでいる場合も伸びている場合も、編集長は常に発行部数を上げるための施策を考え、編集部員たちに伝えます。

発行前の最終確認、責了

編集部員たちが最後の修正を入れたものを最終確認し「責了印」を押すのが編集長の最も大切な仕事です。

「責了」というのは、「責任を持って了承する」という意味。

誤字脱字はもちろん、自信を持って発行できる内容かどうかを全ページ確認し、発行へのGOサインを出します。

出版社編集のやりがいや面白いポイント

出版社における雑誌編集の業務を紹介してきましたが、やりがいや面白みはどこにあるのでしょうか?

以下にまとめます。

出版社編集の仕事のやりがいとは??

人にもよると思いますが、一番分かりやすくやりがいを感じる瞬間は、友人や取材先からの「記事を見たよ!」という報告だったりします。

上記からも分かるように、編集者は業務も多く、締め切りにも追われるなかなかハードな仕事です。

しかしながら、友人から「記事を見たけど、とても面白かったよ」という感想をもらったり、取材先から「いい記事を書いてくれてありがとう」という言葉をかけてもらうと、日々のハードな業務は忘れてしまうほど「また頑張ろう」とやりがいを感じることが多くあります。

また、自分が面白いと感じたことや、伝えたいと思ったことを多くの人に伝えられるということにやりがいを感じる人も多いです。

出版社編集の面白いポイントとは?

面白いポイントは、日々様々な人やモノ、情報に出会えることです。

企画の立案から発行までは、たくさんの人との協力が不可欠。

毎回固定のスタッフで行うこともありますが、定期的に新しいスタッフとの出会いもあります。

その中で新たな仕事のやり方を学ぶことができ、自分自身のスキルアップに繋がることも。

さらに、取材に行けばそちらでも新しい出会いがあり、それと同時にたくさんの学びや発見があります。

また、取材やその内容を深掘りして行く中で、今まで知らなかった情報やモノに出会うこともしばしば。

毎日知らなかった事に出会えるというのは、編集者の特権であり、面白みを感じるとポイントです。

まとめ

以上、出版社編集の具体的な役割や業務内容について解説いたしました。

編集部員だけでなく副編集長や編集長クラスになっても、原稿や最終確認など細かい作業が付きまとうのが編集の仕事。

もちろん、それに伴い締め切りにも追われます。

しかしながら、たくさんの人や情報に出会うことができ、自身の成長を日々感じることもできるという素敵な面もあります。

ぜひ、参考にしてみてください。


関連キーワード

出版社編集仕事

出版社編集求人についてもっと深堀りした情報を見る