文章を書くことが好きな人や作家を目指している人には編集ライターやライターの仕事に憧れている人は少なくありません。

雑誌や新聞社などでキャリアをスタートさせる人もいますし、フリーランスとして実績を積む人もいます。

最近はネット媒体を介して仕事を募集しているため、気軽に始めることができるようになりました。

ただ、編集ライターの仕事は、どうすれば就くことができるのか、編集ライターの仕事に興味があるけどどうやってなったらいいかわからない人も少なくありません。

編集ライターになるにはどうしたらいいのでしょうか?

また、編集ライターはどんな仕事をしているのでしょうか?

それから編集ライターはどういった求人内容があるのでしょうか?

編集ライターに興味のある人からしたらどれも気になることばかりではないかと思います。

今回は、編集ライターについて仕事内容や募集内容などについてまとめてみました。

編集ライターのおおまかな仕事内容

まず、ライターには色々な種類があります。

雑誌などの文章を書くライターや商品などの紹介文を書くコピーライター、仕上がった文章を編集する編集ライターなどがあります。

色々な種類のライターがいますし、色々な働き方があるのもライターの仕事の特徴です。

それは正社員、派遣社員、アルバイトやフリーランスなどです。

編集ライターの仕事は、主に出来上がった原稿のチェックをし、添削することです。

通常、ライターの場合は、取材や資料などに応じて依頼された文章を書き上げて提出するのに対して編集ライターは書き上がった文章を校正して記事として完成させていきます。

編集ライター求人でよくある募集内容とは?

先ほどは、編集ライターのおおまかな仕事についてふれました。

編集ライターの仕事内容がわかったところで次に気になるのは給料や求人募集内容です。

編集ライターの求人にはどのような募集内容があるのかについて紹介していきます。

給与相場

編集ライターの仕事に興味を持った人が一番気になるポイントは給料ではないかと思います。

生計を立てる上でも収入は大切です。

編集ライターとして働くなら正社員の場合、平均月給は、約20万円前後になります。

アルバイトの場合は、平均時給1,200円〜1,700円ほどです。

勤務時間や休日、残業

勤務時間に関してはほとんどが9:00~18:00もしくは10:00~19:00の8時間勤務です。

アルバイトでも大体が8時間勤務で募集しています。

休日は土日もしくは週休2日制が多く、残業は抱える仕事によって異なります。

締め切りの近い案件があると残業が発生してしまう傾向にあります。

雇用形態

編集ライターは、雇用形態が様々です。

正社員として採用されることもありますし、アルバイト・パートや派遣社員・契約社員などもあります。

最近は業務委託という形で仕事をアウトソーシングしています。

フリーランスのライターや編集ライターという人がいれば、多くはこの業務委託として仕事を請け負っていることをさします。

福利厚生

正社員の場合は、福利厚生が完備されているケースがほとんどです。

各種社会保険完備、交通費支給や昇給が多いですが、中には寮完備もしくは住宅手当もあります。

珍しい福利厚生としてはMVP制度を導入しているところもあり、頑張った人を表彰するようです。

勤務場所

正社員、派遣社員やアルバイトであってもほとんどは会社勤務になります。

中には在宅勤務を認めている会社があり、その場合は主な勤務先は自宅になり、週何回かもしくは月何回か会社から召集がかかり会社に出向く形になります。

求められる人物像

編集ライターとして求められている人材は、責任感が強く、引き受けた仕事をきっちりと最後までこなすこと、期日に対して意識を高く持つこと、言い換えると納期や締め切りのデットラインを理解して間に合わせるように仕上げることやチャレンジ精神があることです。

必要なスキルや資格、経験

編集ライターに必須の資格はありません。

つまり、未経験でもチャレンジすることは可能です。

ただ、就職後スムーズに仕事をするために校正技能検定、漢字検定や日本語検定などを取得しておくと役立ちます。

また、実務経験があるのなら就職時の給料や時給を考慮してもらえるため、有利になります。

編集ライターおすすめ求人のポイント

編集ライターをしたい人や編集ライターに興味がある人にとって編集ライターの求人でオススメするポイントを知りたい人は多いかと思います。

ここでは編集ライターの求人でおすすめするポイントについてまとめてみました。

在宅勤務が可能

編集ライターは、経験者の場合になりますが、在宅勤務が可能なところがあります。

未経験で入社しても経験を積んで在宅勤務にしてもらうことも可能です。

職場へ通勤しなくても自宅で仕事できることは移動時間を割かなくてもいいのと自分のペースで仕事ができるメリットがあります。

また、主婦などの場合は、子育てをしながら続けられる仕事でもあるので在宅勤務可能なところはおすすめです。

髪型・服装が自由

編集ライターは基本的にオフィスか自宅での勤務になります。

営業のように外回りをして常にお客様と打ち合わせをしてという機会がありません。

同じライターでも編集ではないライターの場合は、月に何回か記者やカメラマンに同行して取材現場を見学したり、実際に取材を受ける人の話を聞いたりして記事を作ることもありますが、こちらも頻度が多いわけではありませんのでほとんどの会社は髪型や服装に関して自由度が高いところが多くあります。

作家へのステップアップも可能

求人には記載していないですが、編集ライターの仕事は、色々な記事に目を通す機会が多く、文章の書き方を常にみて勉強することが可能です。

多くの記事を読んで編集するため正しい表現や読みたくなる記事がどういうものかを熟知しています。

編集ライターやライターの仕事をする人は、文章に多く触れる機会が多いため、作家としてステップアップを目指す人も少なくありません。

ライターだけに留まらずライターの仕事を介して学んだ表現やボキャブラリーを活かして作家へステップアップすることも可能なのが編集ライターの仕事でおすすめのところです。

ライター?編集者?ジャーナリスト?違いは?

世間でよくライター、編集者やジャーナリストという職業を耳にします。

どれも記事を書いたり、必要に応じて取材をしたりすることがあります。

実際の現場に赴くイメージとしてはライターやジャーナリストで記事を編集するのはライターや編集者です。

どれも文章に携わる仕事ですが、違いがいまいち曖昧でよくわかりません。

何が違うのかというと正直最近は境がなくなってきました。

なぜならどれも明確な資格がなく、自由に名乗ることが可能な仕事だからです。

つまり、今日からジャーナリストになりたければ「ジャーナリストです」と名乗ればなれます。

ライターや編集者も同様です。

生計を立てるためにライターや編集者、ジャーナリストを兼業する人もいます。

編集ライター求人についてよくある疑問

最後に編集ライターの求人についてみなさんが疑問に思うことをまとめてみました。

ライターや編集ライターを目指す人にとって気になる疑問を集めていますので参考にしてもらえたら嬉しく思います。

編集ライターで生計は立てれますか?

編集ライターだけで生計が立てるかどうかは勤める先にもよりますが、正社員として働く場合は、生計を立てることが可能です。

ただし、テレビなどに出演しているライターや編集ライターの場合は、いわゆる売れっ子ライターなのでライターの中でも一部の人になります。

ライターや編集ライターになったからといって贅沢三昧できるというイメージでいるならそれは違いますのでご注意下さい。

編集ライターはすぐに仕事がもらえますか?

編集ライターはすぐに仕事がもらえます。

それは、ネットの募集媒体を介して様々な仕事依頼があるため、選択肢が豊富です。

ただし、すぐに仕事がもらえるイコールすぐに稼げるというわけではありません。

特に未経験である場合は、最初小さな仕事から始めてコツコツと実績を積まなければなりません。

経験者であっても継続的に実績を積んでクライアントである依頼会社と信頼関係を築く必要があります。

実務経験は必要ですか?・未経験でもできますか?

実務経験は、必要なく、未経験者でも受け入れてくれる会社は多くあります。

ライターや編集ライターは未経験者を受け入れて育てる会社が少なくないため、未経験であっても迷うことなく応募することが可能です。

研修制度はありますか?

未経験者に対して研修制度を設けている会社は多く、研修制度がなくいきなり実務のところは少ないので安心して応募できます。

ただ、全部の会社が研修制度を用意しているわけではないので、応募前の求人内容や面接時に研修制度について確認することをお勧めします。

ノルマはありますか?

基本的にどの会社もノルマはありません。

しかし、納期はあるため、納期内でしたら自分のペースで仕事をすることが可能ですが、納期はしっかりと守らなければならないため、ノルマではなく納期に注意が必要です。

ただし、考え方を変えると納期があるもののノルマはないため、納期を守れば自分のペースで仕事をすることができるので営業のように数字に追われることなく仕事をすることができます。

副業は可能ですか?・兼業は可能ですか?

副業や兼業を許可しているところもあるため、答えはイエスとノーです。

会社の規約を要確認です。

求人募集欄には、副業可と記載しているところもあります。

ライターの仕事は副業や兼業をするのに適している仕事の一つといえます。

それは雇用形態が正社員だけでなく派遣社員やアルバイトはもちろん、業務委託という形で仕事を依頼することもあります。

業務委託にしてしまうと正社員としてではなく、編集者や出版社などの依頼先がクライアントになるため、仕事のスタイルは自分自身で決めるフリーランス同様に好きな場所で好きな時間だけ働くことができます。

そうなると副業や兼業は可能です。

学歴の制限はありますか?

編集ライターの仕事は、学歴に制限はありません。

大学卒業していなくても応募することは可能ですし、募集内容には学歴より経験を重視している会社ややる気を重視している会社がほとんどです。

在宅勤務は可能ですか?

在宅勤務は経験者であり、会社が認定している場合は可能です。

もしくは正社員としてその会社に入社するのではなく、業務委託という形で仕事の依頼を受けるのなら正社員に適用される社内ルールは一切関係ありませんので在宅勤務をすることが可能ですし、就業時間も調整することが可能です。

フリーランスとして編集ライターはできますか?

できます。

むしろフリーランスとして編集ライターやライターをする人は増えています。

それは、依頼主もしくは雇用主となる雑誌社やWeb広告会社などが業務委託という形で採用すれば正社員ではなくフリーランスとして働くことができます。

未経験者で業務委託をしてくれる会社もありますが、基本的には経験者が優遇されます。

フリーランスの場合、編集ライターを休みたい時、休むことはできますか?

もちろん可能です。

フリーランスの場合は、編集ライターを業務委託という雇用契約をしているケースがほとんどです。

言い換えると仕事の依頼ベースで給料が発生するため、仕事の依頼をしばらく受けない旨を依頼会社に伝えて休みを調整することができます。

長期で休むこともできますし、短期の休みも取ることが出来ます。

まとめ

今回は編集ライターについて紹介しました。

編集ライターの仕事は、正社員として働くこともできますし、アルバイトや派遣社員として働くこともできます。

また、フリーランスとして業務委託として雇用契約をすることも可能です。

今までの形にとらわれず自由に働くことができる仕事の一つと言えるかもしれません。

正社員として働くのではなく、自分の好きな時間に好きな場所で働きたい若者が増えてきている昨今、編集ライターはニーズが高まる仕事といえます。

この記事が編集ライター志望の人にとって有益であれば嬉しく思いますが、編集ライターに興味を持った人は、他にも色々な情報や体験談などがネットにありますので自分でも調べてみて下さい。


関連キーワード

編集求人

編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんでしょうか。雑誌編集の仕事に就きたいと思った時に求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどある中で、求人情報も多種多様で沢山あります。仕事に就きたくてもどうしていいかわからないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集情報で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、

雑誌編集者の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

著名人や有名人に会える華やかな世界。または、締め切りに追われて徹夜続きの毎日。こんなイメージを「雑誌編集者」にお持ちではないでしょうか。実際はどんなことをしているのでしょうか?今回は、「雑誌編集者」の仕事について紐解いていきます。雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者たちが書いてきた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正します。実際は、編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり、記事を書くための取材を行い、必要ならば外注の手配もします。雑誌編集者の大まかな仕事内容大きく分けて6つの項目に分かれています。締め切りに向かってスケジュールが進行していき、6つの項目を順

web編集求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

気になっていることを突き詰めて調べたいとき、困った時にアイデアが欲しいとき。あなたはどうやって情報を手に入れますか?今最も一般的なのは、インターネットで検索するというやり方ではないでしょうか。検索から辿り着いたサイトで読む記事は、webライターやエディターによって作成されています。今回は、そんなweb編集のお仕事についてご紹介。よくある求人の内容や、正社員とアルバイトの違い、気になる疑問について、経験者が解説します!web編集求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一口にweb編集の仕事といっても、働く場所や参加するプロジェクトによって、仕事内容は大きく変わります。おおまかな仕事内容は、キュ

書籍編集バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

編集の仕事は、企画を考え、本や雑誌、Webなどのコンテンツを作ることです。企画を考え、それが通ったら、ライターやデザイナー、カメラマン、イラストレーターなどに仕事を発注し、予算と期限内に形にまとめ、印刷所に入稿します。編集者になりたいけれど、大手出版社は採用人数も少なく競争率がとてつもなく高いので狭き門。ですが、私の場合もそうでしたが、中小の出版社ではアルバイトで入社して経験を積めば、そのまま正社員になれる場合もあります。私はこんなところで書籍編集のアルバイトをやりました私はビジネス書やIT関連の書籍を多く扱う出版社で編集のアルバイトをしていました。出版社で仕事をしたのはこの時が初めてだったの

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、リストラも盛んに行われているため、転職を考える人も少なくないでしょう。そこで、編集プロダクションの転職におけるポイントや注意点を解説します。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2個のことブラック企業編集プロダクションは総じて、ハードワークであり、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事。それでいて給料も安いことがよく指摘されています。実際にその通りなので覚悟が必要なのですが、編集プロダクションの中でも、多少なりとも差があることも確か。「楽な仕事」や「高収入」であることはまずありませんが、「今

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションには、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないともよく言われるのですが、本当なのでしょうか…。気になるその実態に迫ってみましょう。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社によって幅がありますが、14〜18万円くらいです。正社員で転職した場合転職の場合は、経験値やランクによってかなり変わります。平均的には19〜25万円といったところですが、経験が浅い人はもう少し安くなりますし、ベテラン編集者であれば、30万円を超える場合もあります。パート・アルバイト時給で1000〜1500円くらいが平均的です。編集

雑誌編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

世に溢れる雑誌類。様々な記事、情報がぎっしり詰まった、そんな媒体を自分たちの手で作れるなんて楽しそう!と思っている人も多いはず。それではそんな雑誌編集の仕事の現場はどんな感じ?雑誌の企画・編集職経験者が語る仕事内容と向き不向きをご紹介します!雑誌編集はどんな仕事?雑誌編集の仕事は、雑誌・書籍の企画・編集まで一連流れで関わる職業です。もちろん、中身の取材・執筆も行うことがほとんどです。雑誌編集の大まかな仕事内容雑誌そのものを出している出版社勤務か、編集・制作を請け負っている制作プロダクション勤務かによって違いますが、一般的に雑誌編集の現場には以下の業種があります。企画取材・ライティング編集(デザ

編集プロダクションの仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

編集プロダクションという業種は、その実態が一般的にはあまり知られていません。どんな仕事をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回は編集プロダクションの仕事について解説します。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出版社から「この仕事をやって」というケースだけでなく、自分たちで企画を立てて「この本を出しませんか?」という提案型の業務も多いため、一般的な「下請け」とはやや異なった形式とも

編集プロダクションでの仕事が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?出版社との違いなども経験者が解説

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見、きれいで楽しそうで、割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたらいいのかなどについて紹介します。編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが、雑誌や書籍だけではなく、官公庁のパンフレットや企業の会社案内、電子製

編集プロダクション求人でよくある募集内容や編集の仕事の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「編プロ」などと呼ばれる編集プロダクション。「なんとなく聞いたことはある」という人も多いはずですが、その実態はあまり知られていないようです。「激務」とか「ブラック」と言われることも多く、ハードな職場というイメージのある業務なのですが、今回はその編集プロダクション求人の実態について迫ってみましょう。編集プロダクションのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容編集プロダクションの仕事は、簡単に言うなら「出版物の企画・編集」の代行業務です。出版社や新聞社の下請けとして、書籍や雑誌、ムック本などを企画し、取材や編集を行って印刷所に入稿するところまでを請け負います。自社のスタッフだけでなく、必要に応じてフリ